« H25.02.10 八王子駅(その2) | トップページ | H25.02.19 八王子駅 »

2013年2月12日 (火)

H25.02.12 八王子駅

 3連休はいかがお過ごしでしたか?3日間のうち、日曜日は埼玉サークルのロングラン例会、昨日の建国記念の日は八王子駅の北口商店街の写真展があるので親と一緒に東急スクエアの上にあるギャラリーへ。本家の誰か居られるかなと思いましたが、全然見当たらず、例によってスターバックスを東急スクエア、京王プラザホテルのお店とハシゴして京王プラザホテルのお店もクローズが近くなって一昨日も出掛ける前の腹拵えに一筆書きましたが、昨日はデジカメでパートナーさん各々のメッセージカードを撮りました。そう言う事で、今週の木曜・14日がクローズで感無量と言った所ですね。

 いつもの様に八王子駅の回りをあれこれと用事を片付ける形で掛けましたが、南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ると丁度、折り返す西八王子行きが盲学校のバス停に着いた所ですが、ここで待っても相当待たされる事が目に見えているので一路東進。元の市民会館と向かいにある南大通りのバス停まで歩いて先客のオバちゃんと世間話をしながらさっきのバスは5分遅れての到着。幸い、最前列(ドア側)が空いていたので腰を掛けました。

 降りた所で竜王行きの85列車、南群線の様子をチェックすると前者は定刻でそろそろ出発の頃合いですが、どうやら下りの快速電車が遅れている様子で先ずはiPod touchでナンバーをタップするも連休の間はポカポカしていましたが、明日が雪降りの予報が伝えている様に外気も寒く感じさせました。また、南群線のタンク車は見られず、ホキ800がポツンと止まっていた状況です。

○85列車…定刻より5分遅れの出発になりましたが、コンテナは先頭に1個空いていた以外は満載でタンク車は10両の連結。久し振りに郡山常備を変更したナンバーをキャッチしました。
△竜王
EH200-5
コキ104- 321 ↑梶ヶ谷タ発 全検20-9-10川崎車
コキ104- 272 全検20-7-11川崎車
コキ104-2230
コキ104-2730 ↓ 全検23-11-28広島車
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 全検24-9-15川崎車、自重16.7t
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 全検24-10-16川崎車、自重17.2t
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 全検24-7-2川崎車、自重17.1t
タキ1000-270 JOT[E]/根岸*
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 ここまで終わると軍資金を引き出し、パスポードカードの引き落としも終わり、後は金曜日を待つだけ。それから東急スクエアへ行くとスターバックスで一休みして昨日の午後に来た時はベロナのドリップを頂いたので2日続いて何なのでアメリカーノのショートを一杯頂きます。この合間に85列車を纏め直して。今度は7階のくまざわ書店(棚には『JR電車編成表2013冬号』がありましたが三省堂の時代は元のジェー・アール・アール版が常備しておりました)で時間調整してから11階のギャラリーへ行くと今日は幸い、本家のご当主様が見えていたので思わぬ写真の話題で盛り上がり、中央線と八高線が別れる辺りで今で言うコンテナの(JR貨物流に言う)オフレールステーションやルームズ大正堂&ケーズデンキがある辺りや大和田橋の市内寄りの岸と昭和30年代前半の光景が写し出され、マスターも何となく撮られた場所がピンと来ます。再び7階の本屋さんで大きめのマップルで場所を再確認(把握しないと恥ずかしいですね)。北口の広場に出て今度は京王プラザホテルのスターバックスへ。カウントダウンが迫ってパートナーさんにも明後日は2回お邪魔する事や在庫があるうちにとハウスブレンドを袋ごと仕入れ、次回から東急スクエアのお店で買う事にしてスタンプカードも上手い具合に仕切る事が出来ました。

 セレオを北館(1階)→南館(ビックカメラ)をふらりとしながらラッチイン。後は8092列車のタンク車が入るのを待つだけで結構待つお客さんが多かったので跨線橋の下のベンチには腰掛ける事出来ませんでしたが、竜王から来る80列車はいつもノートに書くので合間を見て準備します。空模様も晴れたり曇ったりでデジカメのホワイトバランス調整がてんてこ舞い。

○8092列車…増量モードと思いきや、通常通りの14両編成での入線でナンバーを見ると先週の木曜日の8460列車(6日の8461列車で到着、緑色のナンバーです)に連結したナンバーが続いて空模様が曇っていたのでこの際に撮ったナンバーも再撮影です。
△根岸
EF210-135
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 全検24-9-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-786 JOT[E]/根岸
タキ1000-875 JOT/根岸
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-301 JOT/根岸* 全検24-2-17川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無黒
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 無

タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 全検24-4-2川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-146 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○81列車…こちらもやや短い12両編成での到着です。

EF210-135
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸*
タキ1000-503 JOT/根岸
タキ1000-420 JOT[E]/根岸
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-254 JOT[E]/根岸*
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-870 JOT/根岸 ○
タキ1000-145 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車

○80列車…こちらは一杯の17両編成で旧郡山常備車が多い(H6新製の2桁番やH8新製の200番台が特に目立ちます)顔触れですが、ここでも2両程未確認車をキャッチしました。
△根岸
EH200-12
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 全検24-9-6川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000- 64 JOT[E]/根岸*
タキ1000-217 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 86 JOT/根岸*
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-188 JOT/根岸* 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-291 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-214 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 待っているとこの間は不審な「撮り鉄」風のお兄ちゃんがいましたが『スーパーあずさ』を待つお客さんでパソコンの遠隔操作で誤認逮捕よろしく見間違えてはあきまへんね。一安心するもホームの立ち番の駅員さんは外側を歩くお客さんに対しての注意歓呼はグッドジョブ。そう言う事で取材も早く片付き、『かいじ』107号の前に来る快速電車でご帰還。東京方の1/3を占めつつも車内で80列車の編成まとめを半分片付け、西八王子で降りると顔馴染みのガードマンさんが入れ替わりに1号車に乗って来てこれから高尾へ向かわれる様子でご苦労様です。この後続は普段の月曜日同様、クハ189-14×6(八トタM50編成、あずさ色)が豊田から甲府の電留線へトイレの抜き取りへ行く回送が走って行き、改札に出ると時期柄、高校へ願書を出す中3生が多いこと。15の春の時期を感じさせます。

|

« H25.02.10 八王子駅(その2) | トップページ | H25.02.19 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.02.12 八王子駅:

« H25.02.10 八王子駅(その2) | トップページ | H25.02.19 八王子駅 »