« H26.05.28 根岸駅(その2) | トップページ | H26.05.29 八王子駅 »

2014年5月28日 (水)

H26.05.28 八王子駅(その2)

 今日の遠征取材では”外伝”の域になりますが、桜木町で一本横浜線直通を待ってヨコハマ・みなとみらいパスもここの改札を出た所で使いきり、Suicaで入り直してから時刻表のコピーの裏にスタンプを押すとE233系の4本目と全く同じもので5年前(=横浜開港150周年です)の神奈川DCに合わせて新調した横浜支社管内のスタンプの絵柄がそのまま採用されたお話です。所々改装されている様子で次に来る時は(神奈川サークル関係の有ればですが………)どのように変わっているのか楽しみでお手洗いを済ませると16時丁度の八王子行きを乗り通し(1635K、クハE233-6022×8/横クラH022編成)、車中は居眠りせず、成果は下記の通りです。

○E233系…前述通り、H009編成が初顔合わせです
・クハE233-6001×8(横クラH001編成[東神奈川]):27K運用
・クハE233-6002×8(横クラH002編成[八王子]):31K運用
・クハE233-6003×8(横クラH003編成[町田]):39K運用
・クハE233-6005×8(横クラH005編成[橋本]):05K運用
・クハE233-6007×8(横クラH007編成[長津田]):21K運用
・クハE233-6008×8(横クラH008編成[新横浜]):17K運用
クハE233-6009×8(横クラH009編成[菊名]):19K運用=八王子〜横浜で乗車
・クハE233-6016×8(横クラH016編成[相模原]):07K運用
・クハE233-6017×8(横クラH017編成[淵野辺]):25K運用
・クハE233-6019×8(横クラH019編成[古淵]):41K運用
・クハE233-6020×8(横クラH020編成[十日市場]):49K運用
・クハE233-6021×8(横クラH021編成[みなみ野]):43K運用?
・クハE233-6022×8(横クラH022編成[成瀬]):35K運用=桜木町〜八王子で乗車
・クハE233-6024×8(横クラH024編成[矢部]):29K運用
他にも51K運用でも担当

○205系
・クハ205-61×8(横クラH1編成):09K運用
・クハ205-71×8(横クラH11編成):13K運用
・クハ205-74×8(横クラH14編成):33K運用
・クハ205-77×8(横クラH17編成):37K運用
・クハ205-78☓8(横クラH18編成):51K運用
東神奈川の留置線でクハ205-68×8(横クラH8編成)が入庫、他に45K運用も担当

 八王子を到着すると丁度、入れ替わる形で5番線から先に桜木町を出た205系が出発し、6番線に着いた電車から根岸へ返送する84列車が止まっていたので積車である85列車はマスターが根岸に到着した40分程前に出発した事になります。5番線で先行した205系が出発すると東側の乗換跨線橋伝いまでナンバーを書き出し、このまま3・4番線へ。中央線の快速電車が八王子〜西八王子間で非常停止があったとの話で5分程遅れてこの頃になると始発の115系でスカ色の小淵沢行きがやって来ます。

○84列車…タキ1000ばかりの13両編成ですが、さすがに根岸で色々見た後だけあって軽めに済ませた次第です。
△根岸
EF210-112
タキ1000-504 JOT[E]/根岸
タキ1000-766 JOT/根岸
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-369 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-430 JOT[E]/根岸
タキ1000- 69 JOT[E]/根岸* 全検25-9-28川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
EF210-1**
▽(85レ)
根岸*=旧郡山常備車

 時間的にも115系の始発電車が続いて午前中に松本からの立川行きが以前なら夕方の八王子始発に就くのですが、豊田のスカ色と入れ替わる形で17時25分発に入る事が分かります。

○89列車…隅田川からの北長野行きのコンテナ列車で元の2459列車でEF64が牽引していた頃は常に撮り鐵が屯して調査活動を避けておりましたが、昨春のダイヤ改正からコキ104中心の編成に改めて灯台下暗し(昨年の今頃くらいからチェックしておけばな………と後悔も)と言った形ですぐの出発(快速電車が遅れていたのでこれを待たせて)となりました。2分停車はウルトラマンの戦闘より短く物足りないものの、コンテナは19系中心で所々JOTの冷蔵コンテナ(UR18A/UR19A)が纏まって積む様子も見られました。
△北長野
EH200−13
コキ104- 457 ↑南松本行き
コキ106- 937
コキ104-2413
コキ104-2360
コキ106- 504
コキ106- 809 ↓
コキ104- 161 全検21-10-2郡山車
コキ104-1379
コキ104- 764 全検25-12-24川崎車
コキ104-2169
コキ104- 365
コキ104- 644
コキ104-1687 全検25-8-13川崎車

 ここまで済ませると南口に出てサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。アイスコーヒー(お豆はアイスコーヒーブレンド)を頂き、パートナーさんもストアマネージャーさんの他にもヘルプで懐かしい顔が揃っていたのには驚き、帰りは明るかったのとバスが暫く無いので南大通りを歩いてのご帰還となり、根岸駅のボールペンが一寸したお土産となりました。

|

« H26.05.28 根岸駅(その2) | トップページ | H26.05.29 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.05.28 八王子駅(その2):

« H26.05.28 根岸駅(その2) | トップページ | H26.05.29 八王子駅 »