« H25.07.17 八王子駅 | トップページ | H25.07.23 八王子駅 »

2013年7月18日 (木)

H25.07.18 八王子駅&拝島駅

 梅雨が早く明けたので貯まったネタ探しも少しこなせばと思いつつも先週は猛暑の日が続いて遠慮して少し落ち着いた今週中にでも以前から赴きたいと思っていた米軍用のタキ1000を見ておこうと拝島へ出掛け、この前後ではいつも八王子駅で見る範囲であれこれと確認しました。

 いつもは西八王子の南口から八王子駅南口行きのバスに乗りますが、拙宅の近くで舗装工事を行っていたのでここはバス通りでもあって遅れる事必至なので甲州街道に回った方がベストだなと出てみると館ケ丘からの京王八王子行きが出発した所で10分程待って城山手からの京王八王子行き(多摩バスカラーのいすゞエルガ)に乗りました。待っていると京王から移籍したバスの正面にはボンネットバスの写真が入った50周年のゼッケンが掲げられた他、織物組合のバス停では神奈中の青いノンステップバスに擦れ違い。時間も思った通りで貨物列車の編成は入ってからのお楽しみにと言う事で先ずはSuicaをチャージして履歴をプリントしましたが、入れた筈が言う事聞かなかったので再び入れてのプリントとなりました。

○83列車…昨日同様、コキ50000ばかりの4両編成で先頭は空車で他の車も満載が全然見られない様子です。
←竜王 EH200-14+コキ50119(全検24-10-18川崎車/空車)+50573+51209+50364

○8460列車…八高線の電車を気にしてか様子を見るとタキ1000ばかりの10両編成。この後で拝島へ行くとなると余裕余裕で前述の83列車共々昨日見たときと同じ長さでタキ1000の撮影もここではウォーミングアップです。
△根岸
EH200-18
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無黒
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-563 JOT/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 東側の乗り換え通路から1・2番線へ行くと8460列車は上手い具合にここでフィニッシュ。暑さ対策で『朝の茶事』のペットボトルを仕入れますが、1番線側には無かったので2番線で500mlを買い、1番線から10時38分発の川越行き(1075E、クハ205-3004×4/宮ハエ84編成)で拝島へ。小宮で擦れ違いをして多摩川の鉄橋を過ぎるとドアの前に立ち、さすがに上下の感覚が今一つ身に付いていないのか4番線と逆に立ってしまいます。

 丁度降りた所で安善行きの8286列車が控えていたので2〜3年ご無沙汰してタキ1000になってからは今回が初めてでザッと編成を見ると今日はビギナーズラック(?)でしょうか前1/3は一昨年の新製車、他は全てH22新製車が続きました。米軍用のタキ1000はH22新製車から初めて最初の2両は浜川崎→浜五井に配備されてナンバーの後半2両、続いて10両が新製されてキリ番の900番に突入。900番台に入ると新製両数が10両単位から6両単位(=この米軍ジェット燃料用では半編成)での新製に変わり、この1〜2年"タキ1000の新車→夏に落成→米軍用"のパターンが定着し、北海道や根岸の一部着地の統廃合の影響もあってか民需用で使われる分の新製が途絶えてしまったのが残念ですが、この夏も『とれいん』や『鉄道ダイヤ情報』に掲載される輸送計画はどうでしょう?仙台北港の常備か米軍用かは出てのお楽しみです。

○8286列車…前口上の通り、タキ38000からタキ1000に置き換わってから初のチェックとなりました。さすがに同時新製のナンバーが続いて期限延長も同じくらいに延びてiPod touchに入れるのもコピペ状態(一応確認しますが、全く同じですね)でも何とか進めて後2両は3番線から見え難いので一番線の武蔵五日市側とタキ38000時代と同じです。EF65の牽引ですが、入換はDE10の1594号機が担当していました。
△浜川崎(安善)
EF65 2085[JRF色]
タキ1000-911 JOT[米]/安善 新製23-8-22日車、自重17.2t
タキ1000-910 JOT[米]/安善 新製23-8-22日車、自重17.2t
タキ1000-913 JOT[米]/安善 新製23-8-22日車、自重17.2t
タキ1000-909 JOT[米]/安善 新製23-8-22日車、自重17.2t
タキ1000-901 JOT[米]/安善 新製22-3-25日車(27-5-15切)、自重17.2t ■
タキ1000-900 JOT[米]/安善 新製22-3-25日車(27-5-15切)、自重17.2t ■
タキ1000-894 JOT[米]/安善 新製22-3-25日車(27-5-15切)、自重17.2t ■
タキ1000-895 JOT[米]/安善 新製22-3-25日車(27-5-15切)、自重17.2t ■
タキ1000-892 JOT[米]/安善 新製22-2-24日車(27-4-16切)、自重17.2t ■
タキ1000-891 JOT[米]/安善 新製22-2-24日車(27-4-16切)、自重17.2t ■
タキ1000-896 JOT[米]/安善 新製22-3-25日車(27-5-15切)、自重17.2t 
タキ1000-893 JOT[米]/安善 新製22-3-25日車(27-5-15切)、自重17.2t ■
■=黒地の第三者使用表示板を掲出
※891〜901番の期限延長はいずれも塩浜派H22-9/51日

 一通り片付いてキリ番の900番も部会報の写真で使う事も視野に据えていたので大きめのサイズで撮影して11時31分発の八王子行き(1064E、クハ205-3005×4/宮ハエ85編成)で八王子へ戻ります。待っていると八高線用の留置線にはクハ209-3004×4(宮ハエ64編成)を使った若い乗務員さんの訓練や6番線には正面が可愛い西武30000系の10両編成(急行2317レ〜2332レ/←32105×2+38113×8)も参上して黄色いボディーが印象的な西武電車でもライオンズブルーの6000系や20000系と違ってどちらかと言うと爽やかなラインも印象的で東武50000系やメトロ10000系と同じ工法なのかこれらと一脈通じる雰囲気が出ています。帰りの八高線も北八王子で209系に擦れ違い、機関車溜まりでは入換の機関車の差替えでしょうかEF65 2117[JRF色]+DE10 1586が控えている様子を見て1番線に到着。

 八王子駅に戻ると8460列車の出発10分前で行き掛けに見ているので言わばこの段階では見直し程度で少々退屈しますが、先程の八高線の電車も拝島が10分停車だったのでこの間にいつも見る3列車のページを準備した訳でして後30分程は跨線橋の下のベンチに腰掛け、フロムアクアを一杯。丁度、Suicaのラッピングが入ったE233系(クハE233-7×10/八トタT7編成、25T運用)がやって来て後で8092列車が入る事に折り返して到着したので6、7号車辺りを収めました。

○8092列車…いつもの14両編成で先程の米軍向けの返送では900番がありましたが、この列車では500番が連結。
△根岸
EF210-150
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸*
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-147 JOT[E]/根岸*
タキ1000-370 JOT[E]/根岸*
タキ1000-500 JOT[E]/根岸
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○85列車…8097〜8092列車と同じ14両編成での到着で80列車の到着前に後方のナンバーが気になったので確認すると揃ってH6新製車とこちらの取材・調査姿勢が身体を張ってやっているので先週の陽気ならもうここでバテてダウンといった所です。

EF210-150
タキ1000-787 JOT/根岸
タキ1000-779 JOT[E]/根岸
タキ1000-189 JOT[E]/根岸*
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-232 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 10 JOT/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○80列車…一杯の17両編成での到着でA重油専用車は1両の連結。全検出場車も1両キャッチし、前方6両は2番線でチェックしてから東側の乗り換え跨線橋を回ってホーム伝いに見て行き、この間に85列車の残りも片付きました。
△根岸
EH200-23
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-261 JOT/根岸* 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-785 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸*
タキ1000-503 JOT/根岸
タキ1000-229 JOT[E]/根岸*
タキ1000-  8 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-301 JOT/根岸*
タキ1000-259 JOT[E]/根岸*
タキ1000-564 JOT/根岸
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 全検25-5-31川崎車、自重17.0t
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 ここまで終わると少しビックカメラで時間調整してからサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。昨日はメールでドリンクのチケットが届いたのでこれで今年初登場のトリプルオレンジを頂く事にしてこれだけでは悪いのでレモンココナッツパイも一緒に頂いて丁度、京王プラザホテルのお店に居たパートナーさんがお薦めだったのでお話したり、新しいパートナーさんが入ったので挨拶して2連チャンでストアマネージャーのお姉ちゃんとご対面。丁度、米軍用のタンク車を見た所だったので酸味が疲れた我が身体を癒す一方でいっちょまえにソファ席に腰掛けた女子高生を睨み付け、こういう奴はロクな大人に慣れんぞと思い、また親の金で飲み食いしているんならサッサと退散しろと言いたい所です。南大通りのバスも次が13時43分なのでこれに合わせて済ませたので丁度この前には神奈中で小山が丘(16号の東側で京王相模原線の多摩境駅に近いエリアです)に出来た小田急の分譲地のラッピングバスが参上し、シックな色合いのグリーンで江ノ電(ここも兄弟会社ですね)の高速やリムジンバスに使われる様な色合いに何処か似ています。

 丁度南大通り経由の西八王子行きのバスはヨドバシカメラのラッピングかなと大当たり。いざ最前列に腰掛けようと思いきや、好事魔多しの例えでしょうか右足の甲が今日に突っ張って痛くなったので税務署入口の信号で戸袋の席へ。終始ガラガラですがシルバーパス片手のお客さんが多いので収支大丈夫なのかな?とさっきも一停留所だけ乗って降りるおばあちゃんも居ましたが、私に言わせれば経済概念を理解していたらこういう乗り方はしない事でしょう(現都知事はともかく、前都知事は先ず、ボロクソ批判していた事ですね)。

 降りた所で20日に鉄道雑誌の最新号が売り出されるので代金を引き出してからコンビニでおにぎりを漁るとこの所高騰してなかなか口にする事が出来なかった愛知は三河一色産の鰻を用いたうなぎまぶしを見付け、郵便局で暑中見舞の葉書の追加分(プリンターを新調してWi-Fiを使ったものの、オジャンになった代替分です)を仕入れてご帰還です。

|

« H25.07.17 八王子駅 | トップページ | H25.07.23 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.07.18 八王子駅&拝島駅:

« H25.07.17 八王子駅 | トップページ | H25.07.23 八王子駅 »