« H24.10.02 八王子駅 | トップページ | H24.10.05 八王子駅&東京駅 »

2012年10月 4日 (木)

H24.10.04 八王子駅&野猿街道

 明日が部会の定例日なので部会報の準備に大童です。昨日は同じ八王子市内でも南東部の由木地区の野猿街道沿いにスターバックスのロードサイドのお店がオープンしたのでこの見学に出掛けました。本来なら昨日でも良かったのですが、お天気がぐずつき模様で今一つだったので今日の訪問となりました。

 いつもの様に南大通り経由のバスで八王子駅南口まで乗り、京王線へ乗り換えるついでに貨物列車や貨車関係もいつものメニューでチェック。

○85列車…バスから降りて止まる様子を見ると後方にタキ1000が連なっていたのでタンク車の併結かなと思っていたら八王子から根岸行きの8460列車の編成で普段は12両編成の所、今日は多めの16両編成と言った様子で一瞬見間違えそうですね。コンテナも19系が大多数の他は3個程JOTのUR18A-10000/UR19A-15000とSE開きの冷蔵コンテナが見られました。『スーパーあずさ』11号は遅れて出発したものの、こちらは律儀にも定刻に出発。
←竜王 EH200-23+コキ104-1954(全検24-5-7川崎車)+106-875+104-2842(全検23-7-21広島車)+1721(全検24-6-30広島車)

 因みに8460列車の編成は(←根岸)EH200+タキ1000×13+433+26+145と言う編成内容です。

 南側の群線にはオイルターミナルのタキ43000が控えて未確認だった43581番を漸くキャッチ。帰る頃には81列車で到着したタキ1000の前方に連結して一緒にオイルターミナルの基地で荷卸しの段となりました。
△(高尾)
タキ43031 OT/倉賀野 □
タキ43027 OT/倉賀野 □
タキ43172 OT/南松本 □
タキ43581 OT/宇都宮タ 全検24-2-13川崎車、自重15.9t

 北口へ回って先ずは京王プラザホテルのスターバックスで一休みしてアイスアメリカーノを一杯頂き、一昨日にも顔を合わせたパートナーさんとまたまたご対面するも出陣の報告をして京王八王子駅へ。駅員さんが居る窓口で火曜日に全財産を忘れてしまい、買いそびれた来年の卓上カレンダーをゲットし、8月19日に調布周辺の地下線切り替えに合わせて切り替え前の様子をテーマにしている様子が出ています。

 目的地が八王子市内ながら一度日野市の平山城祉公園へ向かうべく京王八王子から11時21分発の新宿行き各停(5018レ、7727×10)に乗ります。7000系でも8両編成を組み替えた編成なので元は10番台のどれかと言う車ですが、京王八王子(高尾山口・橋本)方が7並びのナンバーなので降りる時に撮るかな?とツバを付けて。折返しの間に中吊り広告を差し替え、北野では高尾山口からの準特急と接続。長沼の高架線を降りて車窓の北側から浅川の河岸が沿うすぐ平山城祉公園に到着します。

 平山城祉公園の駅で降りると上手い具合に7777号をデジカメに収め、すぐ先のカーブで高尾山口行きの各駅停車(7706×8)と擦れ違う様子を収めてから南側の駅舎へ。構えも構内踏切がそのまま地下道にチェンジした佇まいの静かな駅(鉄道友の会で知っている某会員がある例会で発表する妄想レポートでは「人気が少なく寂しい」と常套句の様に宣いますが………)でロータリーには京王堀之内行きのバス(担当が南大沢の京王バスで八王子駅の南口で見る機会が多いので顔馴染みです)が待機してキリ番の800番のナンバープレートを付けたノンステップバスで終点の一つ手前の芝原まで乗ります。11時39分に平山城祉公園の駅前を出て暫く北野街道を走ると甲州街道の石川入口や豊田駅の西側をオーバークロスする通り(更に北上すると多摩大橋を抜けて昭島や武蔵村山へ出られます)とぶつかる交差点から南下します。元々東京薬科大のスクールバスを路線バスにしたのと南陽台の住宅地が野猿街道のバス停まで遠い事から両者の利害が一致して路線化して時間帯によっては北野駅へ行く路線もあるのでマスターとしては刺し違える形で北野から南陽台経由で京王堀之内行きがもう少しあれば良いかなと思いますが、定着しなかった様で本数が絞られた様でマスターご愛用の南大通りの八王子駅南口〜西八駅南口の路線みたいに本数は微々たるものでも根強い需要を掘り起こしたいものです。余談はさておき、最初のトンネルを抜けると東京薬科大のバスターミナルに立ち寄り、京王線からの通学生は少数ですが、入れ替わりに京王堀之内へ向かう学生が乗ると橋本から横浜線の町田・横浜方面と調布方面や多摩センターから小田急に乗換と言った層が多く乗って乗る事15分弱で大栗川の橋の上にあるバス停で下車。

 野猿街道の交差点を少し京王堀之内駅側で降りて今度は下り車線側の歩道を聖蹟桜ヶ丘方面へ歩くと何処かでサイレンのマークが見えないかなと元八王子のお店と違い、街路樹が目立つので気付きにくいなと思いましたが、最初の信号の少し先に背は低いものの新しいサイレンマークを見付けると目的地に到着です。

 八王子にあるスターバックスでは2店目となったロードサイドの多摩野猿街道店にお邪魔して両側にテラス席、外観やエントランスの構えが丁度1年前にオープンした高尾街道の元八王子店に近いかなといった雰囲気ながらも天井が高く、入るなり右手のラックにテーブル席が多く、ウッディー調の内装が印象的で悪い言い方をすると没個性的だなと感じるものの、エスプレッソバーの脇にはカウンター席があるので銀座のマロニエ通り店宜しく、入れ立てのテイスティングに持って来いレイアウトでソファー席もあるので覗くとカド奥の窓際、えんじ色のレザーのソファーが3卓窓際に沿って置かれてテーブルも円いものが標準装備ですが、ここではチャコール地の四角いものです。本来ならこの季節はホットのドリップを頂きたいものの、アイスコーヒー(いつも自宅で頂くハウスブレンド)とパンプキンマフィンを頂きました。野猿街道のバスは主に聖蹟桜ヶ丘から南大沢や京王堀之内へ行く路線が多く、担当する車庫が馴染みの場所故に親近感が湧いて来ます。由木地区と言うと割と早い時期にfab南大沢(TOHOシネマがあるビルです)にオープンしましたが、今年の初めに店仕舞してしまったのでこの界隈ではリロケーションになりますが、嬉しいお話でマスターも『京王相模原線沿線』がキーワードになって京王堀之内辺りに出店するのかな?と予想したらその通りになりました。ブログにはアップしないものの、お店のパートナーさんには撮影等お手数掛けましたが、今後もお仕事頑張って下さい。

 帰りは上り車線側に出てお店の全景を収めたいものの、街路樹に隠れて元八王子店と違ってスッキリ撮れないのが惜しい所ですが、一通り収めて今度はそのまま旧道の由木中央小学校前のバス停を目指して歩きます。歩道伝いに由木折返所まで歩いても良いのですが、こう暑いのと行き易さから小学校前がベストです。途中聖蹟桜ヶ丘からのバスでわくわくビレッジのラッピングバスや4年前に消えた筈のナショナルカラーの看板を掲げた電気工事屋さん、この界隈では美味しいおそば屋さんの『車家』とデジカメに収めながら駐在所の角を目標に北野方面に出てJA由木支店前のバス停の列に並びました。

 由木中央小学校のバス停から八王子駅南口まで南大沢から来るバスに乗りました。先程、平山城祉公園から乗ったのと同じタイプの同年式車です。旧道を暫く走ると再び道幅が広い野猿街道に入り、野猿峠(このバス停の手前に以前、UF12Aが置かれているのを見た覚えがあります)、絹ケ丘から再び旧道に入って16号バイパス(ここから橋本寄りが有料区間です)と交わる打越の交差点を見て北野駅の南口のロータリーに立ち寄って暫く16号バイパスを走って再び野猿街道に入り、ここは月1回、親の友達と一緒に北野町の卸売センターやアベンシスの点検等でお世話になるネッツ多摩(元々はビスタ多摩→ネッツ西東京)の北野店、前職からお世話になっている税理士さんの事務所や妹と仲良しの子の家等があるので結構馴染みが有ります。少しずつ八王子駅の南口に近くなると言いつつもシルバーパス片手のおばあちゃんが多いこと。マスターも性格はせっかちながら大目に見て25分程乗って八王子駅の南口に到着します。

 ここまで来るといつものモードになってアイスコーヒーを頂いたのでサザンスカイタワーのスターバックスに立ち寄り、100円でグァテマラを頂きつつ、土産話をすると少し前に新宿のお店から移って来たスラッとしたお姉ちゃんのパートナーさんは昨日ヘルプで出掛けた話をしてお天気に左右されなかったらお会いしていたのではと思い、入っていた3人のうち2人も1日置いて顔を合わせた(京王プラザホテルのお店もそうです)形になり、タンク車の編成なら使い回し(悪い言い方で失礼しました)にメモする形に似ています。上手い具合にインターバルで一杯味わいながら(昨日からのオータムブレンドもお試しサイズながら頂きました)、南大通り経由のバスで帰る事が出来ました。帰ってから頑張ってプリントしなくては。

|

« H24.10.02 八王子駅 | トップページ | H24.10.05 八王子駅&東京駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.10.04 八王子駅&野猿街道:

« H24.10.02 八王子駅 | トップページ | H24.10.05 八王子駅&東京駅 »