« H26.08.19 八王子駅 | トップページ | H26.08.22 大宮周辺(その1) »

2014年8月22日 (金)

H26.08.22 八王子駅(その1)

 夏の18きっぷ遠征も今回が折り返し点。今日あたり幾らか涼しくなるものの、まだまだ暑いですが、今回は大宮周辺をあれこれと見て参ります。

 早起きして『貨物時刻表』のコピーの準備に気になる事項を書き連ねたプリント(予定表は端折りましたが、3月の時と同じコースで)をホチキスで止めてあらかた支度が済むと8時少し前に出発。丁度、南多摩病院の交差点から左折する京王100周年記念カラーのエアロスターが入って来たのでバス待ちの間に早速デジカメに収めました。

 西八王子の南口から8時10分発の南大通り経由の八王子駅南口行きに乗り、先客のオバちゃんにも「こっちが速いですよ!」と教えた次第で途中も信松院前と旧市民会館前で乗って来た位で10分程で到着しました。

 朝食はセレオのスターバックスで取り、丁度8097列車が到着した所で一杯だと14両編成のところ機関車の位置がエラく後退していたので短いなと後で入ってみることにしてアイスアメリカーノ(トールサイズ)とターキー(黒パン)&ツナ(胚芽パン)のサンドイッチで有隣堂側のテーブル席を陣取ります。

朝食を済ませた所でゲートイン。早速4番線で8097列車の編成をチェックします。

○8097列車…自由通路を歩いていた時に短いなと思ったら現車8両編成とその通り。最後尾の440番はこちらの手持ちで初めてH11新製車(JOT所有の新製で)の全検出場の確認となりました。

EF210-116
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-851 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 全検26-7-22川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 この間には南松本行きの2083列車が4番線を通過してEH200-22+コキ106・107の13両編成。10両目には同和通運のUM12A、11〜13両目はトランスシティの20フィートコンテナの定位置(各車2個ずつ)でコキ106+107+106の順に連結。

 8097列車と前後して86列車は後方をそのまま4番線でチェックしてから5番線へ。このところのお約束でE233系の編成ウオッチも楽しみました。

○86列車…編成を見ると5番線一杯に続いていたので12両編成だろうと思ったらその通りです。
△根岸
EF210-116
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-148 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-351 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-818 JOT/浜五井 無
タキ1000-164 JOT[E]/根岸*
タキ1000-237 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 続いて2番線へ行き、先の440番をデジカメに収め、アングル決めや絞り調整で真剣になっている所で無礼なコンデジ片手のジャリ鉄を一喝するもマスターに対し、大人に対して無礼な言葉を浴びさせ、こっちも親の面見たい気持ちでこんなガキャ!ロクな大人にならないのが見え見えで奥多摩か秩父辺りの川べりでキャンプして洪水かゲリラ豪雨に遭って死ねと思いたくなりますが、この頃のジャリ鉄共は打ん殴りたい気持ち十分ですね。

 この後は久し振りにDE10の入換を拝みながら横浜線側の跨線橋のベンチで一休み。8097列車で着いた分をオイルターミナルの基地へ収容すると8460列車で返す分が入るなと予想し、入る頃を見計らって3・4番線へ行き、前の方を見るべく5・6番線へ赴くと横浜線のE233系ではラスト前になったH027編成をキャッチ。根岸と山手がまだ出ていたなかったので何処かなと思ったら根岸のスタンプで三渓園の三重塔と記念館、根岸森林公園の馬の銅像(元々は競馬場が置かれていました)が描かれ、最後のH028編成は山手駅で決まりです。

○8460列車…いつもの様に浜五井行きのオイルターミナルの併結を期待したものの、根岸行きのみの短い編成となりました。
△川崎貨物
EF64 1020[更新色、冷風]
※全車根岸行き
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-161 JOT[E]/根岸*
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
タキ1000-235 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備

 ここまで終わるとお目当ての八王子始発9時45分発の東京行きに間に合い、8460列車の空白をiPod touchに埋めつつ過ごし、豊田の車両センターは189系のあずさ色に211系、立川の手前では竜王行きの83列車に擦れ違い、8460列車を牽くEF64もここで確認したもので奥多摩の石灰輸送があった頃はこの時間は八王子から立川経由で拝島から米軍のジェット燃料列車の返送を牽いたのを思い出します。

 続きはこちらです。

|

« H26.08.19 八王子駅 | トップページ | H26.08.22 大宮周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/60184337

この記事へのトラックバック一覧です: H26.08.22 八王子駅(その1):

« H26.08.19 八王子駅 | トップページ | H26.08.22 大宮周辺(その1) »