« H26.03.19 大宮周辺(その1) | トップページ | H26.03.19 八王子駅(その2) »

2014年3月19日 (水)

H26.03.19 大宮周辺(その2)

 京葉臨海から来る宇都宮タ行きの5683列車の停車時間が延びたのでこの分、新都心での調査や撮影も余裕持って行えますが、最近のダイヤ改正で貨物列車は最速75Km/hの専用列車でもホンの数分で出発する列車が増えたので新しい貨物時刻表が出る度、微調整が生じて来ます。この列車の後は必ず宇都宮行きの電車でしたが、今回は10分後に来る高崎行き(875M、←クハE233-3524×5[籠原行き]+3031×10/高タカD08+L15編成)で大宮へ。先の列車で編成中にタキ43000の八王子常備車も2両入ってここでE233系がやって来ると思うとどこか身近に感じますね。

 順序が多少前後しましたが、大宮駅の午後の部を始め、185系から651系にバトンタッチした『草津』号を尻目にホームの南側にはクハ185-204×7(宮オオB2編成、正確な両数は不明)クハ185-202×4(宮オオOM02編成の上野方4両)と休む姿が見られ、7番線にはEF81 140+クモハ211-1010×3(高タカB10編成)の配給列車も到着してカメラ片手のご仁が多く注意を促すアナウンスも。

○1070列車…大宮の停車時間がやや短くなった影響でしょうか編成に連結されていたタキ1000のH10新製車の全検出場の確認が今一つになり辛うじて413番だけは見られましたが、後日改めて埋めてまいりますのでご期待下さい。また、前のA重油(黒油)専用車もこれから少しずつ全検入場を迎えるのか後輩の助っ人も入りました。
△蘇我(浜五井)
EF210-143
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 98 OT/倉賀野 ●*
タキ1000- 95 OT/倉賀野 ●*
タキ1000-102 OT/倉賀野 ●
タキ1000-455 OT/倉賀野
タキ1000-378 OT/宇都宮タ 全検25-6-9川崎車、自重16.8t *
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-410 OT/郡山 全検25-10-31川崎車、自重16.8t
タキ1000-413 OT/八王子 全検25-12-20川崎車、自重16.9t *
タキ1000-411 OT/郡山 全検25-9-2川崎車、自重17.0t
タキ1000- 99 OT/倉賀野 無
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 全検25-10-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 全検25-10-15川崎車、自重16.9t
タキ1000-383 OT/宇都宮タ 全検25-11-13川崎車、自重16.9t
タキ1000-373 OT/宇都宮タ 全検25-8-8川崎車、自重16.7t
タキ1000-676 OT/宇都宮タ
タキ1000-412 OT/郡山 全検25-10-2川崎車、自重17.3t
タキ1000-380 OT/宇都宮タ 全検25-7-8川崎車、自重16.9t *
●=黒油専用、*=郡山臨時常備

 この後は根岸行きの8564列車を4番線、11番線へ移動して8099列車(単機でEF65 2060[JRF色、赤プレート、冷風])と空振りでしたが、一度改札を出て、入りなおしてエキュートの『旨囲門』で昼食の品定め。お昼の後だけあって結構ケースがスカスカしていましたが、よく見ると仙台の駅弁が結構残って(後は『ひびき』の黒豚弁当か国技館の焼鳥ぐらいでしたね)、東日本大震災が発生した3年前の今頃は味わえなかった仙台の『みやぎ黄金海道』を今日の昼食に選び、8・9番線へ行って『朝の茶事』のホットを選ぶと既にクールだけになったので280mlのクールを頂きました。

 さて、お昼に頂いた『みやぎ黄金海道』は三陸の海の幸が散りばめてイカの黄金焼、つぶ貝、北寄貝、帆立貝、鮭の甘辛味の漬け焼き、蛸の柔らか煮、いくら、とびっこ、茎ワカメと載っていて復興に祝福あれ。この前後の貨物列車ではやや遅れた様子が見られ、先ほど新都心の駅で確認した宇都宮タ行きの5683列車が1時間近く遅れて通過する様子に面食らい、定刻なら小山や小金井を通過している頃で驚きました。隅田川から札幌タ行きの3055列車が1時間程遅れての通過ながらどうしたことか5分停車。9番線から後方をチェックしてこの列車ではお馴染みのFLU48A-30043や日通U46A-30076(グレー塗り)、札幌通運のU49A-30034、UR52A-38009と30フィートコンテナや日通商事のU31Aといつものコンテナが見られました。

○6795列車…対の6794列車同様、コンテナ車の列に混じって全検出場の試運転の中にはホキ10000が1両連結していました。前4両は新座タ→熊谷タ派出に交番検査で入場する車です(推測ですみません)。
←熊谷タ EF210-110+コキ104-669+106-1043+222+104-147+51417(→全検出場)+ホキ10090(太平洋セメント/武州原谷)+コキ52851+106-558+107-120

 暫く時間が空いた形でエキュートの中から6・7番線へ。先ずはダイヤ改正から運用開始した651系の様子も確認することが出来ました。勝田時代には電気連結器の部分に編成番号が記入されていたのでこの後も残っているので旧番も容易く追う事が出来ます。
・クハ651-1001×3(宮オオOM101編成):草津3号
・クハ651-1003×3(宮オオOM103編成[←水カツK106編成]):草津2号→14時過ぎに東大宮入庫の回送

 他にも次世代自販機の重量が500Kg程と思わずデジカメにプレートを収めたり、東武野田線(アーバンパークラインの愛称も早速入りました)の10030系と見る事が出来、8000系王国の同線も新型の60000系の投入と併せて置き換えが進む事が伺え、明るめのグリーン&ブルーの帯はどこかのコンビニの看板と同じ色なのは自他共に認める存在です。

 大宮から14時48分発の上野行き(928M、クハE233-3022×10/高タカL06編成)でさいたま新都心での2度目の調査へと赴きます。

 さいたま新都心に到着するとまだ列車が居ないなと思ったら京葉臨海から宇都宮タ行きの8685列車が停車して立て続けに列車が来るので忙しいと思われますが、停車時間が比較的ある方なので調査や撮影も余裕持って行えます(と言っても撮り鉄が居ないとやり易いのが本音ですが………)。この前後には先程、大宮の7番線で一休みしていた211系が武蔵野線や常磐線を回ってターンした形で一休みしてこの後は大宮駅の南側に収容され、貨物線の上りにはEF81 81(北斗星色でお召列車を牽引したことがあります)の単機も参上。

○8685列車…京葉線の強風の影響でしょうか定刻より1時間遅れた時点で止まって大宮操発は15:15頃。タキ43000はS49新製車が中心でタキ1000も5両連結していました。
△宇都宮タ
EF65 2139[JRF色、赤プレート冷風]
タキ43547   OT×/宇都宮タ
タキ43607   OT/宇都宮タ 石油類)黒地、●
タキ43549   OT/宇都宮タ 石油類)黒地(逆向き)
タキ43542   OT/宇都宮タ
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 全検25-8-8川崎車、自重17.1t
タキ43569   OT/宇都宮タ
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 全検25-5-14川崎車、自重16.8t
タキ43539   OT/宇都宮タ
タキ1000-456 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 全検25-5-10川崎車、自重16.5t *
タキ1000-445 OT/倉賀野
タキ43608   OT/宇都宮タ ●
×=エコレールマークなし、●=重油専用、*=郡山臨時常備

○4091列車…編成の半分は前述の8685列車に隠れた格好になりましたが、編成の顔触れは先週、根岸で確認した時とほぼ同じナンバーが続きました。
△宇都宮タ
EF210-167
タキ1000- 41 JOT/根岸* A重
タキ1000- 8 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-176 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-586 JOT[E]/根岸
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-584 JOT[E]/根岸
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 全検25-5-30川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-231 JOT[E]/根岸*
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検25-6-3川崎車、自重17.2t
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検25-10-25川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

○5883列車…こちらは先の8685列車と違って定刻の到着です。オイルターミナルの所有車の他に神奈臨の50周年イベントでゲストに呼ばれたステンレスタンクの143645番と久し振りのご対面。44t積みでも本輪西の移動車でなかなか捕まらなかった243662番や大震災前からいた243657番が連結。
△倉賀野
EF210-135
タキ44004  OT/郡山 全検24-8-20川崎車、自重15.9t
タキ243657  JOT/浜五井* 全検21-4-8川崎車(27-5-13切)、自重16.2t
タキ243829   JOT/浜五井* 全検25-5-15川崎車、自重15.8t
タキ43257  JOT/仙台北港 全検20-8-19川崎車(26-10-16切)
タキ43339   OT/八王子
タキ44005   OT/郡山※ [車票]
タキ143645  JOT/浜五井* 全検24-9-19川崎車(29-12-18切)、自重15.7t 石油類)黒地[車票]
タキ243662   JOT/浜五井# 全検21-6-5輪西派(26-9-5切)、自重16.3t
タキ1000-886 JOT/根岸 無
タキ1000-889 JOT/根岸 無
タキ243744  JOT[e]/浜五井 全検25-6-7川崎車、自重16.5t 石油類)黒地(逆向き)
タキ43011  OT/西上田
OT所有車の※=旧西上田常備、浜五井*=旧郡山常備、浜五井#=旧本輪西常備

 この間には郡山からの1074列車が到着して空振りばかりだった旧矢羽根車とやっとご対面。後方をデジカメに収めるとサイズ設定を間違えたので2度シャッターを切る羽目に。

←川崎貨物 EF210-1**+タキ1000-714+737+699+746+694+709+738+713+721+701(全検23-12-26川崎車、自重16.9t)+734+707+706+696[全車OT/川崎貨物]

 ここまで片付くと(5763列車が到着しましたが、停車時間に余裕があるので後回しです)宮原で北袖行きの8876列車の調査をすべく赴くことにして15時37分発の籠原行き(897M、←クハE231-8026×5+6030×10/宮ヤマU66+U530編成)

 宮原は4番線の到着でなかなか方向が摑めませんが、大宮方へ戻る形で1・2番線へ。

○8876列車…編成の大半は先日の高崎行きの際にも確認したナンバーが結構見られ、243697番の右受台には以前、浜五井を拠点にしたタンク車で良く見掛けた重油の輸送用を示す黄色いステッカーの跡が塗り潰されていたのと43413番を後で新都心の4番線から見た時に気になっていた逆サイドのエコレールマークもちゃんと残っておりました。
△蘇我(北袖)
EF65 2090(JRF色、赤プレート冷風)
タキ1000-397 JOT/浜五井 全検25-6-20川崎車、自重17.0t 無
タキ243658  JOT/塩浜* 全検21-4-18川崎車(27-12-7切)、自重15.9t
タキ243697  JOT/浜五井* 全検24-3-15川崎車(29-8-6切)、自重16.4t 石油類)黒地
タキ43640   JOT/浜五井# 全検25-2-4川崎車、自重15.8t
タキ243785  JOT[e]/浜五井# 全検25-5-14川崎車、自重16.2t
タキ243655  JOT/浜五井#
タキ243647  JOT/塩浜* 全検21-2-12川崎車(27-7-3切)、自重15.8t
タキ243806  JOT/塩浜* 全検24-6-22川崎車(30-1-21切)、自重15.9t
タキ1000-389 JOT/浜五井 全検25-9-4川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ43413   JOT[ER]/浜五井 全検22-5-12川崎車(27-10-13切)、自重15.7t
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 全検25-11-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-13川崎車、自重16.0t 無
タキ1000-403 JOT/浜五井 全検25-6-24川崎車、自重17.2t 無
浜五井*、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 8876列車の後は湘南新宿ラインが入り、この8876列車を気にしてか暫く間が空く形でここは痛いですが、この間に5781列車改め5097列車の安中行き(EH500-41+東邦亜鉛タキ1200×12+トキ25000×5)が通過します。

 宮原から16時12分発の上野行き(936M、←クハE233-3032×10+3525×5/高タカL16+D09編成)でさいたま新都心まで乗ります。二駅なのと結構混んでいたのでドアの前に立つとドア窓から車内に背を向けたリーマン野郎と小競り合い。窓越しから色々と見たいのが本音ですが、こういうゆとり脳(ゆとり教育世代が段々社会に入り込んできた事が如実に現れています)の奴はダメですが、ほんとドコの会社か上司がどんな社員教育しているのか気になる所で私が上役の立場なら「ドアの周りに背けることは乗り降りするお客に失礼だ!」と言い聞かせたいものです。怒りはさておき、周りの様子を伺うとガスタービンエンジンを載せたキハ391や211系は先月来た時に外にでていたクモハ211-1006×3(高タカB6編成)が停車し、大宮駅の11番線は丁度盛岡タ行きの3071列車は通過して19Dの50周年グリーン塗色やガレキ輸送の返送に当たるUM8Aや同和通運のUM12Aと積む姿も見られ、さいたま新都心に到着。

 さいたま新都心に到着すると前後して田町へ回送する185系や上越線行きのコンテナ列車ではこれから東邦亜鉛の列車を牽くEH500の79号機が担当するようになりましたが、ここでのお目当ては倉賀野行きの5763列車と地元で見るコンテナの列車と絡む94列車とここまで終わると今回の遠征も一段落します。先ずは185系が上野行きの電車とリレーのバトンを渡す形で出発すると8876列車の後5両が4番線から見えるのでここをデジカメに収め、タキ43413の逆サイドもバッチリ。いつの間にか出発時刻になり、最後尾のタキ1000は機会を改めて。

○5763列車…このダイヤ改正前は16時半少し前の到着でしたが、昨年のダイヤ改正前と同じく到着が1時間早くなりました。根岸発は前5両、44t積みが続いて丁度先週の根岸行きでは湾岸線の橋脚越しに止まっていたナンバーなので言わば万々歳といった所で今までツートンカラーばかりでしたが、北袖から移動した黒塗りも加勢しておりました。本題の浮島町発には全検出場したての旧西上田常備の43266番が連結。
△倉賀野
EF210-116
タキ243766  JOT[e]/浜五井# ↑根岸発 全検25-9-13川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ243746  JOT[e]/浜五井# 全検25-9-19川崎車、自重16.1t 石油類)黒地
タキ243664  JOT/浜五井# 全検21-5-1輪西派、自重16.3t
タキ243883  JOT[e]/浜五井# 全検25-9-25川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ243819  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-23川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-214 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*  ↓ 全検25-12-11川崎車、自重16.7t
タキ44023 OT/倉賀野※
タキ43266 OT/倉賀野※ 全検26-3-13川崎車、自重15.7t
タキ43631 JOT/浜五井 全検24-6-4川崎車(29-8-18切)、自重15.9t
コキ200- 63 全検22-7-23川崎車□ OT UT26K-98013,98012
コキ200- 25 全検22-9-6川崎車□ OT UT26K-98011,98010
コキ200- 11 全検22-11-10川崎車□ OT UT26K-98009,98008
コキ200-106 全検23-9-9川崎車□
浜五井#=旧本輪西常備、根岸*=旧郡山常備、※=旧西上田常備、コキ200の□=枕バネ改良車

 この間に京浜東北線のE233系にも中央線の快速電車同様、ウィダーinゼリーのラッピング電車が登場し、地元で見慣れると何処かフォトショップでラインの色を弄ったかなといった印象も拭えませんが、またまた珍客で上野〜黒磯の訓練運転でEF81 89+25系客車の編成で3番線を通過します。

○94列車…第2.5弾の締めはこの列車で今回のダイヤ改正で羽越〜上越経由から東北線経由に変わったのと形式がコキ50000からコキ104中心の編成になり、間合いで梶ヶ谷タから竜王行きの85〜84列車を担当することからこの間の高崎行きの際に変わっていたことに気付き、こちらも一年ぶりで言わばリハビリの形で確認しました。

←梶ヶ谷タ EF65 2050[JRF色、冷風]+コキ104-1630+750+2057+751+106-672+104-1370○+1340+1369+329+93+2579+737+512(全検25-4-19川崎車/FSJ[JOT] UR19A-544、日通UM9A-745積載)+1928+2404+107-111+751(新製25-6-28川重)+104-552(全検26-2-8広島車)+641(全検21-10-21小倉車)+1023(全検24-12-10川崎車)

 ホーム伝いで(ほぼ半数ですが)確認してから一度改札を出て5763列車の細かい点を改めてチェック。43631番は前に現車確認していたので倉賀野で休車になっていた分延びていた事が分かります。17時を回ると一通り片付き、この頃になるとEF210牽引のコンテナ列車が到着して臨時の宇都宮タ行き(8063列車)ですが、時期によっては札幌タ行きになり、発駅が福岡タで日本を縦断する列車で日本海縦貫線経由の2070〜3099〜99列車/3098〜2071列車は有名ですが、時期によっては8058〜8069列車/8068〜8059列車も足並み揃います。

 さいたま新都心から17時03分発の大船行き(1717B、クハE233-1071×10/宮ウラ171編成)で南浦和へ向かいます。この間では5763列車のiPod touchへの転記を進め、浦和駅では丁度東大宮から上野へ回送してこれから『スワローあかぎ』1号に就く651系と並び、南浦和はE233系の一本目を横目に到着します。

 南浦和でWONDAのカフェオレを買い、10分程待って17時22分発の府中本町行き(1618E、クハ205-147×8/千ケヨM63編成)で西国分寺まで乗ります。右足が少し痺れて前に立っていた男性客達が気になりましたが、何とか痛みもおさまり、車内では4091列車、5883列車とiPod touchに転記するも案内放送をする車掌さんの内容が余りに丁寧過ぎるのには感服しました。

 続きはこちらです。

|

« H26.03.19 大宮周辺(その1) | トップページ | H26.03.19 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.03.19 大宮周辺(その2):

« H26.03.19 大宮周辺(その1) | トップページ | H26.03.19 八王子駅(その2) »