« H26.12.13 八王子駅 | トップページ | H26.12.22 八王子駅 »

2014年12月18日 (木)

H26.12.18 八王子駅

 爆弾低気圧と言われる師走の大寒波の最中、一昨日の八王子は午前中、チラッと小雪が舞って昨日からは冬晴れの日となりまして、こちらもこの所サボリがちだった八王子駅の周りの用事ついでのネタ探しを敢行し、この間の月曜日に西八王子駅の近くをフラついた際、八王子始発の115系の電車が長野色の211系に変わって驚きましたが、こちらも見ている所で何処かで出会さないかなと密かに楽しみにしています。

 いつもは南大通りのバス停から乗りますが、15日を過ぎて少しずつ年賀状を投函する時期と重なり、駅へ向かう道の郵便局前のポストに立ち寄って一回目を投函しました。暫くすると丁度、松本からの立川行きが来る頃合いだな!と思い、踏切へ向かうと211系が参上し、S120のウォーミングアップが足りないのかショルダーから出してシャッターを切ったのは八王子高校の脇のカーブに差し掛かったところでまた機会を改めて。

 西八王子駅の南口からいつもの南大通り経由・八王子駅南口行きのバスに乗り、法政大行きのバスではてんけんくん、アンファン、ヨドバシカメラとラッピングバスが賑やか。いつものバス停では顔馴染みのお父さんと顔を合わせて、消防署の工事も大詰め。師走で道路の混雑が気になる時期ゆえ、83列車の出発前に間に合うかなと少々焦りも。

○83列車…タンク車は長い13両の連結で今年が全検入場の対象車である87、90番とキャッチ。コンテナは4両目が空車。
△竜王
EH200-14
コキ52778 ↑梶ヶ谷タ発
コキ50105
コキ51521 3個目に19G-18528(JRマーク&一色塗り)積載
コキ51030 ↓ [空車]
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸* 全検26-9-30川崎車、自重16.8t
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸* 全検26-8-18川崎車、自重16.9t
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000-368 JOT[E]/根岸*
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 一通り片付くとサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。寒さが身に沁みた中で飲むジンジャーブレッドラテは美味しい。この後はSuicaをチャージしてからセレオの北館へ行き、京王百貨店で来店ポイントを貯めてから有隣堂で『旧型国電ガイド+国鉄客車ガイド2』の復刻版を見付け、『客車ガイド』の復刻版と同じで2分冊になると思いきや、ニコイチで体裁が値段の割に○○と言った感じで。原本を持っていましたが、こちらも改築の際に処分したので言わば再購入に近い形になり、実現するのは年明け以降かな?と再び2階に降りてスターバックスではドリップを一杯。さすがにホリデーシーズン物が続いたのか少しずつ飽きてきたのかこちらもレギュラーものを頂きたいなと思った所(今日はラテンのお豆のコロンビアです)で嬉しいチョイスです。レザーのベンチに腰掛けて頂くと顔馴染みのショートヘアーのパートナーさんと世間話を交わし、再び南口へ。ビックカメラでMDとBトレは211系の5000番代を頂くと後で色違いながら実物ご対面とはこの時は知る由もありませんせんが、ゆるキャラが入った手提げを頂き、ショルダーの中に忍ばせてゲートイン。

 ここからいつもの様にあれこれとタンク車の編成調査を行い、8092列車の入線前後に甲府+河口湖発のスカ色115系が211系に変わっていないかな?と見てのお楽しみでこの頃京王線の振替が矢鱈とアナウンスしていたので人身事故かなかと思いましたが、新宿駅でのポイント不具合との事で驚きました。

 E233系のラッピング電車で時期柄、アマゾンのラッピング電車が登場したので驚きました。
・クハE233-15×10(八トタT15編成):67T運用

 211系も予告した通り、豊田の115系の運用分にも参入し、こちらはセミクロスの1000番代(新前橋→高崎のB編成)が担当。中央本線も東西で同形式が幅を利かせる格好となりました。
・クハ211-3×6(長ナノN603編成):426M〜豊田入庫〜551M
・←クモハ211-1009×3+1003×3(長ナノN325+N319編成):542M

○8092列車…普段は14両編成と思ったらやや短い12両編成での入線でこの間、四日市であれこれ取材した時に南松本行きの列車と長さがほぼ等しいので日頃の○○が役立った訳ですね。
△根岸
EF210−172
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸* 全検26-5-30川崎車、自重17.0t
タキ1000-641 JOT/仙台北港 全検26-8-21川崎車、自重16.8t
タキ1000-359 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 85列車の到着までは2番線で8092列車の前方を確認して再び3・4番線へ。到着に合わせてナンバーを一通りタップすると慌てて反対方向にそろそろ竜王からの80列車が来る頃ですが、今日は珍しく遅れか運休の様で今度は85列車の後方の車に合わせて再び2番線の東京方へ赴くと全然来ず、再び3・4番線に戻って確認して5・6番線へ進みました。

○85列車…前は13両編成が標準と頭に入っていましたが、8097〜8092列車と同様の14両編成が標準のようで。

EF210−172
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸* 全検25-12-11川崎車、自重16.7t
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.7t
タキ1000-581 JOT[E]/根岸
タキ1000-587 JOT[E]/根岸
タキ1000-620 JOT[E]/根岸
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-762 JOT/根岸 無
タキ1000-629 JOT/根岸 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 無
タキ1000- 86 JOT/根岸* 全検26-9-27川崎車、自重17.2t
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 一通り片付くと13時丁度の東神奈川行き(1334K、クハE233-6021×8/横クラH021編成[みなみ野]で片倉まで乗ります。定刻通り着いていたら入りもやや遅かったものの、後で2080列車で仕切り直しますか。

 片倉でUターンしてホームから山並みを堪能し、13時10分発の八王子行き(1229K、クハE233-6020×8/横クラH020編成[十日市場]で八王子へ戻り、85列車の到着分はオイルターミナルの基地へ移送して後は8092列車の出発を待つのみ。

 横浜線の5・6番線から八高線&上り電車の1・2番線へ移動して2080列車の様子をチェックします。今年の全検車でもまだ7〜8両未確認のナンバーがありまして、到着するとどうかは着いてのお楽しみに。

○2080列車…一杯の17両編成での到着でこちらは定刻通りの到着。浜五井のタキ1000は旧オイルターミナルの所有車が多いために今年はH11新製車やH16新製車と全検入場の車が多く、未確認が数両ある所、今日は457、658、659とキャッチ。年内にあと一回来るようかな?前にタキ1000-867のデータが誤ったものを記載しましたが、こちらが正しいものです。
△蘇我(浜五井)
EH200−5
タキ1000-651 JOT/根岸 全検26-9-22川崎車、自重17.0t 石油類)青地
タキ1000-662 JOT/根岸 全検26-9-16川崎車、自重17.0t 石油類)青地
タキ1000-402 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-661 JOT/根岸 全検26-9-29川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-867 JOT/根岸 全検25-8-1川崎車、自重17.3t
タキ1000-457 JOT/根岸 全検26-8-7川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-659 JOT/根岸 全検26-10-16川崎車、自重16.6t 石油類)青地
タキ1000-302 JOT/浜五井* [車票]
タキ1000-657 JOT/根岸 全検26-7-25川崎車、自重16.8t 石油類)黒地 [車票]
タキ1000-658 JOT/根岸 全検26-9-3川崎車、自重17.0t
タキ1000-246 JOT/浜五井*
タキ1000-652 JOT/根岸 全検26-7-30川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-816 JOT/浜五井 無
タキ1000-774 JOT/根岸 無
タキ1000-823 JOT/北袖# 全検25-8-22輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-241 JOT/浜五井* 石油類)黒地▼
タキ1000-627 JOT/根岸 無
浜五井*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き

 ここまで片付くと南大通り経由の西八王子駅行きで13時51分発に充分間に合い、時間帯のせいか冬休み前の早帰りのスクールバスが多いなと感じさせ、西八王子行きはこの所100周年記念カラーのナンバーが入っているのでどうかな?と思ったら11月以来2度目の乗車で乗ってから暫く余裕があったのでリア幕の内側にある京王帝都の紋をデジカメに収め、降りる際にマスターのPASMOをタッチすると不思議と相性が良くありません。コンビニで昼食を仕入れ、郵便局へ預金を入れて帰宅するも交通ルールを知らないチャリンコ族が多いのには閉口しましたが、『ミヤネ屋』を見るとつい10日ほど前に訪れた名古屋の雪景色には驚きの言葉を隠せませんでした。

|

« H26.12.13 八王子駅 | トップページ | H26.12.22 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.12.18 八王子駅:

« H26.12.13 八王子駅 | トップページ | H26.12.22 八王子駅 »