« H25.02.26 八王子駅 | トップページ | H25.03.05 八王子駅(その1) »

2013年3月 4日 (月)

H25.03.04 八王子駅+京王高尾線

 弥生3月の声を聞くも未だ未だ、寒い日が続きます。3月に入ると例年ならそろそろ春の『青春18きっぷ』を片手に出掛けたくなる気持ちになりますが、マスターは重度(?)の金欠病を患い、中旬までお休みで行こうとなれば手を変え、品を替えて出掛けたいと考えております。

 月越しにはなりましたが、先日行われた京王線のダイヤ改定後の様子を見て行こうといつもの用事ついでの他にも帰りは中央線の電車を高尾で乗り換え、高尾線を軽めにチェックしてから帰宅する予定です。

 自宅を出てから郵便局でVISAカードのポイントを京王のパスポートカードのポイントに交換するチラシが同封されていたのでこれから切れる分を見越してこの申込書を投函し、西八王子の南口から八王子駅南口行きのバスに乗ります。先客の奥さんは防塵メガネにマスク姿と強度の花粉症との事でこれからは厳しい様でご自愛の程を。まだ寒いものの、春はそこまで来ている事も実感します。

 バスから降りた所で南群線には浜五井からのタンク車が止まっていたので早速チェックし、今日は久し振りにオイルターミナルのタキ1000が参上し、真ん中2両は揃ってH20新製で今年は全検の入場年に当たるなと沿線に出掛けていたら倉賀野駅で浮島町行きの4074列車をコキ200+メタノール専用コンテナと一緒に身体を張ってチェックしていた事でしょう。先頭は本輪西→浜五井常備に変わったツートンカラーのタキ243000で12月にも来ていましたので後で撮影するとなると撮り直しになり、SX200ISに詰めているSDを見返すと入っている事は確かです。

△(高尾)
タキ243763  JOT[e]/浜五井* 石油類)黒地  
タキ1000-402 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-405 OT/宇都宮タ 無
タキ43487    OT/八王子
浜五井*=旧本輪西常備車

○85列車…コンテナは連日続く日本海側の悪天候の影響でしょうか空車も1両、スカスカ2両、満載1両と言った状況です。タンク車は12両編成と年度末を控えて頑張っていました。

EH200-18
コキ104-1556 ↑梶ヶ谷タ発
コキ104- 214 [空車]
コキ104-1677 全検24-9-27川崎車
コキ104-2564 ↓ 全検23-9-21川崎車
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 全検24-4-11川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-261 JOT/根岸* 無
タキ1000-156 JOT[E]/根岸*
タキ1000-425 JOT[E]/根岸
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 全検24-8-30川崎車、自重17.0t
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 全検24-10-16川崎車、自重17.2t
タキ1000-292 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-882 JOT/根岸 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 中断する形でサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、スターバックスで一休み。お店に入るなりパートナーさんの面々が京王プラザホテルのお店に居た方ばかりでプロパーの面々は何処へやら?マスターも驚きましたが、常席(?)のソファー席は3卓とも空いていたので(瞬く間に後でこの2卓も埋まりましたが………)早速ゲットするとドリップで最初はトリビュート(=白地のパッケージのもので昨年に引き続いて売り出されました)を所望するもドリップ中だったのでベロナを頂き、最後の一口はミルクで割って何とか85列車の出発前に間に合い一通り纏める事が出来ました。

 この後は久し振りにバーガーキングへ行き、ここで売り出されたテリヤキワッパーをセットを頂きます。ドリンクはホットのカフェラテ、前にiPod touchを持って来た時は感度良好でしたが、座った位置の関係でしょうかどうも電波の届き具合が今一つ。今度は東急スクエアへ。先ずは7階の本屋さんで最新号の『鉄道ピクトリアル』はあるかな?と無かったら啓文堂(めじろ台or高尾)か西八王子の馴染みの本屋さんでも良いかなと思っていた所幸い1冊棚に入っていたのでゲットしましたが、エディー・バゥアーを久し振りに覗いてまだまだ暫くはこれと言ったものが無いので遠慮しましたが、今度はスターバックスへ。普段使うカードがオートチャージなので明日の午前中までに1,000円を切るとチャージされるので最初はお湯で溶かすVIA(モカ)の5本入りだけ買おうと思いましたが、計算すると明日のうちにはチャージされるのを見越してドリップのトリビュートが幸い入っていたので100円のリフィルで一杯頂いてハニー&カスタードドーナツを頂き、いつもマシンガントークを飛ばすお姉ちゃんのパートナーさんからドリップを頂く時のスタンプカードをゲットし、先日買ったハウスブレンドで京王プラザホテルのお店で頂戴した分は収まり、ここは幸い、真っ新のものを頂いた次第です。

 明日は市ヶ谷へ行かねばならずSuicaの残高もまだ幾らか残っていたので2,000円くらいチャージして後は春遠征の前後でチョコマカ入れる格好でゲートイン。ダイヤ改正のパンフレットもゲットし、8092列車のタンク車が入るまでに南群線に入っていたタキ1000やタキ43000の44t積みをパチリと。

○8092列車…増量モードも一段落したかの様に普段通りの14両編成に戻り、久し振りに常備変更車もキャッチ。
△根岸
EF210-122
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 全検24-4-7川崎車、自重16.9t
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 全検24-12-12川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000- 82 JOT[E]/根岸*
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無○
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-868 JOT/根岸 無○
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車

○81列車…南群線のタンク車が止まっていたのでてっきり短い16両編成だろうと予想したら一杯の16両編成での到着でいざEF210が到着すると機関車溜まりで一休みしているEF64の37号機(茶塗り)とのツーショットが収まるかなと思いきや、タイミングが読めず失敗なり。

EF210-122
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-227 JOT[E]/根岸*
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000-196 JOT[E]/根岸*
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地○
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 全検24-9-7川崎車、自重17.0t
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 全検24-2-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車

○80列車…一杯の編成で来るだろうと予想したら、やや軽めの12両編成での到着です。ここでも365番が常備駅を書き替えてから初顔合わせ。
△根岸
EH200-901
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-818 JOT/浜五井 全検24-9-4川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-604 JOT[E]/根岸
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 全検24-4-5川崎車、自重16.8t
タキ1000- 86 JOT/根岸*
タキ1000-365 JOT[E]/根岸* 全検24-5-2川崎車、自重16.9t
タキ1000-190 JOT[E]/根岸*
タキ1000-173 JOT/根岸* A重
タキ1000-182 JOT/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 80列車の出発後は81列車の残りの部分を片付けて1・2番線の東京方へ。8092列車の前方は間違えなく前2両はこの所お決まりの様にH6新製車が続いています。再び東側の乗換通路で3・4番線に戻り、壁には16日のダイヤ改正から『スーパーあずさ』6号が東京行きに変わる告知のポスターを見付けると事実上の復活でこれで思い出すのが鉄道友の会の50周年のリレー乗車で最初はこの列車の新宿〜東京間で西ルートの締め括りを飾る所が、長野管内の踏切事故の影響で遅れているとの頃でマスターも特急券を手にして3号車で待ち構えようと企みましたが、結局立川で青梅特快に乗り換え、皆さんと合流して無事ゴール出来た訳で当時の東急OBの支部長さんや顔馴染みの範囲でU氏や町田のK君、埼玉サークルのK委員や上尾のK氏、九州支部の支部長さんと10数人でクハ201-11の一部分を占めてゴールした事を思い出します。西八王子で松本からの115系が到着するのを待っているとこの『スーパーあずさ』6号が冬場になると決まって遅れるので最近は行きをバスに切り替えた事もこの様な事情が多少影響したのだろうと考えられます。

 八王子から12時59分発の高尾行きに乗り、お昼を過ぎて制服姿の高校生も目立つので学年末試験で早帰りだなと実感。高尾駅は3番線の到着で南側の留置線にはクハ115-1104×6(長ナノC12編成)が一休み。先頭の1065番の外幌がアクセント(これがあると新前橋→高崎に居た事が分かります)でピンと来て南口の改札を一旦出場して京王線の改札に入り直します。オッと、iPod touchの電源が危ない!

 高尾の京王線のホームでは20分程過ごし、何と言っても高尾特急が事実上の復活となり、高尾線と言うと急行→準特急の時代が永く続き、平日ダイヤで見ると5000系が分割・併合されて運行していた頃以来だろうと思われ、マスターの誕生前で何処か新鮮な(?)印象が感じ取れます。因みに土休日ダイヤは上下とも朝一番だけが特急でその他が準特急と比率が逆転します。さて、何本か運用状況を見て行くと特急は3本とも7000系の担当(詳細は下記参照でアンダーライン入りはビードプレス車体です)で日中は6本(2時間で1回り)入る事を思うと半分稼いだ格好になります。時刻表も快速のつつじヶ丘行き(と言っても通過駅は調布市内3駅だけですが………)や都営新宿線の本八幡や江戸川区の瑞江駅行きと高尾線の駅では新鮮な駅名も。

・←7705×6+7805×40121レ〜0128レ
・←7711×6+7811×4:0119レ〜0126レ
7724×100123レ〜0130レ

 見ている間にiPod touchのバッテリー不足からノートに運用状況を書き出して急場を凌ぎましたが、高尾からめじろ台は13時37分発の特急(7705×6の方に乗りました)に乗ります。

 めじろ台を降りた所で高尾山口行きの9000系や駅ナンバリングが貼られていない駅名標をデジカメに収め、西八王子南口行きのバスに乗り換えます。東西に延びる大通りからサザンスカイタワーがよく見え、万葉けやき通りへ向かうT字路が見えると近くに親戚の歯医者さんのご自宅が昨秋引っ越されて来た話を伺ったのでこの辺りかな?と思わず捜し、iPod touchで実乗時間を見るとほぼ10分程で拙宅からもほぼ同じくらいです。

|

« H25.02.26 八王子駅 | トップページ | H25.03.05 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.03.04 八王子駅+京王高尾線:

« H25.02.26 八王子駅 | トップページ | H25.03.05 八王子駅(その1) »