« H25.02.05 八王子駅(その2) | トップページ | H25.02.10 八王子駅(その1) »

2013年2月 7日 (木)

H25.02.07 八王子駅

 一昨日は急に出掛けた為に昨日一日は小雪降る中、一休みと言った感じで過ごしました。

 一昨日は雪降りで早く切り上げた事もあってネタ探しも怠らないといつもの様にあれこれと見に行き、西八王子の南口から八王子駅南口行きのバスに乗ると法政大の入試輸送の応援で普段は八王子管内しか見られない京王電鉄バスも桜ヶ丘のUD中型ロングも参戦。2005年式ながら八王子ナンバーが比較的新しいナンバーが付いて前に府中、小金井辺りに居たナンバーだなとすぐ分かります。今や京王バスと言ってもダークブルー基調が京王バス東・中央・南の各社、アイボリー基調は京王電鉄バス&京王バス小金井と色分けされて会社間を超えた転配が激しいので統一感が無く理解に苦しみます。さて、普段なら9時48分発の富士森公園経由が来る所、ここで7分程遅れて御所水通りの道路工事で普段なら南口に着く頃でもまだ拙宅と至近距離に加えてシルバーパス片手のシニア客が多く、座れたのは16号の交差点を過ぎてからで到着は15分遅れとお疲れ様です。

 降りた所で先ずはいつもの様に85列車の様子をチェックし、今日のコンテナはオール19系ばかりでタンク車も短めの4両とこちらは改札に入ってから見る事にしてこの所、セレオ北館がオープンした影響からか車の通行量がやや増えた事もあってコンテナが止まっている辺りも今日は歩道から。タンク車に差し掛かる所で車道の外側でチェックして南側の群線の様子を見るとタンク車は空振り。そのままビックカメラの1階にあるファミリーマートで部会のM氏へ2月号の片面刷りとDVDを送り、ここでラッチイン。

○85列車…タンク車は短めの4両でしたが、ナンバーを見ると月曜日のこの列車(返送は一昨日の80列車)に連結されてちょっとの間に3度見た事になります。
△竜王
EH200-10
コキ104- 67 ↑梶ヶ谷タ発 全検20-8-26小倉車
コキ104- 826 全検20-12-23広島車
コキ104-1098
コキ104-2453 ↓ 全検23-7-7広島車
タキ1000-622 JOT[E]/根岸
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)青地
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○8460列車…時折、44t積みのタキ243000が混じっている事がありますが、今日はオールタキ1000の編成ながら2両程未確認の常備変更車をキャッチ。
△根岸
EH200-24
タキ1000-267 JOT[E]/根岸*
タキ1000-688 JOT[E]/根岸
タキ1000-301 JOT/根岸* 全検24-2-17川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無黒
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 全検24-9-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-786 JOT[E]/根岸
タキ1000-875 JOT/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-835 JOT/根岸 全検24-10-19川崎車、自重17.4t
タキ1000- 91 JOT/根岸*
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 編成のチェックは前半で一度中締めして3番線に止まっていた10時42分発の八王子始発の快速電車で豊田まで乗ります。向かいには2組も赤ちゃんを連れたママさんと。二人連れでも運賃は大人一人分と納得行きませんが、皆さんどちらへ出掛けられる事か。オイルターミナルの基地は浜五井発のタキ43000の姿は見られず、後程8092列車で返送するタキ1000が入線していただけで豊田の車両センターには大宮管内へ出張していた事が多かった115系の訓練車(クハ115-207×4)が211系と顔を並べて休んでいる所を見掛けました。

 豊田で降りて下りの1・2番線へ行くと何やらJRの制服姿の職員さんが集っていたので何だろうと思いましたが、皆さんで集まりか何かへ行かれる事と言った様子で10時54分発の高尾行きに乗ります。シートが結構埋まっていたのでドア越しから入換えていたE233系の青梅線編成(クハE233-70×6/八トタ青670編成)や先程の115系訓練車をデジカメに収めて。

 八王子駅に着いた所で8460列車の残り半分(前方)を片付け、先頭3両は2番線でチェックしてから今度は京王プラザホテルのスターバックスへ。先月、元八王子のお店に出掛けた折、アンケート入りのレシートを頂いたのでこれでショートドリップ(ライトノートブレンド)を一杯。ザッハトルテのホイップ付きも一緒に頂いて後でスリープに書かれたメッセージも頂戴して後一週間、皆さん頑張って下さい!と気持ちを交わし、南口への自由通路を歩くとまだまだ8460列車は停車中。ビックカメラで時間調整してからサザンスカイタワーの信用金庫で一昨日の午後に急遽引き出した分を入れて100円玉以上の釣り銭+お手当引っ括めてプラマイゼロと後は帰りのSuicaを何とか活かして今度はサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。ショートドリップをソファー席に腰掛けて後で見る八王子発着列車の準備をします。

 改札に入ると先ずはいつもの様に根岸行きの8092列車を見る事にしました。80列車の分もここでノートに書き出してスタンバイ。

○8092列車…先程もオイルターミナルの基地のそばを通った時に前の方は月曜日のこの列車(到着は勿論8097列車です)に連結されたナンバー(文中の緑文字です)が続きましたが、編成長は長くなって増量モードの16両編成です。
△根岸
EF210-116
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 全検24-4-11川崎車、自重17.0t 無

タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-762 JOT/根岸
タキ1000-425 JOT[E]/根岸
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
EH200−24
▽(8097レ)
根岸*=旧郡山常備車

○81列車…こちらも増量モードの16両編成になりましたが、ナンバーを見ると一昨日のこの列車(返送は84列車、文中の緑文字です)に連結されたナンバーが続きました。

EF210-116
タキ1000- 88 JOT[E]/根岸*
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 全検24-10-3川崎車、自重17.2t
タキ1000-799 JOT[E]/根岸
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-231 JOT[E]/根岸
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 全検24-12-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-619 JOT/根岸 
タキ1000-227 JOT[E]/根岸*
タキ1000-148 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 69 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-772 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港 無

根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○80列車…やや少ない15両編成の到着で後で気付きましたが、5両目以降は一昨日の85列車に連結されたナンバー(文中緑色のナンバーです)が続きました。本来なら昨日のこの列車に連結される所が降雪の影響でしょうか1日遅れで根岸へのご帰還です。
△根岸
EH200-3
タキ1000-270 JOT[E]/根岸*
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 全検24-7-2川崎車、自重17.1t
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 全検24-10-16川崎車、自重17.2t
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 全検24-9-15川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-232 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 全検24-9-12川崎車、自重17.1t
タキ1000-588 JOT/根岸 全検24-10-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 全検24-10-22川崎車、自重17.2t
タキ1000-164 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 無

根岸*=旧郡山常備車

 丁度八王子発着の列車を見ていた所で4番線の東京方の端っこで意味なく突っ立っているジャンパー姿の若い男が居たのでこういうのはドレスコードで不審者と決め付けているもので(学校の周辺に居たらすぐ通報されるご時世故、持っているキップを取り上げて追い出せば万々歳なのですが………)ガードマンさんが巡回していたら通報していた事でしょうが、マスター自身も以前、DQN野郎に絡まれて警察沙汰になった事があり、別に格好自体怪しく無い上に無害ですので気になさらずお付き合い下さい。幸い、貨車の編成も今日は復習と言った感じで一安心。ひと調べ片付くと『かいじ』107号の前に来る快速電車で東京方の先頭車で(前1/3で下り電車では後方になりますが………)を占めてのご帰還です。Suicaの残高もほぼ500円なり。急な集まりで番狂わせがあったものの、後は今度の日曜日に行われる埼玉サークルのロングラン例会の分も温存出来ました。

|

« H25.02.05 八王子駅(その2) | トップページ | H25.02.10 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.02.07 八王子駅:

« H25.02.05 八王子駅(その2) | トップページ | H25.02.10 八王子駅(その1) »