« H25.03.22 大宮周辺(その1) | トップページ | H25.03.22 八王子駅(その2) »

2013年3月22日 (金)

H25.03.22 大宮周辺(その2)

 新しい貨物時刻表では倉賀野へ行く旧矢羽根色のタキ1000が入った列車はどうも8099列車に入っている様子だろうと思ったらその通りとのお話を伺い、再び大宮へ。高崎線のE233系を確認しながらエキュート側の跨線橋を3・4番線へ。ベンチに腰掛けて先程見た範囲までの列車をiPod touchに整理し、ダイヤ改正前と違って3097列車を牽くEF510は列車自体倉賀野までそのまま延長した事も手伝って田端へトンボ帰りが無くなり、『草津』はグリーン車の位置が変わって同じ185系でも東大宮のEXP185から田町の『踊り子』色に変わった事が分かり、全面移管かなと思った所『草津』だけで吾妻線+田町と言うと往年の『白根』号を担当した157系や183系の1000番代が受け持っていた事を思い出します。さて、郡山からの1070列車はどうも遅れている様子なのでお先に8・9番線へ。総合車両センターの構内には211系の5両編成から2・3両目にあたるサハ211の2両が入って番号からするとクモハ211-1008×5(高タカB8編成)が入場している事が分かります。

○8099列車…ダイヤ改正前の4073列車で最初は旧矢羽根色のグループは何処に入るのかな?と気にした所臨時格下げになったとは言え、運用は従来通りで返送に当たる4072列車は新鶴見操まで福岡タ行きのコンテナ車(新鶴見操〜75〜横浜羽沢〜1053〜福岡タ)を連結していたものを直通の4056〜1057列車に立て替えた為に8098列車に変わりました。牽引機は吹田のEF66が担当するも、矢羽根色の頃であれば注目を浴びたのですが………と言った感じです。大宮駅の10番線には10分程停車するので今後、こちらも調査が楽しみで2両目は未確認のナンバーかなとすっかり忘れてしまったものの、デジカメに収めておりましたので間違えないと思いますが間違えていた場合、後日訪れた折に修正します。
△倉賀野
EF66 110
タキ1000-726 無
タキ1000-707 全検24-7-9?川崎車、自重16.9t
タキ1000-725 全検24-4-3川崎車、自重17.2t
タキ1000-694 無
タキ1000-702 無
タキ1000-746 全検24-7-25川崎車、自重17.3t 無
タキ1000-717
タキ1000-714 無[車票]
タキ1000-716 無[車票]
タキ1000-752
タキ1000-715
タキ1000-745
タキ1000- 93 OT/倉賀野 ●
タキ1000-730 無
タキ1000-699 無
タキ1000-310 OT/郡山 全検24-4-13川崎車、自重17.0t●
タキ1000-709 全検24-5-9川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-732 全検24-4-19川崎車、自重17.2t 無
*特記以外OT/川崎貨物、●=黒油専用

 8099列車を一通り見た所で3・4番線へ向かい、WANDAのカフェオレを飲み、ベンチで一通りまとめていた所で宇都宮タ行きの8685列車が10番線を通過する様子が見えたのでこれは取り逸れたなと失敗。暫くしてから4番線にEH500-19+コキ104×20の3086列車(札幌タ→名古屋タ)が約1時間半遅れての到着。前半分のコンテナ車の車号は控えつつ積まれていたコンテナには日陸のタンクコンテナ、西濃運輸のU30Bに珍客にフォーク訓練用・シースルーコンテナのZX18A-1が参上。この頃はE233系や東大宮から上野へ回送するE231系等を見ていた中で5番線に1時間程遅れて到着の1070列車が入線します。

○1070列車…定刻より1時間遅れての到着で普段は5分程の停車ですが今日はホンの2分少々で駆け足で蘇我へと向かい、ナンバーはいつもの顔触れでやや少ない16両編成で今年中に全般検査を受けるナンバーが多く、夏以降忙しくなりそう。
△蘇我(浜五井)
EF210-162
タキ1000- 97 OT/倉賀野 ●
タキ1000-102 OT/倉賀野 ●
タキ1000-303 OT/盛岡タ 全検24-9-3川崎車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-417 OT/郡山
タキ1000-403 OT/宇都宮タ ○
タキ1000-391 OT/宇都宮タ
タキ1000-415 OT/八王子 *
タキ1000-452 OT/倉賀野
タキ1000-378 OT/宇都宮タ *
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-375 OT/宇都宮タ 石油類)黒地*
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-304 OT/盛岡タ 全検24-11-30川崎車、自重16.9t *(青地)
タキ1000-383 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ 石油類)黒地*
●=黒油専用、○=制輪子性能向上車、*=常)郡山

 一通り片付くとケータイで電車に向ける方々が目立ち、一言声を掛けてくれればこちらも動くのに助かるのですが、いきなり向けるオバちゃんやらホームを走り回る子供に辟易(親に「目を離すな!」と一喝し、口元のマスク外してしっかり監督しろ!)と一歩間違えると事故になりますぞ。この頃になると石巻港行きの3075列車、焼島行きの2085列車と紙積みの返送コンテナが連なる列車が通過して両者ともEH+コンテナ車(3075列車:EH500+コキ50000、2085列車:EH200-9+コキ100系4両ユニット+50000)と似通った編成です。
 大宮から最後の新都心行きは14時42分発の上野行き(626M、←クハE231-6048×10+8015×5/宮ヤマU590+U39編成)でさいたま新都心へ。小金井から空車状態で来て大宮から3人乗って来ましたがどれもこれもダメオヤジばかり(私の場合は仕事みたいな形で来ているので悪い意味でありませんが)。さて、降りた所で余り居ないなと思ったら前の車から移って来たオヤジが居てホームに降りるや否やこれから大宮の車両所に入場するEH500を撮ってすぐ逆方向の電車に乗って捕まえて「おじさん!キセルしてるの?」と咎めたい所でこちらは18きっぷ片手でセーフです。

 大宮、新都心と呆れた客に参りましたが、近頃は急に撮り鉄を非難する報道が増えたのでマスターが回り始めた頃よりレベルが低くなったのは明確でこちらはダイヤ改正後の情報を吸収する真面目な目的ながら物見遊山で出掛ける連中には参ります。因みにこれから入場するEH500は27号機で青森の復興ラッピングが貼られたナンバーでJR西日本から移籍したEF65 2093[JRF色、青プレート]の牽引です。

 暫くは出入りするE233系の様子をキャッチしてこの間には東所沢から送り込む『むさしの号』を担当するクハ205-52×8(千ケヨM28編成)が顔を出し、後程、新秋津で帰りの電車に乗っていた時もこの編成に擦れ違いました。油断しましたが、宇都宮タからの5586列車も定時の通過で前5両が旧矢羽根色のタキ1000、後3/4がタキ43000で後で見る5763列車の顔触れに似ていますが、少し前に京葉臨海発の列車で入ったナンバーもちらほら混じっています。

○4091列車…以前から連結両数が長い列車ですが、A重油の積載車を連結しない16両編成での到着。少し前の八王子行きとトントンですが、ナンバーを見ると火曜日に見た8097〜8092列車のナンバー(緑文字の車号です)が混じって岡部の油槽所があった頃は翌日、お昼頃に走る3093列車が入っていたものの、間2日挿んで今度は宇都宮タ行きのパターンで木目細かく勉強しなくては………。
△宇都宮タ
EF210-149
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 全検24-9-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-755 JOT[E]/根岸
タキ1000-365 JOT[E]/根岸* 全検24-5-2川崎車、自重16.9t
タキ1000- 86 JOT[E]/根岸*
タキ1000-199 JOT[E]/根岸*
タキ1000-806 JOT/浜五井 全検24-9-12川崎車、自重17.1t
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-629 JOT/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 全検24-10-22川崎車、自重17.2t
タキ1000-296 JOT[E]/根岸*

根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○5883列車…浜五井発の編成で年末近くに来た時は20両位の編成でしたが、やや短い12両編成での到着でツートンカラーが目立つ顔触れです。浜五井の車で気になっていた本輪西からの移動車は1両だけで後で昨年の夏に見たなと思い出しました。
△倉賀野
EF210-151
タキ43606   OT/宇都宮タ 全検23-6-27川崎車、自重16.2t
タキ43626   JOT/浜五井 全検24-7-9川崎車、自重16.1t [車票]
タキ1000- 13 JOT/浜五井* [車票]
タキ1000-889 JOT/根岸
タキ243790  JOT[e]/浜五井# 全検21-5-8輪西派、自重16.3t 無
タキ43347   OT/西上田
タキ1000-385 OT/宇都宮タ
タキ1000-669 JOT/根岸
タキ243829  JOT/浜五井*
タキ1000-280 JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ243812  JOT/浜五井* 全検24-8-8川崎車、自重16.1t
浜五井常備の*=旧郡山常備、#=旧本輪西常備

○8571列車…ダイヤ改正前の5561列車ですが、今度は臨時スジに格下げ(返送も5562列車→8572列車に変わりました。八王子向けの列車同様、定期列車並みに普段でも運転される列車です)となりました。新川崎での火災の影響でしょうか30分程遅れて到着したものの、停車時間に余裕があるので心配要りません。ガソリン積み中心の12両編成とやや短めですが、A重油専用車が定位置の前方ではなく後方に回りました。ナンバーも先程の4091列車と重なりますがこちらも火曜日に85〜84列車で八王子にやって来たナンバー(こちらも緑文字を参考下さい)とまたまたご対面。
△宇都宮タ
EF210-111
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-367 JOT/根岸* 全検24-7-9川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-867 JOT/根岸 無

タキ1000- 46 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* A重
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 貨物列車も後一本と言った所でこのダイヤ改正でEF510からEH500にチェンジした東邦亜鉛の5781列車(泉→安中、EH500-28+タキ1200×12+トキ25000×6)が通過し、相変わらず4番線に到着する古河行きに被ってしまうので機関車の顔が撮れただけでも儲け物です。このあと40分程遅れて到着した1074列車(郡山→川崎貨物)が入線しましたが、これまたお手洗いに出掛けて辛うじて最後尾をチェックした所ですぐ出発。あと一本は倉賀野行きの5763列車でこの間、強風で参った時も西国分寺に差し掛かる所で擦れ違ったので少しずつの連結では?と予想しました。前後して今回のダイヤ改正で新設した倉賀野→千葉貨物の8876列車はEF65 2063[JRF色]の単機や185系の試運転も客車のオクシナよろしくチタオオのルートで参上し、大宮では珍しい組み合わせが来て(←上野)クハ185−8×10+6×5(東チタA5+C3編成)と「正調」踊り子号と言った出で立ちの編成がやって来ました。

○5763列車…ダイヤ改正後は到着が40分程遅れての到着となりましたが、編成内容はこれまで通りで根岸発がやや多いものの、浮島町発にはここで全検から上がったばかりのタキ44000の初期タイプにタキ43000は少し前まで京葉発で見掛ける事が多かった面々(特にS49新製の500番台)が多く、メンバーチェンジしたのでは?と勘繰ります。コキ200も後3両に連結されてコンテナ積みは手前の1両だけでした。
△倉賀野
EF210-125
タキ1000- 50 JOT[E]/根岸* ↑根岸発
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-267 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸  ↓ 無
タキ43528 OT/宇都宮タ
タキ43575 OT/宇都宮タ*
タキ43162 OT/南松本 全検24-4-9川崎車、自重16.0t
タキ43603 OT/宇都宮タ
タキ44017 OT/郡山 全検25-3-18川崎車、自重16.0t
タキ43545 OT/宇都宮タ
コキ200-106 全検24-3-9川崎車□ OT UT26K-98016,98015
コキ200- 11 全検22-11-10川崎車□
コキ200- 89 全検24-5-10川崎車□
※根岸*=旧郡山常備、宇都宮タ*=旧八王子常備、コキ200の□=軸バネ改良車

 ここまで終わると1・2番線で京浜東北線の電車を待ち、丁度4番線を札幌へ向かう『カシオペア』が通過する所を見て16時46分発の磯子行き(1605A、クハE233-1082×10/宮ウラ182編成)で南浦和まで乗ります。

 南浦和の5番線に来た所で家へ電話をしてから17時01分発の府中本町行き(1662E、クハ205-13×8/千ケヨM29編成)で西国分寺まで乗ります。何とか座れて車内でネットブックにあれこれと打ち込み、iPod touchでノートに書いた事をタップしながら過ごし、新座タでは秋田貨物行きの2091列車が見られるかなと思ったら空振りでした。

|

« H25.03.22 大宮周辺(その1) | トップページ | H25.03.22 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.03.22 大宮周辺(その2):

« H25.03.22 大宮周辺(その1) | トップページ | H25.03.22 八王子駅(その2) »