« H26.02.04 八王子駅(その1) | トップページ | H26.02.05 八王子駅 »

2014年2月 4日 (火)

H26.02.04 八王子駅(その2)

 今宵は市ヶ谷への寄合の急襲となりまして、帰宅してから降雪がひどくなって帰りは大丈夫かな?と気にして自宅を出たのは15時を少し回った頃で南大通りのバス停からバスに乗ると普段この時間帯は西八王子の駅から乗るお客さんが居ないことが多いですが、やって来た多摩平の新しいマンション(昔の公団の団地跡に出来るものです)のラッピングバスで珍しく先客も多く空模様柄、途中もそこそこ乗って来ました。

 バスで到着するとサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。ここでも明日のセレオ店オープンの話題で持ち切りでHELPや異動もお有りかな?と思いつつ幸いソファー席が空いていたので雪宿りの形でカプチーノのトールを頂きます。 

 さすがに新品のデジカメ片手に雪景色を収めるべくシャッターチャンスや絞りでHD300の姿が収まるかなとウ〜ン!イマイチ!。それから券売機でSuicaをチャージしてからセレオ北館の有隣堂(2階のアネックス店)で時間調整。雪降りに加えて東小金井での人身事故発生でダイヤが見合わせている様子ながらここでゲートイン。

 改札に入って先ずは白魔舞う中、HD300を何コマか収めて4番線伝いに根岸行きの84列車を確認します。先の東小金井での人身事故の影響から中央線のダイヤも乱れてしまい、到着した快速電車が暫く時間調整の形を取り、被らない範囲でチェックしました。残りの分を確認すべく5・6番線へ赴こうと東側の乗換跨線橋へ向かおうとした所で左足の脹ら脛が寒さで突っ張ったのか急に痺れて暫くはベンチに腰を下ろせない状況で暖地仕様の足回りが寒冷地でやられたのと同じ状況でやむをえず、中央の乗換跨線橋のエレベーター経由で向かうことに。5番線の電車が止まっている間を窓越しからタキ1000のナンバーを書き出し、最後尾まで来るとこちらは再び4番線へ戻っての確認です(こちらはエスカレーター経由で)。途中、栃木の農産物ラッピングのクハE233-31×10(八トタT31編成/39T運用[1638T〜])が到着。

○84列車…前述通り、アクシデントがありましたが、小雪舞う中頑張って確認した次第で編成はやや短い10両編成です。ナンバーを見ると後3両以外31日の83列車→1日の80列車で竜王へ行っていたナンバーが続きました。
△根岸
EF210-137
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-216 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-755 JOT[E]/根岸
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 88 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 本来なら82列車が到着する所で2番線へ赴きますが、こちらも遅れている様子なので先に5463列車を待つべく3・4番線の高尾方へ赴き、待合室も『あずさ』21号の遅れの影響からかキャパを超過した状況となり、早めに並んで四ツ谷まで乗るかと思った所で2番線の列に並ぶと暫く経ってから5463列車を牽くEH200の姿が見えて行こうかなと思っていた所で通信会員のO氏とバッタリ(いつもは八王子発着のタンク車が入れ替わる頃合いですが………)。5463列車が到着した頃は2番線の高尾方の狭い所に居た所、足の痛みもこの頃になると和らいで前の方のタキ43000目当てに急襲しました。

○5463列車…10分程遅れての到着で普段は5分程で出発する所、17時を回る頃に出発しました。一杯の17両編成での到着でタキ43000の顔触れを見ると未確認のナンバーがあり、44t積みの3両目は11月頃(十の位を見間違えて大ボケ)、4〜6両目の半月ほど前の8460列車で入っていたナンバーです。2両目の243864番は243882番に続いて根岸に入った塩浜常備車です。
△篠ノ井(坂城)
EH200-22
タキ43636  JOT/根岸* 全検24-4-11川崎車、自重15.8t 石油類)青地
タキ243864 JOT/塩浜* 全検25-12-19川崎車、自重16.1t
タキ243786  JOT[e]/浜五井# 全検25-10-3川崎車、自重16.0t
タキ243709  JOT[e]/浜五井# 全検25-1-28川崎車、自重16.1t 石油類)黒地
タキ243793  JOT[e]/浜五井# 全検24-11-19川崎車、自重15.9t 石油類)青地
タキ243733  JOT/浜五井# 全検24-11-21川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ1000-213 JOT[E]/根岸*
タキ1000-591 JOT/根岸
タキ1000-148 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-147 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-564 JOT/根岸 南松本行き 無 
根岸*、塩浜*=旧郡山常備(43636は郡山→本輪西常備?)、浜五井*=旧本輪西常備

 5463列車も停車時間に余裕があったのか思わず前の方のタキ43000をデジカメに収めてから暫くすると『むさしの』号の205系(2658M〜2659M、クハ205-146×8/千ケヨM62編成)が到着。3番線の折返し電車が続いた影響でしょうか快速電車でも69T→13H(八王子16:44発)or17H(豊田16:47発を延長)と運用変更も。この影響で溢れたのか82列車も35分遅れで2番線の停車で遅れた時の常套手段、すぐ出発する形となり、編成のメモも積んだコンテナを省略した形でまとめた次第です。

○82列車…前述通り、35分程の遅れで後で乗った電車と立川で追い付きました。コンテナはJOTの冷蔵コンテナ・UR18A/19A-10000やスーパーUR(UR17A-70033)が目立ちます。
△根岸
EH200-12
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-215 JOT[E]/根岸*
タキ1000-348 JOT/根岸*
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 全検25-5-9川崎車、自重16.8t
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000- 32 JOT[E]/根岸* 全検25-12-12川崎車、自重16.8t(A重)
タキ1000-128 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* A重
コキ51677 ↑梶ヶ谷タ行き
コキ53395
コキ52919
コキ51238 ↓
根岸*=旧郡山常備

 82列車をチェックしてからこのまま四ツ谷まで乗る電車で特別快速の運転がしばらく無い様子で16分遅れて到着した16時47分発の快速(クハE233-10×10/八トタT10編成、15T[〜1415T]→59T[1658T〜])に乗ります。普段は豊田で『スーパーあずさ』22号に抜かれますが、今日は特急や特快の退避もなくストレートで。車内で5463列車を前のメモを見返しを纏めながら過ごし、立川の手前で隅田川からのコンテナ列車89列車(こちらも10分程遅れています)に擦れ違い、八王子から乗って来た学校帰りのお姉ちゃん達も国分寺を過ぎると殆ど降りてしまい所々空席がある状況で新宿へ。途中、高円寺の葬儀社ビルの気温は2.5度の表示があり、八王子は氷点下(-1度台)と思い、四ツ谷は聖イグナチオ教会の6時の鐘を耳にして総武線の緩行電車を一本待って市ヶ谷へ。多摩川を越えて都心に入ると小雨になっておりました。

 急な出席でこちらが纏めた文面が今一つの反応と出来となりましたが、段取りが分かっていても色々とやり取りするタイミングが摑めなかったのが起因です。四ツ谷からは快速電車の案内表示は4分程遅れていたので丁度、通勤快速の高尾行き(四ツ谷20:59発)に間に合い、色々金曜日の準備でバタバタしている最中ですが、見てもこの後に到着する8461列車の機関車だけでタンク車は明日の午前中は出掛ける予定なのでこの時に抑える予定です。新宿はさすがに遅れを最小限にしたいのか通常の12番線に加えて11番線に入線する珍事を味わい、途中で座れるかなと思いましたがこの頃はスマホの画面に目が入るお姉ちゃんばかりで降りるタイミングが摑めず幸い、荻窪で空いたのでここで腰掛けた次第です。

 八王子に着くと夕方の降雪がウソのように止んで帰り道も凍結を気にしてか歩くのは何処か難儀でバスかタクシーとなります。8461列車が到着する前後に新しいデジカメのウリでもある夜景がスッキリ撮れる機能を駆使して南口のイルミネーション(SX200ISに比べるとLEDのタマが上手く出ています)やE233系の案内表示、『成田エクスプレス』E259系と収めてご帰還の携帯を入れていよいよ明朝オープンに向けて最後の準備に追われるスターバックスのセレオ店の様子を見てサザンスカイタワーのお店ではありませんが大きめのテーブルが目立ち、後は二人くらい座れるテーブル席やソファ席はどうかな?と明日のお楽しみにして帰りは例によって南口のイルミネーションを収めて丁度止まっていた三和交通のタクシーを拾ってご帰還となりました。

|

« H26.02.04 八王子駅(その1) | トップページ | H26.02.05 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H26.02.04 八王子駅(その2):

« H26.02.04 八王子駅(その1) | トップページ | H26.02.05 八王子駅 »