« H27.07.17 八王子駅 | トップページ | H27.07.21 八王子駅 »

2015年7月18日 (土)

H27.07.18 八王子駅

 午後から国立にある郵政研修センターのオユ10の見学会があるのでマスターにとっては久し振りの近場の見学会となり、自宅発もお昼前で出掛ける前には昨日、app storeから落としたばかりのTRAINZを楽しみながら過ごした次第でYouTubeにも色々とアップされている通り北米の貨車や機関車目当てで買ったと言っても過言ではありません。マスターのお仲間さんには親分のF氏や千葉のこてはし鉄道さんと言った方がご自宅に素晴らしい鉄道模型のレイアウトを拵えた事を思うと私はこれで精一杯かな?と言った具合です。

 台風が逸れて空模様もまだ不順がちながら自宅を出て一番近い八王子駅南口行きが11時15分発(久し振りの三菱ふそうエアロスターです)でこの時期は富士森の球場で高校野球の予選があるので時間的にも1回戦の引け時と重なっているので乗りはどうかな?と例によってシニアのお客さんに混じって野球観戦のお客さんもチラホラと。市民球場前の乗りは予想通りで富士森の催しは臨時バスを出す事が滅多に無いのでどうしても定期便に集中してしまいます。

 少し遅れて八王子駅に到着。Suicaのチャージ&履歴をプリントしてからゲートイン。丁度、8460列車の出発前でナンバーを見ると根岸行きに先週もこの列車に連結していたタキ1000の147番(全検27-4-17川崎車、自重16.5t)、151番(全検27-4-18川崎車、自重16.7t)と入っていたので腹拵えの前に軽めにチェックし、丁度この頃3番線には昨晩の『ムーンライト信州』81号を走ったクハ189-9×6(長ナノN102編成)が一休み。因みに今日の8460列車は下記の通り。

←EF64 1000[原色の冷風]+根岸行きタキ1000×13(後4両は817・147・151・50の順)+浜五井行きタキ43546+43568×(OT/宇都宮タ)

 昼食は『いろり庵きらく』の冷やし花巻そば(岩手県特産みたいな名前ですが、海苔と三つ葉、揚げ玉が添えられた冷たいおそばです)を頂き、店先のポスターでSuica割メニューの一つだったので昨年来の消費税増税後の運賃設定ではありませんが現金払いより20円安く頂けます。

 再び3・4番線に戻り、12時を回る頃には少し時雨れてきて今日の見学会もこの位の小雨ならどうって事ないという事でこちらも折り畳み傘持参で心配無用です。八王子発は遅くても13時前までにはとこの時間は85列車(タンク車は帰り時も見られますが、牽引のEH200を見なくては)と言った具合で8092列車を見て出掛ける事にしたものの、85列車は平日より到着がやや遅くなっているのでこれをも加味して出入りの時間もいつもの感覚と少し違ってくるのでマゴ付きますが、お目当ての8092列車は前から12時半前後の入線でこの所、早めの入線が多かったのが身に沁みたのでしょうか『スーパーあずさ』15号と『あずさ』79号の間に入線の段となり、少し遅れて到着した『あずさ』79号は懐かしい『あずさ』色のクハ189-14×6(八トタM50編成)でこの所、『ホリデー快速富士山号』の担当が多く、久し振りに見られて嬉しいものの、不思議とスマホ片手の親子連れやジャリ鉄(小・中学生の年齢層でもそろそろ馴染みが薄くなったのでは?)は見られなかったものの、8092列車を見ている合間にデジカメに収める事が出来ました。また、甲府+河口湖からの211系も土休日ダイヤらしく3番線で一休みする様子を見る事ができました。帰りが丁度、八王子始発の中電がある時間と重なり、同じ編成が入っていたので115系(豊田のスカ色編成)の頃と変わらなかったので安心しました。

・(上り方面←)クモハ211-1008×3+1002×3(長ナノN324+N318編成):540M〜豊田車セ入庫〜549M

○8092列車…いつも通りの14両編成で編成の半数余りがガソリン積みのナンバーが続き、全検出場間もないナンバーは468番だけで前に竜王からの列車で収めていましたが、アングルを変えた形で。
△根岸
EH200-23
タキ1000-214 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 全検26-12-17川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-503 JOT/根岸 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-873 JOT/根岸
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000-874 JOT/根岸
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000-882 JOT/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 ホーム伝いに確認するとFROM AQUAの500mlを買ってから1・2番線へ。85列車の到着が平日と同じなら12時45分発の快速電車に乗れたのですが、土休日ダイヤや遅めの到着で続いて到着する80列車を見ながら次の12時53分発の中央特快で立川へ。

 2番線にいた時に中央線の快速電車では夏の恒例ともなったサマーランドのラッピング電車が今年も登場し、5年後のグリーン車導入後はどうなるのか楽しみです。
・クハE233-34×10(八トタT34編成/サマーランド2015ラッピング):79T運用

○80列車…昨日、一昨日と台風の影響で運休や変更があった影響でしょうか少々短い12両編成での到着で八王子向けの列車と似通った編成内容での到着です。こちらも比較的新しい全検出場のナンバーは昨秋出場した161番だけです。
△根岸
EH200-4 Ps
タキ1000-755 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-301 JOT/根岸* 無
タキ1000-161 JOT[E]/根岸* 全検26-10-18川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-235 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸*
タキ1000-292 JOT/根岸*
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 80列車もホーム伝いにナンバーを控えてから8号車の乗車位置に並んでここで85列車も到着してEH200のナンバーをチェックして12時53分発の中央特快は終業式帰りの高校生が多く、乗るのに手間取ったのかシート取りも惨敗。エラそうに西八王子にある日本語学校のバカ外人が座りよって車内で携帯で話す始末で「用が無いなら日本から出てけ!」とドヤしたい気持ちです。日野の待避線では先程、八王子の3番線に止まっていた211系が一休み。ターンして豊田で一休みの段取りという事になります。

 立川から13時18分発の川崎行き(1312F、クハ205-27×6/横ナハ43編成)で矢川まで乗ります。南武線は3月のダイヤ改正から快速電車が稲城長沼〜立川間が各駅停車から府中本町、分倍河原のみの停車に変わり、カバーをする形で稲城長沼折り返しの各駅停車がその分立川まで延長となりました。さて、時折横浜線に乗ると快速:各停が1:1で10分毎(快速は20分毎、各停は橋本から約10分毎)ですが、南武線は快速:各停が1:2の割合で快速はきれいな20分毎でも各停は稲城長沼で快速に抜かれる関係で立川口では7〜13分毎とやや歪になっています。さて、E233系に乗れるかなと思いましたが、まだまだ頑張っていた205系に当たりまして、ちなみに一本遅かったら乗れたのが本当のお話で前後の電車の様子は下記の通りです。

・クハE233-8007×6(横ナハN07編成):39F運用
・クハ205-133×6(横ナハ12編成):65F運用
 他にも57F運用で205系が入っていました。

 立川から乗ると矢川は5分ほどで到着してホームは島式ホーム。橋上駅舎の改札を出て甲州街道(日野バイパスの開通後は旧国道に)から続く道路を国立の街を三角形に見立てると左の辺にぶつかる道路に向かって北進します。立川バスの路線が走っているので自ずと分かりますが、郵政研修センターは広々としているのも先日購入した大判の多摩地区の地図でも分かり、西国立(かつて、ED16などが配置されていた立川機関区があった駅です)よりも矢川から乗ったのは正解かな?と10分程で郵政研修センターの正門に到着。

 正門前で東京支部の会員さんが集まり、某部会の幹事の皆さんに混じり、Y副支部長、私鉄部会のM氏、S君、埼玉サークルのK支部委員と昼間例会などに顔を出すM氏、写真部会のメンバーで本部の要職を務めるH氏(ちょっと見某鉄道アナリスト氏に間違えそうですが、似てなかったらゴメンなさい)、マスターと近い所では貨車研究会でお世話になっている横浜・大口のS氏や通信会員の茅ヶ崎のK氏(先月の支部総会に続き、また来月の初旬にも逢いますね)と九州から転居した高校の先輩H氏、私鉄部会のお二人と親しく話していたのが柘植の飛猿さん、何と!I天皇も降臨と総勢50名程の参加で武蔵野の木立の中に鎮座されたオユ10を各自思い思いに撮影を楽しみ、ある頃になったら車内の見学や撮影が順番に入れるようになり、郵袋室や区分室を見て形式写真のパネルや東京の鉄道郵便局が担当した区域の図表、車内で処理した消印の展示と61-11改正で国鉄の荷物輸送廃止に先立ち、この少し前に郵便輸送(あってもコンテナで纏まった量の輸送は残っています)が廃止されて今となってはのと鉄道のある所と並んで保存している歴史の生き証人です。オユ10と言うと軽量客車の10系客車の一形式にも名を連ね、昭和30年代を通して新製や車体更新が行われた印象が強いものの、こちらは昭和46年新製と誰かと一緒で(新製銘板は外されていましたが………)、国鉄の客車史で言うと元祖ブルートレインの20系の新製が終わり、大阪万博に向けて量産された12系が出回り、14系がそろそろ出てくる頃まで新製していたと言う事でマスターも以前、『鉄道公報』で私有貨車の車籍編入である年にひょっこり新製した形式を見付けたのと同じ感覚ですね。さすがに夏場の木立の中での撮影は時折蚊に刺されるので虫よけスプレー必須と零し、15時を回る頃に漸く終了の段となりました。

 見学会が終わると郵政正門前のバス停から私鉄部会の面々と同乗する形で国立駅の南口まで乗ります。先程も行きの皆さんを乗せた東進ハイスクールのラッピングが入ったエアロスターが参上。地元の京王電鉄バスでも随分八王子管内のエアロ度が高まりつつある中、中断前のタイプは意外と乗っておらず、年式からするとあと2〜3年の間に乗っとかねばと思い、何とか乗れて一停留所の間は後輪の真上に腰掛けるものの、マスターの座高では合わないのかノンステフロアへ。今のタイプに比べると天井の高さは一目瞭然でも後方が今一つかな?と言った感じでこれでも本格的なノンステップバスの市販第一号と言う栄誉あるタイプでもあります。

 国立駅は三井住友銀行前で降車して北口の『ひかりプラザ』へ赴くM氏達と別れて1番線から15時23分発の八王子行きで帰路につき、行きは半ドン学生が多かったものの、帰りは買い物帰り中心で乗りが多く、豊田では八王子始発の小淵沢行きの211系が1番線で待機して12時半頃にやって来る回送の折り返しは変わらず。浅川の鉄橋を渡るとドア越しから久し振りにEF210の姿を拝み(3月ダイヤ改正以降はEH200ばかりで明るい内は久々ですね)、早速84列車の様子を確認する事に。

○84列車…出掛ける頃に到着した85列車の返送に当たるので調査や撮影(と言ってもこれまた余り全検出場間もないナンバーが見当たりません。トホホ………)はここで充てようと思った次第で編成はいつも通りの14両編成で前はガソリン積みが続くものの、後方(85列車の前方)はH6新製車が続く格好でこの間竜王からの返送でチェックしたナンバーもちらほらと。
△根岸
EF210-143
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-598 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-772 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 10 JOT/根岸*
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸*
EH200-23(85レ)

根岸*=旧郡山常備車

 84列車の確認と前後して先程の小淵沢行きの211系に河口湖からの『成田エクスプレス』41号(クロE259-15×6/横クラNe-015編成)がやって来ると84列車が終わり、このまま1・2番線へ移動して86列車の様子もチェックします。

○86列車(20日発)…この頃は土日に出掛ける事があると金曜日の87列車で到着して月曜日まで一休みの列を見るのも一寸した楽しみでこちらも今日の85〜84列車同様、ガソリン積みのナンバーや後方にH6新製車が続いた格好です。
△根岸
EF210−1**
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸*
タキ1000-591 JOT/根岸 無
タキ1000-784 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-595 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 54 JOT/根岸*
タキ1000- 85 JOT[E]/根岸*
(HD300−8)

根岸*=旧郡山常備車

 途中で15時48分発の八高線の電車が入線してホーム伝いにザッと確認するとこれでお仕舞いと言った形で改札口を出てから慌てて携帯を取り出して帰宅は遅くても17時までと伝え、セレオのスターバックスで一休み。偶々、ストアマネージャーさんも居たのでピーチインフラペチーノは初日に頂いた話をしていつも顔を合わせるパートナーさんと入れ替わりの参上でコーヒーフラペチーノにダブルショット。列が今日は不思議と長く、有隣堂前から続いてパートナーさんもメニュー片手に尋ねるもマスターはいつも事前に決めているので無用です。テーブル席はいっぱいなのは見え見えなので南側のカウンター席へ。最悪、補助椅子を借りて頂く術もありましたが、難を逃れるも案の定、ピーチインフラペチーノは札止めなり。

 暫く富士森経由のバスが無いので甲州街道経由のバスで西八王子の駅入口まで乗り、館ケ丘団地行きが遅れていたものの、城山手行きは定刻通りで立川バスの後は西東京と履歴はうまく並ぶものの、やって来たのは多摩バスカラーのいすゞエルガで何とか横向きに腰掛け(空気が読めない爺さんがチンタラしていて参りましたね………)、お姉ちゃんのドライバーさんは初顔合わせ。声もベリーグッド。照れ隠しなのかマスク姿の様で我がパスモは残高40円也。コンビニでおやつを仕入れて帰宅すると17時少し前のご帰還です。

|

« H27.07.17 八王子駅 | トップページ | H27.07.21 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/61905984

この記事へのトラックバック一覧です: H27.07.18 八王子駅:

« H27.07.17 八王子駅 | トップページ | H27.07.21 八王子駅 »