« H25.05.07 八王子駅(その1) | トップページ | H25.05.14 八王子駅 »

2013年5月 7日 (火)

H25.05.07 八王子駅(その2)

 相変わらず風が強い中、自宅を15時過ぎに出掛けて南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ります。いつもは疎らの乗りも時間的にも遊びに出掛けた帰りや夕食のおかずを仕入れに出掛けるシニア層のお客さんが目立ちました。

 サザンスカイタワーのスターバックスで時間調整。午前中東急スクエアのお店に行ってアイスコーヒーを頂いたのでここでは100円でドリップ(スリーリージョンズブレンド)とラテケーキを頂きます。5×5のテーブル席が空いていたので先客の頭の足らないオヤヂが汚ならしく来るな!と言いたい所(スターバックスより昭和時代の内装そのものの喫茶店へ行かれた方がお似合いですが………)。

 Suicaをチャージしてゲートイン。4番線に小淵沢行きの115系(549M、←クモハ115−307×3+306×3/八トタM4+M3編成)が止まっていたので先の強風の影響から多摩川の鉄橋に規制が掛かった様子が感じ取れこの影響でしょうか10分遅れての出発となり、3番線で折り返す快速電車も到着で7分、出発で4分遅れとなりました。

○84列車…タキ1000ばかり8両編成の短い編成で入線して全車ガソリン積みのナンバーで846番のデータが気になりましたが、前に確認した通りでバッチリ。無事デジカメにも収めました。牽引機でダイヤ改正後は岡山のEF210が入る事が書かれていたものの、暫くEH200が代打で登板していましたが、16:20頃に下り線でEF210の姿が見えて来たので今日は106号機(後で8461列車で来た所の様子を見ると岡山ではなく吹田所属です)がリリーフ。これから桃太郎さんとのご対面が増えて嬉しくなります。
△根岸
EF210-106[吹]
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-499 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-351 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 普段ならここで竜王からの82列車が3番線に到着しますが、さすがに連休明けも手伝って運休となり、対の83列車が来ないとなるとこれも運転が無く、機関車は2085列車到着までお預けに。それにしてもこの時間帯は最近、撮り鉄が多くなったので少々鬱陶しくなり、最近の若い連中はネットで見付けて来る様なのが多く、昔と違って教え甲斐が出て来ないのですが………。

○5463列車…一杯までは行きませんが、15両編成とGW明けらしく頑張っています。強風の影響からやや遅れての到着。
△篠ノ井(坂城)
EH200-22
タキ1000-115 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-217 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000-287 JOT[E]/根岸*
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-628 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-584 JOT[E]/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 いつもの様に大月から来る中央特快で四ツ谷まで乗ると浅川の鉄橋で八王子始発になるスカ色の115系に擦れ違うとダイヤがやや遅れている事を感じさせ、普段なら豊田で隅田川から北長野行きのコンテナ列車に擦れ違うのですが、武蔵野線の江戸川や荒川の鉄橋の風規制(後者は埼京線の乱れもありましたが)から遅れている様子ですがマスターが乗った中央特快も多摩川で徐行すると思いましたが、不思議と順調に進み四ツ谷も最初この分で2〜3分遅れて着く所が定刻の到着となりました。

 委員会が終わると市ヶ谷から四ツ谷は緩行の三鷹行き、通勤快速もいつも貨車部会の例会の帰りに乗るのと同じダイヤに当たり、三鷹で何とか座れ、八王子も定刻の到着です。

 八王子駅を降りた所で自宅へ携帯を入れ、まだ風が強めだったので例年なら5467列車まで楽勝で見られる所が今日は2085列車を見て退散と言う事に。15分程待ってほぼ同じ位に2番線を東京タ行きの2082列車が通過。EH200-7の牽引でコキ106×1+コキ104・106・107×7の編成でいつもは先頭が定位置の海コン積みも1両だけでコンテナも普通の19系(W19D含む)ばかりでした。

○2085列車…前述の同じ坂城へ行く5463列車と似通った編成ですが、後方はガソリン積みが目立つ一方で2両目の606番は先月の25日に全般検査を出場したばかりでそろそろリストも準備しなくては。
△篠ノ井(坂城)
EH200-8
タキ1000- 41 JOT/根岸* A重
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 全検25-4-25川崎車、自重17.1t
タキ1000-599 JOT[E]/根岸
タキ1000-190 JOT[E]/根岸*
タキ1000-626 JOT/根岸
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-231 JOT[E]/根岸*
タキ1000-563 JOT/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-867 JOT/根岸 無
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 ホーム伝いに確認すると2番線を『成田エクスプレス』50号から入庫するE259系(クロE259-1×6/横クラNE-01編成)を見て5・6番線へ。22時35分発の横浜線の電車を見ると先程のEF210と再びご対面。8461列車を牽いて参上したもので最初、岡山の所属機かなと思ったらここで吹田所属と判明。改札を出てNEW DAYSで烏龍茶と夜食のおにぎり(4月からのドラマとコラボレーションのモノを発見)を買うと後は南大通りを一直線。30分弱で到着します。

|

« H25.05.07 八王子駅(その1) | トップページ | H25.05.14 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.05.07 八王子駅(その2):

« H25.05.07 八王子駅(その1) | トップページ | H25.05.14 八王子駅 »