« H25.03.05 八王子駅(その1) | トップページ | H25.03.06 八王子駅+京王線 »

2013年3月 5日 (火)

H25.03.05 八王子駅(その2)

 軽めの昼食の後は自家用のiMacへ少々睨めっこしてから15時前に再び自宅を出発してから西八王子の南口から15時08分発の八王子駅南口行きのバスに乗り、今や(?)最古参となった警視庁の交通安全ラッピングが入った2000年式の中型ロング車が参上。同じ年式と言うとヨドバシカメラのラッピングがお馴染みでしたが、置き換えに合わせて昨秋から新車にシフトしてこの間もマルベリーブリッジの下辺りで思わずツーショットをデジカメに収めるもこの春でリタイアかな?と勘繰るも後釜にはブルーリボンIIかエアロスターのどちらになるのか、来月から長房団地&城山手が西東京バスに移管される事が前からアナウンスされているのでここで整理されるのではと気になる所です。

 いつもはビックカメラの前での下車ですが、珍しく本屋さんの前でドアを開けてくれてこのまま信用金庫で軍資金を引き出し、2階のスターバックスへ。さくらホワイトモカを頂いてソファー席へと行きたい所が先客が多く、奥のテーブル席へ行く途中に置かれた丸椅子で失礼してこれも京王プラザホテルのお店でテーブルが一杯の時によくやったので仕方ありませんが、これを思うと特に学生連中がなかなか退かないのが困り者です。また、東急スクエアのお店へ異動したパートナーさんが居たのでアレレと思いましたね。

 Suicaを市ヶ谷までの運賃分+αをチャージして月初めの恒例、一ヶ月分の使用状況をプリントしてから3・4番線へ。横浜線のホーム側に目を向けると84列車で根岸へ返送するタンク車が止まっていたのでホーム伝いに確認するも昨日のこの列車(=往路は81列車)とほぼ同じ顔触れで一見手抜きの様でもお浚いをするのも常です。前の方は2番線からチェックしましたが、牽引のEF64は国鉄時代と同じカラーリングの1041号機が参上して4番線にもY副支部長の表現よろしく1鉄見掛けました。

○84列車…昨日のこの列車と同じ編成ですが、最後尾(=81列車の先頭)に連結された162番が解放されている事が分かります。
△根岸
EF64 1041[冷風]
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 全検24-2-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無○
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 全検24-9-7川崎車、自重17.0t
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地○
タキ1000-196 JOT[E]/根岸*
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000-227 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車

○82列車…機関車は今日、コンテナ車は昨日の85列車と同じナンバーなので言わば復習と言った形でコンテナでは19Dの80000番台が増えている様子も見られました。昨日の確認でコキ104-1677に貼られた黄色いステッカーも改めてチェックしました。
△根岸
EH200-20
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸*
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 全検24-6-4川崎車、自重16.6t
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-229 JOT[E]/根岸*
タキ1000-213 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 45 JOT[E]/根岸* A重○
タキ1000-131 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-106 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 47 JOT[E]/根岸* (A重)
コキ104-2564 ↑梶ヶ谷タ行き 全検23-9-21川崎車
コキ104-1677 全検24-9-27川崎車※
コキ104- 214
コキ104-1556 ↓
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車
※コキ104-1677:応荷重弁メモリ板試験車

○5463列車…真冬モードと思いきや、3月の声を聞くと南松本行きの連結が無くなり、時刻表通りの坂城行きばかりですが、編成がやや短くなったものの、本輪西から移動したタキ243000の新規確認が2両もあり、暫くサボっていた事を感じさせて頑張らねば。因みに243814番にシャッターを切ったものの、前に撮影したので後で消した次第です。
△篠ノ井(坂城)
EH200-3
タキ1000-115 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 全検24-12-3川崎車、自重16.9t
タキ243811 JOT[e]/浜五井* 全検19-6-21輪西派(25-7-13切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243715 JOT[e]/ 浜五井* 全検24-11-19川崎車、自重15.9t 石油類)黒地

タキ243814  JOT[e]/浜五井* 全検24-11-5川崎車、自重15.7t 石油類)黒地
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-190 JOT[E]/根岸*
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 86 JOT/根岸*
浜五井*=旧本輪西常備車、根岸*=旧郡山常備車、

 いつもの様に八王子17時06分発の中央特快で四ツ谷まで乗り、緩行電車の千葉行きにに乗り換えて市ヶ谷へ。18:30まで開かないので暫く本屋さんで時間調整してからラーメン屋さんで腹拵えをしてから鉄道友の会の本部へ。ローレル賞の授賞式のDVDを当日一緒にお手伝いした委員仲間の皆さんに手交しましたが、唯一渡っていなかったT君にも渡り(実は今年になってから初顔合わせです)、一段落しました。

 21時前に終わると四ツ谷では『青梅ライナー』5号の送り込みや『ホームライナー千葉』3号(クハE257-506×5/千マリNB06編成)とE257系のライナーを見ながら通勤快速を待つと貨車部会の例会の時と同じ位かな?と結構進み具合や山手線の運転状況で前後しますが早く着く方の電車(八王子で降りると15分程2085列車が着くのを待ちます)でして、途中三鷹で座れて3月と言えども年度末に差し掛かる時期なので今は余り忙しくないのか嬉しいもので中野ではメトロ東西線の16000系(16104×10/31S運用)を見る事が出来ました。

 八王子で降りると2085列車の到着まで20分程、南側の群線に目を向けるとJ-trecから長津田へ回送される東急5050系(5153×8)が控えて今月16日にはメトロの副都心線と東急東横線が繋がるのでこの準備を終えて後は本番を待つのみで今回の甲種が最後の施行と言った様子です。暫くは新車の追加以外は東急5000系を拝める事が少なくなるのだろうと感慨深げに思い、改札を出てサザンスカイタワーへのデッキから後で撮ろうと考えた程です。

○2085列車…編成がやや短く13両編成の到着で今日は珍しく前座入り(根岸発の列車は前方にA重油の積載車を従える事がお決まりでこのような言い回しを使います)の編成で快速電車の下りが中野での触車事故の影響から10分遅れての出発です。
△篠ノ井(坂城)
EH200-20
タキ1000-199 JOT[E]/根岸* ○
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸*
タキ1000-120 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 32 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-348 JOT/根岸* 全検24-3-5川崎車、自重17.0t
タキ1000-875 JOT/根岸
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-254 JOT[E]/根岸*
タキ1000-563 JOT/根岸 全検24-6-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車

 2085列車の後は8461列車の牽引機(EH200-2)、『成田エクスプレス』52号はE259系のトップナンバー(クロE259-1×6/横クラNE-01編成)と見て回送する時は思わず撮影した次第です。続いて『中央ライナー』7号が3番線に着く頃までは3・4番線の待合室でiPod touchの充電をしながら時間調整します。待つと『かいじ』123号のお客さん(笹子トンネルの崩落事故の影響で一時増えましたが、乗り具合も元に戻りました)かなと思いつつもドンキのレジ袋片手の感じが良くない兄ちゃんやら中国人と客層が落ちたかな?とこの間も吉祥寺の真夜中の殺人事件の事もあり、この所の治安悪化を懸念するも犯人の少年はマスターが学校に通っていた頃はまだ生まれる前の事で驚きましたよ。

 iPod touchのチャージも程々貯まり、次は2081列車のチェックを駆け足で。さすがに数分で出発してしまうのでこちらはノートにナンバーを書き出し、5467列車が到着する合間にまとめる次第です。

○2081列車…昨日の2080列車は単機で時期的にも荷動きが落ちるのか秋頃に往復見られない時期がありましたが、今日は普段通り見る事が出来て一安心。編成中にはタキ1000の458番が連結されて昨日も402番が現れていたので貨物列車が京葉線経由に変わった頃にはよく八王子のオイルターミナルで見る事が出来たナンバーの1両です。
△南松本
EH200-16
タキ1000-883 JOT/根岸
タキ1000-460 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-246 JOT/浜五井*
タキ1000-458 JOT/根岸 石油類)青地[車票]
タキ1000-273 JOT/浜五井* 無[車票]
タキ1000-241 JOT/浜五井* 無
タキ1000-654 JOT/根岸 無青
タキ1000-660 JOT/根岸 無青
タキ1000-275 JOT/浜五井* 無
タキ1000-457 JOT/根岸
タキ1000-302 JOT/浜五井*
タキ1000-661 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-662 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000- 12 JOT×/根岸 石油類)黒地
タキ1000-657 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-627 JOT/根岸
タキ1000-615 JOT/根岸
浜五井*=旧郡山常備車、×=エコレールマーク撤去

○5467列車…冬場に比べて南松本行きの分がもの凄く減った事には驚きましたが、顔触れもタキ43000の青塗りよりも黒塗りが目立ち、唯一のタキ1000は旧矢羽根色が久し振りに参上し、前に西上田があった頃にこのナンバーと同時に新製されたナンバーが来た事がありました。後方のコキ104はこの時期(?)らしくダイヤ改正に向けた準備の回送車です。
△南松本
EH200-15
タキ243648 JOT/浜五井* ↑浜五井→八王子 全検21-4-17輪西派、自重16.3t
タキ 43158 JOT/根岸 全検24-4-18川崎車、自重15.8t 常)浮島町、石油類)青地
タキ 43379 JOT×/浜五井
タキ 43334 JOT×/浜五井 ↓ 常)浜五井

タキ 43016   OT/郡山
タキ1000-726 OT/川崎貨物◎ 全検23-9-5川崎車、自重17.2t 無
タキ 43631  JOT/浜五井[旧OT/倉賀野] 全検24-6-4川崎車、自重15.9t
タキ 43443  JOT/浜五井# 全検23-5-10川崎車(28-6-4切)、自重15.8t
コキ104-2720 ↑熊谷タ発[回送] 全検23-9-19広島車
コキ104- 794 ↓ 全検21-6-5川崎車(丸コロ)[改正配転]
浜五井*=旧本輪西常備、浜五井#=旧郡山常備、×=エコレールマーク撤去、◎=旧矢羽根色

 5467列車の方で矢羽根から青一緒に化けたタキ1000やコキ104の回送車と珍客に目移りしてしまったのか5462列車の到着が間近になったので駆け足で3番線へ向かいます。

○5462列車…列番通り、タキ43000(44t積み)が入っているなと思いましたが、後方を見るとこの列車(と言っても前身の5470列車が正解です)では久々の黒塗りタキ43000が連結されてこちらも本輪西からの移動車の様です。
△根岸
EH200-17
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ243815 JOT/浜五井* 全検25-1-23川崎車、自重15.9t 石油類)黒地 [車票]
タキ243734  JOT[e]/浜五井* 全検25-1-24川崎車、自重16.4t 石油類)黒地 [車票]

タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-593 JOT/根岸 全検24-9-10川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-755 JOT[E]/根岸
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 全検24-9-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-786 JOT[E]/根岸
タキ1000-470 JOT[E]/根岸
タキ243769  JOT/浜五井* 全検24-12-26川崎車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ1000- 33 JOT[E]/根岸* A重
タキ43644  JOT/根岸# 全検24-6-28川崎車、自重15.6t
根岸*=旧郡山常備車、浜五井*&根岸#=旧本輪西常備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 ここまで終わると南口の改札を出て東急5050系でも拝んで南大通りを歩いて帰ろうと思いましたが、入って来た高尾行きがガラガラだったでこのまま西八王子まで乗ります。

|

« H25.03.05 八王子駅(その1) | トップページ | H25.03.06 八王子駅+京王線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.03.05 八王子駅(その2):

« H25.03.05 八王子駅(その1) | トップページ | H25.03.06 八王子駅+京王線 »