« H26.04.16 八王子駅 | トップページ | H26.04.22 八王子駅 »

2014年4月17日 (木)

H26.04.17 八王子駅

 先週の今日までが18きっぷの期間内でしたが、さすがにこちらも篭ってパソコンに向かうだけでは身に付かないのでアスリートのトレーニングの様に週に2〜3回は見ておこうと信念を持ち、今日も八王子駅の回りへあれこれと用事ついでに見て参りました。

 行きに先ずは今月入ったお金を信用金庫に預けて西八王子の南口から9時49分発の八王子駅南口行きに乗ります。今週からバスの運用が所々変わったので前は南口に着くと南大通り経由を1往復こなす形でしたが、さてどうでしょう。やって来たのはヨドバシカメラのラッピングバスで向かい、富士森の交差点のあたりで西八王子まで回送するバスが来るかなと思いましたが、行路が変わったのか見られなくなりました。

 降りた所で様子を見ると南大通り経由はUD車が控えていたので渋滞対策(特に16号の交差点)からでしょうか少し弄ったご様子でこの分、入庫が30分程早くなりました。バスの行路は変わってもこちらの行路は変わらず、いつもの様に南群線沿いの道路から83列車が到着する様子をチェックし、何かあったのでしょうか快速電車が随分遅れておりました。

○83列車…下りの快速電車が遅れていたのかこちらも7分程遅れての到着です。編成はコキ104オンリーとこの時期は日によってタンク車が有ったり無かったりと微妙な時期です。
←竜王 EF64 1009[更新色、冷風]+EH200-15+コキ104-286+684(全検25-6-6小倉車/丸コロ)+2004+1309

 編成のチェックも10分弱で終わると8460列車はタキ43000の姿が見えなかったので多分根岸行きだけだろうなと言った様子なのでセレオのスターバックスで一休み。マルベリーブリッジ側のテーブル席を早速陣取りドリップのブレザを頂きます。

 先月の末にマルベリーブリッジがアイロード側に延びたので今日が漸く初走破。ハイアングルで路線バスが収められるので良い場所というのは認めているので以前なら八王子交通のビルの窓越しでないと撮影ができなかったアングルを収め、三井住友海上ビルの脇から降りて京王八王子駅のショッピングセンターへ向かいます。

 貨物列車の時間や編成内容が変わって後の行動が読めなくなった影響から京王八王子駅のショッピングセンターは久々の訪問となり、先ずは9階の本屋さんへ。棚を見ると『機関車表』のフルコンプリート版が入ってなかなか店頭でお目に掛かれない故に早速パスポートカード払いで頂きました。この後はいつも立ち寄る範囲でアートマンやポポンデッタのBトレの在庫チェックをしてから券売機でPASMOの履歴をプリントします。

 この後は東急スクエアのスターバックスで一休みして昨日から売り出されたバナナのフラペチーノでここではチョコレートのフラペチーノを頂きます。お約束通りトールサイズだけなのでショートのマイタンブラーは×。またまた味わうとブラウニーが入っていたのが印象的で今度は抹茶ブラウニーフラペチーノを頂くつもりで顔馴染みのパートナーさんから感想を求められたり、情報交換と楽しみました。

 電車に乗る前に時間調整してやって来るバスを見ると月曜日から新しく店開きした寺田の中型ロング車や登板が1時間半早くなった上川霊園行きのハイブリッド車、この後で同じ五日市のキリ番のナンバーを付けたノンステップ車の秋川駅行きは変わらずといった所で驚きました。

 八王子から11時44分発の快速電車で豊田へ向かい、オイルターミナルの基地は根岸行きの8092列車で返送するタキ1000の入線で長くて12両くらいかなと見積もり、浅川の鉄橋を渡ると豊田の車両センターは昼寝している顔触れは毎度おなじみと言った所で189系の国鉄特急色は手前にクハ189-10×6(M51編成、クハの508番で判明しました)、奥にM52編成と止まっていることが分かります。115系のスカ色は余り見られませんでしたが、長野のC編成が2本顔を揃えた形で止まって昨日の横浜線ではありませんが、今日もまたアメリカンのお姉さんたちとご対面といった所で何処かお出掛けと言ったご様子です。

 豊田で時間調整して日野市だけあって日野のバスは来るものの、この頃は京王電鉄バスの八王子管内もエアロスターが少しずつ入るようになり、この時は旭が丘の工業団地循環を担当。日野バイパス経由の八王子駅行きや日野駅行きの路線で同じ三菱ふそうの中型車・エアロミディも登板しますが、今日は万葉けやき通りの路線と同じ日野の中型車が参上。

 引き返して再び八王子へは11時53分発の高尾行きに乗るのですが、この頃から下りの快速電車が豊田〜八王子間の踏切で安全確認を行ったために数分遅れるようになりこの電車も5分遅れの到着で入り際にホームを歩くお客さんが結構居たのには閉口しますが、東海道新幹線の駅員さんなら大声で「ダイヤに支障を来します!」と怒鳴るようにマイクで喋る感覚です。

 再び八王子駅に戻り、いつもの跨線橋下のベンチで時間調整して8092列車のタンク車の入線を待つのと同時に(今日は遅れがあったので落ち着けませんでしたが………)横浜線の編成もチェックします。この所中央線のE233系でもディズニーランドのラッピングが見られますが、今度はクハE233-42×10(八トタT42編成、07T運用)にはディズニーシーのダッフィーのスプリングヴォヤッジのラッピングが貼られて意匠が似ていますが、ドナルドがダッフィーに変わって地の色もピンクから薄い水色になっております。

○8092列車…いつもよりやや短い12両編成での入線で先の快速電車の遅れもあって気になりましたが、入るなり早速チェックを始め、前方は85列車の到着の遅れを気にしてか駆け足で2番線の東京方からチェックし、後2/3がガソリン積載車です。
△根岸
EF210-125
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-216 JOT[E]/根岸*
タキ1000-254 JOT[E]/根岸*
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 8092列車の前方を確認すると3・4番線に戻らず、横浜線のE233形で新しい編成が入ったので慌ててデジカメに収めて3・4番線へ。エスカレーターを降りて4番線の東京方へ向かうと研究会では郵送会員のO氏とバッタリ。少々ダベりましたが、ダイヤの乱れに加えて横浜線もチェックしている上に未だ昼食を頂いていないので腹ペコでヘトヘトですが、ここは気合で乗り切り、撮り鉄よりも顔馴染みの鉄道友の会の会員さんに逢う事は嬉しいお話です。

○85列車…いつもは14両編成というと8097〜8092列車がお決まりですが、今日はこの85〜84番と少々ズレた格好に。やや遅れての到着で目立つナンバーは浜五井常備の279番で春遠征の根岸以来です。

EF210-125
タキ1000-215 JOT[E]/根岸*
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-214 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-167 JOT/根岸* 無
タキ1000-279 JOT/浜五井* 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸
タキ1000-430 JOT[E]/根岸
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

 85列車は後方を2両残してまたまた2番線の東京方へ。80列車はお約束通りですので出発をしてから残りを片付けて改札を出る算段です。

○80列車…快速電車が軒並み遅れておりましたがこちらはほぼ定刻での着発です。前5両が昨日の81列車、残りは83列車での到着分。連結の順序と昨日確認した時点のデータを照らしあわせた格好となりました。
△根岸
EH200-5
タキ1000-106 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)グレー/黒地
タキ1000-870 JOT/根岸
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-333 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
タキ1000-628 JOT/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-680 JOT/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無

根岸*=旧郡山常備車

 駆け足で片付けると4番線から出発の電車でホームの外側を歩いていたお客さんが居たのでしょうか駅員さんの声で怒鳴られる始末でどうも最近の乗客は安全概念が落ちたのも納得します。この頃はどういう訳か車道を歩く人を時折見掛けるので今は良いですが、昭和40年代の交通戦争が激しい頃(交通事故死が10,000人超えの時代でしたからね)は「死にたいのか!」と言われること間違えありません。

 横浜線の編成の様子も次の通り今日は初めてE233系のH008編成を確認し、スタンプは今秋開駅50周年を迎える新横浜で絵柄は横浜アリーナとラーメン博物館(麺とナルトの模様、丼のオブジェが秀逸です)でさすがにJR東海が絡むのか新幹線の絵が入れられなかった点が惜しい所です。E233系は他にも27K運用に就いていました。
・クハE233-6003×8(横クラH003編成[町田]):09K運用
クハE233-6008×8(横クラH008編成[新横浜]):19K運用
・クハE233-6019×8(横クラH019編成[古淵]):35K運用
・クハ205-71×8(横クラH11編成):21K運用
・クハ205-74×8(横クラH14編成):25K運用
・クハ205-79×8(横クラH19編成):41K運用
・クハ205-82×8(横クラH22編成):33K運用

 ここまで終わると13時03分発の南大通り経由の西八王子南口行きのバスに間に合い、昨日は日野〜八王子駅の路線に入っていた中型ロング車(こちらも改定前と同じです)で唯一のH15年式に当たり、汗ばむ陽気で冷房が入った車内で85列車、80列車の残務処理を片付け、ATMでの入金を済ませるとコンビニでは冷たいそばに手巻寿司を仕入れての昼食を取りました。

|

« H26.04.16 八王子駅 | トップページ | H26.04.22 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.04.17 八王子駅:

« H26.04.16 八王子駅 | トップページ | H26.04.22 八王子駅 »