« H27.04.01 八王子駅 | トップページ | H27.04.07 八王子駅 »

2015年4月 4日 (土)

H27.04.03 八王子駅+上野東京ライン

 今日は貨車研究会の定例日でこの所、隣の解体作業で重機が入っている関係で編集作業、プリントと影響を出てしまい、どうしても夕方から夜、朝8時から動き出すので早朝とこの辺りを見計らって行い、皆様にはご迷惑お掛けしました。機械自体も東京都の環境基準に適合したものなのかも分かりませんが、山梨の会社なのでこの点無頓着な面も見受けられます。

 余談はさておき、お昼少し前の南大通り経由の八王子駅南口行きに乗り、駆け足でやって来る奥さんもいたので「12時丁度ぐらいには着きますよ!」とこちらの経験則が働き、いつも2分遅れですが信号のタイミングが影響してか2分半〜3分遅れで到着も予想通り。あとは三小の信号(ローソンストア100の近くです)と16号の交差点も50〜60mほどと間隔が短く、マイカーに乗る時と同様、意外と喰うんですよ!と周辺の町会、警察署も一考欲しいところ。

 先ずはサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、2階のスターバックスへ。今晩は有料のセミナーがありますが生憎出られず、顔を出してソファー席が埋まっていたので(サードプレイスに無関心のオヤヂばかりでドやシかルの付く店へ行け!と言いたくなりますね)奥のテーブル席へ。夜のお客さんの為に暖めてドリップのトリビュートを頂きます。マスターと仲が良い鉄道友の会の会員仲間と重なるお名前のパートナーさんから多摩平のイオンモールのお店から移ってきたパートナーさんが入っていたので丁度先月の中頃にお邪魔した際にお見掛けした方でオープニングの時から居たパートナーさんがここで卒業してこの入れ替わりという事で今後は何かと宜しくお願い致します。

 北口に回ってお昼は久し振りにユーロードのバーガーキングへ。バーベキューソースのバーガー+フライドポテト、ジンジャーエールの組み合わせでポテトはやや味わいがソフトでアメリカナイズでマスター好みのテイストです。時期がら社会人成り立てのお兄ちゃんが多く感じました。

 この後はセレオの1階をふらりと歩いてから2階のスターバックスへ。コーヒー&クリームフラペチーノでクールダウン。今年初フラペを頂き、有隣堂側のテーブル席に腰掛け、パートナーさん直筆メッセージ入りなので少々照れますね。夕方はお楽しみです。

 Suicaをチャージしてゲートイン。ちょうど、根岸行きの8092列車が出発する所で2分遅れての出発(この頃、風が強く、浅川の鉄橋で速度規制を受けました)するも今日はEH200-22の単機で春休みの期間中だけあってかカメラ片手の兄ちゃんも目立ち、中には車椅子の肢体障碍者も来て大丈夫かな?と気遣います。

○2080列車…夜には対の2081列車を確認するのですが、タンク車の顔触れは同じかな?と気にしつつも保険の形でチェックします。牽引するEH200の14号機は先月全検を受けたばかりです。また、出発も強風の影響で2分遅れたため、少々得をしました。
△蘇我(浜五井)
EH200-14 Ps
タキ1000-661 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-402 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-658 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-246 JOT/浜五井*
タキ1000-822 JOT/浜五井
タキ1000-257 JOT/浜五井* 無
タキ1000-668 JOT/根岸
タキ1000-266 JOT/四日市* [車票]
タキ1000-855 JOT/北袖# 無[車票]
タキ1000- 13 JOT/浜五井* 無
タキ1000-662 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-867 JOT/根岸
タキ1000-651 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-444 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-677 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-862 JOT/北袖# 無
タキ1000-289 JOT/浜五井* 無
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 八王子から13時52分発の中央特快で御茶ノ水まで乗り、予告通り浅川鉄橋の徐行を受けて豊田は1分遅れの出発するも立川2分、国分寺と三鷹は3分の遅れで荻窪の手間で減速して阿佐ヶ谷で2分ほど止まってここで豊田へ回送する『グレードアップあずさ』色のクハ189-509×6(八トタM52編成)に擦れ違い、遅れがこの停車から中野6分、新宿は5分と伸長したものの、御茶ノ水に着く頃には4分遅れまで縮まり、車窓越しから残堀川の河原と外堀の桜を楽しみました。

 この3月ダイヤ改正で目玉商品である”上野東京ライン”の試乗を楽しむも京浜東北線の快速電車が止まる様になった神田で乗り換えては面白くないので通過する様子が直接見られる秋葉原で少し見てから上野駅へ進み、上野東京ラインで東京、品川と行く予定です。津田沼行きの緩行電車(1450B、クハ209-507×10/八ミツC507編成)で秋葉原へ。

 秋葉原では総武線の6番線から南行の3・4番線へ。電留線で昼寝する電車は全く見られず以前来た時は常磐線の電車が止まっていた線も北行の線路に変わり、常磐線の青いラインが入ったE531系や特急電車のE657系が入る姿が新鮮で見慣れたE231系、E233系の湘南ラインも頻繁に行き交う姿が当たり前になりました。この間の遠征の時の様にE231系+E233系の混結は見られないかな?と期待してホームの東京駅方へ。ここがスロープ状で北行の線が降りる形でE657系がここで走っていたので下りは『ひたち』17号だなとピンと来ます。

 山手線で上野駅へ行き、先ずは乗換通路の上野東京ライン関係の案内表示をデジカメに収めて特急列車の愛称が『スーパひたち』、『フレッシュひたち』から『ひたち』、『ときわ』号の並びはどこか懐かしい一方、『品川』行きの表示は目新しく新旧の対比を楽しみ、東海道線の駅の行先案内も新鮮です。

 一度中央口の改札を出て地場物を扱う『のもの』と言うお店があるのでここへ寄ろうと思い、お立ち寄りになられた事がある皆さんにとっては八王子駅で『やまたまや』というお店があるのですが、これと似たコンセプトのお店で品揃えも上野駅に来る中長距離列車の発駅である北関東や東北各地、信越地方のものが並んで今日は栃木のものが一押しでレモン牛乳を使ったお菓子や那須高原の牛乳で作ったチーズの試食を味わいました。上野とは何処か場違いの桔梗屋信玄プリンやクレープと駅ナカでは新宿と上野と八王子のセレオ北館くらいしか置いていないのでは?と言った感じです。

 再び改札に入って先ずは7・8番線で出入りする電車を楽しみ、東京駅から東大宮へ回送する185系とバッタリ(15両編成だったので『踊り子』106号で営業運転を終えたもので基本の10両編成はクハ185-111×10(宮オオA6編成)。最初は宇都宮線や高崎線からのE233系に乗りたいなと思いましたが、マスターは遠征の出先の関係からこの10年来常磐線筋はご無沙汰してしまい、これを埋める形で常磐線の電車に乗ろうとE531系の品川行きが初体験。これに合わせて9・10番線へ移動し、10番線には土浦行き(2423M、クハE531-22×10/水カツK-422編成)が出発待ち。E231系の快速電車と顔を並べて後で品川で収めることができました。9番線は品川行きの電車が止まるのでE657系のグリーン車から車内販売のワゴンを下すので常磐線は従来通り上野からで品川までは乗らないものと推測します。

 さて、お目当ての電車は15時59分発の土浦からの特別快速・品川行き(3220M、クハE531-8×10/水カツK-408編成)で東京まで乗ります。常磐線の遠征も415系が走っていた頃以来でE231系ベースのE531系は今回初顔合わせ。走りの音(M車に乗りたく並んだものの、前過ぎて慌てて掛けましたね)や車内+案内表示はE231系の近郊タイプ(案内表示を厳密にお話すると通勤タイプの常磐線用と近郊タイプの東海道線以降同様2段タイプ)そのままでシートのカラーはブラウン系とフェイスのライン処理と併せてE231系に近いながらもE233系に受け継がれた下地が垣間見えます。一方、常磐線の特別快速は10年前につくばエクスプレスが開業するのを見越して設定されたもので現在は土浦や水戸へ行く電車は快速電車と揃ってしまいましたが、国鉄時代を思わせる日暮里、北千住(この3月改正から追加しました)、松戸、柏、取手から各駅停車で東葛方面から乗った新人研修の若者たちが多く、カートがどこか邪魔でしたが、走りは快調。秋葉原の総武線の線路を跨ぐと今回の鍵となる新幹線を乗り越える高架橋もあっという間。降りると入れ替わりに中央線の快速電車が東京駅の1・2番線へ駆け登る様子も見る事ができ、ジェットコースターを思わせる光景で東京駅は9番線に到着。

 東京駅で暫しの小休止で前は4線使ってE231系やE233系の普通電車が折り返していましたが、全部上野東京ラインで直通運転に変わり、折り返しも早朝の一部や夕方以降の通勤快速(土休日の快速『アクティー』)と極端に減り、以前は横浜や湘南へ向かわれるお客さんと言うと直接車内に入れたものの、さすがに行列が目立つようになりました。一度地下通路に降りて案内表示も新幹線含めて収めて丁度20番線には続いてE7系が続いて到着してアイボリー系の車体に赤いパンタグラフと青い碍子が一際目立ちます。基本は『はくたか』ですが間合いに『あさま』、東北新幹線の『はやぶさ』や東海道・山陽新幹線の『のぞみ』、九州新幹線の『みずほ』に相当する『かがやき』も見る事ができ、丁度金沢行きの511号(E723-14×12/F14編成)が田端基地から20番線に到着。19時前には着くのでこの早さには驚かせます。

 少し日が差して今度は品川駅へ行き、最初は上野東京ラインの新しい区間をE233系に乗りたいと思いましたが、ここで当てる事にしてE231系とミックスなので何処で来るかな?と待っていたら次の16時37分発の『アクティー』小田原行き(3537E、←クハE233-3019×10+E231-8022×5/宮ヤマU619+U60編成)に乗ります。予想通りでまた、東京駅で座れたので気持ちも嬉しくなり、浜松町で京浜東北線の南行(1637C、クハE233-1032×10/宮ウラ132編成)とE233系同士の並走を楽しみ、田町のホームが見えてくると降りる支度をして再開発が噂される田町のヤードも海側に寄せられてE231系が4本、E233系が3本に『湘南ライナー』の215系、『サンライズエクスプレス』の285系が一本ずつ止まっている様子を見て品川駅に到着します。

 品川で時間調整して大崎へ行くのも丁度いい具合で11・12番線から常磐線の電車が折り返す9・10番線へ移動して新しく整備されてベンチの置き方が病院の待合室みたいですね。液晶モニターで色々とプロモーションの映像が映し出されて出入りする電車をウオッチします。発車メロディーが面白く、鉄道唱歌に汽笛のエフェクトを加えたもので巧妙なり。10番線のE231系が出発して11番線に止まっているE531系を見て山手線のホームへ移り、17時09分発の外回り(1641G、クハE231-519×10/東トウ519編成)で大崎へ向かい、総武線へ転属した編成と一番違い(同じH15.7新製です)なので降りた後でデジカメに収めると流石にホームドア越しとなると痛いですね。

 ゲートシティーに到着すると先ずは腹拵えで『むつみ屋』のラーメンでも良いかな?と思ったら気が変わって『麻布茶房』のあんかけラーメンの夕食。この後はスターバックスで2月の例会の時にお預けになったリザーブとコーヒー&エスプレッソケーキのハニーオレンジをオーダー。リザーブのお豆はコロンビアのモンテボニートでマスターはよく自宅用に買うお豆がラテンアメリカ系のもので味わってみるとハウスブレンドあたりに近いな!と一目瞭然で八王子のお店でも扱っていたら指名買いしていた所でまだ上場していたらリザーブも100gの優待があれば嬉しいのですが………。この後は南部労政会館で貨車研究会の例会で上尾のK氏も暫くしてから来場されて暫く色々話してからスタートし、21時少し前に散会。再来週の日曜日は足尾への調査会との事でマスターは故あって出掛けられませんが、武蔵小杉のK氏にあれこれ託して。

 21時少し過ぎの山手線の外回りで新宿まで乗り、クハE231-528×11(2107G、東トウ528編成/フィリピン観光年ラッピング入り)に当たりました。ホームドアが付きつつある中でこの様なラッピングを収めるのも至難の技。E235系に世代交替したらどの様に変わるのかも注目されます。

 帰りは新宿から21時28分発の通勤快速に乗るのが常ですが、案内表示を見ると3分早くなり、並んでも座れそうもないものの、次の21時37分発(こちらは変更なし)まで待つ事にして先行する2本の快速電車に乗るお客さんに気遣いながら並びました。

 新宿から21時37分発の通勤快速で八王子まで乗ります。乗ると早速坂城行きの2085列車のページを準備し、最初国分寺まで立ち通しと思いましたが、幸い中野で降りた方が居たので(路線バスなら乗り通せる距離ですが)、マスターも隣の解体工事の都合からプリント作業も宵の内や早朝で疲れたのかちょっとしたご褒美を頂いたのと同じ気持ちです。立川では後で見る2085列車を待つもタイミングが悪かったのか上手く見られず八王子までのお楽しみに。新しい革靴にしたのか痛みもなく、まだまだ浅い事もあってか所々外側に豆が出来るのは仕方ありませんが、慣れるまでの辛抱です。

 降りた所で自宅へ電話を入れるとどうやら入浴中と言った様子で後で掛け直す事にして今晩は久し振りに落ち着いた宵の内の調査となりそうです。

○2085列車…一杯の17両編成での到着で今年の全検車である160番を漸くキャッチし、この間、鉄道博物館に出掛けた日に熊谷タまで試運転を行っていたナンバーです。この頃から少しずつ快速電車の下りが遅れ始めたのでこちらも5分遅れての出発。
△篠ノ井(坂城)
EH200-6 Ps
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 A重/石油類)青地
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸*
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-230 JOT[E]/根岸*
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 全検27-2-17川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-213 JOT[E]/根岸*
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-422 JOT[E]/根岸
タキ1000- 86 JOT/根岸*
タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 2085列車の次は8461列車を牽引したEF210(16号機)を5番線で確認。明日(or月曜日)の86列車で根岸へ返すタキ1000も次の通りで前2両は暗くてナンバーが読み辛く省略しました。

←東京 HD300-8+タキ1000-***+***+22+849+605+837+242+372+505+251+687+25+683+868+87+367

 再び3・4番線に戻って2081列車、5462列車、5467列車とiPod touchに準備し、5462列車はすぐ出発するのでノートに書き出して(昼間の80列車みたいにしたいのが本筋ですが、この時間帯は暗いので取っている状況です)改めて電話を入れて24時半過ぎと予告し、待合室で一休みするも危険ドラッグを吸ったのでは?と言った感じでお兄ちゃんが騒々しい。3番線に『中央ライナー』7号のE351系が到着すると少し遅れて2番線を高尾からの回送電車が通過して211系が拝めると思いましたが、何とかデジカメに収めることができたものの、ニアミスでナンバーが見られず仕舞い。

○2081列車…最初は昼間の2080列車で来たタンク車がそのまま現れるのかな?と思いましたが、全く違うナンバーで前は同じ編成で行ったり来たりとザラでしたが、京浜発の列車同様に2本体制になった様でナンバーを見るとキリ番の300番やどこかで隠遁生活を送っていたトップナンバーに昨年の全検車で未確認だった1両の660番にH22新製車の2両とキャッチ(888、890番の2両は本来なら今年の対象車ですが、旧年中に受けたために来年3月までは掲載予定です)。こちらも快速電車の遅れの関係で10分遅れの出発。
△南松本
EH200-14 Ps
タキ1000-857 JOT/北袖# 無
タキ1000-300 JOT/四日市* 全検23-12-26川崎車、自重17.3t 無[車票]
タキ1000-335 JOT/根岸 石油類)黒地[車票]
タキ1000- 1 JOT/根岸* 全検27-3-11川崎車、自重17.1t
タキ1000-660 JOT/根岸 全検26-9-18川崎車、自重16.9t 石油類)青地
タキ1000-459 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-243 JOT/浜五井*
タキ1000-334 JOT/根岸 無
タキ1000-273 JOT/浜五井* 無
タキ1000-627 JOT/根岸 無
タキ1000-241 JOT/浜五井* 石油類)黒地▼
タキ1000-823 JOT/北袖# 無
タキ1000-302 JOT/浜五井*
タキ1000-888 JOT/根岸 全検26-11-25川崎車、自重17.0t
タキ1000-393 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-669 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-890 JOT/根岸 全検26-11-11川崎車、自重16.9t
浜五井*、四日市*、根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車、▼=表示板逆向き

○5462列車…上り列車なのでこちらは定刻の到着でオールタキ1000の顔触れ。さすがに3番線から確認するとこの時期は歓迎会の時期故にお酒が入ったお客さんの足取りに気遣い、マスターは下戸な上に二次会で一杯勧められても出来るだけ飲まない様に心掛けております(何せ、危険というのは十二分に弁えております)。
△根岸
EH200-4 Ps
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-369 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 91 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-441 JOT/根岸
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-358 JOT[E]/根岸*
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000-128 JOT[E]/根岸* (A重)
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 このまま5467列車の出発を待ち構えますが、下り電車が遅れている影響でしょうかこちらも遅れている様子で待合室でサッと5462列車の中身をiPod touchに転記している間に到着。

○5467列車…定刻より5分遅れて24時またぎの到着となりました。根岸発のタキ1000を2両前に据えて他は浮島町発でタキ1000は旧矢羽根色は勿論、昨年の全検車で数両未確認があったので幸い3両ともこれに当たりました(643番はBトレのステッカーにも入っていたナンバーでこの間見た648番と同様、前の全検時点の標記です)。タキ43000は初期の43000番台やS45新製車は常連ですが、黒塗りのJOT車もまだ頑張っておりました。
△南松本
EH200-22 Ps
タキ1000-787 JOT/根岸    ↑根岸発 無
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* ↓ 無
タキ1000-720 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-746 OT/川崎貨物◎ 無
タキ43606   OT/宇都宮タ 
タキ43603   OT/宇都宮タ
タキ1000-452 OT/倉賀野 全検26-11-5川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ43165   OT/倉賀野 無
タキ43443  JOT/浜五井* 
タキ43258  JOT/仙台北港 全検26-5-22川崎車、自重15.9t
タキ43003   OT/南松本※
タキ43161   OT/南松本 無
タキ1000-728 OT/川崎貨物◎ 無
タキ43347   OT/倉賀野※
タキ1000-643 OT/倉賀野 全検26-9-19川崎車、自重16.8t
タキ1000-647 OT/倉賀野 全検26-11-28川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ43162   OT/南松本 無
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、※=旧西上田常備車、◎=旧矢羽根色

 最後の5467列車は意外と頑張っていたのでこちらもリザーブを頂いたご利益かな?といった具合でNEW DAYSで夜食を仕入れると中島菜入りのおにぎり(おにぎりの棚はお目当てのNREものは×)やコカコーラの日本産茶葉を使った烏龍茶の『つむぎ』とネタメールのネタになりそうなものをゲット。南大通りを歩いて新しい靴なので徐行モードで進み、途中本立寺や信松院の境内の桜をデジカメに収めるも真夜中に自転車を漕ぎながらケータイで話すスーツ姿の兄ちゃんには閉口し、絶対事故に巻き込まれますからお気を付けあれ。ゆっくり進んだつもりが普段通りのペースでのご帰還となりました。

|

« H27.04.01 八王子駅 | トップページ | H27.04.07 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/61380990

この記事へのトラックバック一覧です: H27.04.03 八王子駅+上野東京ライン:

« H27.04.01 八王子駅 | トップページ | H27.04.07 八王子駅 »