« H25.07.23 八王子駅 | トップページ | H25.07.31 高崎周辺(その1) »

2013年7月30日 (火)

H25.07.30 八王子駅

 7月の下旬に入ると少しずつ夏遠征の準備に差し掛かるものの、梅雨明け後は安定するかの様な空模様も月初めから暫く経って早めの梅雨明けから急激な猛暑日が続いたと思いきや、下旬に入ってからのぐずつく日もあればどちらかと言うと不安定な空模様の日が続きます。土曜日の夜は各地の花火大会がまちまちでテレビでも生中継される隅田川は30分で中止、立川の昭和記念公園は振替無しの中止で立川駅の乗り降りが大童。八王子は拙宅から近い市民球場で行われ、こちらはテレビの速報で雷雨注意報を気にしてか予定通り行われ、20:30終了の所、15分程早めに切り上げた様子です。ともあれ、夏空がどうもここ10年でおかしい方向に進んで来た様な気がしました。

 そんな事はさておき、いつもの様に八王子駅の周辺の用事ついでにあれこれと見て行き、遠征に回る時期に入った事もあってデジカメもいつもはSX200ISを携えての参戦ですが、今日は3ヶ月半ぶりにG7を携えての出撃です。南大通りを歩くと盲学校の信号の所で遅れて向かっていた西八王子行きに擦れ違い、待つのも何なので郷土資料館(旧市民会館)のバス停まで歩くとすぐ到着。八王子駅方面はいつもの様に2分程遅れて降りる所でドライバーさんもスタフ(バスの運行表)を確認している様子です。

 降りるといつもの様に竜王行きの83列車をチェック。今日もコキ50000が続いた編成で何処か物足りませんが、後の方はタキ1000かな?と思ったら8460列車で返す分や南群線には浜五井発のオイルターミナルが控えて85列車が到着すると一緒に荷卸しする様子と感じさせ、返送は84列車と一緒に来るのでこの間も家族がサザンスカイタワーのクリニックで健康診断を受けに一緒に出掛けた時も丁度止まっていたので夕方は5460列車の到着まで控えている事になります。

○83列車の編成
←竜王 EH200-3+コキ52187+50648+52630+52368

 南群線に控えていたオイルターミナルのタンク車は下記の通りです。タキ1000のH10新製車は早い物で3月末から出場していたのでマスターも随分遠出をサボったなと痛感し、43004番は昨年の全検出場ながら漸くご対面。43009番は西上田→八王子常備と変更したナンバーで全検入場の前に書き直された物と言った様子です。
△(高尾)
DE10 1586
タキ43004   OT/郡山 全検24-5-30川崎車、自重15.5t
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 全検25-3-25川崎車、自重16.9t
タキ43009   OT/八王子* 全検25-3-7川崎車、自重15.5t
タキ43017   OT/郡山
タキ43549   OT/宇都宮タ
八王子*=旧西上田常備

 因みに26日(返送は当日の5460列車)に見たナンバーは次の通りです。
△(高尾)
タキ43339 OT/八王子
タキ43354 OT/南松本

 思わぬ大漁で帰りのお楽しみも満足し、とちの木ブリッジの直下にあるポストで暑中見舞の投函もここでフィニッシュ。名古屋支部や地方支部の皆さん宛でだいぶ後手になりましたが、立秋までに片付いて一安心。いつもは支部総会(6月末)が終わった頃合いから取り掛かりますが、早過ぎるといけないのではと調整しているうちに7月も月末と手書きのコメントも深更に書いたので読み辛い所ございましたらお許し下さい。軍資金を引き出してからサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。この間売り出したばかりのイーストアフリカブレンドのアイスコーヒーで次にドリップを頂く時はこのお豆を頂こうと思っております。

 線路を渡って北口に出てマルベリーブリッジを渡るとセレオ北館の建物から京王プラザホテル方向に向かって新しいブリッジが架けられて今年一杯〜来年早々の完成が待ち遠しく、新しい景観が出来るので今後、一休みするバスの様子も撮れそうですね。今度はヨドバシカメラへ行き、Bトレを物色すると前は南側の壁に並んでいましたが、今度は食玩の棚に移ったので以前、二階にホビーのコーナーがあった時に近い格好で今回のお目当ては京浜東北線のE233系で前に買った時は中央線のラインをスカイブルーに変えた物ですが、ドアの脇にあるボタンの彫刻が消えたタイプは意外と今回初めて。他にも関西の223系やN700A系、実物で馴染みある範囲で先月売り出された113・115系は湘南/スカ色、189系の増結とまだ在庫あり。

 次は東急スクエアへ行き、先ずはゆうちょ銀行に預金してからスターバックスで一休み。クールライムを頂いてここで2種類制覇。今日は新人のパートナーさんが居られてマスターを変なおじさんと思っておられた様で別に怪しくありませんので今後ともお見知り置きを。

 八王子駅のみどりの窓口で『ムーンライト信州』81号の指定券を買うので赴くと最近は『えきねっと』や指定券の自販機があるのかこの時期でも10人位並んでいても2〜3組待ってゲット。7日に行くつもりが後でビックカメラの中を回っていた時に気付いたので慌てて再発行。駅員さんの慣れもあった様で気にしておりませんが、近年は日を跨いで動く長距離列車と言うと数える程に減ってしまい(あっても昼行特急の下りの最終で跨ぐ位です)これも時代だな?と感じさせますが、乗車は八王子ながらご好意で新宿発で取らせて頂きました(料金が同じなので問題ありません)。この前後に4番線を183系の国鉄時代そのままのカラーリングで参上。因みに機関車溜まりは久し振りにEF64が2両、13時前の上りでクモハ115-318×6(八トタM40編成)の試運転と懐かしい役者が揃いましたが、この間の大宮の撮り鉄騒動はこちらもゴメンです。

 8092列車が入線する30分前にゲートイン。跨線橋の下にあるベンチで休む間もなく、脇の方からオイルターミナルのタンク車が見える事も手伝ってこちらの方へ食指を動かします。この間でまた、Suicaラッピングが入ったクハE233-7×10(八トタT7編成、49T運用)がやって来ました。

○8092列車…いつもの14両編成で到着して4両目以降はガソリン積みのナンバーが続き、全検上がり立てのナンバーは先頭の604番でこの間、竜王からの返送で入っていたナンバーです。3本見る間でこのナンバーを撮るべく2番線の東京方(丁度、3番線に八王子折返しの快速電車が着く頃です)へ赴きました。
△根岸
EF210-116
タキ1000-604 JOT[E]/根岸 全検25-5-9川崎車、自重17.0t
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸*
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ1000-357 JOT/根岸* 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-301 JOT/根岸* 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

○85列車…前述のオイルターミナルのタンク車が5両も来ていたのでこの絡みで長短が決まって最長11両と予想した所、2両少ない9両編成での到着です。先頭以外はガソリン輸送用が続きました。

EF210-116
タキ1000-271 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

○80列車…一杯の17両編成での到着で顔触れを見るとH20新製車が入っていたので869番は先月出場したものの、882番はこれからと全検入場の前後の連結はこの時期らしいケースです。
△根岸
EH200-2
タキ1000-787 JOT/根岸
タキ1000- 7 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-682 JOT/根岸
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-351 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-882 JOT/根岸 無
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-869 JOT/根岸 全検25-6-12川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-779 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 80列車からそのまま85列車で到着したタキ1000の前に連結されたオイルターミナルのタンク車をデジカメに収め、いつもは『かいじ』107号の後に来る快速電車で帰りますが、丁度12時56分発の中央特快が到着(この段階で"12**"の運行番号を出すとピンと来ますが3月のダイヤ改正でスピードアップした事も頷けます)したので西八王子までの間、iPod touchに80列車に連結されたナンバーの常備駅をタップしながら過ごし、降りる様子を伺うとそう固まって降りなかったので一安心。まだ大学も前期試験やら諸々の用件でしょうか7月一杯は落ち着きませんが、降りた所で明日の遠征に備えてSuicaをチャージしてのご帰還です。

|

« H25.07.23 八王子駅 | トップページ | H25.07.31 高崎周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.07.30 八王子駅:

« H25.07.23 八王子駅 | トップページ | H25.07.31 高崎周辺(その1) »