« H27.03.26 大宮周辺(その1) | トップページ | H27.03.26 八王子駅(その2) »

2015年3月26日 (木)

H27.03.26 大宮周辺(その2)

 思わぬサプライズの後は新都心の第二弾は14時39分発の宇都宮線の上野行き(548M、←クハE231-6026×10+8026×5(宮ヤマU526+U66編成)でさいたま新都心へ。この間ではレインボー色のEF81 95やE5系+E6系の『はやぶさ』18号を見ながら向かいます。上野東京ラインの開業後も湘南電車の直通運転が多いものの、従来通りの上野発着も昼間は毎時1本ずつ宇都宮線と高崎線の電車で残っています。

 新都心の第二弾は色々見る所が多く、昼前後と違い、E235系目当ての撮り鐡も殆ど見られないと言った所でこちらも落ち着いた調査活動が出来ます。

 先ずは根岸からの4091列車で大宮操は通過となりましたが、タキ1000ばかりの13両編成で10分くらい止まるとメモとチョットしたデジカメに収める事が出来るのですが、我が身はただホームで呆然と立ち尽くすのみ。
←宇都宮タ EF210-2+タキ1000-287+560+633+432+613+513+352+606+587+357+488+618+533

○4093列車…以前から東京タ〜宇都宮タと運転されている列車でしばらく午前中の運転になっていましたが今回のダイヤ改正から午後の運転に復活。目立つコンテナでは芳賀通運のUM11A、大日本インキのISO20フィートが見られます。後方は北陸筋の列車が整理された影響でしょうか2087列車に連結された二塚発の紙積みコンテナが見られます。
△宇都宮タ
EF210−125
コキ104-1698
コキ106- 714 3個目に芳賀通運UM11A-72積載
コキ107- 551 西濃U30B-15,DLC DL06-017,西濃U30B-32積載*
コキ104- 710 全検26-8-22広島車
コキ104-2348
コキ107- 506
コキ104-1154 3個目に丸和通運UF12A-9積載
コキ107- 153
コキ104-2837 3個目に19D-42314積載
コキ104- 259 4個目に20D-331、5個目にJOT UR19A-1257(H23製)積載
コキ104-1331
コキ104-1585 JOT UR20A-263、240、16積載(2・3個目以外)
コキ107- 384
コキ104-2608 [空車]
コキ104-1629 [空車]
コキ104-2182 ↑二塚発
コキ104- 790
コキ104-2585
コキ104- 282
コキ107- 664
コキ107- 48
コキ104-1307
コキ104-1092 ↓
*西濃運輸のU30Bはベージュ+紺色帯

 続いてこの頃になると浮島町行きの臨時列車である8586列車もEF210-135だけの単機となり、他の列車は従来通りの時刻の運転です。

○5883列車…16両編成と普段より頑張っている長さでタキ1000も多く、中央線の2081レや2080レあたりと馴染みのナンバーとバッタリ。JOTの黒塗りタキ43000の中には久し振りに現車確認するナンバーも若干見られました。こちらも10日の倉賀野での確認で見かけたナンバーはたった2両でした。
△倉賀野
EF210-155
タキ43257   JOT/仙台北港 全検26-11-7川崎車、自重15.9t
タキ43412    JOT×/浜五井 全検22-7-20川崎車(28-4-13切)[車票]
タキ1000-172 JOT/四日市* 全検22-7-16川崎車、自重16.8t [車票]
タキ1000-305 JOT/塩浜# 全検24-10-31輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ44009   OT/宇都宮タ
タキ43462   JOT/根岸
タキ43110   JOT/根岸 全検25-6-20川崎車(30-12-15切)、自重16.0t
タキ43336   JOT×/浜五井
タキ43268   OT/倉賀野
タキ243743  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地(逆向き)
タキ243829  JOT/浜五井* 無
タキ143645  JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-218 JOT/四日市*
タキ1000-808 JOT/浜五井
タキ43135   OT/郡山 全検26-6-25川崎車、自重15.4t
タキ1000-626 JOT/根岸
×=エコレールマーク撤去、浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、浜五井#、塩浜#=旧本輪西常備車

○1074列車…前は発着線で15分程一休み取っておりましたが、久し振りに貨物の上り線を通過する形になったものの今日は幸い編成が短くメモも取れて全車旧矢羽根色です。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-133
タキ1000-693 OT/川崎貨物◎
タキ1000-745 OT/川崎貨物◎
タキ1000-727 OT/川崎貨物◎
タキ1000-742 OT/川崎貨物◎
タキ1000-720 OT/川崎貨物◎
タキ1000-699 OT/川崎貨物◎
◎=旧矢羽根色

○5763列車…停車時間に余裕があるためか、宮原で8876列車を見る前に予習をして新都心に戻ってから本番です。ダイヤ改正前は根岸発や4074列車同様、メタノール専用のタンクコンテナを積んだコキ200が連結されていましたが、今日は浮島町発のオイルターミナルのタンク車だけ。目立つ所では塩浜から移動したツートンカラーのタキ43000(44t積み)が連結していたのは嬉しいものの、牽引機が八王子行きのタンク高速列車(いつも地元で見る辺りですね)ではありませんが、こちらも新鶴見のEF210からEH200(返送の5762列車も同じく)に変わりました。
△倉賀野
EH200-3
タキ44012   OT/倉賀野 全検24-5-9川崎車、自重16.1t
タキ43019   OT/南松本
タキ43554   OT/宇都宮タ
タキ1000-648 OT/倉賀野 全検26-10-2川崎車、自重16.9t
タキ43164   OT/倉賀野
タキ243860  JOT/塩浜* 全検25-6-26川崎車、自重16.0t
タキ43009   OT/八王子※
タキ44017   OT/郡山 全検25-3-18川崎車、自重16.0t
八王子※=旧西上田常備車、塩浜*=旧郡山常備車

○8876列車…タキ1000、タキ43000(44t積み)のツートンカラー車ばかりの短い編成で到着。幸い、10日の倉賀野行きで見たナンバーとの重複も無く、最後尾の243821番のデータもキャッチ(鉄博の帰りに見たときは前に出過ぎてアウトでした)。同じH5新製のお尻に当たる243885番が捕まれば御の字ですが………。
△蘇我(北袖)
EF65 2087[JRF色、冷風]
タキ1000-861 JOT/北袖# 全検25-10-16輪西派、自重17.2t 石油類)黒地、H
タキ243782  JOT/浜五井# 無
タキ243714  JOT[e]/浜五井# 全検22-11-20輪西派(28-5-8切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 全検25-11-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243769  JOT/浜五井# 無
タキ1000-400 JOT/浜五井 無
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-13川崎車、自重16.0t 無
タキ243821  JOT/浜五井* 全検25-3-7川崎車(30-6-7切)、自重16.1t 石油類)黒地
浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、浜五井*=旧郡山常備車、H=浜五井臨時常備

○5763列車…停車時間に余裕があるためか、宮原で8876列車を見る前に予習をして新都心に戻ってから本番です。ダイヤ改正前は根岸発や4074列車同様、メタノール専用のタンクコンテナを積んだコキ200が連結されていましたが、今日は浮島町発のオイルターミナルのタンク車だけ。目立つ所では塩浜から移動したツートンカラーのタキ43000(44t積み)が連結していたのは嬉しいものの、牽引機が八王子行きのタンク高速列車(いつも地元で見る辺りですね)ではありませんが、こちらも新鶴見のEF210からEH200(返送の5762列車も同じく)に変わりました。
△倉賀野
EH200-3 Ps
タキ44012   OT/倉賀野 全検24-5-9川崎車、自重16.1t
タキ43019   OT/南松本
タキ43554   OT/宇都宮タ
タキ1000-648 OT/倉賀野 全検26-10-2川崎車、自重16.9t
タキ43164   OT/倉賀野
タキ243860  JOT/塩浜* 全検25-6-26川崎車、自重16.0t
タキ43009   OT/八王子※
タキ44017   OT/郡山 全検25-3-18川崎車、自重16.0t
八王子※=旧西上田常備車、塩浜*=旧郡山常備車

○8876列車…タキ1000、タキ43000(44t積み)のツートンカラー車ばかりの短い編成で到着。幸い、10日の倉賀野行きで見たナンバーとの重複も無く、最後尾の243821番のデータもキャッチ(鉄博の帰りに見たときは前に出過ぎてアウトでした)。同じH5新製のお尻に当たる243885番が捕まれば御の字ですが………。
△蘇我(北袖)
EF65 2087[JRF色、冷風]
タキ1000-861 JOT/北袖# 全検25-10-16輪西派、自重17.2t 石油類)黒地、H
タキ243782  JOT/浜五井# 無
タキ243714  JOT[e]/浜五井# 全検22-11-20輪西派(28-5-8切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 全検25-11-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243769  JOT/浜五井# 無
タキ1000-400 JOT/浜五井 無
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-13川崎車、自重16.0t 無
タキ243821  JOT/浜五井* 全検25-3-7川崎車(30-6-7切)、自重16.1t 石油類)黒地
浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、浜五井*=旧郡山常備車、H=浜五井臨時常備

○8571列車…3月のダイヤ改正前は手前に東京駅まで回送する185系が休む姿が見られましたが、武蔵野線から上野東京ライン経由に変わったために久し振りに遮るもの無くすっきり見る事が出来ました。4091列車は通過するものの、こちらの一休みは従来通り。編成はタキ1000ばかりの16両編成で今年に入ってから全検出場したナンバーもキャッチ。
△宇都宮タ
EF210-112
タキ1000-117 JOT[E]/根岸* 全検27-1-20川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-103 JOT[E]/根岸* 全検27-2-4川崎車、自重16.4t (A重)
タキ1000-567 JOT/根岸
タキ1000-281 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸* 全検26-5-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 全検25-10-29輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無
タキ1000-805 JOT/浜五井 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-595 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 全検26-12-17川崎車、自重16.9t
タキ1000-865 JOT/根岸
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 8571列車を見ると後は5763列車を仕上げるかたちで一度改札を出ました。丁度この頃、隅田川→新潟タの2083列車が到着。牽引機がEF64からEH500に変わり、偶々EH200の並びを拝む事ができ、前にお仲間さんからの画像で隅田川駅のイベントでのツーショットを見た際に何処かご兄弟が顔を揃えたみたいで印象強くなり、バス乗り場の入口近くの交差点から頑張ってデジカメに収めました(フェンスが痛い!)。

2083列車編成:←新潟タ EH500-29 Ps+コキ106・107×3+コキ101-82+100-82+81+101-81+コキ50000×13

 再び改札に入ると上野方面はすっかり湘南電車の着駅を連ねた案内表示を収めて京浜東北線の1・2番線へ。暫くすると札幌タ→梶ヶ谷タの94列車が手前の発着線に到着。コンテナ車を見ると長距離列車はすっかりコキ104やコキ107が中心の列車が多くなりましたが、こちらはコキ50000を連ねた編成でマスターにとってはピンと来たのはこのブログにお立ち寄りの皆様なら頻々登場する梶ヶ谷タ〜竜王の83/82列車で連結されるコンテナ車で昨年の今頃から半年ほど、コキ104に戻って嬉しくなったものの、秋からまたコキ50000に逆戻りした事があって恐らくこの列車と運用が組みになっているのだろうなと感じました。

 昼頃はDQN外人と一悶着ありましたが、今回の遠征も無事終わり、16時46分発の磯子行き(1613A、クハE233-1071×10/宮サイ171編成=宮ウラと書くつもりでしたが、後で14日のダイヤ改正で浦和電車区がさいたま車両センターに組織改変した事に気付きましたので合わせて直しました)で南浦和まで乗り、車中ではiPod touchで見た列車の整理をしながら過ごし、浦和では『スペーシアきぬがわ』6号の東武100系(雅カラー)とご対面。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、5番線の次世代自販機で午後の紅茶の香るストレートをSuicaで買うと待つ間に整理の続きをしながら過ごします。

 南浦和から17時10分発の府中本町行き(1629E、クハ205-52×8/千ケヨM28編成[LED])で西国分寺まで乗り、編成番号を見るとアレ!行きに乗ったのとまたご対面。武蔵野線の電車というと205系だけでも40本は居るので運用も東京駅に海浜幕張や南船橋、短絡線を活用した『むさしの号』、『しもうさ号』と広範に拡がっているのでこの様なケースは滅多にありません。車内ではiPod touchへこのページでご紹介している範囲を整理して新座まで来ると一段落します。

 一本待つ形で西国分寺から17時46分発の高尾行きで八王子まで乗り、一駅まで立たされましたが、時間的にも立川で松本行きの電車が見られるので今日はクハ115-1127×6(長ナノC13編成)の担当でこの間も高尾で見かけました。211系も随分入っているものの、115系も後1〜2本と言った具合になりました。

|

« H27.03.26 大宮周辺(その1) | トップページ | H27.03.26 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/61338924

この記事へのトラックバック一覧です: H27.03.26 大宮周辺(その2):

« H27.03.26 大宮周辺(その1) | トップページ | H27.03.26 八王子駅(その2) »