« H24.11.06 八王子駅 | トップページ | H24.11.09 八王子駅 »

2012年11月 7日 (水)

H24.11.07 八王子駅

 今日は来月の部会報で届いた分の編集をしようと思いましたが、昨日出掛けた折に雨降りで今一つだった面の見直しや根岸に居るタキ1000の中で郡山の常備車が少しずつ常備駅変更されているのでこの辺も少し抑えたいと思い、出掛けました。

 いつもの様に南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ると若奥さんがケータイ片手で慌てていたご様子で教えあげた程で「いつも1〜2分遅れますよ!」と念を押すものの1分遅れにとどまり、快調に進みました。

 降りると今日は常磐線の日立駅から高尾へ行く『ぶらり高尾散策号』が運転されるのでいつも見る85列車と前後してウオッチ出来るのでは?と思った次第です。常磐線と言うと鉄道友の会の事務局で時々お世話になっているO理事の地元です。

○85列車…昨日のタンク車付きと違い、今日はオールコンテナ車の編成で前方がグレーのコキ106&107、後方がコキ104の二色編成です。
←竜王 EH200-4+コキ107-338(新製23-6-10川重)+106-199(全検22-6-24広島車)+104-2794(全検24-5-17広島車)+1026

 暫くすると4番線にウィークデーでは珍しい臨時快速『ぶらり高尾散策号』の参上で担当は勝田の485系(クハ481-1505×6/水カツK60編成)です。両端が北海道育ちの1500番代でおでこの2灯ライトですぐ分かり、485系は交直両用で直流電化ではパンタグラフを二丁上げる所、交流区間同様、一丁しか上がっておりませんでした。EH200とのツーショットも中央線ならでは。新潟へ足を延ばす運用もあるので唯一新潟に所属する1508番とも逢う事がお有りでしょう。南群線はタンク車が見られず、東急5050系が入って明日送る分は渋谷方の4108〜4408の4両が入って今日は他の4508〜4008の6両が長津田へ送られる様子も見られ、いつも見る辺りは誰一人居ないと思ったら5050系目当てでしょうか後方から高尾寄りへカメラを向けるのも二人程見掛け、中にはフェンスを乗り越える格好で向ける者も居てこちらもこの間線路との柵が低いと撮るのに良いなと思いますが、この頃は線路内進入が敏感になった上で撮影者のモラルも影響しているのではと感じ取れます。怒りはさておき、本来の様子を片付け、サザンスカイタワーの信用金庫に埋蔵金を入金してから2階のスターバックスはソファー席でドリップのクリスマスブレンドを頂きます。今度はハイアングルで5050系を収めると雨上がりの翌日らしくステンレスも照り返しがキツく感じ、再び群線沿いを歩くと先頭車に必ず東急車輌のマークが入った幕を掲げていたのですが、4月にJR東日本系に移行して新会社のJ-TRECになってから無いのが物足りません。丁度根岸行きの8460列車が止まっていたので編成を見える所から見えると牽引はEH200の18号機、郡山の常備車はタキ1000の269、296、20番と今まで通り。近くにはビジネス系の専門学校があって学生は留学生が多い様で先日の大学新設を認めない発言を思うとこう言った学校もこれから質を重視したいものです。それからビックカメラを覗いてから連絡通路からセレオ北館の2階入口→1階経由で京王プラザホテルのスターバックスへ行き、4日間限定でプレゼントのオーナメントの話をしながらジンジャーブレッドラテを一杯。同じ頃にアルピコの観光バスが参上しました。いつも見る範囲の列車の支度をしてから今度はセレオ北館の1階をまた覗いてから券売機でSuicaのチャージ&一ヶ月分の使用状況をプリントして入場します。

○8092列車…いつもの14両編成での入線で後方には全検出場間もない所が続きましたが、先の8460列車で返送された分と含めてまだ郡山の常備車は標記そのままで根岸に到着すると上から貼られるものと思われます。
△根岸
EF210−110
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 91 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-680 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-869 JOT/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-365 JOT[E]/郡山 全検24-5-2川崎車、自重16.9t
タキ1000-849 JOT/根岸 全検24-10-17川崎車、自重17.5t
タキ1000-817 JOT/浜五井 全検24-10-1川崎車、自重16.8t
タキ1000-359 JOT/郡山 全検24-6-15川崎車、自重16.7t 石油類)黒地


○81列車…長めの16両編成で到着し、こちらは積み込む前に常備駅の標記が貼り直されておりました。

EF210−110
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 石油類)青地
タキ1000-875 JOT/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸 全検24-9-21川崎車、自重17.3t
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸*
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 全検24-4-11川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 10 JOT/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車


○80列車…一杯の17両編成で到着するも81列車の郡山→根岸常備の変更車に目が向いてしまいましたが、到着するやいなやこちらへ切り替え、編成の中程から後方は昨日の85列車で到着したもので見間違えはありません(今日はどちらかと言うと復習の形で赴きました)。

EH200−22
タキ1000- 43 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-851 JOT[E]/根岸 全検24-9-27川崎車、自重17.4t
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検24-2-3川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-573 JOT/根岸 全検24-8-27川崎車、自重16.8t
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-358 JOT[E]/根岸* 全検24-3-14川崎車、自重16.8t
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 全検24-9-7川崎車、自重17.0t

根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 一通り片付くとその分早く帰れるものと思われますが、 意外と待ち客が居たり、雑用があったりでおいそれとスムーズに行かず、言わばリストの照らし合わせやiPod touchへの転記と後片付けをベンチに腰掛けながら済ませます。特に今週から郡山→根岸常備と出て来たのでこの辺も意識して『カブース・カフェ』の内容にも反映しております。『かいじ』107号のあとの高尾行きで比較的空いている後方を狙ったものの、意外と最寄りの西八王子は下車が多かったので高尾まで行き、到着は3番線。4番線を13時18分発の甲府行きの接続を取っての出発で先程の常磐線からの485系が初詣の臨時列車同様、昼寝しているかなと思いきや、豊田の車両センターで済ませる様で北側の留置線には居ませんでした。一度南口の改札を入り直して同じ電車の違う号車に乗り換えて西八王子まで乗り、この間に2080列車のタンク車(こちらも郡山→浜五井の常備変更がお目当てです)が見られると思ったら機関車だけで空振りとなり、待ち時間の間に残務処理もほぼフィニッシュ。

|

« H24.11.06 八王子駅 | トップページ | H24.11.09 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.11.07 八王子駅:

« H24.11.06 八王子駅 | トップページ | H24.11.09 八王子駅 »