« H25.10.08 八王子駅 | トップページ | H25.10.11 八王子駅 »

2013年10月10日 (木)

H25.10.10 京王線沿線

 多摩動物公園の駅前にある『京王れーるランド』が再オープンするので見に出かけて参りましたが、オープン初日で思わぬ番狂わせに遭いましてご笑覧頂ければ幸いです。

 自宅を9時半頃に出てこのまま京王線に乗るので甲州街道の西八王子駅入口から館ケ丘団地から来るバスに乗ると6分程遅れての到着でさすがに10時にセレオや商店街のお店がオープンするのでこれに合せてかシルバーパス片手のシニア層があまりに多くやっと横山町で最前列に座れて京王八王子駅で降り、この系統、普段は電鉄バスの八王子が担当ですが、4月から便によって南大沢の担当が入るようになり(不思議と電鉄バスカラーばかりで京王バスカラーは一度も見たことが無く、専属なのでは?と感じ取れます)、甲州街道で南大沢は何処か不思議なニュアンスでこれも電鉄バスの社内で少しずつ見直しを進めている影響だろうと感じ取れます。

 バスから降りると京王八王子の信用金庫で軍資金を引き出し、このまま京王八王子駅へ。丁度この時間帯は高幡不動の入出庫が多い時間帯で時刻表を見ると各停が10両編成と8両編成の運用が入れ替わるのでこれを見るべく出掛けたものの、乗っけからバスが遅れていたので行きは10時15分発の特急(0018レ、7725×10)に乗って高幡不動へ向かいます。途中、北野では次に到着する各停を退避して長沼では10両編成の各駅停車(5131レ、←9705×8+7425×2)に擦れ違い、高尾山口で折返して高幡不動へ入庫する運用です。南平の少し先で8000系の8両編成に擦れ違い、高幡不動の4番線に到着。

 高幡不動に着くと朝のラッシュ仕業を終えて入庫する時間帯と重なって西側の線には9000系の10両編成に7000系の2両編成が2本に8両編成が一本と控えておりました。さて、折返しの運用を見ると2番線には10時39分発の京王八王子行き(6015レ、9703×8)が控えてバトンを渡すように到着するのが新宿からの各駅停車(5205レ、9735×10)、4番線には出庫した8723×8が新宿行き各停(5210レ)が2分前に入り、5番線で行きに北野で擦れ違った8000系の10両編成が入ってバトンタッチ。編成ウオッチも残念ながら時間切れ。慌てて1番線へとダッシュしました。

 高幡不動から1番線からの10時40分発の多摩動物公園行き(6339レ、7801×4)の先頭に飛び乗り、先の特急で乗った7000系の後期グループで10両編成の固定ではサイドの幕をフルカラーのLED表示、ドアの上に案内表示のディスプレイが見られますが、動物園線のワンマン車は前者は幕のまま、後者は8000系と同じLED表示が採用されています。動物園線は90周年の資料館一般公開以来丁度10年と半年ぶり。6000系の5ドア車で最後まで活躍した6722の編成から引き継いだ動物のラッピングを身に纏い、カーブをクネクネ走りながら3分程で多摩動物公園に到着します。

 多摩動物公園の駅で降りるとホームから可愛い8000系や1000系をモチーフにしたマスコットがお出迎え。オープンイベントで来ていたフラットガールも駅長さんの制服でちょうど引き上げる所を見て先ずは記念の入場券を頂いて水色の地の紙にウインクした8000系のマスコットが描かれています。お次はグッズで何と言っても復刻カラーのバスコレが一番の列で10分程並びましたが、実物も2色は見ていたので後10年程でコンプリートはできるかな?と見事な出来栄えです。何とかゲットして次はデハ2410の鉄コレです。4月に売り出された第17弾にも京王のデハ2400がラインナップされていましたが、よく見るとデハ220から復元したもので言わばビフォー・アフターのスタイルという事で運転台が拡がったのと広幅の貫通路も見事再現されていました。他にもルパの9000系ケーキや啓文堂の即売を見ると売り出しの時にいの一番で買ったものばかりで拙宅を探すとどこかしらに埋もれているものばかりです。さて、本題のれーるランド見学はといいますと、列に並ぶと入場は2時間待ちとまた、空模様も雨が降りそうだったのでこりゃ、このまま並ぶと入館は昼過ぎになるので見学も改めて訪れる事にして改札口の前にスタンプシートがあったのでここと高幡不動駅のショッピングセンターにある『京王ほっとネットワーク』で押すと景品が貰えるのでこのままこちらへと赴きます。

 多摩動物公園から11時26分発の高幡不動行き(6342レ、7801×4)で引き返し、行きと違ってシートも余裕でゲット。この辺りも良く相模原線で乗ったなと思いだし、高幡不動に着くとこのまま入庫かなと思いましたが、暫く停車していた様子でカメラを向ける方が多かったのかなかなか閉められずに大童。一度改札を出てショッピングセンターの2階にある『京王ほっとネットワーク』に立ち寄って8000系のスタンプを押して塗り絵の紙を頂いて再び4・5番線へ。次は100周年のスタンプを府中駅へ押しに行くので11時44分発の特急(0026レ、8706×10)に乗って向かい、乗ると府中へは意外と近く、10分弱で到着します。一昨日なら国体の閉会式で結構混んでいたのと飛田給の臨時停車があったので(こちらは京王八王子駅で案内表示を動画に収めました)今日だったので一安心。東側の車庫(先程、走っていた電車もここでお休みです)や府中四谷橋通りの手前にある京王電鉄バスの車庫の様子を見て後はすれ違う電車の様子をチェックしながら進みます。

 府中駅のスタンプは今月一杯で後は新宿、京王多摩センター、多摩動物公園と押す予定で場所は大國魂神社側の改札前で絵柄は湘南フェイスの2700系のもので新製してから暫くして競馬場線が開業したのでこれと絡めたものです。

 最初は帰りに分倍河原で乗り換えて立川でプラレールのスタンプを押して、八王子駅でタンク車をチェックしたいと思いましたが、空模様を見ると雲行きが怪しくなったのでこのまま特急(0033レ、9738×10)で京王八王子まで乗ることにしました。マスターもヨドバシカメラでちょっと買い物があるのでショッピングセンター側よりも元の高速バスターミナル側である西口から出た方が近いかなと思った次第で乗っている間に南平辺りで日が照ってきたので大丈夫かなと思いましたが?これも結局は一時的で京王八王子駅に着くと2番線に止まっている各停は9000系の担当で降りた所でうまい具合に収まるかなと思ったら立ち止まっていたオバちゃん達が少々邪魔臭かったですが、並びを見て予告通り、京王八王子の西口からゲートアウト。

 降りた所でヨドバシカメラへ赴き、先ずはMDの5枚セットを仕入れてから文房具のコーナーへ。お目当てはスマホに撮れるノートで前は京王八王子のアートマンで買ったのですが、いつの間にか入らなくなったのでここで同じA5サイズを仕入れてiPod touchを使うようになってからさすがに使用頻度が減って買い替えも2年に一度と大幅に減りました。まだ現在は8GBのものですが、大容量に買い替えたら遠征用のリングノートも18きっぷの時期になると2冊仕入れて年4〜5冊は買う計算ですが、こちらも年に1〜2冊と大幅に減ってしまう可能性が高まります。

 帰りはこのまま南口の方へ向かい、85列車と一緒に入線するオイルターミナルのタンク車が控えていたのでこのままチェックし、根岸からの85列車が到着して今日はEF210-134の牽引。

タキ1000-665 OT/倉賀野 無

 サザンスカイタワーのスターバックスでアイスコーヒー(お豆はハウスブレンド)を頂いてから南大通り経由の西八王子南口行きのバスに乗り、降りた所で歩いているとポツリと来たのでこのまま並んでいたら濡れ鼠になっていた事を思うと上手く(?)逃れた気がします。

|

« H25.10.08 八王子駅 | トップページ | H25.10.11 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/58357149

この記事へのトラックバック一覧です: H25.10.10 京王線沿線:

« H25.10.08 八王子駅 | トップページ | H25.10.11 八王子駅 »