« H26.12.09 八王子駅 | トップページ | H26.12.13 八王子駅 »

2014年12月10日 (水)

H26.12.10 八王子駅&京王相模原線沿線

 師走の今頃になるとそろそろ年賀状の準備に取り掛かるものの、名古屋行きの後片付けが済んでいない上に今日はまた南大沢へ出掛けなければならないので様子を色々と見てまいりました。

 最初は早めに出発して折角南大沢へ行くものだから、お隣の京王堀之内も行くことを企てましたが、夜更かしして寝足りなかったので二度寝して9時半に起きると親がサザンスカイタワーのクリニックへ出掛ける日なので慌てて身支度をしました。

 マイカーから降りると信用金庫から軍資金を引き出し、暖かいとこのまま線路脇の道路で83列車をチェックするのですが、寒さが本番のこの時期、先ずはサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。クランベリーブリスホワイトモカを頂き(この時、南大沢を降りた所で同じものを頂くとは思っておりませんでしたが………)、金曜日は大崎へ出掛けたのでリザーブのカードをプレゼント。先ずはフロア伝いで83列車のコンテナ車の様子を確認してからゲートイン。8460列車も止まっていたので改札に入ると83列車のタンク車は昨日、長い13両で来たものの、今日は短い6両の連結。

○83列車…コンテナ車は昨日同様、JOTのUR18A/19Aが多く、サントリー辺りで出荷要請があったのでしょうか年末年始に向けてこの所よく見掛けます。タキ1000ではH11新製車トップの433番は全検出場後の初確認です。
△竜王
EF65 2097[JRF色、冷風]
EH200-8
コキ51283 ↑梶ヶ谷タ発 5個目にJOT UR19A-10686積載
コキ52767
コキ51028 1個目にJOT UR19A-10646積載
コキ52429 ↓
タキ1000-433 JOT[E]/根岸 全検26-10-21川崎車、自重16.8t
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000- 66 JOT/根岸* 全検26-4-17川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 1線(この線には新小岩へ向かうEF65 1103が止まって83〜8460列車のEF65 2097と同じく旧東京機関区所属同士です)置いて8460列車が止まっていると浜五井行きの分が83列車に隠れる形で停車。先ずは8460列車の前方を2番線でチェックしてからEF65が出発する頃には再び3・4番線に戻り、浜五井行きの分をサッとデジカメに収めると先週の火曜日に連結されたナンバーと重なります。この所気になっていたデジイチ撮り鐡オヤヂの姿が見えず万々歳。EF64が主目的の様でマスターはこう言った偏狭なやり方やこの間も名古屋へ出掛けた時に今年入会した青年会員が一方的に整理しないで話し掛けたので苛つきましたね。ビジネスで同じような事をやらかすと即ご破算の上、菓子折片手の謝罪で済みませんよ。

○8460列車…根岸行きのタキ1000が頑張っていた一方で浜五井行きは3両と少なかったものの、連結していた中の2両が塩浜常備車でまだ名古屋行きの余韻が抜け切れません。また、根岸行きのタキ1000では91番が全検出場後の初顔合わせでこれも以前、四日市に居た事があります。
△川崎貨物
EF65 2097[JRF色、冷風]
タキ1000-156 JOT[E]/根岸*  ↑根岸行き 石油類)黒地
タキ1000-190 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 91 JOT/根岸* 全検26-10-14川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-882 JOT/根岸
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 ↓ 無
タキ43437  JOT/塩浜 ↑浜五井行き 全検24-8-23川崎車(30-2-16切)、自重15.7t
タキ243869 JOT/塩浜* 全検25-8-8川崎車、自重16.1t
タキ43582  OT/郡山  ↓ 無
根岸*、塩浜*=旧郡山常備車

 八王子から10時50分発の快速(1048K、クハE233-6003×8/横クラH003編成[町田]で橋本まで乗り、橋本で乗り換えると京王線の乗り換え通路では珍しく崎陽軒の立ち売りが出ていて掛け紙を見ると八王子のセレオで売られているものは東京版のボール紙ですが、さすが神奈川に入ると横浜版ですので少し行くと違うなと実感し、リニア新幹線の開業を見越した先行投資なのでは?と感じ取れます。

 橋本から11時12分発の快速(2712レ、8702×10c)で南大沢まで乗ります。アレ、金曜日に京王八王子から乗った編成でサザンスカイタワーではありませんが二度あることは◯度あるといった具合で驚きました。

 南大沢で降りると早速改札口の前でスターバックスのパートナーさんがクランベリーブリスホワイトモカを振舞っていたのでマスターも「これを目当てにお邪魔しました!」という形で挨拶して早速フレンテのスターバックスへ。パートナーさんも初顔合わせの方で改めてご挨拶してストアマネージャーさんもちょこっとセレオの方に居た方なので後で顔つなぎしてドリップはクリスマスウィローブレンドにストロベリークッキーチーズケーキを頂きます。こちらも金曜日に大崎のお店で頂いたので味わいも良かったものの、貴重な(?)ソファー席にドリップを落としてお手拭きを何枚か頂戴する始末で店内の告知で13時から首都大の音楽同好会の皆さんによるミニコンサートがあるので折角なのでお邪魔する事にしてお昼は5階のミートレアで頂くのがお決まりで最初は『けいすけ』の肉そばでもいいかなと思ったらお腹の塩梅が一杯になりそうなので今年オープンした大阪版スタミナ丼を出す『極丼亭』でこれまた軽めでミニ丸と言う一口サイズのお好み焼きを頂いて3種類チョイスする事が出来るのでじゃこ(これだけ卵ご飯)、ねぎマヨネーズ、バターコーンにドリンクバー。近くのどこかで工事しているのでしょうか作業員のお兄ちゃんも多い。まだ30分ほどあるので駅舎の上にある本屋さんへ。京王系なのに何故かSuicaペンギンのグッズも並んでいる一方、京王関係の本がk−8の本屋さんほどではありませんが、充実しています。多摩ニュータウンの中を見ると多摩センターの丸善や若葉台のコーチャンゴー(北海道の本屋さんで関東一号店が10月にオープンしました)と大型書店が目立つものの、南大沢あたりもドカンと出来ないのかどうも八王子市内は業界で天狗になっている某K書店が牛耳っているのかメガトン級のアッと言わせる規模のお店が出来ません。余談はさておき、お約束の13時前になり、首都大の皆さんもレザーのベンチ席のあたりでスタンバイ。FABの頃は店先のジャズライブがお決まりでしたが、今回はインストアで。パートナーさんもミラーレス片手に収めるものの、こちらも身をくねらせながらシャッターを切り、パートナーさんが振舞うクリスマスブレンドとクランベリーブリスバーとこの時期の定番も頂きました。

 最初は1時間で切り上げて根岸からの85列車と京葉臨海行きの2080列車を見て帰る所が気付くと2時間余り居た事になり、南大沢13時39分発の区間急行(1205T〜4915レ、都営10-450×10)で橋本へ。余り人っ気無い所で颯爽と乗りたいところがこの頃、後からいきなり乗る奴が多いのでムカ付きますが(空気を読まず、周り見ずの輩がそれだけ増えた証拠でしょうね)、最後尾に移って多摩境では先客のお兄ちゃんが降りると貸切状態に。また、前に到着した快速電車(2726レ)では8000系の8714×10が残っていた中間の先頭(6両目の旧8764)が8514に改造された点に気付きました。いやはや、都営の車と言うと会員仲間から届くメールでもしきりに出てくるのかこちらに感染したみたいで(インフルエンザよりはマシですが………、笑)。

 橋本で横浜線に乗り換えると八王子行きが出発した所で一本、橋本止まりの次に来る14時02分発の八王子行き(1325K、クハE233-6025×8/横クラH025編成[相原]で八王子まで乗ります。

 八王子で降りると南口のビックカメラで東武8000系の現行カラーを2箱買います。これで3色全部揃いまして、さすがにこれはここで買った方がベストですね。

 帰りは南口からの富士森公園経由や南大通り経由が暫く無いので甲州街道経由の館ケ丘団地行きのバスで帰りますが、この間でセレオのスターバックスで一休み。さすがに1ヶ月もホリデーメニューが続いたのからたまにはレギュラーメニューも悪くなくここではアメリカーノを久し振りに頂き、15時を回っての帰宅となりました。

|

« H26.12.09 八王子駅 | トップページ | H26.12.13 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.12.10 八王子駅&京王相模原線沿線:

« H26.12.09 八王子駅 | トップページ | H26.12.13 八王子駅 »