« H26.02.11 大宮周辺 | トップページ | H26.02.12 八王子駅 »

2014年2月11日 (火)

H26.02.11 八王子駅(その2)

 武蔵浦和は19時を少し回った頃に出ようと思い、八王子駅は川崎貨物行きの5460列車の到着に合わせた形で着くには20分頃に駅前のコミュニティーセンターを出て宵の中を走る新幹線を収めると矢張りS120の方が良いなと思いますが、高倍率レンズでのDigic6(更新する時には7or8になりますが………)は暫くご辛抱を。お目当ては19時32分発の府中本町行き(1806E、クハ205-103×8/千ケヨM36編成)で西国分寺へ。先行するコンテナの列車は鹿島スタジアム発の96列車(EF65 2037[JRF色]+コキ104・106・107×20)で降雪の影響でしょうか凡そ3時間遅れての通過です。途中、新座でトヨタ・ロングパスエクスプレスの盛岡タ行き(4053列車、20両編成のうち、後3両は空車)、新秋津では大宮を2時間遅れて通過した5078列車と対に当たる倉賀野行きの5079列車もこれまた2時間遅れでした。

 西国分寺で降りると先に通過した鹿島からのコンテナ列車が中線で待機してゆっくり見たいと思った所で中央線の時間を気にしつつ2番線へ。平日なら『中央ライナー』3号のダイヤに当たる豊田へ回送するE257系(クハE257-115×9/長モトM115編成)、中央特快と続いて20時09分発の大月行きで八王子へ向かいます。

 八王子駅に着くと丁度、5460列車が3番線に着く直前に合わせての到着でタンク車は浮島町行きが最長14両、浜五井行きが3両と言ったところ。こう寒いとiPod touchのバッテリーもどこか減り気味で移動の間にチャージしました。

○5460列車…南松本発はいつもの様にタキ43000は初期タイプが多いものの、同期のタキ44000も2両ほど連結して未確認だった44009番とタキ43000で昨秋全検出場した43353番のデータもキャッチ。南松本発ではタキ43000のJOT車が連結されて塩浜常備車は先般四日市から移動した事も分かり、八王子発は7日の5467列車で着いた分で本来なら8日発のこの列車で返送する筈が3日余計にいた事になり、また空車で牽引力に余裕があるのかホキ800の交検車も連結されました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-24
タキ43161 OT/南松本 無
タキ43435 JOT/塩浜 全検24-5-28川崎車(29-12-19切)、自重15.8t
タキ43302 OT/倉賀野
タキ43172 OT/南松本 無
タキ44009 OT/宇都宮タ 全検25-3-4川崎車、自重15.7t
タキ43552 OT/宇都宮タ 無
タキ43016 OT/郡山 無
タキ43031 OT/倉賀野 無
タキ43526 OT/宇都宮タ
タキ43449 JOT/根岸 全検24-1-26川崎車(29-4-11切)、自重15.9t
タキ43018 OT/郡山 無
タキ43013 OT/南松本※ 無
タキ43027 OT/倉賀野 無
タキ43353 OT/倉賀野 全検25-10-9川崎車、自重15.6t
タキ44010 OT/倉賀野 全検25-3-15川崎車、自重16.3t
タキ43110 JOT/根岸  ↑八王子→浜五井 全検25-6-20川崎車(30-9-11切)、自重16.0t 無
タキ43001 OT/南松本※  無
タキ43546 OT/宇都宮タ ↓ 無
▼川崎貨物行き(交検)
ホキ1826 初狩[D] 全検25-6-3川崎車、自重18.9t
ホキ1130 初狩[D] 全検24-9-19川崎車、自重16.9t
ホキ1469 初狩[D] 全検22-11-25川崎車、自重18.2t
南松本※=旧西上田常備車

 一通り、2番線のホーム伝いから確認してから3・4番線へ。タンク車の細かい所を書き出し、南群線にはJ-trecから出場した東急1000系が到着して後で改札を出ていつもの場所から確認し、一番道路寄りの後方には新番号が振られて書体も新7000系と同じ丸ゴシックのものでラインはこれから貼られる様子で7700系や7600系あたりを置き換える形で池上線や東急多摩川線に配属されることと思われます。
←高尾(◀/▶=運転台の向き)
1303+1253+1403+1453+1353+1454
1404+1304+1254+◀1703+1603+1503▶

 一通り見てからサザンスカイタワーのスターバックスでラテを一杯。さすがにこの時間でもソファー席が埋まって空いていたのは5×5のテーブル席くらいで落ち着いてiPod touchの纏めをしようと思いましたが、いい年した中年女どもが中身の無い会話をしていたので閉口しました。最初は8461列車のEF210のナンバーを確認して歩いて帰ろうと思いましたが、到着は平日なら21時50分頃ですが、休日ダイヤは若干早く21時半の到着でさて、ナンバーを見ると思ったら雪明かりを頼りに見ようと思ったものの上手く見えず、駐輪場の外なら横浜線のホームの蛍光灯伝いに見えるかな?と思いましたが、これまたダメで埒が明かず、改札に入って5番線から例会の帰りの時のような形でチェックし、帰りは中央線に乗るかなと思い、この時間帯は意外と間隔が開く上に客質も悪いので危惧しておりましたが、21時57分発の甲府行き(563M、←クモハ115-309+306/八トタM6+M3編成)で西八王子まで乗り、幸い車内も余裕があったのでボックス席も悪くありませんが一駅で降りるのでドア脇のロングシートに腰掛けました。話題が前後しましたが、サザンスカイタワーの本屋さんで来月の50周年式典の予習を兼ねて『鉄道ピクトリアル』のアーカイブスセレクションに『ドラえもん』で読みたい話があってF全集を買うには重たいのか冬に出た『ドラえもん総集編』をつい買いました。地元で115系の乗りは久し振りの事でロングラン例会の副産物とこのところ『普通列車両数表』で山陽本線の115系の運用を調べていたのか偶々で嬉しいお話ですが何時211系に変わるのか気になる所で西八王子の下車は意外と少なくホッとして帰路へと向かい、この後は『成田エクスプレス』の50号が通過してカラーだけでも数年前の千葉管内を思わせる雰囲気で予定が変更したものの、南大通りを歩いても殆ど変わらない時間でのご帰還となりました。

|

« H26.02.11 大宮周辺 | トップページ | H26.02.12 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.02.11 八王子駅(その2):

« H26.02.11 大宮周辺 | トップページ | H26.02.12 八王子駅 »