« H26.08.22 八王子駅(その1) | トップページ | H26.08.22 大宮周辺(その2) »

2014年8月22日 (金)

H26.08.22 大宮周辺(その1)

 西国分寺で中央線から武蔵野線に乗り換え、nonowaで時間調整して4番線に入ると暫くしてから宇都宮タからの5582列車が通過してゆっくりした足取りで3番線を通過していたのでナンバーのメモが出来、暑さ対策でここでFROM AQUAの500mlを仕入れました。

○5582列車…前はお昼ごろに大宮あたりを通過しておりましたが、この頃は行き掛けの西国分寺のお楽しみ(?)といった形になりました。タンク車はタキ43000オンリーでこの間南松本行きの列車で見掛けたナンバーがチラホラといった感じで後方には塩浜派出行きでしょうかコキ106・107の回送がぶら下がっていました。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-163
タキ43354 OT/南松本 全検25-10-7川崎車、自重15.5t
タキ43138 OT/倉賀野
タキ43019 OT/南松本
タキ43569 OT/宇都宮タ
タキ43271 OT/倉賀野
タキ43353 OT/倉賀野 全検25-10-9川崎車、自重15.6t
タキ43018 OT/郡山
タキ43026 OT/郡山※
タキ43357 OT/南松本 全検26-4-7川崎車、自重15.6t
タキ43339 OT/八王子
タキ43269 OT/倉賀野
タキ43162 OT/南松本
タキ43352 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重15.3t
タキ43602 OT/南松本 石油類)黒地、A重
タキ43165 OT/倉賀野
タキ43031 OT/倉賀野
コキ107-402 ↑川崎貨物行き(回送) 新製23-10-21?日車
コキ106-301 ↓ 全検26-6-30川崎車
郡山※=旧西上田常備車

 西国分寺から10時26分発の東京行き(1067E、クハ205-8×8/千ケヨM13編成)で武蔵浦和まで乗り、早速車内でiPod touchに先ほど西国分寺の3番線を通過した5582列車の編成を書き出します。お天気も悪くなく、今回も調子が良さそうで新座タの所を通ると丁度、HD300の2号機がコキ104・107の5両を相手に入換中。積まれているコンテナの中には19Dの今年作られたタイプでJRFロゴ&菱型模様が消えてJRマークだけのスッキリしたタイプが出来たと貨車研究会と埼玉サークルでお世話になっている上尾のK氏から教えて頂いて20年近く見慣れたものの、何処か塗り替えかなとJR西日本の塗色変更みたいな感覚を受け止め、もう一本、19Dコンテナがズラリ並んだコキ50000は北王子着を振り替えた石巻港発の紙輸送だなとピンときて暫くするとEH200-8+コキ50000の名古屋タ行き2090列車、オオ〜シナ回送(客車で尾久〜品川の回送がありましたが、こちらは東大宮〜品川です)の185系に擦れ違い、武蔵浦和に到着。

 武蔵浦和では武蔵野線から埼京線の真下のお店が軒並み改装中。埼玉サークルの特別例会や忘年会が行われる事が多いので次に来る時はどの様にエキナカが変わっているのか楽しみです。1番線から5・6番線へ。エスカレーターに乗ると前に車椅子をそのまま載せていた方がいたのでこりゃ危ないですよ!と今度から気を付けてくださいね。

 武蔵浦和から11時02分発の大宮行き(1009K、クハE233-7005×10/宮ハエ105編成)で大宮まで乗ります。埼京線もあれよの間に205系からE233系に置き換わり、擦れ違う新幹線もE2系が中心ですが、まだまだ『あさま』の編成も少し残っているものの、北与野ではE7系(『あさま』518号)に擦れ違い、大宮駅は22番線の到着。この後は川越の車両センターへの入庫といった様子で回送になります。

 大宮では埼京線から戻り形でさいたま新都心へ向かいます。エキュートではお昼の駅弁の品定めをしてここ数日暑い日が続いているのでスタミナが付く肉系が良いかな?とまだ暫くありますが、西国分寺で買ったFROM AQUAも1/3を飲み干した格好です。

 大宮から11時27分発の上野行き(580M、←クハE231-6043×10+8026×5/宮ヤマU585+U66編成)でさいたま新都心まで乗ります。春に来た時は改造準備の651系や211系が多く控えていた南側の群線は何もなく寂しく、止まっていても東大宮からの回送で一休みするE233系しか見られません。

 さいたま新都心に到着すると秋田貨物からの2092列車が出発する少し前で名物の一つ・JFEスチールのU19Aをデジカメに収めて同和通運のUM12Aや海上コンテナはいつもの顔触れで最後尾は東京方が空で次いでボルテックスセイグンのUT15K、出光の樹脂用バルクコンテナと積んで随分バランス悪い格好ですが良く見るとUT15Kは実入り、出光のバルクは空といった様子です。

○3093列車…前2両にA重油積載車が連結されて総勢16両編成と頑張っておりました。本来なら今年入場するH6新製車で随分、前倒しで入場しましたが、意外と63番はデジカメに収めておらずここで漸くキャッチしました。
△倉賀野
EH200-23
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 石油類)黒地(A重)
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* 全検25-12-9川崎車、自重16.7t
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-363 JOT/根岸* 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000-333 JOT/根岸 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

○6794列車…川崎車両所や塩浜派出の試運転列車の色合いが強いですが、細かい編成も見る事が出来、輪軸交換の試運転やオイルターミナルの全検入場車も前日の倉賀野発から継送する形でこの列車に連結されます。
△川崎貨物(東京タ)
EF65 2070[JRF色、冷風]+EH200-10(無動回送)
コキ104- 817 ↑新座タ行き(交検出場)
コキ104-1588
コキ104- 873 ↓
タキ43033   OT/郡山 全検26-8-22川崎車、自重15.6t
タキ1000-639 JOT/仙台北港 全検26-8-22川崎車、自重16.8t
コキ104-1284 隅田川行き 全検26-8-22川崎車
コキ104-2658 隅田川行き*
コキ104-1413 熊谷タ行き*
タキ1000-453 OT/倉賀野 倉賀野→浮島町→川崎貨物
*=輪軸交換の試運転

○コンテナの列車も次の通りです
・3086列車…EH500-19+コキ104・106・107×20…ウイングルーフのU48Aが2個積載

・3064列車…EF66 52[更新色]の牽引。福山通運のU31Aや北海道西濃運輸のU54Aが積載

・2071列車…コキ106・107主体ですが細かく見るとコキ104や後4両はコキ100・101/102・103のユニットが定位置です。コンテナの目立つ所では一色塗りの19D-42595(コキ106-1156に積載)、日本ゼオンUT11A-5032(ラテックス専用、新塗色)と見られました。 
←EH200-20+コキ106-1136+107-692+106-638+1156+285+894+4+256+144+107-21+104-1660+107-300+106-828+107-462+106-244+101-20+100-20+19+101-19

・6096列車…隅田川行きの紙輸送列車で春に見た時はコキ107との混成でしたが、コキ50000オンリーに戻り、EH500-5牽引で通過。コンテナは19Dばかりで一色塗りの42092番が積載。

 マスターが来た時から浦和方の端っこでカメラ片手の兄ちゃんが突っ立っていましたが、こちらがiPod touchであれこれ整理や準備している間にいつの間にか消えて話し掛けるとどうやら聾唖者なのかなと言った感じですね。

○4074列車…編成の顔触れも先月の高崎行きと同じナンバーが続いてタキ1000の全検車は649番が初顔合わせとなり、コキ200に積まれたメタノールのコンテナも見事に連番が続いて5両目が98009&98010ならぬ98029&98030のペアとトップとラストが積まれた格好になりました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1027[更新色、冷風]
コキ200-115 OT UT26K-98001 UT26K-98002
コキ200- 25 OT UT26K-98003 UT26K-98004
コキ200-106 OT UT26K-98005 UT26K-98006
コキ200-113 OT UT26K-98007 UT26K-98008
コキ200- 41 OT UT26K-98029 UT26K-98030
タキ1000-647 OT/倉賀野 無
タキ1000-645 OT/倉賀野 無
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-649 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重17.0t
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 全検25-7-31川崎車、自重16.9t 石油類)黒地▼
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-665 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-648 OT/倉賀野 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
=左サイドのエコレールマークなし、▼=表示板の逆向き

 丁度見ていると研究会の通信会員・O氏とバッタリ。8月号に載せたことの振り返りをお話してお次は京葉臨海からの5683列車です。

○5683列車…3月のダイヤ改正で停車時間が延びて余裕持って見られるようになりましたが、現車11両編成と意外と短く、浮島町〜南松本ではありませんがタキ43000、タキ44000のS42新製車が多く、西上田の常備標記も43011番だけかな?と思いましたが、44006番も残っているのを確認しました。
△宇都宮タ
EF210-118
タキ43002   OT/宇都宮タ※ 全検26-7-16川崎車、自重15.8t
タキ43539   OT/宇都宮タ [車票]
タキ1000-414 OT/郡山 全検26-1-8川崎車、自重17.0t[車票]
タキ43017   OT/郡山
タキ43032   OT/郡山 全検26-4-10川崎車、自重16.1t
タキ43356   OT/南松本 全検25-6-24川崎車、自重16.1t
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 全検25-5-14川崎車、自重16.8t
タキ43009   OT/八王子※
タキ43001   OT/南松本※
タキ44006   OT/西上田 全検24-7-11川崎車、自重16.0t
タキ43600   OT/南松本 石油類)黒地
宇都宮タ※、南松本※、八王子※=旧西上田常備車

 編成が短いと駆け足で片付き、12時43分発の宇都宮行き(575M、←クハE231-8001×5+6041×10/宮ヤマU2+U541編成)で大宮へ戻ります。

 続きはこちらです。

|

« H26.08.22 八王子駅(その1) | トップページ | H26.08.22 大宮周辺(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.08.22 大宮周辺(その1):

« H26.08.22 八王子駅(その1) | トップページ | H26.08.22 大宮周辺(その2) »