« H25.11.04 八王子駅 | トップページ | H25.11.17 八王子駅 »

2013年11月 6日 (水)

H25.11.07 八王子駅

 今日は親がサザンスカイタワーのクリニックへの通院日なので一緒に出て、こちらはそのままあれこれと。

 自宅を10時少し前に出て車をサザンスカイタワーの地下駐に止め、こちらは早速、いつものコースであれこれ見て今日はタキ43000も控えて久し振りにオイルターミナル→JOTへ移籍した青塗りの車を見付け、オッと、移籍前はこの八王子駅に常備していたナンバーではありませんか。85列車のタンク車が入線すると前に連結する格好で荷卸しの段となりました。

△(高尾)
タキ43467 JOT×/浜五井 ↑浜五井発 石油類)黒地
タキ43019 OT/南松本    ↓ 無
×=エコレールマーク撤去

○83列車…昨日と違ってコキ50000だけの編成になりました。19系コンテナに混じって様々なJOTの冷蔵コンテナUR19Aが積まれて今秋デビューしたシャボン玉模様(その代わりエコレールマークは右隅の下へ移動しました)+ピンク帯のバージョンも発見。3色揃いましたのでカラーで分かり易くご紹介します。
△竜王
EH200-6
コキ51044 全検25-9-30輪西派
コキ51315 2個目=UR19A-10509ew
コキ52291 1個目=UR19A-21527ew3個目=UR19A-10121e5個目=UR19A-10200ew
コキ52972 3個目=UR19A-16271ew
※UR19Aのe=エコレールマーク、w=全幅

 一通り片付いて西側の階段からそのまま2階に出てデッキからピンク帯のUR19Aを収めるものの、さすがに線路の南側にケーブルが張っていて奇麗に収められないのが惜しい所です。『スーパーあずさ』6号も10分程遅れて到着した様子でそろそろ、長野管内の乱れを引き摺って来る時期に差し掛かって来ました。サザンスカイタワーのスターバックスで一休み。今日はソファー席のエリアでキッズパーティーが行われるので5×5のテーブル席に腰掛けて丁度、準備していた所に訪れて8月にパートナーさんのインストアライブが行われた時の様にソファーのレイアウトが変わっていたのですぐ分かります。今日は初日に東急スクエアのお店で頂いてここでお初になりましたが、マロンクランブルラテで。

 この後は本屋さんで時間調整してビックカメラの2階のデリ・フランスでクロワッサンサンドの昼食。11時半には別れて暫く3階や2階をフラリとして券売機でSuicaのチャージ&履歴プリントを行い、横浜線の5・6番線へ赴きます。

 横浜線で12時丁度の東神奈川行き(1126K、クハ205-136×8/横クラH26編成)で久し振りにみなみ野まで乗ります。同駅を降りた所でこの編成を収め、唯一の京浜東北線からの転入車と言う事が分かります。

 みなみ野の駅は一旦改札を出て横浜線自体が線区の大半が横浜管内も手伝ってか車両をモチーフにしたスタンプラリーの台紙を発見しました。随分E233系を押している様子で横浜線のグループは沿線の自治体をイメージしたシンボルマークが貼られるのでこれまた楽しみで折角来たのでノートにスタンプを押しました。良く見るとドアの前の点字ブロックが光っていたのである程度暗いと分かりますが、照り返しの所は何処か見辛く、こう言った形で常に点滅していると注意喚呼になりますが、最近はホームに立つ駅員さんが昔程減っているので照度、安全性を鑑みて設置して頂ければこちらも電車待ちの間、ホーム伝いに歩く乗客に対してピリピリする事が減りますね。

 みなみ野から再び八王子は一本待って12時14分発の八王子行き(1133K、クハ205-81×8/横クラH21編成)に乗ります。次の電車だと8092列車のタンク車が入る頃なので余裕持って見るならこの電車がベストです。八王子駅の機関車溜まりにはEF65 2081[JRF色、赤プレート、冷風]+DE10 1153と1160号機と差し替える様子で控えておりました。

 横浜線の5・6番線から3・4番線へ。いつもの頃合いに到着してタキ43000をデジカメに収めて待つこと4〜5分。お待ちかねの8092列車が入線します。

○8092列車…普段よりやや短い12両編成での到着で全検車では630番は前に根岸に出掛けた折に収めた記憶があるものの、またまたH6新製車の前倒しで20番をキャッチ。
△根岸
EF210-151
タキ1000-199 JOT[E]/根岸*
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 全検25-8-30川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-504 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特集ナット試行車

○85列車…最初、12両編成かなと思いましたが、8097〜8092列車の標準である14両編成での到着でオイルターミナルの車もこの分と一緒に荷降ろしするので大当たり。全検車では前倒しの69番は先月、8092列車で確認しましたが、正順の629番は出場後初顔合わせです。

EF210-151
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-287 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 全検25-4-25川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-629 JOT/根岸 全検25-9-24川崎車、自重16.9t
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 69 JOT[E]/根岸* 全検25-9-28川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 85列車の後方を見るとこのまま東側の乗換跨線橋から1・2番線へ。先程も8092列車の前方を確認したかったので3番線の折返し電車が来る前後に参上してここで二度目となり、前後して3番線に80列車が入る頃です。

○80列車…久し振りに短めの11両編成で到着して昨日の83列車で到着した分は予想通り、後方にしっかりと付いておりました。前方は近いナンバーが続いて混乱しそうですね。
△根岸
EH200-15
タキ1000-128 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-296 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-291 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-611 JOT/根岸 全検25-6-13川崎車、自重16.8t
タキ1000-805 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000- 82 JOT[E]/根岸*
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無

根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 丁度、この前後には4番線を甲府まで行く189系(クハ189-11×6/八トタM52編成)が通過して、一応控えたものの、こちらも丁度一ヶ月ほど前に見ておりましたのでご安心を。これが終わると20分ぐらい待って南大通り経由の西八王子行きに乗ろうかなと思いましたが、少し気持ちが焦っていたのか北口の広場に回って甲州街道方面は12時57分発の館ケ丘団地行きで線路の向こう側では顔馴染みの一つ目ブルーリボンIIとご対面。少々遅れているとのことでバス停に停まる度丁寧に誤っていたものの、またまたシニア客が多かったのか座れたら先の編成調査の貼付けに勤しもうと思いましたが、陣馬街道と別れる追分でどこか座れれば御の字ですが、下手したらこの間の二の舞を踏むと思ったら銀杏並木に入って一停留所だけ何とか座れて9月に城山手行きが20分毎のきれいなダイヤになったものの、京王時代は昼間も時間帯によっては長房団地折返し含めて15分毎になる所もありましたが、終日20分毎にややダイエットしてまた、4月のダイヤ改正でかすみ学園通りや犬目町から回る楢原町行きや八王子郵便局→16号バイパスの宇津木台行きみたいに15分毎にまた増えてくれれば幸いです。

 甲州街道の西八王子入口のバス停で降りてまだ青葉の銀杏並木を収めて帰宅の途に就くとiPod touchのバッテリーの残量を気にして後は残務処理となりましてコンビニでお腹の足しを仕入れてのご帰還です。

|

« H25.11.04 八王子駅 | トップページ | H25.11.17 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.11.07 八王子駅:

« H25.11.04 八王子駅 | トップページ | H25.11.17 八王子駅 »