« H26.07.30 八王子駅 | トップページ | H26.08.05 八王子駅 »

2014年8月 5日 (火)

H26.08.04 八王子駅

 8月の初めは必ずと言って良いほど『ムーンライト信州』に乗って松本へ夜行日帰りの遠征取材に出掛けますが、今年は運悪く指定券が取れず、乗る前のウォーミングアップで日付が変わる前後の列車の様子を見る所、当然の事ダメになりまして、最初は金曜日・1日の晩に出掛けようと思った所で突然、落雷や大雨で出掛けるのを断念し、今週は松本行きに週末は貨車研の例会を控えてマスターは大忙し。今夜しか無い!と出掛けて参りました。

 本来から『お試しか!+Qさま!』の『お試し』の部分だけ見て後は自室でプリント作業と思いましたが、19時半少し過ぎに自宅を出て西八王子の南口を19時48分発の八王子駅南口行きのバスに乗り、これに乗ると20時を回る頃には南口に着くので時間が読めます。

 バスから降りると丁度5460列車の到着まで30分あるのでサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。お決まりのソファー席もオープン以来、東西に向いていましたが、いつの間に壁際の作り付けと並んだ形に方向転換。向きも自宅に足を向けてはいけないと入口寄りに腰掛けますが、今後は壁に沿って腰掛けるパターンが定着しそうで今日は久し振りにオープンの時から居るパートナーさんのお姉ちゃんと顔合わせでもう一人はこの間コーヒーセミナーのレクチャーを担当した(マスターは行きませんでしたが………)京王プラザホテルのお店に居たパートナーさんも。バニラフラペチーノにワンショット追加を楽しみながら5460列車の準備をします。

 ゲートインして到着まで暫く時間があったので先ずは5・6番線で横浜線のE233系をチェック。丁度、東神奈川のスタンプと大船のスタンプの編成が顔を合わせてどこか東京南局の電車区を思わせる組み合わせです。

○5460列車…予想通り浮島町行き12両+浜五井行き5両の編成で到着し、オイルターミナルの車は旧矢羽根色のタキ1000が目立つ一方でタキ43000は常連の43000番代は見られずここで全検出場したナンバーをキャッチし、43352番はこの間収めていたので今日は43355番と初顔合わせ。浜五井行きではタキ1000に四日市の配備車も応援に入り、イレギュラーの面々は幸い前にチェックしております。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-19
タキ1000-696 OT/川崎貨物◎ 無
タキ43355   OT/南松本 全検26-4-17川崎車、自重15.4t 
タキ1000-721 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-713 OT/川崎貨物◎ 無
タキ43171   OT/南松本 無
タキ43352   OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重15.3t
タキ1000-715 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-728 OT/川崎貨物◎ [車票]無
タキ1000-714 OT/川崎貨物◎ [車票]無
タキ1000-740 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-409 OT/盛岡タ 全検25-7-29川崎車、自重17.1t 黒油・石油類)黒地
タキ1000-706 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-172 JOT/四日市*  ↑浜五井行き 石油類)黒地
タキ1000-890 JOT/根岸
タキ1000-659 JOT/根岸
タキ43190   JOT/根岸 無
タキ243744  JOT[e]/浜五井# ↓ 全検25-6-7川崎車、自重16.5t 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000の◎=旧矢羽根色、四日市*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 一通り、ホーム伝いに確認して(合間に86列車のタキ1000もチェックしました)から20時56分発の快速電車で豊田へ。先頭の1/3を貸し切る程の空き具合で夏休みに入って人出が減ったのか早帰りの方が多いのかよく分かりません。いつも編成調査の後は綴込みのリストを確認しますが、タキ1000の409番は確認していてもう1両の408番は未だ見ておりません。

 豊田でUターンして21時06分発の高尾行きで八王子へ戻ります。定刻であれば浅川の鉄橋の前後で擦れ違うはずの5460列車が未だ止まっていたのには驚き、定刻より8分遅れの出発となり、8461列車、2085列車とページの準備をするも、iPod touchのメモアプリで書くのですが、肝心の所をうっかりゴミ箱マークのアイコンをタップしてしまい、ふつうなら「ああ!ダメだ!」と思う所を『料理の鉄人』の名台詞ではありませんが「記憶が確かならば」と言う具合で書き直し、明日の86列車で返す分も『むさしの号』の最終(2628M、クハ205-56×8/千ケヨM33編成[LED幕])が3番線に止まっている頃にはバッチリまとめ上げ、下記の通りとなり、11両編成とやや短いながらENEOSマークの無い車が目立ちました。

△根岸
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-817 JOT/浜五井
タキ1000-357 JOT/根岸*
タキ1000-868 JOT/根岸
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.7t
タキ1000-865 JOT/根岸
(HD300−5)
根岸*=旧郡山常備車

○8461列車…いつもは4両程度の連結の浜五井発も6両と増量モードとなり、ナンバーを見ると先週の水曜日(=火曜日のこの列車です)に確認したのと同じナンバーが続き、EF210も倉賀野での確認となりましたが、偶々一緒になった感がします。

EF210-102
タキ43028   OT/宇都宮タ※ ↑浜五井発
タキ43163   OT/倉賀野
タキ1000-643 OT/倉賀野
タキ43547   OT/宇都宮タ 無
タキ43546   OT/宇都宮タ 無
タキ43023   OT/倉賀野   ↓
タキ1000-250 JOT[E]/根岸*  ↑根岸発 無
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-227 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-567 JOT/根岸
タキ1000-259 JOT[E]/根岸*
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 ↓無
宇都宮タ※=旧西上田常備車、根岸*=旧郡山常備車

 8461列車が終わると2085列車まで少し一休みと言いつつも横浜線のE233系に釘付けです。22時少し前はやや遅れましたが、前後して2082列車が通過するので後で2085列車が到着する頃合いに立つと2085列車が先に着いて2082列車はEF64の牽引かなと思ったら日曜日が絡むのかEH200の21号機が牽引。前3両のトランスシティの定位置に混じって京葉久保田行きのJOTのバルクコンテナも2個混じって4両目には30Aが積まれた様子が見られて大震災の前に見られた石巻からの紙輸送コンテナ列車の積み方に似たパターンです(真ん中に19系コンテナ、両側に30系コンテナと言う具合に)。

○2085列車…一杯と思ったら1両少ない16両編成でA重油の専用車は3両とこの時期にしては珍しく多くなりました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-5
タキ1000-124 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-120 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-803 JOT/浜五井
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-288 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

 ここからが例会や寄り合いの帰りと重なるメニューになりまして、EF210や205系の名残の6ドア車の乗車口を収めると丁度この頃に2番線をムーンライト信州の送り込みをするクハ188-102×6(長ナノN103編成[あさま色])が通過し、今期は逃したので指を咥え再び3・4番線へ。2081列車の到着はE351系の『中央ライナー』7号の到着が目安でこの間にiPod touchを充電。少し出遅れましたが、2081列車の顔ぶれは多士済々。

○2081列車…一杯の17両で到着してオイルターミナルの移籍車は今年が全検の年に当たる5・12番と揃ってキャッチし、402番は北袖からの移動車、四日市からの借入車、本輪西(823番は札幌タ行きの最終列車に連結)からの移動車と賑やかです。
△南松本
EH200-3
タキ1000-651 JOT/根岸 無青
タキ1000-241 JOT/浜五井* 石油類)黒地(逆向き)[車票]
タキ1000-664 JOT/根岸 石油類)黒地(逆向き)[車票]
タキ1000-823 JOT/北袖# 全検25-8-22輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-857 JOT/北袖# 全検25-7-31輪西派、自重17.2t 無

タキ1000-334 JOT/根岸 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000-663 JOT/根岸 無青
タキ1000-615 JOT/根岸
タキ1000- 12 JOT/根岸 全検26-6-16川崎車、自重16.8t石油類)黒地 
タキ1000-460 JOT/根岸 全検26-7-17川崎車、自重17.0t [車票]
タキ1000-402 JOT/浜五井 全検25-5-27川崎車、自重17.0t 石油類)黒地 K
タキ1000-218 JOT/四日市* 無
タキ1000-822 JOT/浜五井 Y

タキ1000- 5 JOT/根岸 全検26-7-16川崎車、自重16.8t 石油類)黒地 
タキ1000-246 JOT/浜五井*
タキ1000-621 JOT/根岸 無
タキ1000-278 JOT/浜五井* 無
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、臨時常備駅=K:北袖、Y:四日市

○5462列車…いつもは前に連結される南松本発の返送と言うとガソリン積み2両がお決まりですが、今日は珍しく灯油・軽油積みを含めた5両の連結となり、坂城発含めて一杯の17両編成です。全検出場車では61番を初めてキャッチ。
△根岸
EH200-20
タキ1000- 18 JOT[E]/根岸* ↑南松本発 全検25-9-20川崎車、自重16.7t
タキ1000-280 JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-271 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸* 全検26-7-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-468 JOT[E]/根岸  ↓ 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-875 JOT/根岸 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検25-10-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-870 JOT/根岸
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

○5467列車…前に浜五井発の5両が連結されて一杯の17両編成となり、タキ1000の根岸に居るA重油専用車で112番と135番が本輪西に移動しましたが、先頭で112番をキャッチ。タキ1000の旧矢羽根色では711番を漸く確認し、他にも384番と406番と昨年の全検車の未確認分を続いてみることが出来、浮島町発でタキ43000の大半は29日発の5460列車(28日発の5467列車で発送)に連結したナンバーが続きました。
△南松本
EH200-17
タキ1000-112 JOT/塩浜# ↑浜五井発 全検22-5-31輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-273 JOT/浜五井* 無
タキ1000-653 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-384 JOT/浜五井 全検25-12-25川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ43324   JOT/根岸   ↓
▲浜五井発
タキ1000-724 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-711 OT/川崎貨物◎ 全検24-1-16川崎車、自重17.0t 無
タキ43554   OT/宇都宮タ 無
タキ43031   OT/倉賀野 無

タキ1000-406 OT/宇都宮タ 全検25-11-8川崎車、自重16.8t ●
タキ1000-693 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-709 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-712 OT/川崎貨物◎ 無
タキ43138   OT/倉賀野 無
タキ43021   OT/南松本 無

タキ1000-737 OT/川崎貨物◎
タキ1000-717 OT/川崎貨物◎ 無
浜五井*=旧郡山常備車、塩浜#=旧本輪西常備車、タキ1000の◎=旧矢羽根色、●=黒油専用

○8468列車…編成中17両のうち、13両がタキ43000の44t積みが目立つ編成で北袖行きは旧本輪西常備車、浮島町行きは四日市や塩浜からの借入車(本来のオイルターミナル所有は旧矢羽根色のタキ1000のみ)と明確に分かれています。さすがにこの辺の現車データ確認やデジカメに収めるので(終電後に閉鎖するので前方しか出来ませんでしたが………)大忙し。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-14
タキ243701  JOT[e]/浜五井# ↑北袖行き 全検22-11-12(28-4-30切)輪西派、自重16.3t 無
タキ243763  JOT[e]/浜五井# ↓ 全検25-10-25川崎車、自重16.0t 石油類)黒地(逆向き)
タキ243773  JOT/塩浜* 全検24-5-24川崎車、自重16.4t 無
タキ243866  JOT/塩浜* 全検25-5-23川崎車、自重16.1t 無
タキ243731  JOT/塩浜* 全検23-10-27川崎車、自重16.3t 無
タキ243755  JOT/塩浜* 全検23-10-11川崎車、自重16,0t 無
タキ243810  JOT[e]/浜五井# 全検24-12-3川崎車、自重16.0t 無H
タキ243719  JOT/塩浜* 全検23-9-12川崎車、自重16.1t 無
タキ43311   JOT/塩浜* 全検25-4-22川崎車、自重15.5t
タキ243716  JOT/塩浜* 全検23-10-6川崎車(29-4-27切)、自重16.2t
タキ243788  JOT[e]/浜五井# KS25-4-8 16.0t Y
タキ1000-747 OT/川崎貨物◎
タキ243850  JOT/四日市* 石油類)黒地
タキ243774  JOT/塩浜* 全検24-9-7川崎車、自重16.2t 無
タキ1000-729 OT/川崎貨物◎
タキ243753  JOT/四日市* 全検23-11-24川崎車、自重16.5t 無
タキ43443   JOT/浜五井* 全検23-5-10川崎車(28-8-18切)、自重15.8t
[e]=ENEOSマーク撤去&円形エコレールマーク入り、浜五井#=旧本輪西常備車、塩浜*、四日市*、浜五井*=旧郡山常備車(43443・243753・243788・243850以外は初確認)、タキ1000の◎=旧矢羽根色、H、Y=常)浜五井、四日市

 ここまで終わるとNEW DAYSで夜食のおにぎり二つ(共にタンク車に絡んでか北海道モノですが、1個だけNREではなくユニー系のものをセレクト)を仕入れ、ドリンクも買いたいなと自由通路の次世代販売機で買いたかったものの、Suicaの残高が乏しくなったので帰ってから烏龍茶のペットボトルを開けることにして南大通りを歩いてのご帰還です。

|

« H26.07.30 八王子駅 | トップページ | H26.08.05 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.08.04 八王子駅:

« H26.07.30 八王子駅 | トップページ | H26.08.05 八王子駅 »