« H24.11.28 八王子駅 | トップページ | H24.12.04 八王子駅 »

2012年11月30日 (金)

H24.11.30 八王子駅

 11月も今日が晦日となり、来週は部会の例会があり、いつもマスターの原稿はギリギリの所まで取材してから入れるのが常で今日も用事ついでにネタ探しに出掛けました。

 この所10時半少し前の南大通り経由のバスで行くのがお決まりのパターンになりましたが、久し振りに西八王子の南口から富士森経由のバス(一本早いものですがこの間40分程空きます)に乗って出掛けました。バス停への道すがら、郵便局のポストで部会で親しくして頂いている杉並のK氏へ封書を投函し、乗るお客さんもオバちゃんばかりでセレオ北館がオープンしてお買い物かなと思ったら近場で降りる方ばかりでこの所気になっていた重機の音も気になって国体に向けて御所水通りの補修をしているのが拙宅に居ても聴こえてきます。

 バスから降りた所で線路沿いの所で竜王行きの85列車の到着を待ちます。さて、編成を見るとこの時期にしては珍しくコンテナ車だけの編成で両端の車が空車という状況でコキ104オンリーの編成は久々です。

←竜王 EH200-19+コキ104-1735○(全検23-10-3川崎車)+2801+2886(全検23-11-24広島車)+259○(全検24-1-26川崎車)
○=空車

 85列車到着の少し前に根岸行きの8460列車も入ってきました。後の方を自由通路から西側で見ると13両目ぐらいまでは一昨日のこの列車と同じナンバーで次いで2両がこれまた一昨日の8092列車に連結されたタキ1000の242番と608番、最後尾は71番とこの2両は常備駅の変更も確認済みです。

 今日はオリンパスホールで中学生の音楽鑑賞会があり、ひっきりなしに観光バスが北側の駐車場に入庫しているのでよく見るとライトグリーン基調の中○観光(山梨県郡内に本社があります)やインテリアが豪華で知られる西○観光は多摩ナンバーの車は良く見たのですが、今回は初めて相模ナンバーの車庫からも参上。学校によってはパープル一色やローズレット一色のバスをチャーターしてマスターも見ているとツアーバスみたいだなとゴールデンウィーク中に発生した関越道の大事故以来一層警戒心が強くなり、教育委員会の担当者はどういった割振りと金額で取ったのだろうと気になる所で私自身がこの担当者ならこう言う業者には依頼しないだろうと思う次第です(私見ご無礼申し上げます)。

 最初の用事が今月の20日にサザンスカイタワーの低層部にあるショッピングモールがオープンしたのと同時にスターバックスもオープン2周年を迎えてパートナーさん一同の顔写真やお客さんからのメッセージカードをボードに掲げてあったので当日、マスターが撮影したデジカメの画像をプリントしたものを持参した次第で幸い、ストアマネージャーさんのお姉ちゃんが居たのでソファー席でドリップ(今日はライトノートブレンド)を頂いてから渡した次第です。この後はヨドバシカメラへ向かう所、北口のロータリーで国体ラッピングの西東京バスを見付けてから東急スクエアの1階を近道に。スターバックス経由で今日はキッズセミナーの定例日で店先にベビーカーが駐車(?)していつもマシンガントークを交わすパートナーさんのお姉ちゃんが居たので八王子駅周辺のお店分だけ用意したのでプレゼントして来月の13日はここもオープン10周年を迎えるのでご期待あれ。ヨドバシカメラでは7階でBトレのEF510を買い、カシオペアと一緒にJR東日本の500番代が北斗星色カシオペア色とリリースしましたが、今回は本家のJR貨物機で先行車の1号機と量産車の2号機以降とセットでそういえば夏の部会の例会にて親分格であるF氏がHOゲージのものを夏に見せて頂きましたが、こちらが向こうを張った感じとなりました。他にも『けいおん!』のラッピングが入った京阪(石坂線)の600型や鉄コレの第16弾も並んでマスターは次の17弾が楽しみで何と言っても600v時代の京王線の電車が昇圧後に譲渡された庄内交通や京福電鉄(福井支社)も入ります。この後は京王プラザホテルのスターバックスでドリップは100円で頂けるのでここでは拙宅で只今入れているのと同じパイクプレイスローストでシュガードーナツをヒーティングで。サザンスカイタワーのお店の一件はここのパートナーさんが言い出しっぺで偶々、当のご本人が居たのでこれで今日の用事も片付きました。12月からはクリスマス柄のカード片手で参上するのでオートチャージは2月まで一休み(と言っても支払いが後2回引き落としありますが………)。

 この所お決まりのパターンになったセレオ北館のフロアチェックも1階の他に滅多に赴かない地下の『ブルーミングブルーミー』も覗いて所々地場もののコーナーが割いているのでこれは嬉しいお話ですが、中身を見ると『いなげや』の拡大版と決め付けるのも侮るなかれ。

○8092列車…灯油の需要が増えてきた事も手伝ってか編成も普段の14両から16両に増えて八王子のオイルターミナルは重油の扱いが無いのであったら北関東向けの列車並みに長編成が拝めるかもしれませんね。
△根岸
EF210−112
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸*
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-212 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-439 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 全検24-6-8川崎車、自重16.8t
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸* 
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸*
タキ1000-849 JOT/根岸 全検24-10-17川崎車、自重17.5t
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○81列車…こちらも16両編成でタンク車と電車の違いはあれど新幹線に例えたくなります。ここで今回初めて全検入場したH19新製車を2両キャッチして根岸の常備車もリーチが掛かり、常備駅変更で230番は前にキープしたナンバーです。

EF210−112
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-605 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-271 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-688 JOT[E]/根岸
タキ1000-799 JOT[E]/根岸
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-680 JOT/根岸  石油類)黒地(逆向き)
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-869 JOT/根岸 無
タキ1000-230 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸*
タキ1000-835 JOT/根岸 全検24-10-29川崎車、自重17.4t
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 全検24-7-2川崎車、自重17.1t
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 全検24-10-16川崎車、自重17.2t
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車

○80列車…八王子向けは一杯の16両編成で頑張っている一方でこちらもA重油の専用車含めて17両編成で来ると思ったら軽めの11両で到着し、普段に比べると何処か物足りない印象です。
△根岸
EH200-8
タキ1000-127 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-779 JOT[E]/根岸
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 全検24-4-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-281 JOT[E]/根岸*
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無

 80列車のチェックが終わるとこのまま81列車の残りを4番線で片付けながら東側の跨線橋経由で2番線へ。81列車の後方、8092列車の前方と見直しました。

 早くで多分比例して(?)帰りもいつもは『かいじ』107号の後の高尾行きに乗りますが、一本早い電車に乗れてまたまた最後尾の東京方1/3を占めて並んでEOS Mの広告を見てのご帰還で西八王子で降りると他はトヨタの関係者でディーラーの方かなとふと思い、コンビニでお昼を買うと最初は五目いなり&だし巻きおにぎりと行きたい所、夕食の豚汁が残っていたのでこれと一緒にサーモンづくしのにぎり寿司を買ったのは正解でした。今日確認した分で原稿も纏まりそうです。

|

« H24.11.28 八王子駅 | トップページ | H24.12.04 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.11.30 八王子駅:

« H24.11.28 八王子駅 | トップページ | H24.12.04 八王子駅 »