« H24.10.31 大宮周辺 | トップページ | H24.11.06 八王子駅 »

2012年11月 1日 (木)

H24.11.01 八王子駅

 今日から月が改まり、2012年のカレンダーも残り2枚となりました。ついこの間真夏の暑い陽気を味わったものがあと2ヶ月するとお正月で一年早いものです。

 いつもの様に八王子駅の回りであれこれ用事ついでのネタ探しに今日からスターバックスもクリスマスのホリデーモードに入るので新しい限定ドリンクを味わいました。

 3日連続で南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、今日の貨車の様子を気にしながら進むと今日は快調に進みました。

 いつもの様に降りた所で竜王行きの85列車や南群線の様子をチェックします。

○85列車…昨日同様、コンテナ車だけの編成です。殆ど19系ばかりでしたが、2両目に1個だけJOTのUR19A(青帯の116番)が積載。
←竜王 EH200-16+コキ104-2445(全検23-5-9広島車)+1476+2573(全検23-6-10小倉車)+106-662

 南群線に目を転じると奥の方にホキ800やチキ5200が2〜3両固まっていた程度でこれまた浜五井からのオイルターミナルは今日も空振り。分が悪いですね。

 セレオの北館がオープンして丁度一週間。客入りも順調で旧そごう+NOWで言うと今日がオープン29年で来年は30周年を迎えるのでどの様に祝うのか気になる所です。最初は立川のルミネ(20年前まではWILLと言う愛称でした)と同時にオープンする予定が例によって八王子の商工界と対立にあって1年程オープンが延びてこう言う硬直的な考え方(悪い言い方で恐縮します)の皆さんがのさばった影響かダメになって今となっては首を括って欲しいものです。国鉄→JRの車両基地でも統廃合が労組と絡んだ例は良く聞かれ、特に千葉の管内は数年前に比較的新しいE217系や209系、E231系を他の支社に移管(転属)して入れ替わりに武蔵野線の電車(103系、205系)を受け入れた事例もありましたが、最近は113系から209系、205系&201系からE233系、キハ30・37・38からキハE130に新車に入れ替える例が出て来たのである程度雪解けしたのだろうと感じ取れます。

 先ずは京王プラザホテルのスターバックスで今日からのホリデーメニューで今シーズン初登場のナッティープラリネラテを頂きます。パートナーさんもストアマネージャーさんのお兄ちゃん以下皆さんお揃いの赤いシャツでお出迎えです。昨日はこちらも新都心でコキ200がタンク車の後にぶら下がっていたのをふと思い出し、トッピングのナッツ、ホワイトチョコが良い味をしています。今日から4日間限定で頂けるオーナメントもゲットし、毎日は行けませんが、上手く都合を付けて何とか頂きますのでご期待下さい。

 裏から一回りして東急スクエアへ。エディー・バゥアーの所で新しいジャケットが入ったので丁度マスターが羽織っているのと同じ色合いのものを見付けて店員さんが在庫を見てくれるものの、また追って見るので恐縮しました。似た様な色や生地があるとウン年前とつくりや縫製が違っている所も見出だせ、マスター自身、趣味対象が車両系中心なので同じ形式でも作られた年や使う線区によって違う点が見出だせる事があってここと一脈通じる事があります。7階の本屋さんでJTB時刻表の最新号を買い、平積みの最後の1冊です。最後は1階に戻ってスターバックスに立ち寄り、今度はジンジャーブレッドラテを頂き、当然ながらここもパートナーさん皆さん赤いシャツの出で立ちです。

 電車に乗るまでまたまたセレオ北館の1階に立ち寄ってここで新しく入った『ききょうや』の直営店で山梨県内へ行かないと買えなかった信玄飴を買いました。ネーミング通り、同社の主力商品である信玄餅を飴にしたものできな粉飴や五家宝を思わせる食感です。

 いつも通り12時を回った所で3・4番線に向かい、階段の下にあるベンチに腰掛けながらノートの準備をしていると下り1番線にE233系の試運転(クハE233-66×6/八トタ青666編成)が2分程一休み。見慣れた顔でも普段青梅線や五日市線の運用に入るグループが現れると浅川の向こうはお客さんと言った感じですね。さて、8092列車はいつも『スーパーあずさ』15号が入る前に必ず横浜線の1本北側の線に収容しますが、今日は遅れている様です。

○8092列車…いつもより少ない10両編成での到着で昨日、大宮操で確認した宇都宮タ行きの5561〜5562レ(4091〜5560レは財源[=貨車]無し)と張り合う格好ですが、こちらはオールガソリン、灯・軽積みの編成で後の方は昨日の8460列車(一昨日の8461列車)に連結された分も顔を出しておりました。
△根岸
EF210−152
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 全検24-4-5川崎車、自重16.8t
タキ1000- 3 JOT[E]/郡山
タキ1000-588 JOT/根岸 全検24-10-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-250 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 60 JOT[E]/郡山 
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000- 83 JOT[E]/郡山
*=特殊ナット試行車

○81列車…8097〜8092列車の分に比べて2両少ない8両編成の到着。いつもは入線に合わせて4番線の東京方で待ち構えるものの、撮り鉄が先を越されてもこの長さは余裕です。

EF210−152
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000- 26 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-288 JOT[E]/郡山
タキ1000-301 JOT/郡山 全検24-2-17川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-682 JOT/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-462 JOT/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
*=特殊ナット試行車

○80列車…同じ根岸発着の列車でもこの時間に来る八王子発着は短めでしたが、こちらは一杯の17両編成で山梨県の石油需要を担っている事を如実に感じ取れます。後方の全検上がりのナンバーで597番は今回初確認したものの、850番は先月の16日に見ておりました。
△根岸
EH200−21
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-215 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-261 JOT/郡山 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-807 JOT/浜五井 全検24-9-19川崎車、自重17.2t
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 全検24-9-15川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-122 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-688 JOT[E]/根岸
タキ1000-271 JOT[E]/郡山
タキ1000-605 JOT[E]/根岸
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 全検24-10-12川崎車、自重17.5t
タキ1000-352 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 80列車まで終わると8092列車の前方を2番線の東京方で改めて確認し、81列車のタンク車の移動や下り電車の様子を伺いつつ未撮影だった588番をデジカメに収めると今日の取材活動もフィニッシュ。いつもは『かいじ』107号の次に来る快速電車が帰りのお決まりのパターンですが、昨日の軽い取材の時と同様に短編成だとどうも早めに片付けたいもので幸い、12時59分の高尾行きで西八王子まで乗り、久し振りに最後尾の東京方1/3を陣取り、乗ったのは中央線では一番手に新製された(クハE233の)43番ですが昨日は高崎線の近郊形と初顔合わせ相成りまして、クハE233の3000番代に当たって同形式の乗り比べを密かに楽しみましたが、E231系に当てはめるとクハE231の8500番代に相当します。

|

« H24.10.31 大宮周辺 | トップページ | H24.11.06 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.11.01 八王子駅:

« H24.10.31 大宮周辺 | トップページ | H24.11.06 八王子駅 »