« H26.10.09 八王子駅(その1) | トップページ | H26.10.09 根岸駅(その2) »

2014年10月 9日 (木)

H26.10.09 根岸駅(その1)

 八王子から10時半発の桜木町行き快速電車で横浜まで乗り、当たったE233系の編成は根岸のスタンプが入ったH027編成、今回の調査行は好調を予感させます。八王子駅で北側に腰掛けましたが、出発の2〜3分前で対向列車を見たかったので逆サイドに腰掛けていたなと大ボケ。

 八王子を出発して時折晴れ間が覗かせるものの、基本は曇り空。逆サイドに腰掛けたらどんな編成が現れたか見逃してしまいますが、運良く座れて万々歳。車内は終始目立った混雑もなく、横浜線のE233系が出揃ってスタンプもほぼ何番かな?と諳んじて先行する各駅停車を中山で抜くとH002編成だったのでこちらは八王子のスタンプでタンク車みたいな並びですね。東神奈川でも本線側に横浜線のE233系が2本昼寝してこちらもスタンプでどの編成かな?と分かった次第で東神奈川から少し横浜駅寄りにある老舗のスケートリンクが解体工事中の様子を見て横浜駅は3番線の到着。

 横浜駅で乗ったE233系をデジカメに収めると幅狭のホームで綺麗に収めるのも難儀を来すものの、お手洗いを済ませて一旦出場して『みなとみらいフリーパス』を買い求めるとカード払いはSuica定期券やVIEW Suicaは大丈夫でも普通のSuicaはお手上げとなり、2連続でゲンナマ払いと相成りました。続いて崎陽軒の売店で『シウマイ弁当』を仕入れて(駅弁秋の陣の冊子もプレゼント)、MMフリーパスでゲートイン。再び3・4番線で京急の電車を併せてウオッチしながら過ごします。

 横浜から11時39分発の磯子行き(1017B、クハE233-1073×10/宮ウラ173編成)で根岸まで乗り、桜木町では偶々ここのスタンプが入ったH004編成とご対面。iPod touch片手に下準備をしながら過ごし、管内辺りから乗りが疎らになるとスーツ姿の女子大生のお姉ちゃんが端っこに座ってきたので横浜方の3人掛けへ。就活でしょうかどこか雰囲気、ファッションが没個性的で何処かイマジネーションが欠落して人事の受けが悪く(段々年齢的にもマスターの年代がこの辺のポジションに差し掛かりますが………)、次の東京オリンピックの頃には中国に負けますゾ。

 曇り空の根岸に到着して丁度、宇都宮タ行きの4091列車が引き出されて1番線に入る所で降りると1番線の横浜方に歩を進め、不思議と今日は撮り鐵は勿論、この時間に何時も突っ立ってメモする爺さんも居ないのが不思議でこのようなことは久し振りで先程のE233系のお陰かな?とふと思う次第です。

○4091列車…牽引は東海道線の台風の影響で普段は吹田のEF210が担当しますが、新鶴見の173号機が担当しました。前4両はA重油専用車の18両編成です。
△宇都宮タ
EF210-173
タキ1000-127 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-131 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-182 JOT/根岸* 石油類)黒地(A重)
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-213 JOT[E]/根岸*
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-296 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-359 JOT/根岸* 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検25-11-15川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 正午を少し回った頃には少し晴れ渡り、デジカメのホワイトバランスの調整で弄くりますが、4091列車に続いて発着線に止まっていた八王子からの(86〜)97列車や倉賀野からの8760列車が止まって両方共ガソリン、灯油・軽油の積載車だけの編成で8760列車はA重油の積載車が入っていなかったので混乱しましたが後で修正しました。この頃、南行(1番線)で通過列車が来るなと思ったら来たのは検測車両のEAST-i E(クモヤE491-1×3/水カツ)が参上。4091列車をホーム一杯見るとこのまま跨線橋に登って

○96(〜87列車)…こちらは2番線の入線で短い8両編成で先頭以外はガソリン積載車です。
△八王子
EF210-171
タキ1000-164 JOT[E]/根岸*
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-279 JOT/浜五井* 無
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

○8760列車…倉賀野からの返送でガソリン、灯油・軽油専用車ばかりの16両編成です。4091列車の出発後、96列車が止まる頃合いには5〜14両目が隠れた格好になり、ナンバーを見ると先々週八王子行きの列車で見たナンバーもあり、思わぬ形で復習が出来ました。

タキ1000-484 JOT[E]/根岸
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ1000-503 JOT/根岸 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 全検26-5-22川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.9t
タキ1000-807 JOT/浜五井

タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検25-10-25川崎車、自重16.8t
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸* 全検26-4-14川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

○(86〜)97列車…長い16両編成での到着でH6新製車のうち、86番は全検出場後初顔合わせのナンバーで一昨日は同じ八王子向けでも8097〜8092列車に入っていたナンバーが続きます(217番が最後尾から前方に回りました=順序が間違えていたらゴメンナサイ)。

EF210-171
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸* 全検26-7-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-291 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000-280 JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000- 54 JOT/根岸* 全検25-11-7川崎車、自重17.0t
タキ1000- 86 JOT/根岸* 全検26-9-27川崎車、自重17.2t
タキ1000-848 JOT[E]/根岸

根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

 12時台に出発する二列車が片付くと待合室でランチタイム。『シウマイ弁当』が値上げしてから初めてとなりますが、ご飯は少々固めかな?といった以外は相変わらず。他に小さな子を連れた親子連れでママさんはスマホに夢中。目を離してつい釘を差し、年齢で言うと30行かない位で『東京マガジン』のやってTRY!で出鱈目な料理を披露して人前で晒したお姉ちゃんと同じ位でしょうね。

 ランチタイムの後は8760列車や97列車で到着したタンク車をデジカメに収め、合間にiPod touchに収めてから5078列車、8571列車と準備します。

○5078列車…10月に入っても18両編成で頑張っていますがこの頃はオイルターミナル向けもA重油の積載車の多寡でしか差が見出せませんが、A重油の積載車は揃ってH6新製車。1番線からバックで5番線に収容すると8571列車や8760列車の編成に遮られ、15時過ぎに入線する対の5079列車で現車データを確認しました。また、前方には今夏全検出場したH15新製の608番が連結。牽引もEF210でも通常は岡山の担当ですが、東海道線の不通で吹田の115号機が入りました。

EF210-115
タキ1000-622 JOT[E]/根岸
タキ1000-608 JOT/根岸 全検26-8-25川崎車、自重16.6t
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.7t 石油類)青地
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸* 全検25-11-9川崎車、自重16.9t
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸* 全検25-10-23川崎車、自重16.5t
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸* 全検25-10-11川崎車、自重16.8t
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* 全検26-8-20川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000- 31 JOT[E]/根岸* 全検26-4-24川崎車、自重16.7t (A重)
根岸*=旧郡山常備車

○8571列車…根岸発の列車はA重油積載車が前方が定位置ですが、今日はタキ43000の44t積み車が続き、従って16両全車がガソリン、灯油・軽油の積載車です。44t積み車の中には京葉地区からの移動車も見られ、タキ1000の中には同じ本輪西から移動した827番が連結。
△宇都宮タ
EF210-115
タキ243786 JOT[e]/浜五井# 全検25-10-3川崎車、自重16.3t
タキ243811 JOT[e]/浜五井# 全検25-4-27川崎車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243816 JOT[e]/浜五井# 全検25-4-15川崎車(30-7-16切)、自重16.0t
タキ243803 JOT/浜五井# 全検25-4-12川崎車(30-7-13切)、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243783 JOT[e]/浜五井# 全検26-2-24川崎車、自重16.0t 石油類)黒地

タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 全検25-10-29輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-348 JOT/根岸* 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000-836 JOT[E]/根岸
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸* 全検25-11-2川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車

 ここまで終わってお手洗いを済ませると本牧からの54列車が到着して神奈川臨鉄のDD55はエコレールマークのヘッドマーク付き(両面で)の出で立ちで参上。暫くしてから奥で行ったり来たりしていたタキ1000の編成も入線して5692列車の分がここで整い、EF64が到着すると早速引き出してコキ106の前に連結。この後はベンチで中休みのあとで見る列車の準備をして5078列車の編成を転記してタップします。この間で何時も見ているお父さんとバッタリ。例によってタンク車談義に盛り上がり、北海道から移動したタンク車の話題で持ちきりで根岸に居るタキ1000は思った通りです。14時を回る頃には坂城行きの5474(〜5463列車)や跨線橋の窓越しから奥に止まっていたタキ1000-88(全検26-9-20川崎車、自重16.7t)を見付けてデジカメに収めてから南行の電車に乗り込み、撮り鐵も皆無(件のお父さんもマスターはこれが目的でないとお褒め下さってありがとうございます!!!)で今回はE233系のH027編成に早速あたったので縁起を担ぎました。

 続きはこちらです。

|

« H26.10.09 八王子駅(その1) | トップページ | H26.10.09 根岸駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.10.09 根岸駅(その1):

« H26.10.09 八王子駅(その1) | トップページ | H26.10.09 根岸駅(その2) »