« H26.02.25 八王子駅 | トップページ | H26.03.01 八王子駅 »

2014年2月26日 (水)

H26.02.26 八王子駅

 午前中は親が南口のクリニックへ検診に出掛ける日なのでこちらも荷物運びなどお手伝いするので出まして、空き時間の間にあれこれと見ました。

 時間的にも昨日と連チャンとなりまして定点観測な面もありご無礼申し上げます。先週中は所々、雪が積もっていた歩道も少しずつ除雪が進んだ事と溶けたりであれよの間に道路もスッキリして路線バスでも大雪に閉ざされていた檜原村の路線も昨日辺りから動く様になり、西多摩の山奥も徐々に平常を戻した感がします。

 マイカーをサザンスカイタワーの地下駐車場に止めてこちらはいつもの場所へ赴き、83列車を先ずチェックします。

○83列車…コンテナでは久し振りにJOTの冷凍コンテナが見られた他、19Dのアスモ専用も発見。この社名を聞くと国鉄二俣線を転換した第三セクターの天竜浜名湖鉄道の駅を連想させます。タンク車の番号を見ると前は11日の8760列車、真ん中から後方は月曜日の80列車(発送は日曜日の81or83列車)で連結されたナンバーが続き、後者は中一日置いて竜王へ往復していることが分かります。
△竜王
EH200-1
コキ50745 ↑梶ヶ谷タ発 5個目にJOT UF16A-639(3個積み)積載
コキ53142 2個目に19D-7778(アスモ専用)積載
コキ50678
コキ51419 ↓
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-877 JOT/根岸 全検25-8-13川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-865 JOT/根岸 全検25-7-1川崎車、自重17.1t
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸* 全検25-10-11川崎車、自重16.8t
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸* 全検25-10-23川崎車、自重16.5t
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸*
タキ1000-863 JOT/根岸 全検25-8-5川崎車、自重17.3t
タキ1000-296 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無

根岸*=旧郡山常備車

 南群線のタキ43000は黒塗り1両にオイルターミナルのタキ1000(それも八王子常備の415番)が来て昨秋全検出場したナンバーで塗色が美しいものの、フェンスやチキ5200のステーキが邪魔で良い具合に収められないのが惜しい所ですが、窓越しや場所を変えてパチリと仕方ありませんね。
△(高尾)
タキ43407   JOT×/浜五井
タキ43499   OT/八王子
タキ43017   OT/八王子
タキ1000-415  OT/八王子 全検25-11-18川崎車、自重16.9t 常)郡山
タキ43391   JOT/浜五井* 全検22-6-23川崎車(28-4-12切)
×=エコレールマーク撤去、浜五井*=旧郡山常備車

 83列車は先ず、コンテナ車+タキ1000の前方を確認してから南群線のタキ43000、それから跨線橋の窓越しから83列車の残ったタキ1000を見るものの、合間にスターバックスのセレオ店を覗きに行き、またまた東急スクエアのパートナーさんが居るなと確認して本業に戻ると一昨日来やがれならぬ一昨日も来ましたタンク車ということが判明。今日は線路の北側には殆ど赴かず、南側ばかりでサザンスカイタワーのスターバックスで一休みしてドリップはケニアを一杯。丁度ソファ席のエリアでキッズパーティーが行われていたので暫く真ん中の5×5のテーブルの隅に腰掛け、暫く経つとタイミング良くお終いの時間が来て元のレイアウトに戻した所を早速陣取りました。パートナーさんもセレオのお店がオープンしてなかなか来店しないとご心配の声を聞かれましたが、どのお店も少なくとも週に1〜2回は来店する様に心掛けているものの、まだまだ暫くは模索中で顔を合わせるのもシフトとこちらの都合とバッティングしないといけませんが、機関車の運用に例えると普段は京浜地区から関東内陸部へのオイル輸送やコンテナ輸送の短距離列車をこなす事が多い車でも時折、東海道・山陽筋へ足を延ばす遠距離仕業がある様にその時々ですのでお気になさらないで下さい。

 携帯が鳴るとビックカメラの2階の入口で待ち合わせ、4階で血圧計を物色。この後はお昼を仕入れて再びサザンスカイタワーへ行き、アルプスでソース付きのメンチカツ(西八王子周辺のお店にはありません)を食べたかったのでこれと山菜おこわがマスターの昼食。メンチカツはソースが掛かっていたので帰ってからパンを挿むと一丁上がりというもの。時間が無いのと不精な人向けだなと感じますね。この後は1階の本屋さんでBトレの本があるかな?と探すものの、空振りでしたが(帰宅してアマゾンなどのHPを確認すると夏頃とのこと)、『鉄道ダイヤ情報』の内容をダイジェスト版に仕立てた年鑑が初めて売り出され、内容を見ると団体列車や甲種輸送、JRや大手私鉄の車両動向も載っていて車両動向ではJR車両は『JR電車編成表』の冬号が出ると上半期分の動きが載りますが、10〜12月分を3ヶ月前倒し、大手私鉄は『鉄道ファン』の8月号か9月号に年度中の分が載るので上半期分だけがかなり早く、今後も続くようであれば買いたい一冊でもあります。となると、マスターもウン年後には毎月欠かさず続けている鉄道雑誌の購読(『鉄道ファン』、『鉄道ジャーナル』の2誌)も気に入った号だけにシフトしてしまうのではと危惧しております。

|

« H26.02.25 八王子駅 | トップページ | H26.03.01 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.02.26 八王子駅:

« H26.02.25 八王子駅 | トップページ | H26.03.01 八王子駅 »