« H25.05.01 八王子駅 | トップページ | H25.05.07 八王子駅(その1) »

2013年5月 2日 (木)

H25.05.02 八王子駅

 昨日に続いてゴールデンウィークの谷間のウィークデーとなり、昨日に続いての出撃で今日から連休の後半に掛けてユーロードの古本まつりが行われるのでお昼を頂きながら出掛けて参りました。5月を迎えて好天が続く一方で時折、空が曇ったり、季節外れの寒さとどうもハッキリしません。

 出掛ける10時前までは先月の月末辺りにJR貨物の3月ダイヤ開始時点のコンテナ輸送の継送表がアップされてこれを元に連結されたコンテナ車の編成表をまとめ、今回のダイヤ改正の目玉商品になった東京タ〜隅田川のシャトル列車を注目し、春遠征で回った際に随分武蔵野線を介したフィーダー列車の様子が様変わりしたのでここを弄くった事が分かります。

*東京タ→隅田川
・73列車←梶ヶ谷タ〜越谷タの99列車+東京タ〜小名浜の2095列車(越谷タ着のみ)を延長
・75列車←東京タ〜新座タの2099列車を延長
・77列車←新座タ〜隅田川の2079列車を延長
・79列車←2073列車
・8079列車←8083列車
・8077列車(山手貨物経由)←2077列車を臨時化

*隅田川→東京タ
・72列車←隅田川〜越谷タの75列車を延長(金町で解放する京葉臨海行きの1091列車は当該部分を84列車として独立)
・74列車←隅田川〜宇都宮タの5593列車+越谷タ〜東京タの98列車
・76列車←74〜2078列車
・86〜78列車:列車新設
・8086列車(山手貨物経由)

 南大通りに出ると擦れ違う形で西八王子駅の南口へ向かうバスが走って来たのでこの時点で5分遅れているので盲学校のバス停で待つのも何なので元の市民会館前である南大通りのバス停まで歩き、先客のオバちゃん二人に混じって乗ると3分遅れての到着。シルバーパス御用達と言った客層ながら運良く最前列の席を陣取る事が出来ました。

 南口のバス停を降りた所で竜王行きの83列車をチェックすると今日はタキ1000も後にぶら下がって丁度8460列車の根岸行きと重なったのでは?と思いましたが、コンテナ車にコンテナが積まれていないと見辛く、女の人で髪型を変えて名前と顔が一致しない事は日常茶飯事なのですが………。

○83列車…コンテナ車の他に今月に入って初めてタンク車入りの編成で以前は長いとと6両連結が頭に入っていましたが、この頃は5両に絞っている事が目立ちます。
△竜王
EH200-15
コキ52667 ↑梶ヶ谷タ発 [空車]
コキ50814
コキ51173
コキ51120 ↓
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-864 JOT/根岸 無
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-779 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備

 南群線には浜五井発のタキ43000が2両止まっており、43606番は前に現車確認したなと思い出しました。
△(高尾)
タキ43606 OT/宇都宮タ
タキ43020 OT/南松本

 古本まつりへ行くまでに京王八王子駅へ行き、アイロードでは昨日に続いて西東京バスの五日市に居る西京ホームのラッピングバスに擦れ違い、昨日見たのと一本後の上川霊園行きだったので連続で来るのでは?と京王バスのヨドバシやスポーツ祭/五輪招致ラッピングが続くのと似ています。本題の昨日から置かれた100周年のスタンプ台の場所を駅員さんに尋ねると改札の中なのでお断りして早速ペタンと押し、絵柄は貴賓車の500号で戦前の京王電軌では多摩御陵を参拝する宮様向けに設えた電車で14m車の時代では最も注目を浴びたと言われています。スタンプもこの駅はこの形式をモチーフにしたものだなと切手風の縁取りも見られ、11時を回ると上にあるショッピングセンターがオープンしていつもアートマンでドリップの未晒し濾紙がそろそろ危なくなったので例によって箱買い(多めに入ったものです)を買い、京王線で新宿まで行くのとほぼ同じくらいです。

 京王八王子駅からお次は東急スクエアのスターバックスで一休み。この所ドリップやアメリカーノ(エスプレッソのお湯/水割り)を頂いておりましたが、今日は久し振りにアイスラテを頂き、いつもの皆さんに混じってバーの前には新顔のお兄ちゃんが居てさかなクンを思わせる甲高い声で早速名前と顔を覚えまして、今後とも宜しくお願い致します。

 漸く本題のユーロードの古本まつりを回る段となりまして初日から賑わって普段通り若い奥さんやシニア層は勿論、連休中の平日でもお休みと言った中年男性もちらほら見られて納得行かないのがどいつもこいつもチェック柄のシャツにリュックとまさに「大人子ども」と言ったどっち付かずの格好が多く、先程も京王八王子駅で京王線のパンフレットを漁っていたら口元をマスクで覆い、帽子を目深に被るオバちゃんが居たのでこの頃はこういうファッションが多くなって金融機関へお出掛けの節は即不審者と思われますのでお気を付けあれ(私がピーコみたいにファッションチェックをしていたら即「犯罪を犯したいの?」と物言いするでしょう)。余談が長くなりましたが、ドン・キホーテ前の信号を渡って暫くするといつもお世話になっている本家の会社の社員の方が居たので早速保険のアンケートに答えて色々ノベルティーが詰まった手提げを頂戴しました。例年通り猫の里親探しや透析の皆さんのバザーに福祉作業所のパンや手工芸品、ビートルズのコピーを披露するお姉ちゃん達と楽しみながらまっすぐ進むとニュー八シネマの角へ向かう道とぶつかる所の広場でお仕舞い。一回りして北口の方へ向かうと今度は逆サイドから覗き、色々と品定め。歩いているうちに本家のはとことご対面。今回もまたバーガーキングが入っているビルのオーナーのお父さんも居られました。

 さすがに私のお目に叶うものが無かったので『小樽横丁』でお昼を取ってはみ出し天丼を頂き、エビ天は小振りでしたがなかなかのもの。何と言っても味噌汁はワタリガニかなと思ったら鮭の切り身が入っていたので石狩鍋みたいでしたね。丁度お店に入る少し前には先述のはとこのご主人さんとバッタリ。

 昼食後は二回戦を企て、鉄道雑誌が入っているテントを覗くと一回戦ではジュエリーツツミの前で『鉄道ファン』や『鉄道ジャーナル』が入ったボックスがあったものの、いずれも昭和60年代〜平成10年代の号で拙宅の書庫をひっくり返すとあるあるばかりで漁っていた時にドンキのレジ袋片手のお父さん相手に捜すと腕を組み、首を傾げる格好でまた、ファミリーマート前でも『Rail Magazine』が入っていた号もあったのでこれも同じ結果で入札の際に応札側でしたら今回は不調と言った感じで昨秋に続いて2連敗です。少しお腹の調子が悪かったので東急スクエアの地下のトイレに駆け込み、スターバックスでレジが混んでいて渡しそびれたキッズパーティーのチラシを差し上げて再開。イヤ、これと言って気に入ったものがありませんが、気を取り直して再参戦しましょう。

 帰りは最初甲州街道経由の城山手行きで帰ろうと思いましたが、親に連絡したかったので少し待つと南大通り経由の西八王子行きが来るので南口へ回って携帯で連絡を入れると留守の様で携帯に入れ直すと近くの美容室に出掛けていた所で何人かHD300のローレル賞授賞式のディスクを送りたいので角にある梱包屋さんで封筒を仕入れるついでに知り合いのおじさんが長い事患って昨日の深夜に亡くなられた方が届いたので香典袋もついでに買っておこうと尋ねようと思いましたが、詳しい日取りが届いていないので改めてと言う事でこの場をお借りしてお悔やみ申し上げます。合掌。

 南大通り経由の西八王子行きに乗ると最初はエアロスターが来るかなと思いましたが、逆に西八王子から来て入庫するダイヤでこちらは同じ昨年作られたブルーリボンIIに当たり、お客さんも5〜6人で菖蒲の葉を片手に菖蒲を楽しむオバちゃんや連休に里帰りするので松姫もなかを手土産に出掛けるなんて話したオバちゃんと居られました。西八王子の南口に着くと今度は入れ替わりに五輪招致&スポーツ祭のラッピングが入ったバスが来た道を向かいました。

|

« H25.05.01 八王子駅 | トップページ | H25.05.07 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.05.02 八王子駅:

« H25.05.01 八王子駅 | トップページ | H25.05.07 八王子駅(その1) »