« H25.04.02 八王子駅(その1) | トップページ | H25.04.04 高崎周辺(その1) »

2013年4月 2日 (火)

H25.04.02 八王子駅(その2)

 インターバルの間にプリント出来るかなと思いましたが、案の定、区切りが良いとこまで刷れてコーヒーを一杯入れる余裕も出来、前は市ヶ谷へ出掛ける時は15時少し前に自宅発でしたが、南大通り経由の路線でこれより20分近く遅い便が設定されたので暫くは気になりませんが(大学の休みの前後で弄くる所です)、拙宅から少し歩いて乗れるものの、今日は雨降りだったので西八王子の南口から乗る事にして。お客さんも後は富士森経由が80分毎で1時間近くないので八王子駅の南口回りで乗るオバちゃんくらいでシルバーパス所持と言った感じでこういう芸当が出来るものの、今後はバス会社もこういうお客さんは冷遇される事が目に見えています。

 バスから降りると丁度、根岸行きの84列車が控えていたので編成が長めで16両位かなと一目瞭然。サザンスカイタワーのスターバックスでショートラテを頂きますが、この頃は京王プラザホテルのお店がクローズした影響らしくお客さんが流れて来たのかこの時間でも時折、空席が見付かるものの長居のお客さんが増えたのか分かりませんが回転が悪くなってこちらも過去の経緯から丸椅子でも良いよと気遣う次第です。

 Suicaをチャージしてお約束通り84列車の編成をチェックし、雨降りの空の下での調査は足場が悪く濡れる事もあるので骨が折れます。

○84列車…着いた所で長い16両編成で控えていたので早速チェックしました。前の方は2番線の東京方へ移動して見ましたが、濡れ鼠で何とか頑張って。先月のダイヤ改正で岡山のEF210が参上する筈が何処かで運用が乱れたのでしょうかブルーサンダーが現れ、後の3列車含めて全て一桁ナンバー機ばかりでした。
△根岸
EH200-8
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000-237 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* ○
タキ1000-189 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-500 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

○82列車…コキ50000に変わって最初のチェックとなり、停車時間はダイヤ改正と変わらず。タキ1000の後方に当たるA重油の専用車では79番が灯油・軽油積載用からのシフト、176番は常備駅変更後では初顔合わせです。
△根岸
EH200-5
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-818 JOT/浜五井 無
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000-565 JOT[E]/根岸
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸*
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-176 JOT/根岸* (A重)/石油類)黒地
タキ1000- 43 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 8 JOT[E]/根岸* A重
コキ52648 ↑梶ヶ谷タ行き
コキ51854 5個目にJOT UR18A-11978[環境世紀ステッカー]積載
コキ51298
コキ50243 ↓

 2番線から4番線に移動して今度は5463列車の到着を待ち、前は2〜3分で出発する列車でしたが、今度は6分停車とやや長くなり、夏場は坂城行きだけになるので短いと12〜14両位なので八王子向けの列車とトントンでノートから転記する手間が省けます。

○5463列車…到着がやや早くなってこちらもノートを出さずにiPod touchでパッと出来る様になり、編成は全車坂城行きのタキ1000オンリー(おまけに郡山の常備変更車含めて全車根岸常備ばかりで)です。最初は年明けか新年度(=この4月)から根岸発着列車で『根岸』常備を省略しようと考えましたが、ナンバーをただ連ねて無味乾燥になってしまうとメニューボードが消えたハンバーガー屋さんではありませんが、サービスダウンになる事目に見えていましたのでこれまで通りですのでご安心下さい。
△篠ノ井(坂城)
EH200-6
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 48 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-259 JOT[E]/根岸*
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-586 JOT[E]/根岸
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-576 JOT[E]/根岸
タキ1000-766 JOT/根岸
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-194 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 ここまで終わると3番線に到着した『むさしの号』の205系(クハ205-50×8/千ケヨM10編成)を見て2番線で84列車のEH200を確認してからいつもの様に17時06分発の中央特快を待つ間にベンチでiPod touchの転記も82列車に積まれたコンテナのナンバーを打ち込む位です。

 市ヶ谷での委員会を終えてから四ツ谷で快速電車に乗り換えると下り方面が2〜3分遅れて21時31分発の通勤快速で八王子まで乗りますが、乗っていると新宿で2分程時間調整があり、終始5〜6分遅れで西進するも国立駅の手前(武蔵野線との短絡線と合流する辺りです)では立川でドアの荷物挿みの影響でしょう2分程足止めを喰らいました。因みに乗る前の遅れの原因は四ツ谷での非常停止ボタン、高円寺での急病人が原因でトリプルとなり通常45分程着く所が結局、53分程掛かりました。

 八王子駅で降りて定刻ならすぐ2085列車が着くのですが、快速電車の遅れの影響がモロに響いて後続2本続行の形で何時来るのか待ちましたが、20分近く遅れての到着。普段でも『かいじ』121号の後続で出発するのですが、今日は珍しく急ぎ足で6分程停車してバッチリ見られる所が今日はフェイドアウトしてしまい、また金曜日に見られるので気にはしておりませんが一応、編成は下記の通りです。

←篠ノ井(坂城) EH200-5+タキ1000−41*+118+837+433+260+470+431+598+484+他8両(最長17両の場合で、*=ENEOSマーク無し)

 また、梶ヶ谷タから福岡タ直通を辞めて東京タへ直通になった2082列車もやや遅れておりましたが見る事が出来、編成の順繰りは対の2083列車とほぼ同じで海コンパートはオールコキ107の連結です。

←東京タ EH200-11+コキ107×3(1両目は111)+104・106・107×10

 帰りは昨日から京王電鉄バスから西東京バスに移管した長房団地・城山手行きのバスに乗る事にして幸い京王八王子からの終バスに間に合い、何が来るかな?と待っていたら多摩バスカラーのいすゞエルガがやって来てiPod touchで確かめると1月にスターバックスの八王子市内の各店へお年始に回った際、元八王子のお店へ出掛けて、高尾駅回りで帰った時に乗った事があるナンバーでして京王八王子駅から市役所通り、横川町住宅、陣馬街道〜高尾街道と走る路線でなかなか来ないなとらくらくホンでリアルタイムの運行情報を確かめた所、13分遅れて到着してその時に乗ったナンバーです。終点は高尾駅の南口ですが、北口で降りた方が50円安かったので甲州街道のバス停で下車して帰った事があります。余談はさておき、商店街は暗かったものの、追分の信号では陣馬街道へ入りやしないかなと危惧しましたが、甲州街道の銀杏並木沿いを多摩バスで走るシーンは新鮮なり(正確には追分〜千人町の交差点までですが)。乗るお客さんは少なかったものの西八王子の駅入口では他にお姉さんが下車した形で京王から西東京に移行したものの、運営会社が変わって客離れが生じないのではとこちらの前職の家業と同様、些か心配な面もありますが、今度は京王から移籍したタイプ(殆どがヨドバシカメラのブルーのラッピングが貼られたナンバーです)に当たらないかなと密かに思っております。

|

« H25.04.02 八王子駅(その1) | トップページ | H25.04.04 高崎周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.04.02 八王子駅(その2):

« H25.04.02 八王子駅(その1) | トップページ | H25.04.04 高崎周辺(その1) »