« H26.06.28 東京支部総会&八王子駅 | トップページ | H26.07.04 八王子駅 »

2014年6月30日 (月)

H26.06.30 八王子駅

 梅雨真っ只中の今時分、空を睨めっこすると降るか降らないかと言った微妙な具合の空模様の日が続き、特にこの頃はゲリラ豪雨も出て来るようになったのでウカウカしてられません。

 こちらも止み間を狙ってのお出掛けがお決まりとなり、南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ると後でやって来た年配ご夫婦のお父さんとお話すると「何だか降りそうだね!」と言った具合で折畳み傘を忘れた!と思いましたが、濡れない事を祈りましょう。

 バスから降りた所で例によって83列車の編成をチェックします。

○83列車…コンテナ車だけの4両編成で2両目にJOTのUR19Aが1個積まれた以外は全て19系コンテナばかりです。
←竜王 EH200-13+コキ104-609(全検25-10-28輪西派)+1302(全検25-10-7輪西派)+107-252+104-417(全検21-9-4名古屋車)

 横浜線のE233系の新しい編成を確認してサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出すもATM渋滞にハマりましたが、無事下ろすことが出来て北口に出て東急スクエアのスターバックスで一休み。オートチャージのカードを持っているのでこのお礼に頂いたドリンク券も今日が最終日で一昨日の午後と同様にフラペチーノ+αで消化し、Wチョコジェリーフラペチーノのトール(2%ミルク)にエクストラコーヒーとエスプレッソをワンショットとカスタマイズ100円分(税抜き)入りなので税込みでも規定額をクリアしています。

 この後はゲートインして”駅弁屋”の日替わりは何かなと覗くと鳥取の『かにめし』との事なので少し時期から逸れるのでお昼の候補からパスして横浜線で橋本まで乗ります。E233系も少しずつ新車との入れ替えが進みましたが、この前後で205形も少し見られて八王子みなみ野では全車4ドアのクハ205-15×8(横クラH28編成)に擦れ違い、新製当初は山手線の所属で下に濃い緑色の帯を足したのかなと思いましたが、山手線のE231系投入後は京葉線武蔵野線と転属していたなと大ボケ。

 橋本駅で降りると2番線にはまたまた新しいE233系の編成をキャッチし、相原駅のステッカーが貼られてそろそろ横浜線内もパーフェクトかな?と言った具合に進みました。相原というと知っているお寺さんかな?と思いましたが、城山湖の手前にある大戸の観音堂で意外と拙宅から行き易く、最寄り駅からバスに乗ると終点である法政大学で降りて高尾の方へ戻る形で歩くと行く事が出来、数年前までは高尾の南口から神奈中の共管路線の名残で残っていた本沢ダム行きの路線バスがあったのでこれで行ける事が出来ました。

 橋本では北口にある神奈中のサービスセンターで『くる〜ず』を頂戴することにして時期柄3ヶ月定期の切り替え時なのか更新のお客さんも多く、消費税の増税前に買った券から新運賃の券とやや負担が増えた形になります。最新号はあったものの、この前の号が切れていたので平塚の本社へ頼むことにして再び改札に入って2・3番線へ。

 橋本から12時02分発の八王子行きで戻り、さすがにE233系が増えると中央線と違和感ないかな?と言った雰囲気に陥ります。

 八王子駅に戻っていつもの様に根岸発着列車のチェックを過ごし、8092列車の入線が早いなと思ったらいつもの時間でこの所サボりがちだったので感覚がズレてました。

○8092列車…普段よりやや短い13両編成の到着です。
△根岸
EF210-161
タキ1000-772 JOT[E]/根岸
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-213 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 8092列車の編成を一通り見直すついでにこの頃は横浜線の編成チェックも日課となり目が放せず、次が85列車の到着で『スーパーあずさ』を待つお客さん以外殆ど居ない時間にも拘らず野次馬のお父さんが気になりましたが、この頃、83列車や8460列車が来る頃にローアングル撮りまくって荒らし回す屑鐵オヤヂと違い、ホッと一安心(悪口雑言ご無礼申し上げます)。

○85列車…丁度80列車の停車と重なって調査もバタバタしましたが、8097〜8092列車と同じ13両編成での到着で中程から後方まではガソリン積みのナンバーが続き、中には20日発の5692〜8461列車から21日発の8460〜5693列車(根岸22日着)で八王子に来たナンバーもちらほら見られました。

EF210-161
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.8t
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ1000-591 JOT[E]/根岸
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-288 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 85列車ではタキ1000の288番をデジカメに収めると駆け足で2番線の東京方から後2両程を確認すると間を置かず、3番線に到着した80列車をホーム伝いに書き出し、この頃はガソリン積みのナンバーが続くと先頭の車に”無”(=無地板を掲出)を入れ、『石油類』臨時専用(灯・軽積載車)の表示板を掲げたナンバーに差し掛かる間はタップしないで後で書き足すスタイルが定着しました。ノートで書いていた頃は”〜”を縦書きの形で続いていたことと思われます。また、この時間は月曜日らしく『ホリデー快速富士山号』を担当した189系が甲府へトイレの抜き取りに行く日なので今日は国鉄時代の特急色が現れて(クハ189-11×6/八トタM52編成)、本来なら4番線を通過する所を見るのですが、この頃2番線に居たので見間違えごめんなさい。

○80列車…土曜日の81列車で到着したナンバーがそのまま入った形で一杯の17両編成、前2両がA重油の積載車が続きます。
△根岸
EH200-7
タキ1000-127 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-116 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-190 JOT[E]/根岸*
タキ1000-605 JOT[E]/根岸
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備

 ここまで終わると本来ならセレオのスターバックスにも立ち寄りたかったのですが、駆け足で用事を済ませると丁度南大通り経由の西八王子行きが来る頃なのでナンバーを見るとここで入ったばかりの新車のブルーリボンIIです。4月頃は中型ロング車が就いていたのですが、何処がお役御免になったのか午前中もマルベリーブリッジの脇の所で休んでいたのを見掛けましたね。二度あることは三度あるの例え通り新車に出会したのは土曜日の午後は北野のネッツトヨタへ出掛けた際に担当さんからここでモデルチェンジしたヴィッツの試乗を薦められて北野町を一回りしました。幸い、終点まで乗り通したのはマスターだけで新車ながら貸切は嬉しい話でこちらの平成26年中の前半の活動がほぼ終わりました。

|

« H26.06.28 東京支部総会&八王子駅 | トップページ | H26.07.04 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.06.30 八王子駅:

« H26.06.28 東京支部総会&八王子駅 | トップページ | H26.07.04 八王子駅 »