« H26.03.12 京浜地区(根岸駅その2) | トップページ | H26.03.18 八王子駅 »

2014年3月14日 (金)

H26.03.14 八王子駅&武蔵野線

 明日はJRダイヤ改正の当日となり、新しい列車や車両、停車駅の追加、引退の大きな所ではブルートレインの『あけぼの』号や『こまち』のE3系といった所です。こちらも今日までにやらねばと思ったのが『むさしの号』が明日から通過していた中央線内3駅の停車が追加されるので飛ばす運転も今日が最終日となり、早めに出て今日のダイヤで無くなる午前中の大宮行きを新秋津まで乗って後はいつもの様にあれこれ用事を片付けます。

 いつもは9時台でも10時前に出る事が多いですが、今日は遅くても八王子駅は9時半頃というので一本早い富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗ります。

 降りた所でこの所タキ43000を見ないなと思いましたが、後で思わぬ所で発見しましたので乞うご期待。先ず第一のミッションがファミリーマートでメール便を送りたいものがあったのでこれをお願いしてレジの兄ちゃんの言い方がマニュアル通りの型に嵌った言い方なのか「(郵便の)封書と同じでいいんだよ!」と一見角が立つような言い方ですが、別に送るものも怪しいものではありませんのでご安心を。片付くと券売機でPASMOの残高をプリント。用を足そうとお手洗いに入ると大きい方に入りたかったので中々洋式が空かずたまに中で喫煙する馬鹿がいるので本音なら摘みだして10倍取って欲しいもので上手く『むさしの号』に間に合いました。

 八王子から9時55分発の『むさしの号』(2652M、クハ205-32×8/千ケヨM22編成)で新秋津まで乗ります。出発の少し前にはHD300に牽かれて根岸行きのタンク車が入線してこれは後で戻ってきた時にも見られる8460列車の分なので顔触れを見ると所々44t積みも連結されて根岸の残務処理はどうかな?と思いました。豊田の車両センターを見るとこのところ211系が結構入っていましたが、さすがにダイヤ改正前日ともなると本番に備えてか甲府へ移動したのかな?といった様子ですが、丁度、竜王行きの83列車に擦れ違うとコンテナ車が暫くコキ50000が来ていたものの、先週の高崎行きで札幌タからの94列車を見たらコキ104が結構入った編成に変わってもしや、竜王行きも1年振りに戻るのでは?と思ったらものの見事ドンピシャリ。タキ1000は火曜日のこの列車(返送は一昨日の80列車です)に連結されたナンバーが続きます。立川から高架線を走ると切り替えてからはご無沙汰していたのでどの様な走りをするのか気になりましたが、国立ではそのまま武蔵野線の短絡線へ入れるように2番線に入り、このままストレートでゆっくりと短絡線のカーブを通過して7分ほど走って武蔵野線の下り線に合流します。本来なら新小平で下車してもよいのですが、めぼしい所で新秋津まで乗りました。

 新秋津は6年前の夏にJRの訓練センターが西武の授受線の脇にあり、ここの見学会でお邪魔した以来で丁度、部会でお世話になっている親分のF氏がこの週の週末に例会が行なわれる事でお葬式か何かで都合が悪くなったお話を伺った事を思い出し、(話題が横道反れましたが)訓練車を105系からこの時京浜東北線の電車を209系からE233系に置き換えていた頃で訓練車もこの余剰車を活用した車に置き換えが決まって行ったものです。例によって改札をUターン。前後して到着した電車を見ると埼京線からリサイクルのLED幕に交換した編成でクハ205-16×8(千ケヨM34編成/53E運用)を発見。所沢方面の西武30000系と見て、2番線へ移動して下り方向を見ると登り坂になっている様子が見えて待つ間に思わずデジカメに収め、この後では東海道方面から越中島のレールセンターへ向かうEF65 1115+チキ5500のレール輸送列車が通過し、元はコンテナ車のコキ5500故に往年のコンテナ列車を思い出します。

 新秋津から10時40分発の府中本町行き(950E、クハ205-44×8/千ケヨM3編成)で西国分寺まで乗ります。並んで座った場所が少々窮屈だったのか後で府中本町方へ。いつも遠征の帰りの電車に乗ると不思議と新小平の乗りが多く、どんな施設があるのか不明ですが、この時間帯は少なく中央線の乗換え客でドアの周りが固まる確率が高いものの大丈夫です。

 西国分寺から八王子までは最初11時丁度の八王子止まりでも良かったのですが、一本早い国分寺で『かいじ』103号に抜かれる10時52分発の高尾行き(1011T、クハE233-27×10/八トタT27編成)に乗り、中央線では久し振りのウィダーインゼリーラッピングの編成です。立川では後続にこれから豊田へ入庫する青梅線の編成(←クハE233-517×4+60×6/八トタ青459+青660編成)が5番線に到着します。いつもの様に浅川の鉄橋を渡るとドアの前に立って先ほど宿題にもなったタキ43000は下記の通りです。

△(八王子)
タキ43155 JOT/根岸 全検25-5-20川崎車(30-9-1切)、自重15.8t
タキ43166 OT/宇都宮タ※
※=旧西上田常備

 八王子に着くと降りた所で先のウィダーインゼリーのラッピングをデジカメに収め、先の8460列車が返す分が入っていたのでホーム伝いにチェックしました。オイルの列車も先の降雪の影響と年度末の日曜返上と輸送列車が公表されてほとんどが定期運転の復活運転の形を取っています(マスターは撮り鉄対策からか普段でも見られる列車ゆえに赴かないつもりです)。合間に横浜線のホームへ赴き、E233系の編成を確認すると前に確認していたなと大ボケ。

○8460列車…先週あたりはタキ1000ばかり10両編成の短い日がありましたが、今日は冬場のピーク時と同じタキ43000の44t積み車入り16両編成の長編成となり、年末近くから見て未確認は指で数える程ですが、さすがにこの辺も弥生の声を聞くと何処か食傷気味ですね。
△根岸
EH200-18
タキ243811  JOT[e]/浜五井# 全検25-4-27川崎車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ1000-196 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-232 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 無
タキ243820  JOT[e]/浜五井# 全検25-9-26川崎車、自重15.8t 石油類)グレー/黒地
タキ243733  JOT/浜五井* 全検24-11-21川崎車、自重15.9t 石油類)黒地/青地
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000-878 JOT/根岸 全検25-8-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ243786  JOT[e]/浜五井# 全検25-10-3川崎車、自重16.0t
根岸*=旧郡山常備、浜五井#=旧本輪西常備、石油類A/B=北側/南側を示す

 一通り片付くと5・6番線へ移動し、横浜線の電車の様子のチェックや両サイドで表示板の地色が違っていたのでこの点をデジカメに収めて。E233系の運用は確認した範囲になりますが、次の通りです。
・クハE233-6004×8(横クラH004編成、桜木町):19K運用
・クハE233-6005×8(横クラH005編成、橋本):17K運用
・クハE233-6019×8(横クラH019編成、古淵):43K運用

 ここまで終わると第二のミッションに突入して東急スクエアへ。先ずは三菱東京UFJで親分であるF氏宛へ来年度の年会費を払い込み、スターバックスで一休み。一昨日から急に出回ったコーヒー&クリームラテにワンショット追加して頂きます。次いでセレオの北館へ行き、そろそろ商品券を使わねばと見たら期限は来月の後半まででまだ余裕ありますが、ユニクロで部屋着のズボンのスペアを買わねばと物色。商品券と千円札でお釣りは丁度銀行の振込手数料が戻ってきたみたい(これを見ると今のメガバンクは預金者を馬鹿にしていると思えませんが、景気がまた良くなっているので辞めてほしいものです)で嬉しくなりました。またまたスターバックスに立ち寄り、今回は初めてマルベリーブリッジへ向かうところのテーブル席へ。ドリップのトリビュートを頂き、またまた相変わらずヘルプも多く高田馬場の小柄のお姉ちゃんや談合坂のお店からも来ていました。

 時計を見ると12時半を少し回って寄り道するよりそのまま富士森公園経由の法政大行きに乗った方がベストだなと並び、西八王子の南口で降りるとコンビニでお昼を仕入れてこの所おそばがご無沙汰(暇があれば高尾山の麓に行きたいものの、近場で不思議と行きませんが………)だったのでレンジかき揚げそばを頂き、月曜日は市ヶ谷へ急襲したいと思い、軍資金を引き出してのご帰還で後は明日のダイヤ改正からの貨物時刻表の到着を待つだけです。

|

« H26.03.12 京浜地区(根岸駅その2) | トップページ | H26.03.18 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.03.14 八王子駅&武蔵野線:

« H26.03.12 京浜地区(根岸駅その2) | トップページ | H26.03.18 八王子駅 »