« H24.10.05 八王子駅&東京駅 | トップページ | H24.10.13 八王子駅 »

2012年10月10日 (水)

H24.10.10 八王子駅

 体育の日の連休は皆さん、いかがお過ごしでしたか。マスターの場合、金曜日が部会の例会で帰路が夜遅くだったので土日は体を休めて月曜日は放射線で行われた古本市をブラリと。本家のはとこがお手伝いしているのでいつも寄る様にしていますが、今回は不思議と鉄道雑誌の所を見ると平成になってからのものが多く、古い所では昭和50〜60年代の『鉄道模型趣味』の他、『鉄道小辞典』や『入門鉄道車両』と懐かしい基礎知識が盛り込んだ本や林 順信さん(JTB時代の『旅』に載った駅弁巡りで小林しのぶさん相手にダジャレを噛ました事を思い出します)がペンネームで出した都電の本とあり、5月に神保町の相場でウン千円はする『鉄道ファン』のある号を入手したので今回は運を使い果たした(?)格好でしょうか今一つでした。

 昨日出掛ける筈が夜更かしで寝坊したので改めて今日出掛ける事にして部会報の印刷で費やしたインク代の入金と川崎のM氏へ片面刷り&DVDをメール便で送る等用事を片付けました。

 いつもの様に南大通り経由のバスで八王子駅の南口へ。ドライバーさんは丁度1年前に乗った折にハンドルを握っていた若い太めのお兄ちゃんで未だ頑張っていたので驚きましたが、また何かの折に宜しくお願いします。

 降りた所で早速竜王行きの85列車をチェックし、連休明けの時期も手伝ってコンテナ車だけ4両の短編成でした。

○85列車…コンテナ車だけの編成で最後尾はコキ107の連結です。
←竜王 EH200-10+コキ104-2699(全検23-9-16川崎車)+744+2750(全検24-5-18川崎車)+107-224(新製22-5-28川重)

 南側の群線は浜五井からのタキ43000が止まっていたのでこの様子だと根岸発の81列車と一緒に入線するなと読めますが、この秋は『鉄道の日きっぷ』改め『秋の乗り放題パス』片手に遠征に出ようと企てましたが、泌尿器科への通院等で資金不足に陥りオジャンになっていまい、昨日は埼玉サークルの例会を絡めて出ていたら5467列車の段階で見ていた事と思われます。

△(高尾)
タキ43603 OT/宇都宮タ
タキ43473 OT/倉賀野 全検24-2-15川崎車、自重16.0t
タキ43019 OT/南松本 □
タキ43023 OT/倉賀野 □
□=ガソリン積み

 北口に出ると東急スクエアのゆうちょ銀行へ行くのでこの前にスターバックスに立ち寄ってアイスラテを頂きます。先週、オープンした多摩野猿街道店の土産話をしながら楽しみ、店内に入る所で半月後に迫ったセレオ北館のオープンに合わせたラッピングバスを発見。続いてヨドバシカメラで時間調整。京王プラザホテルのスターバックスで今度はアイスコーヒー(お豆はグァテマラ)を頂き、ここでも東急スクエアのお店同様、多摩野猿街道店の話題で持ち切りでお店訪問のレポートは暫しお待ちを。セレオ北館の成城石井から南館のビックカメラではEOS Mやパワーショットの新型を少々確認しながら改札に入ると上り電車が少々遅れている様子で帰る頃にはどうなるかな?と気になります。

 いつもの様に8092列車のタンク車が入るまで待ち、今日はDE10 1565の担当で収容すると次は南群線に止まっているタキ43000を引き出すと81列車で到着した分の前に連結するなと順序が読めます。

○8092列車…普段通りの14両編成で入線しましたが(この間3本出入りするものの、この列車だけで因みに8460列車は牽引のEH200だけでした)、先頭の368番は今年全検を受けたナンバーで半年経って漸く捕まった格好ですが面白い所では仙台北港のナンバーが3両続きました。
△根岸
EF210−133
タキ1000-368 JOT[E]/郡山 全検24-4-3川崎車、自重16.7t
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-225 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無
タキ1000-641 JOT/仙台北港 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-785 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 全検24-4-11川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 全検24-7-2川崎車、自重17.1t
タキ1000-559 JOT[E]/根岸
タキ1000-757 JOT[E]/根岸

○81列車…入線を待ち構えると短い6両編成での到着でほぼ全車がガソリン積みの編成です。

EF210−133
(EF210解放後はタキ43603〜43023を連結)
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-158 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-284 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-354 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-298 JOT[E]/郡山 無

○80列車…八王子着の81列車が短かったので一通りナンバーを控えると反対方向のこの列車を待ち受けますが、現車11両とこれまた短く、積車17両で竜王に到着したとなると残りは82列車で返送されるのだろうと思われます。前方のA重油積みは浜五井移動車やオイルターミナルの移籍車(今回全検を受けたナンバーです)と連結。
△根岸
EH200−24
タキ1000-170 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 全検24-9-15川崎車、自重16.8t (A重)、石油類)青地
タキ1000-137 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-287 JOT[E]/郡山
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 ここまで終わると東京方の乗換通路から8092列車の前方を見て、このままお手洗いを済ませてから3・4番線へ戻ります。半月後のオープンに向けてセレオ北館もすっかり化粧直しで後はお客さんを待つだけで履いている靴もこの間の野猿街道店行きの際に歩いたので少し痛んで来たかな?とアシックスのウォーキングシューズ専門のお店が入るのでこちらもオープンが楽しみです。今日は親もお出掛けなので早めに帰れるかなと思いきや用も無い様な脳足りんオヤジが多かったのか結局(?)いつもの『かいじ』107号の後に来る高尾行きでのご帰還です。

|

« H24.10.05 八王子駅&東京駅 | トップページ | H24.10.13 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.10.10 八王子駅:

« H24.10.05 八王子駅&東京駅 | トップページ | H24.10.13 八王子駅 »