« H25.08.06〜07 八王子駅 | トップページ | H25.08.07 松本周辺(その2) »

2013年8月 7日 (水)

H25.08.07 松本周辺(その1)

 八王子から松本は『ムーンライト信州』81号(クハ188-102×6/長ナノN103編成、あさま色)に乗り、今回は定刻通りの運転で車内も丁度腰掛けた所で先客が無く、独り占め(よく見るとL字形に一人ずつになっていましたが、高速バスでも最近、1,000円追加してこの様なサービスがあります)で嬉しくなりました。八王子の乗りも程ほどでやはり中高年の登山客が多く、座席も9割方埋まって何よりです。車内では昨日の昼間にセレオの北館にある無印良品で仕入れたメイプルクッキーも例年通り仕入れ、乗る前に自販機でポンジュースとテーブルを出して車掌さんが回るのをスタンバイ。八王子からのお客さんが乗ってから巡回が始まるので6号車から順に回って2号車は小仏トンネルから相模湖の間でやって来ました。チケットの袋をショルダーのポケットに仕舞うと後は熟睡とここ2~3年遅れて到着したので寝不足がちでしたが、今回は気持ちに余裕があるのかぐっすりと眠る事が出来ました。途中の大月、甲府、上諏訪(211系が見られたのは最大の収穫です)で目を覚ましつつも塩尻の長停車の間で降りる準備を初めて倒した背もたれを元の位置に戻し、来訪がやや遅くなったのでしょうか日の入りがその分遅くなったことを感じさせ、鉄道唱歌のオルゴールが出自を物語るように松本駅の5番線に定刻の到着。

 早朝の松本駅は4番線に『あずさ』2号(←クハE257-1×2+116×9/長モトM201+M116編成)が前夜の35号で到着してそのまま担当すると壁貼りの時刻表で分かり、3番線には坂城行きの2085列車(因みに大門の発着線で控えていたのはこの1時間後にやって来る5463列車です)が止まって例年通り、『ムーンライト信州』の189系をデジカメに収めてから3番線へ移動して2085列車の編成をホーム伝いに確認します。

○2085列車…昨晩の5462列車と足並み揃えた一杯の17両編成で後方へ進むとここで全検出場したナンバーが続きました。午後は返送の2084列車が上諏訪で止まった時にこの辺を収めて編成は同じナンバーでも機関車が5463列車と入れ替わりとなりました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−14
タキ1000- 32 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000-231 JOT[E]/根岸*
タキ1000-849 JOT/根岸
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-563 JOT/根岸 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-432 JOT/根岸 全検25-7-22川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 全検25-7-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 全検25-5-13川崎車、自重16.9t
EH200−7(2084レ)
▽根岸
*=旧郡山常備車

 2085列車が出発するのと前後して今度は東口に向いて止まっている211系で3月のダイヤ改正までE127系のトリプルで受け持っていた初発の信濃大町行きが211系に交替してからダブルになり、明け方なので感度やホワイトバランスと設定を弄りながら収めます。

○5463列車…対の5462列車、先の2085列車と坂城行きの列車はトントンの編成で松本駅は2085列車と違って停車時間が無いので駆け足で。全検出場間もないナンバーを見付けたものの、少し前に地元で見掛けて収めたナンバーばかりです。
△篠ノ井(坂城)
EH200−7
タキ1000-176 JOT/根岸* 石油類)黒地、(A重)
タキ1000-113 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 全検25-5-27川崎車、自重17.1t
タキ1000- 65 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-850 JOT[E]/根岸
タキ1000-198 JOT[E]/根岸
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸*
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-503 JOT/根岸
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸*
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 全検25-4-27川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 この後は出庫する電車の様子を見てE217系は3番線から聖高原へ、5番線から辰野行きの初発、立川行きの電車が5番線からなので長野行きのダブルスが控えて方向幕は大糸線の駅はしっかり出て来る所が何故か『普通』の表示で。先の211系も2番線に入線し、こちらも6時を回ると南松本へ出掛ける支度をして今回の置き換えの注目が高いのか結構鉄道ファン風の若い方がデジカメを収めておりました(マスターは意外とこういう"撮り鉄"は警戒する向きですが、こちらはカメラを向けても言わば「昔ながらの」現車探求と言う意味合いで誤解なさらないで下さい)。

 松本から6時32分発の立川行き(426M、クハ115-443×6/長ナノC5編成)で南松本まで乗ります。車両センターから出庫して出発6分前の入線。出発すると朝日も眩しく、眠気が吹き飛ぶ鋭いフットワークを味わうのも毎年の事です。

 南松本で降りると先程八王子で見た5467列車が東港行きのタキ43318を別線に移した格好で何時でもオイルターミナルの基地へ移せる様に控えて松本方には昨日の2083列車で到着して本来なら夜の83列車に継送する東京タ→北長野のコンテナ車が止まったままでコキ106-158(コンテナは全てW19D[6860、4346、3796、8335=再塗装済、6962の順に積載]+107-95[枕バネ改良、3個目にW19D-3063積載]が控えておりました。西側ではEF64(1000番代同士)の重連二組で先が四日市行きの3088列車の担当は後が国鉄時代そのままのカラーが入っています。東側のタキ43000をデジカメに収めている間、下り線側の待避線には四日市行きの3088列車が入って来ます。

○3088列車…中央西線の列車では一杯の18両編成での入線でタキ1000の郡山常備車は根岸の車が根岸常備に変更されたのと同じ様に四日市の配備車も同駅の常備となり、最初塩浜と一本化したのと思っていたのですが、勉強不足で8月号の資料も間違えたままでスツレイした面もあったものの、昨年初めて全検を受けた浜五井常備車も結構キャッチしました。編成の後1/3は南松本の1番線から見られなかったので後程塩尻で時間一杯頑張りました。
△稲沢(四日市)
EF64 1033[更新色、冷風]+EF64 1014[冷風]
タキ1000-200 JOT/四日市* 無
タキ1000-821 JOT/浜五井 全検24-10-13川崎車、自重17.0t
タキ1000-811 JOT/浜五井 全検24-8-22川崎車、自重17.3t
タキ1000-822 JOT/浜五井 全検24-10-25川崎車、自重17.3t
タキ1000-266 JOT/四日市* 無
タキ1000-814 JOT/浜五井 全検24-9-21川崎車、自重17.3t
タキ1000-218 JOT/四日市*
タキ1000-203 JOT/四日市* 無
タキ1000-264 JOT/四日市* 無
タキ1000-816 JOT/浜五井 全検24-10-9川崎車、自重17.3t
タキ1000-809 JOT/浜五井
タキ1000-804 JOT/浜五井 全検24-6-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-221 JOT/四日市* 無
タキ1000-812 JOT/浜五井 全検24-8-29川崎車、自重17.1t
タキ1000-274 JOT/四日市*
タキ1000-245 JOT/四日市* 無
タキ1000-247 JOT/四日市* 無
タキ1000-678 JOT/根岸 無
四日市*=旧郡山常備車

 一通り見終えると7時16分発の甲府行き(クハ115-365×6/長ナノC6編成)で塩尻へ向かいます。JONETの側線はタキ1000が入ってこの時間ではもう一本午前中に出発する3084列車の予習で入口近くの4両の中には郡山→塩浜常備変更車や今月号の鉄道雑誌で回送する様子が撮られた本輪西から移動したタキ1000-830も発見。さすがにマスターもドアの前に立って確認する事が多いので周りの様子が気掛かりですが平田でドア脇のロングシートが空いたのでチャッカリ腰掛けました。

 塩尻で降りると松本駅と同様、Suica対応自販機を見付けてFrom Aquaの500mlのペットボトルを仕入れて3・4番線へ。到着まで暫く時間があったのですが杖片手の親父がいきなりやって来て邪魔されちゃ困るなと思いましたが、コッペパンを食って辰野行きに乗るのだなと一安心。この3088列車と言うのは停車時間2分なのでウルトラマンより短い。しかも南松本駅の松本方に手摺が付いたのでここ直接の原因なのです。5番線に到着すると跨線橋に掛かった2両から大高跳びして後6両へ。丁度郡山→四日市常備車が続いてこの辺りは以前、浮島町から篠ノ井のエッソ油槽所向けの運用が初任地のナンバーが多く、マスターにとっては懐かしい顔触れが続いたのか焦った顔にも安堵感も。また、撮った所もブドウ棚の下なので気持ちがよかったですね。

 塩尻から岡谷までは7時53分発の甲府行き(432M、クモハ115-1084×3/長ナノN2編成)の先頭に乗ってここでも入れ替わりが多かったので座れて塩嶺トンネルの間は一休みと言った所ですがドアの前で髪を解かす様なお姉ちゃんが居たのには呆れますね。

 岡谷は駅舎と続く1番線の到着で松本方へやや歩いた切り欠け形の0番線にはE127系が止まっていたのでこちらに乗って久し振りに辰野経由で塩尻へ向かう事にしました。

 岡谷から8時10分発の南小谷行き(155M、クモハE127-107×2/長モトA7編成)で塩尻まで乗ります。旧線はゆうに10年ぶり。E127系と言うと大糸線が中心でしたが、クモハ123と交替になったエリアを楽しみ、昔は南松本の午後の調査が終わると塩尻からクモハ123に乗って飯田線へ入る電化セメントや明星セメントのタンク車にくみあい飼料の工場に入っていた全農のホキ8300(貨車で農協マークが入ってインパクト強かったですよ)が親玉格のホキ2200と混じって活躍していたので今思えば懐かしい役者が揃っていました。想い出話はさておいて天竜川の流れに沿った緑多い沿線風景を楽しみ、E127系となると何処か仙山線で愛子から作並へ向かう沿線を走る701系と雰囲気が重なります(マスターの勝手な想像でスミマセン)。風景が開けた辰野は2番線の到着で隣の1番線は上諏訪行きの313系(211M、クモハ313-1701×3/海シンB151編成)でいつもこの時間は上諏訪へ行くのですが、今年は電車の置き換えもあってこの辺も頑張ってみて行こうと思ってみられないかなと思いましたが、ここで逢うので思わぬ得をして4年程まで駅の西側にある豊島屋の油槽所にもタンク車が来ていたので今やすっかり構内も寂しくなり、先のホッパ車が来ていたくみあい飼料の工場も町立病院に変わり、時の移ろいを感じさせます。車内も辰野を過ぎると少しずつ松本の方へ向かうお客さんが増えて(飯田線は次の『みすず』が直通なのでこちらなのでは?)賑やかになって車窓風景も緑豊かで良いリラックスタイムでE127系に乗ると左手にボックスシートがあって本当ならこっちも良いのですが、対抗する列車を見たいので右手のロングシートに腰掛けた次第で小野ではE127系同士の擦れ違いを行うとオッと!この様子を見ると一瞬東北地方かな?と思わせる錯覚に陥りますが、いえいえ、信州は長野県です。ここを過ぎると中央東線有数の難所と名を馳せた善知鳥トンネルを通り過ぎ、後は塩尻駅へ向かって緩やかなカーブを進み、塩尻大門の発着線に差し掛かる手前で前の車へ移動して以前はデジタルの運賃表示が掲げられていましたが、701系同様液晶ディスプレイに更新されており、こちらは『JR電車編成表』に載っているデータにも反映されています。先程、幕張の211系が気になっていたので良く見ると長野の総合車両センターで5両編成→3両編成に短縮しておかれた様で甲府方はクモハ211-3039の編成で塩尻駅は普段の辰野行きと同様、3番線の到着です。

 塩尻で一度休憩して駅員さんが立つ窓口でポケット時刻表を求めると幸いあったので例年通り今回の遠征で重宝しました。松本行きの電車を待つと先程小野で擦れ違ったE127系が到着してまたまた収めました。

 塩尻から9時18分発の『みすず』松本行き(3525M、クモハ313-1702×3/海シンB152編成)で南松本まで乗ります。行き先を見ると湘南電車の色に塗られた115系の頃から長野行きだったのですが、今年の3月ダイヤ改正で松本〜長野の折返し普通電車に立て替えられてこの春先は姨捨も313系目当てのご仁が多かった事でいつもは転換クロスに腰掛けますが、2両目の長野方にあるロングシートに腰掛け、そう言えば静岡の313系にオールロングシート車が居るのでこれと同じ掛け心地かな?と静岡管内はだいぶご無沙汰してしまい、良い感想が出ずスミマセン。村井のENEOS油槽所もすっかり更地になって寂しくなって再び南松本へ。

 南松本に来ると丁度、浜五井行きの2080列車、暫くしてから塩浜行きの3084列車と入って来てまだ、5467列車で着いたタンク車も上り側の発着線に控えていました。この前後には長野の総合車両センターでひと仕事を終えたEF64 1031が2番線を通過しました。

○2080列車…西八王子から乗った電車が丁度八王子駅に入る所で入れ替わりに出発したのがこの対の2081列車でオールツートン車の編成です。
△蘇我(浜五井)
EH200−1
タキ1000-334 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-257 JOT/浜五井*
タキ1000-280 JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-333 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-246 JOT/浜五井*
タキ1000-457 JOT/根岸 無
タキ1000-885 JOT/根岸
タキ1000-668 JOT/根岸 無
タキ1000-241 JOT/浜五井* 無
タキ1000-774 JOT/根岸
タキ1000-275 JOT/浜五井* 無
EH200−17
▽(2081レ)
浜五井*=旧郡山常備

 15分程経ってから駅舎側の発着線に3084列車の編成が入線し、前の方は2080列車の隙間から簡単にメモしてから本格的なチェックはこの後。暫し水入りの後でフル稼働です。

○3084列車…タキ1000ばかり14両編成で後方はいつもの様に旧オイルターミナル所有車のナンバーが続き、今月号の鉄道雑誌に出ていた本輪西から移動したナンバーも3両目に。EF64の後は岡山機関区に所属していた1047号機で昨秋の全検で塗色を塗り替えられている事が分かります。
△稲沢(塩浜)
EF64 1038[更新色、冷風]+EF64 1047[更新色、冷風、全検24-11大宮車]
タキ1000-139 JOT/塩浜*
タキ1000-177 JOT/塩浜* 全検22-10-1川崎車、自重17.0t
タキ1000-825 JOT/塩浜# 全検24-12-10輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-344 JOT/塩浜 全検24-9-13川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-346 JOT/塩浜 全検24-5-12川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-332 JOT/塩浜 無
タキ1000-684 JOT/根岸 全検22-9-6川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-330 JOT/塩浜 無
タキ1000-331 JOT/塩浜 全検24-6-25川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-689 JOT/根岸 無
タキ1000-327 JOT/塩浜 全検24-5-15川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-345 JOT/塩浜 全検24-7-27川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-315 JOT/塩浜 全検24-10-19川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-691 JOT/根岸 無
塩浜*=旧郡山常備車、塩浜#=旧本輪西常備車

3084列車の編成は南松本の1番線からは前半分なので残りは塩尻の5番線から見る事にしてホームに居ても意味なく居座るママ鉄やら無気力そうなカメラ片手のお兄ちゃんが居て河岸を変えて跨線橋の窓越しから3084列車を収めてから10時28分発の中津川行き(1826M、クモハ313-1313×2/海シンB505編成)で塩尻へ向かいます。JONET構内にはタキ1000−342・243719・243724・1000-324にタキ1000×4(73・141・175・830)が入線し、最初は先頭車の名古屋方にある向かい合わせになった座席(実は優先席ですが)に腰掛け、村井で幸い坊主頭のお兄ちゃんが降りたのでここで移動し、塩尻は5番線の到着。

 塩尻で3084列車の延長戦を行い、10分程到着を待って後方をメインに確認し、先程、JONETのピットに入っていた所では下り線よりに止まっていた分に当たります。一通り片付くと1・2番線へ行き、2番線のベンチから先のタキ1000-825や塩尻〜辰野折返しのE127系と見られたのでデジカメを収めました。この頃、名古屋から来る『しなの』号は線路内立入りでの遅れが生じて同じ中央線でも首都圏の快速電車は良く聞かれますが、名古屋口では珍しい事です。

 塩尻から11時28分発の松本行き(433M、クモハ115-1084×3/長ナノN2編成)で松本まで乗ります。またまたタンク車が止まる様子を見るもさすが動体視力が弱っているのかな?とここは朧げですが、ずっと上り側の発着線に止まっていたオイルターミナルのタンク車もこの頃になるとオイルターミナルの基地へ入線し、降りる手前で注目するのがアルピコ交通のバスの車庫で高速バスも三大都市圏からの路線があるので構内には阪急バス(レンタル移籍の形でしょうか松本ナンバーに改めております)、京王電鉄バス(新宿〜松本は電鉄バスの運行で3社の中で一番新しい面々です)、名鉄バスと大手私鉄系が多く、今月からツアーバスが新高速バスに改めましたが、マスターはこっちの方が安心感や親近感からこの辺を好みますね。松本駅は5番線の到着です。

 続きはこちらです。

|

« H25.08.06〜07 八王子駅 | トップページ | H25.08.07 松本周辺(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.08.07 松本周辺(その1):

« H25.08.06〜07 八王子駅 | トップページ | H25.08.07 松本周辺(その2) »