« H24.10.04 八王子駅&野猿街道 | トップページ | H24.10.10 八王子駅 »

2012年10月 6日 (土)

H24.10.05 八王子駅&東京駅

 部会の定例日なので夜は大崎にて例会。出掛ける前に本家のはとこが手伝っている古本市を見てから月曜日に復原した東京駅の丸ノ内口駅舎を見に行きながら出掛けようと思い立ちました。

 自宅を正午少し前に出て南大通りの八王子駅南口行きのバスが9月のダイヤ改正(法政大学行きの路線を抱えているので15時半の便が12時台へ移行)で上手く間に合い、やって来たのはブルーリボンIIが多いですが、今日は昨日、野猿街道のスターバックスをお邪魔した際、平山城祉公園の駅前と市内へ戻る時に乗った同形の日産ディーゼルのノンステップ車でカラーリングは違えど同一車に当たって驚きましたが、今日の方が1年先輩です。

 サザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出すと通り道でこのままSuicaのチャージ&残高プリント。東急スクエアのスクランブルからユーロードへ。三井住友銀行の所からテントが見えて来たので歩きながら品揃えをチェック。途中、ドン・キホーテのスクランブルに来ると富士見通り側に出てリンガーハットの三崎町店で皿うどんと餃子の昼食。店員さんの一押しはチャンポンつけ麺と盛んにPRしてつけ麺ブームにあやかったのかな?20分程済ませて再び西側へ進み、信号の向こうで本家のはとこを捕まえて暫く歓談。キクマツヤ(紳士服店)の近くではとこのご主人さんや社員さんも見えてこの間拙宅の火災保険でお世話になった社員さんも来られてクリアホルダーを頂戴して横山町に入るチョットした広場の所が今日の終点で連休からはもう少し甲州街道寄りに行くかな?と思い、八王子駅の北口方向へUターン。品揃えを物色しながら歩くと今日の出店状況から見ると鉄道雑誌も平成に入ってからのが揃って所があるものの、所望した昭和年間を扱うお店が見られなかったので今回は期待薄かなと改めて月曜日に。東急スクエアから京王プラザホテルのスターバックスに立ち寄り、昨日の土産話をするも運良くストアマネージャーさんをキャッチしました。

 八王子から14時17分発の中央特快で東京まで乗り、一本前の『あずさ』16号は余り乗らなかったので3号車に潜り込もうと思った所ブラインドが降りていたのと(結構乗っていた様子ですね)、東京駅までは行かないので×。豊田の車両センターでは高崎の所属車と思しきE233系の3000番代の編成が入庫しておりました。

 東京駅に到着して中央線のホームからそのまま総武線の地下ホーム方向へ進み、地下鉄の改札近く(丸ノ内中央地下)で改札を出て新丸ビルの突き当たりから地上に出るとさすがにカメラやケータイ片手の皆さんが復原なった東京駅の駅舎に向ける方が多く、また今日は八重洲口の大丸の増床オープンも重なってか周りが賑やかです。こちらも博物館の鉄道車両を収める様にカラーの他にもセピアやモノクロモードと戦前に戻った気持ちで収めると高層ビルやハイブリッドカーが入ってしまうのは仕方ありませんが、東京観光では欠かせない存在のはとバスが通るので良い引き立て役になりました。更に行幸通り、丸ビルからバス乗り場、JPタワー前、再びバス乗り場から駅舎近くへ進み、何度も東京駅には来たものの、駅の周りでこれだけの人出は40年余り生きて初めてなのだろうと体感しつつも北口のドームの装飾を眺めつつ、八重洲口へ。一番館のキャラクターショップや大丸の『ほっぺタウン』に立ち寄り、備え付けのガイドの中で本社が拙宅の近くにあるサンドイッチの『メルヘン』のタニタ食堂とコラボしたサンドイッチのセットも都内のお店限定ですが、これも25日にセレオ北館がオープンすると扱う予定なので嬉しいものです。この後は八重洲中央口の改札を目指して歩いて駅弁屋『祭』やエキュート、グランスタと覗いてから5・6番線へ。

 東京駅から例会の会場である大崎へ向かい、17時を回る頃に行こうと思いましたが、高田馬場での運行障害の影響から暫く止まっていたのでこのまま車内に乗って15分程待たされて17時丁度に出発。新橋では東海道線のE233系(874M、←クハE233-3502×5+3002×5/横コツE-52+E-02編成)に擦れ違い、ここで2分程時間調整した以外は順調に進みました。

 大崎に着くといつもの様にゲートシティーへ赴き、夕食は地下にある韓国料理の『チェゴヤ』でプルコギサラダ丼+ミニ冷麺のセットを頂きます。私以外は団体客ばかりで一組はテーブル席、後から来る一組は個室へと言った具合です。それからスターバックスへ行くとマークが新しいサイレンマークに変わり、店内に入るとテーブルやソファーが新しくなって昨日お邪魔した由木の野猿街道店と同じものが入っていたので一目瞭然。クランチキャラメルマキアートのアイスを頂きたかったのですが、こちらは早々札止めなり。仕方なくコーヒージェリーフラペチーノにキャラメルソースを掛けて一杯頂きました。内装も新しい所が出来ると足並み揃えて入れ替えるのだろうと思い、このサイクルを掴めば面白い話が出来るかもしれませんね。それから南部労政会館へ。早々到着した津久井のS君の漫才をしながら親分格のF氏到着すると入室、東京駅の駅舎の話題を出すと「丸ビルの4階が良いよ!」なんてお話を頂戴しました。つつがなく例会を進め、マスターも部会歴17年を迎え、これからもよろしくお願い致します。

 例会も少し早めに切り上げても電車は21時を回ってからで中央線の快速電車は間に合うかなと乗ると原宿に着くと新宿での緊急停止の影響から2分停車しました。

 新宿で次の通勤快速の時刻を見るといつもの21時28分発で十分間に合ったものの、夕方ラッシュ時のダイヤの乱れを引き摺った上に2本程前の快速電車で救護があったのでまたここで遅れておりました。

 新宿から21時28分発の通勤快速で八王子まで乗ります。6分遅れての出発で新宿の他に荻窪でも直前の快速電車で乗客救護があって定刻であれば多摩川を渡る頃で未だ国分寺と言う状況で前は時折三鷹辺りで降りるお客さんが居て座れたものの、この頃は何時乗っても新宿の段階でも混雑している状況なので流れが読めませんが、国分寺で座れれば良い方です。貨物列車の編成の準備も根岸から来るタンク車の列車も手伝い、iPod touch片手になってから予めEH200の番号とタキ1000×17(最長)と準備し、後は八王子駅で到着を待つだけです(正確には立川で止まっている所が見られるので車窓越しから下見をします)。結局、10分遅れて八王子に到着。

 降りた所で坂城行きの2085列車の到着を待っていやはや、快速電車の遅れは下りだけだろうと思ったら上りも少々遅れている様ですこの間にはコンテナの2082列車(EH200-3+福岡タ行き[30Aのライトブルー塗り積載]+東京タ行き[2両にトランスシティ20フィート積載]+梶ヶ谷タ行き)や『成田エクスプレス』50号の入庫回送(クロE259-5×6/横クラNE-05編成)が通過します。

○2085列車…この時期になると15両編成は来るだろうと思いきや、少々短い11両編成で到着。ここで全検出場したナンバーも若干ながら確認でき、また今月のアップ分から東日本大震災の影響で移動した車のマークは省略させて頂きます。因みに快速電車の遅れの影響で5分遅れて到着しました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−24
タキ1000-111 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-115 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-806 JOT/浜五井 全検24-9-12川崎車、自重17.1t
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 全検24-9-29川崎車、自重17.5t
タキ1000-864 JOT/根岸
タキ1000-222 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT/郡山 無
タキ1000-626 JOT/根岸 無
*=特殊ナット試行車

 本来なら5467列車の到着まで見たいものの、さすがに人混みで疲れた事もあってここで切り上げ、改札を出てNEW DAYSで夜食のおにぎりと伊右衛門、BトレのKIOSK第7弾を2個買って南大通りを歩いての帰宅となり、先月の委員会の後と違って幾分涼しくなって歩くのに良い気候になりました。因みにBトレの成果は115系スカ色の中間車と田沢湖線の701系(5000番代)が出て来まして、前者はこの間、大和田のホビーオフで偶々同じものが1個あって買いましたが、重複するので暫時モハ114に仕立てていたものの、屋根のパーツをパンタ無し、台車のレリーフを先頭車のものから移植してサハ115(新製時から中央線に居ましたが、今でも豊田所属で6連固定のM40編成に組まれています)に仕立て、こちらの台車レリーフは入れ替わる格好で完成していた先頭車を漸くクモハ115に仕立てる事が出来ました。後は先頭をもう1両揃えて3両編成、113系の中間車を拝借して6連固定を見立てたいものです。

|

« H24.10.04 八王子駅&野猿街道 | トップページ | H24.10.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.10.05 八王子駅&東京駅:

« H24.10.04 八王子駅&野猿街道 | トップページ | H24.10.10 八王子駅 »