« H27.06.09 八王子駅 | トップページ | H27.06.17 八王子駅 »

2015年6月14日 (日)

H27.06.14 八王子駅+埼玉サークル映画会

 埼玉サークルさんで新幹線の運転士を務められた大石さんを囲んで映画を観る会が行われる誘いを幹事のF氏から頂いて最初はこちらも行くつもりは無かったものの、丁度、昨年9月に新潟での見学会で怪我をした町田のK君が回復されて顔を出すというメールを頂戴したのでこちらも3月の鉄道映像を見る会に行きたかったものの、隣の解体工事と重なって重機の振動が起因して貨車研の資料の編集作業に支障が出てしまい、当日お休みする羽目になった事がありまして今回、思わぬ形で埋め合わせが出来て嬉々としております。この副産物でしょうか(?)自家用のiMacがこの所調子が今一つ。何でも、住宅が密集した所での重機作業が頑丈な作りの我が家でも響いたのでハードディスクを修理するようでは何千万の重機を容易く買える様な所でも○万〜十万単位はお安い買い物で保証してくれれば嬉しい話ですが………(一歩間違えたら恐喝になりますからね)。ドラえもんの秘密道具ではありませんが、コンクリートが時間を掛けてゆっくり溶け出す特殊な液体を開発してくれれば有難いものでこうなると解体業も食いはぐれてしまいますが、これからオリンピックに向けての会場の整備や東日本大震災での被災地の復興と奪い合いが激しくなることを思うと建設業の人手不足が解消できるものとチョットした妄想話をしました。

 行きは10時少し過ぎの富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、富士森公園の体育館へ来ると東京家政学院からのバスが先行したのか乗るお客さんもこの辺りは少なく、みよし坂の通りで拾って16号の東側は殆ど乗り降りが無く、10時15分頃には到着しました。

 降りると先ずは83列車の様子をチェックします。日曜日なのでコキ50000だけの事が多いのは百も承知(コキ50000が連結してもですが………とダジャレも)で8460列車は運転が無く、北側の群線に明日の86列車で返す根岸行きのタキ1000が列を成して止まっていたら御の字です。

○83列車…4両目に一ヶ所空きがあった以外は満載で殆どが19系コンテナオンリー。マルーン一色も昨年からの新しいJRマーク入りは見られず、再塗装のものが2個積載。
←竜王 EH200-22 Ps+コキ50613+51080+53059(4個目にJOT UR19A-10611積載)+52155

 このままセレオのスターバックスでブランチを済ませる形でアイスアメリカーノに春から売り出したクラブハウスサンドを満を持して頂きます。テーブル席の空きを見計らって味わうとスターバックスのサンドイッチらしくあまり厚みがないものの、アコーディオンの様に具が挟んでベーコン、オムレツ、ボイルドチキン、野菜とアメリカではポピュラーなサンドイッチなので親指を立てたくなるほどで満足しています(メ○○ンあたりに比べると値が張りますが………)。ストアマネージャーさんのお姉ちゃんはじめ顔馴染みのパートナーさんから右腕の傷を気にされて怪我でも何でも無く、掻いていた時に何かの拍子で搔き過ぎたというだけでご心配おかけしました。地肌と重なる絆創膏かハリウッド張りの特殊メイクなら何とかごまかせますね。

 Suicaをチャージしてゲートイン。思った通り明日の86列車で返送するタキ1000が並んでおりました。

○86列車(15日発)…お決まりの様に14両連結されて1番線をホーム伝いに後方からチェックしました。全検上がりたてのナンバーは見られませんでしたが、目立つ所で本輪西常備から移動した854番が連結。
△根岸
EF210−1**
タキ1000-680 JOT/根岸
タキ1000-854 JOT/北袖# 無
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸*
タキ1000-868 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-292 JOT/根岸*
タキ1000-607 JOT[E]/根岸
HD300-8
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 八王子から11時丁度の快速電車で西国分寺まで乗ります。11時前後は12分も空いて高尾で普通電車からの乗り換えで相当埋まっているのだろうと思いきや、並んだお客さんの数の割にはすんなり座れ、時刻表を見ると『あずさ』8号(立川で抜かれます)を挿んで中央特快の前座と言った様子で意外です。日曜日なのでオイルターミナルの基地はタンク車が1両も見られず、豊田の車両センターはE233系軍団に混じり長野の211系(松本からの424Mを担当した6連固定)が一休み。立川では『あずさ』8号を退避し、反対側は丁度、富士急へ直通する『成田エクスプレス』8号が6番線に到着して少し進むと『あずさ』13号に抜かれると言った快速電車もあるので高架線から降りる所もゆっくり足と言った具合です。

 西国分寺で11時25分発の東京行き(1179E、クハ205-44×8/千ケヨM3編成)で武蔵浦和まで乗ります。この春から南武線からの転入車も混じって見られるかなと思いきや、いずれも旧山手車が多く、なかなか見付からずデジカメに収めても必然的にこの辺りが多くなります。腰掛けると寝入った高校生のお兄ちゃんが邪魔で気づいた様で新座で降りると話していたのでこちらも心得ているので気にしないでね!と心がけて。新座タの発着線には上りでEF66(100番代)牽引の3064列車(札幌タ→東京タ)、下りはEH200-9牽引の75列車(東京タ→隅田川)が停車中。3064列車のコンテナには日通のエコライナー31の白塗装版(ホームにも1個ありました)、旧ヤンマーやJOTのUF16A、東芝物流のU45Aが積載。北朝霞は丁度、秋田貨物→東京タの2092列車が1番線を通過。同和通運のUM13Aや名古屋臨鉄のUM14A(4段積みの返送)、中央通運(信越化学?)のUT13Cや海上コンテナでは日陸の20フィートタンクや出光の20フィートバルクと積載。

 武蔵浦和の到着は正午少し前。ラッチ内の駅ナカ店舗が充実して前は立ち喰いそばとロッテリアしかお店がありませんでしたが、結構食べるお店が多く、最初は丸亀製麺でいいかな?と思いましたが、駅ナカでは珍しくつけめんの『六厘舎』系の『舎鈴』(=車輪の掛け合わせで)があったので冷盛りの並を頂きました。ピッチャーのお冷やにポットのスープとカウンターにも一席ずつ置かれ、六厘舎と言うとマスターが例会で出掛ける品川区の某所にあると言われておりますが、線路と逆方向ゆえに行った事がありません。麺は太めでもちもち。スープは魚粉の味が効いて後でスープ割りで楽しんだら美味しく、ご飯も欲しいところがマスターの胃袋は白旗ながら満足しました。食後は中を色々と見て成城石井がいつも出掛けるセレオ八王子のお店に近い規模で他にもクリスピークリームドーナツや崎陽軒(浦和で横浜の名物は少し気が引けますが、言い換えれば武蔵浦和で唯一買えるマトモな駅弁です………)、海鮮三崎港(回転寿し)、チョコレートケーキの”TOPS”、地元の老舗書店・須原屋と駅ビルに負けないお店揃いです。

 5・6番線へ行くと丁度、12時28分発の快速電車(1185F、TWR70-090×10)で与野本町まで乗ります。新幹線と並行しているので注目は何と言っても北陸新幹線のE7/W7系と東日本と西日本の違いはありますが、根本的には同一形式で国鉄時代であれば東海道新幹線と山陽新幹線の様に(こちらも東海/西日本の関係で似ていますが………)番代分けしていたに違いありません。他にも新塗色の『つばさ』号E3系と見て与野本町に到着。

 与野本町で降りるとまだ時間があったので先程、武蔵浦和の5番線で抜かれた電車のナンバーを見たかったので到着するまで待つと丁度、『やまびこ』209号のE5系が通過し、マスターのデジカメ・SX200ISのズームを思い切り延ばして収め、この間も貨車研の例会を始める前に親分のF氏が「九州新幹線に乗ってこのまま泊まって関西で遊びたい」と零したのを思い出し、マスターも東日本大震災以来ご無沙汰した仙台エリアのタキ1000を見たいので新幹線はE5系の列車、普通列車は先月30日に開業した『東北仙石ライン』のハイブリッド車HB-E210系に乗りたいと専らの願望で年内には実現したいものです。

 改札を出て歩くこと2、3分、与野本町のコミュニティーセンターへ。先ず顔を合わせたのは支部委員のK氏、3月の支部の寄り合いではこちらはお金を受け取るだけで早々退散してお目に掛かれませんでしたが、2月のロングラン例会でしばらくすると幹事のF氏到着。それから、お待ちかねの形で町田のK君到着。今日は地下鉄直通のMSE(小田急のロマンスカー)に乗って葛飾の珍宝僧さんと落ち合ってからこちらへ来て、9月に大怪我されて久し振りに顔を合わせましたが、少しスッキリして眼鏡もクリアなものにチェンジ。まだ、松葉杖も欠かせませんが、隣に腰掛けると3月ダイヤ改正の小田急時刻表や箱根のパンフレット、広岡友紀さんの『京王電鉄』の本と持参したので拝見して後は顔馴染みの範囲(サークルにいつもお見えになる皆さんは勿論、U氏やM君と)もゾロゾロと現れた他、神奈川サークルでもお馴染み藤沢のSさんもRFで知ったのか今回いらして下さいました。映画の一本目は大石さん自ら撮影された山田線+小本線(後の岩泉線)のC58、続いて8mm(マスターが小さな頃は今でいうCDショップや家電量販店で売られているDVDやブルーレイソフト(少し前で言うとビデオやレーザーディスク[=これももう古いのでは?]を思い浮かびます)のように、パッケージしたソフトが盛んに売られていました)をDVDにコンバートした昭和40年代後半の北海道のオホーツク側、鉄道連隊によって生まれた鉄道路線の千葉県内の鉄道路線を紹介するもの、最後は再び昭和45〜46年頃の蒸気機関車の様子とさすがにマスターも見ているだけで貨物列車に連結していた貨車の形式も分かる範囲で暗い中メモをしました。

 16時半には終わり、暫しM君と歓談しつつ与野本町駅へ。『きらめき』のE7系を見て新宿行きの各駅停車に乗ると中浦和あたりで下りを先代の『こまち』号に似た『ドクターイエロー』のJR東日本バージョンであるEAST-iが来ると窓越しからのシャッターチャンスは逃しましたが、擦れ違う(埼京線の電車から見て並走)上りの新幹線は『はくたか』でもE7系ではなく、JR西日本のW7系で両社とも同形式同番号(アルファベットが違うだけで)を採用しているので混乱しますね。国鉄時代や東海道・山陽・九州新幹線のように番代分けなら国鉄時代同様に千の位で判別できますが………。武蔵浦和で乗り換えるとM君はこのまま新宿へ向かい、そういえば今日は代々木公園での会合があるのでこの辺に顔を出された方と落ち合うのかな?と帰宅して気付きました。

 武蔵野線に乗り換えると最近は遠征も大宮周辺が中心になって帰りの時間帯が近いのか府中本町行きの一本前が『しもうさ号』で待っていると丁度見ることが出来、大宮行きながら乗り間違えるお客さんも続出でこちらは列で並ぶお客さんを気にして上り線から大宮操への短絡線へ入る瞬間を収めました。車窓越しの様子を拾うと新座タはコキ104+コキ107の2両が発着線で控えて新秋津ではE233系の新製で玉突きで南武線から転属してきた編成にすれ違い。

 西国分寺では丁度高尾行きに間に合い、八王子まで乗ります。国立から立川へ向かうところで『ホリデー快速富士山』2号のクハ189-14×6(八トタM50編成、あずさ色)、立川の5番線には211系の松本行き(447M、クハ211-3×6/長ナノN603編成)、豊田は大宮行きの『むさしの号』と見て八王子駅着。

 八王子駅で降りると反対の3番線には『はまかいじ』が到着するところでグリーン車が外された以外は今まで通りの編成(クハ185-305×6/宮オオB3編成)での到着でこちらはまだ踊り子号のストライプは見られません。改札を出て211系をデジカメに収めてからビックカメラへ赴こうと思いつつもサザンスカイタワーの2階デッキで待つとどうやら、接続待ちで若干遅れた様子で先に3番線には南武線へ行く『お座敷山梨さくらんぼ』号のお座敷電車『華』が到着。211系を2コマ収めてからビックカメラの5階へ行き、お約束通り、BトレのDD51(JR貨物更新色)をゲット。本当は買う予定に無かったものの、部品取り(国鉄時代のカラーには500番代の屋根しか付属しておらず、貨物用の800番代はこれでないと入手できません)と称して買うも、八高線にいた範囲は素組みであれば国鉄時代は再現できるものの、民営化後は佐倉(実質、東日本に承継された田端→宇都宮所属機も含む)からの転属車を含めてオール800番代の陣容になってしまい、どうしても更新色にも手を伸ばしたくなります。関西本線の貨物列車でも見られるタキ1000もお似合いですが、マスターはセメントのタキ1900やホキ5700あたり牽かせた方が似合います(Bトレにするとセメント専用車はどんなプロポーションになるのか気になります)。それから2階のお酒のコーナーでのんある気分と”缶つま”の鮭ハラスをSuicaで買い、サザンスカイタワーのスターバックスで一休み。フラペチーノを行きたかったものの、夕食前ゆえ、アイスコーヒーのKATIKATIブレンドで一杯。音が似た名前のお兄ちゃんのパートナーさんが居たので「偶然だね!」と突っ込み、テーブルが埋まっていたので丸椅子をお借りして。

 再び外に出ると丁度、坂城行きの5463列車が停車中。EH200-24+タキ1000の編成で前2両が64番、148番………と連結していたので恐らく、5日発の2085列車(〜6日発の2084列車)に連結されたナンバーが続いているなと勘づき、前方のA重油専用車が見られなかったので都合12両編成と言った様子でさて、自宅へ連絡しようと思ったところで携帯電話をショルダーのポケットに突っ込むのを忘れてしまい、このまま南大通りを一直線歩きます。夏至前の薄暮の刻、少々蒸すものの、良い運動になり、16号の東側の上り側の歩道には見事に紫陽花の花を咲かして日が高い時間であればつい収めたくなりますが、この時間は少々無理で支部総会の日は帰宅が午後になるので降っていなければ良い被写体になりますね。19時を少し回る前に到着。夕食後には先ほど仕入れたBトレのDD51のお帽子(=屋根)も無事装着しました。

|

« H27.06.09 八王子駅 | トップページ | H27.06.17 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/61743417

この記事へのトラックバック一覧です: H27.06.14 八王子駅+埼玉サークル映画会:

« H27.06.09 八王子駅 | トップページ | H27.06.17 八王子駅 »