« H24.10.23 八王子駅 | トップページ | H24.10.27 八王子駅 »

2012年10月26日 (金)

H24.10.26 八王子駅

 今月中に『秋の乗り放題パス』片手の遠征を企てたものの、夏の泌尿器科への通院等で懐具合が寂しくなり断念しましたが、遠征とは別に軽めの調査取材程度ならと思って今週辺り出たかったものの、『東京時刻表』で新旧の照らし合わせで6月の西武のダイヤ改正やこの間の週末に行われた京急(+都営浅草線や京成、北総も含みます)のダイヤ改正と経費節減から纏まった所で買った為、掌の外側にマメが出来てしまい、これまたダメで今月一杯なら一度出掛ける予定です。

 昨日、そごう八王子店+NOW改めセレオ八王子北館がオープンして今朝の朝刊の地域面も大きく取り上げられるだろうと思ったら午後、ラジオを聴いて突然入って来た石原都知事辞任の報でやや隅に反れた感じながら人出が上々です。南大通り経由のバスもいつもバス停で2〜3人が待つ所、今日は何処も多くこれもセレオ効果かな?と言った様子で車内の中吊りにも北館オープンと京王デパートのサテライト店オープンのものを発見。PASMOの読み取りが今一つだったので今日は往復、Suicaでの乗車です。

 降りるといつもの様にコンテナの85列車、南群線のタンク車の様子をチェックし、後者は久し振りにオールタキ43000の陣容で暫く京浜発の列車に多かった初期タイプの43000番台も随分京葉発に組みに入って来た事が伺えます。

○85列車…ここの所コキ106やコキ107が混じった編成がみられましたが、今日は久し振りにオールコキ104の顔触れで最後尾だけが空車です。
←竜王 EH200-4+コキ104-1866+1609+205+1756(全検23-10-14川崎車/空車)

 南群線のタキ43000は下記の通りで後2両は郡山の常備車ですが、以前は揃って八王子常備でした。
△(高尾)
タキ43539 OT/宇都宮タ □
タキ43270 OT/倉賀野 □
タキ43015 OT/郡山
タキ43016 OT/郡山
□=ガソリン輸送用

 『スーパーあずさ』や快速電車の下りがやや遅れていたものの、85列車は定刻より1分程遅れての出発でサザンスカイタワーの信用金庫のATMは結構待たされましたが、それから東急スクエアのスターバックスで一休み。今日はキッズパーティーの定例日で後片付けの頃合いを見計らって顔を出しましたが、こちらの用事が滞っていたので後手になったものの、パートナーさんも大勢居てストアマネージャーさんのお兄ちゃんとも野猿街道店の話題が出てまたまた小柄のパートナーさん同様、レポートが素晴らしかったと嬉しいお話を頂き、ホットのアメリカーノを一杯頂きます。

 ここからが今日のメインであるセレオ北館の探訪に入り、エレベーターホールの部分がそごう時代と大きく変わってガラスで仕切られた待合室が無くなって外で区切った形に作り替えてついウンケ月前まではハンカチや化粧品、婦人物の靴にバッグ(特に西側はCOACHがデンと構えておりました)の売場が目立っていたものの、地階や西側で見慣れたロゴやここで新規に入ったお店と様々な食料品のお店の看板が目立ちます。新しい所では桔梗信玄餅の直営店でこれまでは山梨県内でしか見られなかったお菓子の専門店や山梨県産の農産物やワイン、地酒を取り揃えた専門店にルピシア(レシピエ)の伊藤園版のお店にキムチ屋さんと一緒に韓国料理のお弁当も並べて同じ系列かな?と意外な発見も。地元ではマスターの最寄り駅にもあるサンドイッチのメルヘンはデパ地下限定のタニタ食堂とコラボのサンドイッチが売られていたり、磯沼ミルクファームの直営店、高尾ポテト、みなみ野のヴェールの丘(ケーキ屋さん)と出店してJR東日本の事業を見るとここ数年、エキナカやSC事業のウエイトが高くなっているので入った途端、ルミネやエキュートで覚えた手応えが十二分に発揮し、先ずは満足出来る出来映えで特にそごう時代、イートインを構える所が余り見られなかった様な気がします。遠征に出掛けて地方の拠点駅に立ち寄った際に地場の物産を取り揃えたコーナーも当たり前の様にあった事を思い出し、地元(もう少し多摩モノがあれば嬉しいのですが………)や山梨県の物産を売るコーナーがある事でJR支社のお膝元だけあって合格点です。

 2階の入口近くでポイントカードを作って30分近く待たされましたが、赤系のものをセレクトして4階へ。無印良品が中心で多摩地区では2ヶ所しか無いカフェもあり、東急スクエア時代同様に立ち寄りますので追々と赴く事にしてまた夏遠征で松本行きの際には前以てクッキーを買う事もあるのでこの時のお楽しみに。目玉は京王百貨店のサテライトショップで100坪程ではあるもののなかなかの規模で婦人服やレディースのウォーキングシューズとターゲットは中高年女性と言うのも頷けます。ハラダのラスクが3種類並んでいたので900円のセットを選び、並ぶと現金、ポイントカード所持客とレジの列が分けられ、こちらは幸い、京王パスポートカードユーザーも手伝ってスムーズに並ぶ事が出来、新宿や聖蹟桜ヶ丘の百貨店のお店同様来店ポイントが付くのでこれからは地元に居ながら使い勝手が強まり、来月の『京王ニュース』が楽しみです。次はアシックスウォーキングのコーナー(以前は『歩人館』の店名で出店していましたが、近年この名称へ徐々に変わりつつあります)を覗くとこれまた来店客が多く、幸先良いスタートを切った様で店員さんも面倒見良くマスターも代替しながら15年近く愛用している靴なのでこの出店は嬉しく、足下のスキャンが出来るマシンが入っているのでリストに記名してこれも20分程待って店内をブラリと。右足、左足の順に読み込み、結果が出ると今までは25.5cmを履いていたものの、内側が反っていたとの事で今後は26.0cmか26.5cmが良いですよとアドバイス+スキャンしたプリントを頂戴し、並んでいた靴を見るとこの最初に買ったのと似通った底のタイプ(ファスナー開閉が目新しい点でマスターも正月にブリジストンのを買った際にこのタイプだったので最近のウォーキングは流行の様です)を見付けて嬉しくなりました。来年以降に新調する予定で付属品程度の売上は協力したいものです。他にもなかなか八王子に出店しなかった魔法のパンツのお店や以前、東急スクエアに入っていたレディースのいいお店も入って規模は2/3くらいでも顔馴染みの店員さんは総入れ替えなのが寂しい所。

 次は6階でロフトが入って中央線の沿線では吉祥寺、立川(ルミネの他にこの秋口には丸井→モディの跡に出店)とマスターは京王アートマンに行き慣れて売る品物が重なってどの様に棲み分けるかが今後の課題でチラシや折込を入れたいので折角なので大きなクリアファイル(B4サイズ)を頂戴し、7階、8階と行って西側のエスカレーターが3階から北側の外向きになっていたのが7階まで向きが入口方向のものに付け替えられていたのに気付きました。8階の本屋さんも模様替えして理工書と並んでいた辺りに鉄道の本があったなと思ったら下のフロアへ移ったのか絵本のコーナーへ生活や趣味系の本のコーナーが移っているのに気付きました。

 他の部分も追々見る事にしてUターンして今度は地下1階へ。いなげやのブルーミングブルーミーが中心でサザンスカイタワーのアルプスと張り合った様子でとにかく大きく(もう少し規模が小さい方が良かったのでは?と感想も)、地場ものも少し扱っているのは嬉しいものでお惣菜の所で八王子コロッケの試食を味わい、西側にはそごう時代の吉川水産の場所に魚力が移り、悪い言い方をすると乗っ取った感じなのでは?と思う事も。他にも青果が池栄から八百一に変わり、カット野菜やフルーツの品揃えも多く、京都の会社だけあって京野菜の品揃えも充実しています。お肉は大和(カイゼルハム)からタカギフーズとデパート専門からSC専門のお店に変わりましたが、個人的には人形町今半が残ってくれればと思いましたが契約の関係で入らず、後々期待したいものです。実演販売では前に夕方のニュースに出ていた恰幅の良い販売員さん(人違いでしたらゴメンナサイ)が立っていたので行き交うお客さんを誘っていました。たい焼きやおはぎの『サザエ食品』やそごう時代、8階にあった喫茶店の『田』もいい位置に入って店構えも渋めです。再び1階に昇ってお昼の品定め。エキナカと縁あると言うところで崎陽軒の『シウマイ弁当』を買いました(余談ですが、今日はご当地の神奈川サークルの定例日だなと思い出しました)。事前にホームページを見ると町田以外の多摩地区のお店はお弁当、レトルトや中華菓子がブルーになっていましたが、ここは横浜のお店並みに全種類揃えている(赤く塗られています)上に今月デビューの『美味しさ長持ちシウマイ』も売っているので多分ここで根岸へ出掛けていたら横浜駅の売店に貼られたこのポスターをデジカメに収めていたに違いありません。そういえば、NRE主催の駅弁大会や『旨囲門』で崎陽軒の商品が滅多に見られないのはデパート・SCか『膳まい』へどうぞと言う姿勢なのでしょうね。

 セレオ探訪も一通り終わるとこの間、京王電鉄バスでラッピングを見掛けましたが、偶々一休みしていた西東京バスでこのピンク地のラッピングバス(後で京王同様のブルー地も見掛け、連番で揃えました)を見付けてデジカメに収め、五日市のバスにあるイオンモール日の出のものと共演が面白そうです。京王プラザホテルのスターバックスでアイスコーヒーを一杯。携行品が多かった上に満席だったので丸椅子の上に暫し置いて空いた所で低いテーブル席に腰掛け、帰りも電車に乗らず(この時期は中間試験の早帰りが多いと気が楽と言う事もありますが)、甲州街道経由のバスで西八王子の駅入口まで乗り、途中から大正琴片手におしゃべりに余念がない親父さんも乗車し、帰宅すると土産話をしながら『シウマイ弁当』に舌鼓を打ちます。

|

« H24.10.23 八王子駅 | トップページ | H24.10.27 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.10.26 八王子駅:

« H24.10.23 八王子駅 | トップページ | H24.10.27 八王子駅 »