« H25.02.01 八王子駅 | トップページ | H25.02.05 八王子駅(その1) »

2013年2月 4日 (月)

H25.02.04 八王子駅

 節分が過ぎると早春の候に差し掛かり、まだまだ時期的には寒いものの、週末から続いてのポカポカ陽気の日となりました。

 色々と用事を片付ける為に八王子駅の近くへ出掛けるついでにあれこれと済ませ、お金関係は明日に回す予定なので久々の二連チャンです。

 行きは少し早く西八王子の南口から9時48分発の八王子駅南口行きに乗り、いつもはライトが一つ目のブルーリボンIIですが、今日は久し振りに1年先輩のいすゞエルガそのもののタイプが参上しました。車内では貨車部会の例会の日に大崎のお店で頂いたスターバックスのリザーブのカードをすぐ渡せる様に組み直します。

 バスから降りた所で先ずは南群線に止まっている浜五井発のタンク車でこの時間で求まっていたので81列車で到着する分と一緒に荷卸しするのだろうと思い、金曜日に続いて黒塗りの44t積みも参上し、久し振りのオイルターミナルのタキ1000をキャッチ。今年全検入場でこの辺は京葉臨海から郡山行きの1071/1070列車でもお馴染みのグループです。
△(高尾)
タキ243747  JOT[e]/浜五井* 全検20-10-22輪西派、自重16.3t 無□
タキ243655  JOT/浜五井* 全検21-5-12輪西派、自重16.3t
タキ243648  JOT/浜五井* 全検21-4-17輪西派、自重16.3t □
タキ1000-384 OT/宇都宮タ □
タキ43583   OT/宇都宮タ 全検24-3-7川崎車、自重15.7t□
浜五井*=旧本輪西常備、□=車票、指定票挿入

 続いて竜王行きの85列車が到着します。この所タンク車が長い編成が続いたものの、2月に入ってガソリンスタンドの閉店が多くなる事から月曜日でも輸送量が少なめになった様子で八王子から返送の8460列車も長い編成から運休or短編成かなと思いましたが、あとで別の場所で見た所、正解は後者でこれから少し気になります。編成チェックの合間にコンテナ車が終わってタンク車の前の方に差し掛かるとサザンスカイタワーの信用金庫へ軍資金を引き出し、自由通路の窓から見てこの合間を使ってビックカメラの2階でMDを買いました。

○85列車…久し振りのコキ104オンリーに加え(コンテナはUR18A/UR19Aの20000番代が目立ちました)、タンク車はやや短い8両編成でしたが、前6両が1日の2085列車(返送は2日の2084列車)で坂城まで行ったナンバーです。
△竜王
EH200-9
コキ104- 44 ↑梶ヶ谷タ発 全検23-12-1広島車
コキ104-1363 全検20-12-12川崎車
コキ104-1870 全検24-7-4川崎車
コキ104-2898 ↓ 全検23-10-31川崎車
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-622 JOT[E]/根岸
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 BL
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*

タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-865 JOT/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 出発が下り電車のダイヤの乱れから3分程遅れての出発となって見送ると今度は京王八王子駅のショッピングセンターへ。9階の本屋さんで『普通列車両数表』の31号を買い、前回の30号は買いそびれましたが、昨年の3月ダイヤ改正の動きを含めて勉強しなくてはと。続いて京王プラザホテルのスターバックスで一休み。金曜日に出掛けた折に14日にクローズと顔馴染みのパートナーさんのお姉ちゃんから話を聞きまして、告知のポスターなど貼られて1ヶ月間有効のドリンクチケットを頂戴し、高いテーブルが空いた所でラテを一杯頂きながらお店の様子もデジカメに収めて。マスター自身もオープンした12年前の春からお世話になって今やスターバックスのお店に立ち寄るのも日課として定着してここが無くなっても東急スクエアやサザンスカイタワーにもお店があるので皆さんともすっかり顔馴染みでまごつく事ありませんが、南大沢の様に1年以内に改めて新しいお店が出来ればなと願っております。気分転換(?)にお次は東急スクエアのお店へ。今度はドリップのベロナを頂き、次に自宅用のお豆を頂く時は東急スクエアのお店で頂く事も宣言し、何処か渋谷駅の乗換みたいですね。最近は無印良品のあとにしまむらが入ったのか品の無い様なオバちゃんが目立つ様になったので少々鬱陶しい気がしますね。

 少し早めに改札をゲートイン。4番線から8092列車のタンク車が入る前に控えているタキ243000を収めながら入線を待ちます。ナンバーを見ると以前、根岸に居たかな?と言うのもチラホラと出て来てその頃はワープロ専用機にデータを入れていたのでiMacに移せなかったのが今となっては心残りの面もあり、これが引き出せれば古いデータもバッチリなのですが………。

○8092列車…この所、増量モードの16両編成が続きましたが、久し振りに短めの13両編成になりました。12両目の87番は常備駅の変更後は初顔合わせ。
△根岸
EF210-120
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 全検24-4-11川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

○81列車…浜五井からのタンク車が控えて長いと11両位かなと思いきや、現車6両の短編成での到着で顔触れを見るとアレ、1日の5462列車(=31日発の5463列車)で坂城まで往復したナンバーが多く、今日はチョットした復習です。

EF210-120
(EF210解放後はタキ243747〜43583の5両が連結)
タキ1000-807 JOT/浜五井 全検24-9-19川崎車、自重17.2t
タキ1000- 24 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 54 JOT/根岸* 
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○80列車…こちらも最長17両編成の所、白油積みの車ばかりの12両編成です。
△根岸
EH200-19
タキ1000-819 JOT/浜五井 全検24-10-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-877 JOT/根岸 
タキ1000-601 JOT[E]/根岸 全検24-9-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-573 JOT/根岸 全検24-8-27川崎車、自重16.8t
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸 全検24-9-21川崎車、自重17.3t
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 全検24-4-3川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 80列車が止まっている頃は同時に81列車も止まって両方に目が行きがちになりますが、今日は短く3番線伝いに80列車のチェックをすると後からケータイを片時も話さないお姉ちゃんが歩いて来たので何処に目と耳を付けているんだ!とついドヤしましたが(余り体罰を加えると昨今の部活でも徐々に明るみに出て問題になりますが………)、周りの危険判断や真剣に物事が出来ないゆとり脳には困ったものでこちらの頭の中にはアンタが生まれた頃には既に身に付いた知識があるのだよと言い聞かせたいですね。3番線の電車が入る頃合いには本輪西から移動したタンク車を収めて。

 普段は『かいじ』107号のあとの快速電車がご帰還のマスター、見るもの少なく早めに片付いたのでいつもより2本早く12時51分発の高尾行きに乗り、9号車に乗るものの、八王子止まりの乗り継ぎ客が多いかと思いきやドア間1〜2人の空いた状況です。降りた所で2番線の後続が来るのでなんだろうと思ったら豊田から甲府の電留線へトイレの抜き取りに行くクハ189-14×6(八トタM50編成、あずさ色)が通過し、この所『モモずきん』や山梨の観光地のラッピングが貼られていましたが、久し振りにすっぴんに戻り、ナンバーを見なかったら幕張所属の183系と見間違える気さえ感じさせます。

|

« H25.02.01 八王子駅 | トップページ | H25.02.05 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H25.02.04 八王子駅:

« H25.02.01 八王子駅 | トップページ | H25.02.05 八王子駅(その1) »