« H26.05.16 八王子駅&京王相模原線沿線 | トップページ | H26.05.27 八王子駅 »

2014年5月26日 (月)

H26.05.26 八王子駅

 先週は16日に足を痛めた事があってなかなか出掛けられずお休みしましてしまいすみませんでした。痛みも水曜日頃には和らぎ、木曜日は例によって北野町の卸売センターへ出掛ける事が出来てホッとしました。

 いつもの様に八王子駅の方へ用事ついでに出掛けた際にあれこれと見てきました(本業が薄味でスミマセンです)。

 最初の用事は親分であるF氏との取引があり、早めに出る事にして最初は富士森経由のバスに乗りたかったのですが、ワイシャツのアイロンがけや支度で手間取り、甲州街道の西八王子駅入口のバス停から丁度、多摩バスカラーの城山手からの京王八王子行き(4分遅れ)に乗り、例によってシルバー客が多かったものの、16号と交わる手前で何とか座れて八王子駅の北口まで乗ります。

 マルベリーブリッジからこのまま南口の信用金庫で軍資金を引き出すものの、当方のキャッシュカードはICセンサーが読み取り難いのかエラーになり、別の機械へ移動する羽目になりややロスしましたが、何とかゲートイン。待ち合わせの前に先に横浜線のホームへ赴くとE233系の初顔合わせが続き、4番線と5番線の間には越中島のレールセンターへ返送するチキが丁度出発する所で編成はチキ6000中心です。3番線に大宮からの『むさしの号』(2622M〜東所沢へ回送、クハ205-105×8/千ケヨM2編成)が入ると次の高尾行きでF氏が降りてきたのでいつもの様に高尾方のベンチに腰掛けて取引をして今日は珍しくキャップ着用の出で立ちです。例によって愚痴を傾け、私は軽めの調べ事ですが、F氏に「横浜線もE233系の入替えが進んでもう半分ほど変わりましたよ!」とお話しして元々うちの部会の他にJR電車部会にもご参加されていたのでこの辺も加味します。『かいじ』101号やコンテナの83列車が着く前に解散し、各々楽しみますが、寄り合いで何と言われるか………。

○83列車…月曜日なので機関車もEH200だけでこの時期ですので編成は当然の事ながらコキ104メインで最後尾だけコキ106です。コンテナはいつもの様に19系中心でJOTの冷蔵コンテナUR18A/19Aが少しずつ積まれ、両側開きの赤帯が目立ちます。

←竜王 EH200-2+コキ104-1805+850(全検24-2-7名古屋車=検査票差しに広島車両所で全検を受けた際に必ず貼られる”転ネジ”テプラが残っていました)+1852+106-406(全検21-12-7広島車)

 一通り片付くとSuicaの残高が150円程だったので精算機で1,000円チャージして駅弁屋には何故か厚岸駅の駅弁『かきめし』のPOPも見られました。

 八王子から始発の10時15分発の快速電車で豊田まで乗ります。オイルターミナルの基地は8097列車で到着した根岸のタキ1000が入線して手前が7両入っていたので合わせて12〜14両編成と見て豊田の車両センターは189系が三ツ巴。下り線側からクハ189-508×6、14×6、509×6(八トタM52、M50、M51編成)と最新号の『鉄道ファン』では東大宮にあれ程居た国鉄特急色の183・189系が全滅して首都圏ではこの2編成が貴重な存在なのでは?と感じさせます。

 豊田で一旦改札を出て今日は珍しく青梅線の4両編成(クハE233-519×4/八トタ青461編成)の試運転も見られ、この時間帯では松本からの立川行きの115系に立川から回送した青梅線のE233系の6両編成(クハE233-68×6/八トタ青668編成)にウィダーインゼリーのラッピング編成も解除を確認してこの時間帯は意外と高尾や八王子へ向かう電車が空いて『スーパーあずさ』11号は定刻の通過で次に着く10時33分発の高尾行きで戻ります。反対側に腰掛けましたが、車両センターの構内には211系の編成を発見。長い事長野のN333編成(クモハ211-3042×3)が転がっておりましたが、ボックス席がある1000番代かグリーン車入り(新前橋のC編成)の片割れと言った所かなと想像します。

 再び八王子駅へ戻り、横浜線の編成や3番線で折り返す快速電車を見てセレオのスターバックスで一休み。アイスコーヒーは深煎り豆のイタリアンローストを一杯頂き、続いて向かいの有隣堂アネックスで『鉄道ピクトリアル』の最新号を買い、今月号はディーゼル機関車の特集ですが、21日に近所の本屋さんで立ち読みしていたら『国鉄車両配置表』の一部が抜粋して出ていたのでアーカイブスセレクションを買った時と同様にこの辺がお目当てでゲットしたようなものですね。次いで4階へ行き、京王百貨店では『あいぼりー』の常備がなかったので明日にでも京王八王子で頂くことにして来店ポイントを付けて、もう一つの用事であるアシックスウォーキングへ。16日の顛末を店員さんにお話すると中敷きの位置を調整して頂いて車や鉄道の車両ではありませんが、サスを柔らかいバネに交換したのと同じ様に暫くこれで行く事にしてまた、夏遠征に出掛ける前にでも改めて観てもらうことにしました。これが気づいて名古屋行きを実行していたら今ごろ偉い目に遭っていたことでしょう。

 横浜線の電車の運用も次の通りでE233系で先月新製されたH023編成(大口駅、駅舎)、H024編成(矢部駅、村富神社)と2本ともJ-TRECの新製分ですがH023編成は鉄道雑誌の今月号で東急車輛→J-TREC横浜でのオールステンレス車8000両達成と大きく取り上げられた編成でもあります。
・クハE233-6006×8(横クラH006編成[横浜]):49K運用
・クハE233-6007×8(横クラH007編成[長津田]):19K運用
・クハE233-6008×8(横クラH008編成[新横浜]):13K運用
・クハE233-6020×8(横クラH020編成[十日市場]):39K運用
クハE233-6023×8(横クラH023編成[大口]):05K運用
クハE233-6024×8(横クラH024編成[矢部]):09K運用
・クハ205-61×8(横クラH1編成):25K運用
・クハ205-64×8(横クラH4編成):17K運用
・クハ205-77×8(横クラH17編成):33K運用
・クハ205-30×8(横クラH27編成):51K運用

 ここまで終わると南口の周りをブラリとしてサザンスカイタワーのスターバックスでクランチフラペチーノを頂き、今日は不思議と南北とも空席が目立ちますが、街を歩くと月曜日なのに子供連れが多いのは運動会の代休なのでは?と感じ取れ今は学校が土日も休む時代らしく行事に季節感が無くなった気がしますね。これと夜のゴールデンタイムのテレビ番組で無意味に乱発する長時間スペシャルは”らしさ”が失われた感がします。

 上手く富士森公園経由の法政大行きに間に合い、コンビニでお昼を仕入れると山形でよく食べられる冷やしラーメンを見付けてこれを頂きました。

|

« H26.05.16 八王子駅&京王相模原線沿線 | トップページ | H26.05.27 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.05.26 八王子駅:

« H26.05.16 八王子駅&京王相模原線沿線 | トップページ | H26.05.27 八王子駅 »