« H26.06.04 八王子駅(その2) | トップページ | H26.06.10 八王子駅 »

2014年6月 7日 (土)

H26.06.06 八王子駅

 今晩は貨車研究会の定例日でもあり、大崎へ出掛ける前後の事をあれこれと。いつもは例会の週と言うとプリントに費やすのが常ですが、今週は偶々、市ヶ谷での寄り合いがあったのと週の後半の降雨と併せて前日に上がる所、今日のお昼ごろには終わるかな?と言った具合で進みました。

 入梅早々の大雨の日となり、携行品(研究会の会報)があり、モノ自体が濡れものですので時間をずらしたのは正解で自宅発も13時を過ぎて南大通り経由の八王子駅南口行きも13時半ごろの便での出動と相成りました。いつもは三菱ふそうのエアロスターが参上する頃合いですが、今日は後方の座席がやや少ない一つ目の担当。一本遅いと『てんけんくん』のラッピングバスですね。

 サザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、自由通路の窓を横浜線の5・6番線の方に目を向けると出入りする編成のチェックをしてE233系か205系かどっちが来るかなと楽しみでセレオのスターバックスで一休み。チョコホイップのジェリーフラペチーノを頂くと定位置の有隣堂側のテーブル席を陣取ります。オープンの時から居て今日が初顔合わせのお兄ちゃんのパートナーさんと意気投合。KATI KATIの話題で盛り上がり、グラスドリッパーを今年の冬にダメにしたのでここで買うよ!と今日はダメだけど近日中頂くよと話すも来週の水曜日はテイスティングパーティーが行なわれるのでオープンしてから初めてなので顔を出しますよ!と告げて退散します。また、今日は高田馬場のお店から転任されたパートナーさんのお姉ちゃんが入ってセレオ店のオープン後は随分ヘルプに来られてお世話になった事をお話しました。

 八王子から14時22分発の中央特快で三鷹まで乗ります。いつもはこのまま山手線の円内へ向かうのですが、三鷹で降りたのは4月末にオープンした井の頭線・吉祥寺駅ビルのキラリナ吉祥寺へ行こうと思いました。いつも『京王ニュース』の5月号と言うと高尾山〜陣馬山のハイキングコース特集がお決まりのように載りますが、今年はこのオープンに合わせて若干繰り上げた形で大きく取り上げられたことが印象に残り、お店を見ると京王アートマンの新形態のお店や啓文堂書店、帰ってきたユザワヤ(前は全フロアでしたが、上の2フロアとマンションの地主権限みたいですが)、それとスターバックスもマスターが地元でおじゃまするところが多いですね。武蔵小金井を過ぎると降りが更に強くなり今夜は早めに切り上げた方が肝心だなと感じた次第です。

 三鷹の下車は久し振りでエキナカのDilaがオープンしてからは片手の指で数える程しか来ませんが、アトレと直結した改札の目の前にスターバックスがあるので前に八王子のお店から異動した方が居てお誘いを受けているものの、いつかはお邪魔したい一店です。

 快速電車の5・6番線から緩行電車の1・2番線へ移り、2番線から14時52分発の東葉勝田台行き(1442Y〜1443S、メトロ15102×10)で吉祥寺まで乗ります。今まで東西線の電車というと05系ばかりの事が多く、メトロ発足後の新鋭15000系は意外とお初ですが、副都心線の10000系の東西線版と言った雰囲気が感じ取れ、大手町や日本橋、茅場町と言った乗換が多い駅が続くことから05系のある時期のグループで幅広ドアのタイプが新製されましたが、さすがに江東区内での再開発や江戸川区内、ベイエリアのマンション林立、更に東葉高速鉄道まで足を延ばすようになったのでしょうか再び作られるようになったのだろうと感じ取れ、往年の荷物車を思わせる1.8m幅のドアに圧倒されるものの、シートが6人掛けは少々致し方無い点です。三鷹を出発するとメトロの電車でJRが出て来る違和感に感じつつ吉祥寺に到着。

 吉祥寺で緩行ホームに降りた訳というのがホームからガラス越しにスターバックスのサイレンマークが覗けるのでこれをデジカメに収めたかったので降りると南口に出て井の頭線と逆にあるキラリナのスターバックスへ。ウナギの寝床のような店構えでL形にテーブルやカウンター席がありますが、JRの線路側は仕切られた形で井の頭線のホームに向けたソファー席や高めのカウンター席があります。壁には懐かしい吉祥寺駅+ターミナルエコーの写真やスターバックスのラベルと絡めたパネルが良い味を出しています。さすがにソファー席のソファーもこれからお邪魔する所と同じようなタイプで代わり映えしませんが、仕切りの手前のテーブル席が丁度空いたのでアイスアメリカーノで一杯。この周りだけ座面にレザーが張られた木の椅子が置かれていました。これからキラリナの館内を探訪し、先ずはアートマンアートマンへ。南多摩地区中心と言われた京王アートマンの新レーベルというべきお店でコスメ系や文房具、ビジネスカバンが中心でよく出掛ける京王八王子のお店と比べると中身が凝縮した感じがします。次は啓文堂書店で雰囲気はこちらも京王八王子のお店(例の殺人事件が起こらなかったら"いい勝負だ"と書いていたかもしれませんが………)とセレオの有隣堂(8階のお店)を合わせた感じながら児童書や手帳のコーナーが独立している点は後者に近い印象です。鉄道系の本を覗くとJR電車編成表の最新号も背表紙ではなく、651系の表紙が覗かせて量としては京王八王子には負けるかな?とユザワヤの建物の時代は『鉄道ファン』のバックナンバー常備店として名を連ねた事を思うと物足りないのでは?と別のコーナーにはJTBキャンブックスやRMライブラリーと綺麗に並んでおりました。上2フロアはユザワヤで手工芸系は8階で昔は生地やカーテン、ホビーと結構有ったような気がしたのですが、随分凝縮した感じです。地下に立ち寄り、再び昇って井の頭線の駅へと向かいます。
 吉祥寺から16時15分発の急行(126レ、1755×5)で渋谷まで乗ります。この時期の井の頭線というと線路沿いのあじさいが見頃で高井戸を過ぎると所々見られますが、今日のような激しい雨降りの日は何処か見る気にはなれませんね。

 渋谷で乗換の間に京王バスをウオッチすると面白い所ではNHKスタジオパーク専用のどーもくんラッピングの中型車の姿も見られてカラーや顔を見ると地元で見慣れた存在ながら異色です。中野駅や新宿西口行きでは先程も乗った日野のブルーリボンIIはまだ南大沢や寺田には配属されておらず追々、入るものと予想してここへ来ると何処か八王子駅の南口や野猿街道沿いへ戻って来たかなと錯覚に陥ります。

 渋谷から16時51分発の山手線内回りで大崎へ向かい、雨降りもひどかったので大崎着も17時を回ってから。先ずは夕食を取るべくお店を探すとチェゴヤでプルコギサラダ丼+ミニ冷麺のセットでさすがに食べ終わる寸前は満腹で我が胃袋も容量一杯かな?と暫くブラブラしてからスターバックスへ。リザーブはワールドカップに合わせてかブラジルのお豆がお勧めで今日はアイスコーヒー(お豆はブレザ)を頂きました。

 早めに例会の会場に来ると親分のF氏早々と来場して一昨日の寄り合いで形式上で移行が終わった報告をして参加者もいつも見えられる皆さんの他に懐かしい顔も現れたり、お隣の区にお住まいのスキンヘッドのお兄さんと比較的浅い会員さんとのことで今後とも宜しくお願い致します。

 大雨を気にして早めに切り上げたいと思いましたが、いつも通りとなりまして、大崎から山手線の外回り、新宿からの通勤快速はいつもの21時27分に乗りますが、皆さん早めのご帰宅でしょうか普段に比べて途中で座れるかなと思っても山手線は渋谷、通勤快速は国分寺かなと思ったら吉祥寺で座れたものの、国分寺、立川と余り降りなかった印象で立川の出発がやや遅くなりましたが雨降りで前後の快速が遅れていたもののこちらも終始2〜3分の遅れということが降りてから分かりました。

 八王子駅で降りると2085列車を見て改札を出ようと携帯を入れると親が南口の車寄せまで来てくれるのでこれまでに片付け、9号車からやや跨線橋側へ行って横浜線のE233系や今日の87列車で到着したタキ1000を見ると1番線は八高線と川越線が遅れていたのか(案内表示ではさらに相模線も)209系が止まって列を遮りましたが、高尾方の3〜4両を見ると一昨日の2085列車で来たナンバーが続いていた様子が感じ取れます。

○2085列車…ほぼ定刻の到着で一昨日はガソリン、灯油・軽油の積載車だけでしたが、今日は前2両にA重油専用車と計12両の些か短めの編成となりました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-8
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 石油類)黒地、(A重)
タキ1000-128 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ1000-216 JOT[E]/根岸*
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 一昨日の寄り合いと予報が幸い(?)して1列車で切り上げ、NEW DAYSで夜食のおにぎりを仕入れ、いつも24時過ぎでもあるものが無く、今晩は随分ハイペースで捌いていたのに驚き、南口へ向かうと携帯が鳴ってもこちらへ向かう途中ですので今暫らくのご辛抱を思い、南大通りはマイカーでのご帰還となりました。

|

« H26.06.04 八王子駅(その2) | トップページ | H26.06.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.06.06 八王子駅:

« H26.06.04 八王子駅(その2) | トップページ | H26.06.10 八王子駅 »