« H25.03.19 八王子駅 | トップページ | H25.03.22 大宮周辺(その1) »

2013年3月22日 (金)

H25.03.22 八王子駅(その1)

 金欠病に患ってやや克服した所で仕入れた春の18きっぷ片手の遠征をだいぶ遅れてのスタートとなりまして、短期集中で来月10日くらいまでどの程度まとまるか気になります。

 最初は高崎へ行こうと思いましたが、今晩はうちの親が出掛けるので急遽、予定を変更して先日の濃霧や強風で成果が得られなかった大宮周辺を改めて訪れる事にしました。18きっぷ遠征と言うと普段はリングノートやネットブックを携えますが、先日のやり直しの形でiPod touch片手に出掛け、プリンターからスキャンした貨物時刻表のコピーを高崎線&上越線のページを準備した次第です。

 自宅を8時前に出て南大通り経由の八王子駅南口行きのバスの初発に乗ります。馴染みの中型ロング車の担当で一番乗り、後からリュックを背負ったオヤジさんが乗って出発時点は総勢2名、旧市民会館前から結構まとまった乗りがありましたが、変に混む事無く10分少々で南口のバスロータリーに到着。今日は八王子市内の小学校が卒業式で校門の前には看板が立っていました。

 バスから降りると南群線に止まっている浜五井からのタンク車を見るぞと思いましたが、弥生三月の声を聞くとさすがに見る機会が減るので寂しいもので丁度、駅の方に目を向けるとEH200の姿が見えて8097列車が到着した様子を確認。それからサザンスカイタワーのスターバックスで軽めの朝食をソファー席でショートアメリカーノとサラダラップ(15種類野菜とメキシカンアボカド)を頂きます。パートナーさんも顔馴染みの二人の他に新顔の若妻さん(ご主人さんがアメリカ人との事)のパートナーさんが新しく入ったのでこれからもよろしくお願い致します。

 券売機でSuicaをチャージして駅員さんが居る窓口からゲートイン。8097列車が着いた所で機関車が止まった位置が結構引っ込んでいたので編成は短いのでは?と勘繰ったらその通り。

○8097列車…予想通り短めの10両編成での到着でした。

EH200-14
タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-882 JOT/根岸 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-869 JOT/根岸 無○
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸*
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 全検24-6-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-147 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 8097列車を一通り見ている所で2083列車(東京タ→南松本)が通過する様子が見られるのでダイヤ改正前は前方から北長野行きのコキ50000、海コン積載のコキ106・107、折り返して福岡タ行きになるコキ104の順でしたが、順序が変わってEH200-4+コキ104・106×10(前2両は北長野行き?)+106・107×3(106-387+107-305+106−1128/トランスシティ20ft×2)と竜王行きのコンテナ車がコキ104からコキ50000に変わったのと関連があるのだろうと勘繰ったらその通りという事が証明し、快速電車を2本待って西国分寺へ向かいます。春休みに入った事も手伝って小学生の親子連れも結構見られる様になりました。

 続きはこちらです。

|

« H25.03.19 八王子駅 | トップページ | H25.03.22 大宮周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/57010709

この記事へのトラックバック一覧です: H25.03.22 八王子駅(その1):

« H25.03.19 八王子駅 | トップページ | H25.03.22 大宮周辺(その1) »