« H26.07.29 八王子駅 | トップページ | H26.08.04 八王子駅 »

2014年7月30日 (水)

H26.07.30 八王子駅

 昨日の纏めが出来上がらない内に出掛けねばならない事がありまして、例年、夏遠征で出掛ける松本行きの遠征で行きに乗る『ムーンライト信州』の指定券を一昨日、親の用事が早く片付いたので買いそびれてしまい(また、この時期のみどりの窓口は夏休みの指定券確保の列が長いですからね)、いつも前の週くらいでも余裕で買えるのですが、今年はどうでしょうか出掛けてのお楽しみと言った所で第一の目的がこれに当たります。

 南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、降りた所で83列車をチェック。今日はコンテナ車の他にもタキ1000も連結されて手前がここで全検を上げたナンバーなので上手くキャッチできれば御の字とこの頃、自転車や車と通行量が増えてきたのでしょうかこの辺を気を付けながらの確認です。また、所々路駐やロータリーの長っ尻駐車も多いのでこの辺も今は良いですがいずれは取り締まりが厳しくなるものと予想しておりますが、この時期らしく押し並べて他県ナンバーの車で乗り付けて来る柄の悪そうな連中が多い様に思えます。

○83列車…いつもこの時期はコンテナ車だけですが、久々のタンク車併結で月末あたりは需要が増えるのでしょうか常に連結される事がここ2〜3ヶ月の確認で感じさせ(5月の根岸行きの行きがけの番狂わせの起因がここですね)。出発の数分前ながら前方は比較的余裕があったのでナンバーのメモもすぐ片付きました。
△竜王
EH200-16
コキ107- 5 ↑梶ヶ谷タ発 全検25-8-24広島車[空車]
コキ104- 49 全検26-5-1広島車
コキ104-1636
コキ106- 54 ↓
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸* 全検26-5-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-586 JOT[E]/根岸
タキ1000-591 JOT[E]/根岸
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-351 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-359 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 南口の線路際から見ると8460列車の編成が野立看板の所まで来ていたので3月のダイヤ改正以降では最長となる16両編成で浜五井行きのオイルターミナルのタンク車だけ(←東京)タキ43028+43163+1000-643+43547+43546+43023の順に連結して、この長さからすると根岸行きは10両だなと後で判明した次第です。

 先ずはみどりの窓口で『ムーンライト信州』81号の指定券の状況を伺うと希望していた来月5日発(八王子は6日の深夜発です)に当てたかったのですが、新宿9日発までは満席とのことで断念し、4日発(5日着)となると昨日の調査例から難しいという事もあるので代替案として朝早くこっちを出ても松本には9時台に到着するのと3月のダイヤ改正から211系が大挙進出したのでこれを見るのも兼ねてとたまには変化球と言う事で当日どうなることでしょう。多分、来春の北陸新幹線開業となると信越本線や北陸本線を使っての18きっぷ片手の旅も難しくなるのではと感じられ、東北新幹線の例のように直江津〜糸魚川(↔大糸線)〜富山(↔高山本線)〜高岡(↔城端線、氷見線)〜津幡(↔七尾線)〜金沢と日本海縦貫線で制限が出てしまう事が今後生じるのでこれに乗じて確保したのと今夏から上越線の『ムーンライトえちご』が運転中止になった影響の両面が考えられ、中央高速の高速バスで松本行きが元八王子のバス停に止まってくれれば今回のような事は避けられたのですが………(諏訪行きで上諏訪、木曽福島行きで塩尻までと奥の手もありますが、さすがに午前中の早い内に到着する便は難しいのと更に中央高速の混雑状況を気にしなければなりません)。

 セレオのスターバックスで一休みしてなかなか空きませんでしたが、マルベリーブリッジ側のテーブル席が空いて早速確保してアイスアメリカーノを頂き、顔馴染みのショートヘアーのパートナーさんとこの間頂いたエルサルバトルのお豆のお話をして丁度テーブル毎に新人のパートナーさんがアイスコーヒーとレモンのコーヒー&エスプレッソケーキを振舞っていたので早速頂きました。

 お次は東急スクエアへ行き、暫くご無沙汰したエディー・バウアーに立ち寄ってこの間長い事履いた麻パンに虫喰いが見付かってあるかな?と物色すると涼しそうな生地のパンツが並んでいたのでマスターはこの時期オフホワイトやベージュといったライトな色合いのものを好みますが、どちらかと言うと濃い目のものが多くこの季節は気持ち的にはそぐわないので追々の入荷を首を長くして待つ事にして4階のニュースタイルに寄り道してから1階のスターバックスで一休み。アイスコーヒーのKATI KATIを頂き、昨日は高崎駅のモントレー店にお邪魔したのでリニューアル後は何処も渋いインテリアでいい味を醸し出し、本場であるシアトルのパイクプレイスマーケットのお店をイメージした色合いがこの所のトレンドと言った感じです。

 再び南口へ出て丁度8460列車が出発する間際で横浜線の電車で遮らない合間にオイルターミナルのタンク車が見られるかなと思いましたが、やっと追いついたのが機関区の事務所の東側で昨日ほどではありませんが、汗ばみますね。それから南群線に入ったホキ800が先週の今日、確認していたので書き足して、ビックカメラの裏側に居たのですが白バイのお巡りさんが何やら検問していたようで「こちらは怪しい者でありません!」と念を押して。この前後で見られた横浜線の電車は下記の通りです。

・クハE233-6005×8(横クラH005編成[橋本]):49K運用
・クハE233-6007×8(横クラH007編成[長津田]):27K運用
・クハE233-6013×8(横クラH013編成[磯子]):09K運用
・クハE233-6021×8(横クラH021編成[みなみ野]):45K運用

 また、サマーランドのラッピングが貼られたクハE233-7×10(八トタT7編成/03T運用)を確認し、ビックカメラの4階にあるメガネコーナーで調整をしてからサザンスカイタワーの本屋さんでF-LIFEの第2号を見付けて早速買い、帰りのバスは何と!昨晩の帰路に乗ったのと同じナンバーでまさか16時間振りに同じナンバーに逢うとは思いもよりませんでした。

|

« H26.07.29 八王子駅 | トップページ | H26.08.04 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.07.30 八王子駅:

« H26.07.29 八王子駅 | トップページ | H26.08.04 八王子駅 »