« H24.12.13 八王子駅 | トップページ | H24.12.14 大宮周辺 »

2012年12月14日 (金)

H24.12.14 八王子駅(その1)

 夏遠征の後にオイルターミナルの旧矢羽根色のタキ1000をチェックしたいと思いつつもなかなか機会も見付からず、師走の折返し点に差し掛かる所でやっと行けるチャンスを得ましたが、考えてみると次の3連休が与野本町で行われる埼玉サークルの忘年会もあるので言わば事前の最新情報をキャッチする事も兼ねて出る事にしました。

 ここ暫く真冬の陽気が続いてこちらも防寒装備万端の出で立ちで出掛け、いつもと同じ頃合いに出掛け、南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ります。西八王子駅を出る所を空で出発しましたが、2つ目がマスターが乗るバス停でお客さんは皆さんオヤジさんばかり。次のバス停で数人乗っただけで少ないと言うか流れが些か偏った感じがします。

 降りた所でいつも通り85列車をチェックすると下り電車が遅れている様なので道路沿いからコンテナ車と編成の前方を確認し、全検出場間もないナンバーや郡山→根岸と常備駅変更したナンバーで未撮影もあったのでコンテナ車をチェックするもすぐさまSuicaをタッチしてゲートイン。下りの快速電車で車両の不具合が出た様子も聞かれたのでこの辺も気にしてバタバタしました。

○85列車…快速電車や『スーパーあずさ』の遅れを気にして慌ててチェックしました。さすがに出発時刻を気にしたのか積まれたコンテナは書き出しませんでしたが、9分遅れての出発です。
△竜王
EH200-21
コキ106- 483 ↑梶ヶ谷タ発 5個目にJOT UR19A-1236(がんばろう日本スローガン入り)
コキ104- 382
コキ104-1024 全検20-3-12川崎車(丸コロ)
コキ104-1300 ↓
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
タキ1000-287 JOT[E]/根岸*
タキ1000-834 JOT[E]/根岸 全検24-10-19川崎車、自重16.9t
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 全検24-4-3川崎車、自重16.7t
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000-295 JOT[E]/根岸*
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-499 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 85列車の編成チェックを4番線で待つお客さんの隙間を潜る格好で確認や撮影を行うと精算機でSuicaをチャージして1・2番線へ。北側の群線には浜五井からのタキ43000が5両続いて止まって先頭がオイルターミナルのS42新製車で他は黒塗りばかりです。
△(高尾)
DE10 1155
タキ43025 OT/倉賀野
タキ43182 JOT/浜五井 全検23-8-29川崎車(28-9-23切)
タキ43448 JOT/根岸 全検22-8-9川崎車(27-9-3切)
タキ43449 JOT/根岸 全検24-1-26川崎車、自重15.9t
タキ43443 JOT/郡山

 続いて根岸行きの8460列車を見る事にして前方は2番線から、4両目以降を4番線からチェックしました。

○8460列車…根岸のタンク車と言うとここ3〜4年はタキ1000ばかりの陣容でしたが、タキ43000の44t積みが本輪西からの転入車(よく見ると以前は根岸に居ました)が混じっていたのには驚きました。これからも確認が出来次第追ってご紹介しますのでご期待下さい。
△根岸
EH200-3
タキ243756  JOT[e]/浜五井* 全検24-11-6川崎車、自重15.8t
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ243883  JOT[e]/浜五井* 全検20-8-28輪西派、自重16.3t
タキ1000-254 JOT[E]/根岸*
タキ1000-214 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-818 JOT/浜五井 全検24-9-14川崎車、自重16.9t
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-281 JOT[E]/根岸*
タキ1000-563 JOT/根岸 全検24-6-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-229 JOT[E]/根岸*
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 全検24-10-3川崎車、自重17.2t
タキ1000-864 JOT/根岸
[e]=エコレールマークのみ貼付、根岸*=旧郡山常備、浜五井*=旧本輪西常備

 最初は八王子始発の電車で行こうと思いましたが、ダイヤが乱れて間引かれたので8460列車のチェックを終えるとそのまま同じホームに居座る所が再び2番線へ戻る格好で11時27分発(やや遅れて29分発)の快速電車で西国分寺まで乗ります。

 続きはこちらです。

|

« H24.12.13 八王子駅 | トップページ | H24.12.14 大宮周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.12.14 八王子駅(その1):

« H24.12.13 八王子駅 | トップページ | H24.12.14 大宮周辺 »