« H24.09.04 八王子駅(その2) | トップページ | H24.09.07 京浜地区(鶴見線沿線) »

2012年9月 6日 (木)

H24.09.06 八王子駅

 8〜9月中と残暑が厳しく今日は京浜地区行きの遠征を企てましたが、明日に延期し、今日は地元で軽く済ませる程度にスケジュールを入れ替えました。

 南大通り経由のバスで八王子駅南口まで乗って待っている間に雲が多かったのでG7のホワイトバランスも曇りモードに切り替え、この分だと後で降るかな?と言った予報です。

 途中の乗りが多かったものの、何とか竜王行きの85列車が見られました。

○85列車…コキ104ばかりの4両編成でコンテナは19系ばかりと思いましたが、この列車では珍客(年に数度現れます)に当たる合同酒精のUT5Aが積まれておりました。
←竜王 EH200-11+コキ104-2750(全検24-5-18川崎車)+1499[2個目に合同酒精UT5A-136(酒類専用)積載]+255+1940

 昨晩の5467列車で到着した浜五井発のタンク車が入線している様子も確認し、後の方はここでは初顔合わせと言った様子です。
△(高尾)
タキ 243827 JOT/郡山 K
タキ1000-645 OT/倉賀野
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 全検20-6-14川崎車(25-8-8切) 常)郡山K
タキ  43031 OT/倉賀野 G
K=軽油積み、G=揮発油積みの車票+指定票挿入

 ここまで終わるとサザンスカイタワーの信用金庫で明日の遠征に備えて軍資金を引き出し、自由通路を渡って東急スクエアへ。スターバックスで一休みするとどうした事は今日は品が無いオババが多く、何があるのかふと疑問に思い、ここではお初のクランチキャラメルフラペチーノを頂き、店内を見渡すといつも京王プラザホテルのお店で顔馴染みのパートナーさんがヘルプに来ていたので驚きました。この後は三菱東京UFJで埋蔵金を引き出し、これを多摩信金の口座に入れて16日に行われる納涼会まで何とか賄えます。何せ、尿路結石を患ったので診察料、服用薬代と諸々掛かりましたが………。今度は京王プラザホテルのスターバックスへ。アイスコーヒーを頂くとそろそろ在庫処分でしょうかアイスコーヒーブレンドが出て来たのでこの夏場は2度程頂きました。ここでVIAのフレーバー入りをご馳走になって一昨日東急スクエアのお店の前で頂いた時と同様キャラメル入りのフレーバー+ミルクの組み合わせです。

 12時を回るといつも見る3列車を追って見る事にしました。今日はまたまた田端のEF65 1103が現れてEF210の機回しが気になりました。

○8092列車…普段通りの14両編成で入線し、EF65が停車していたので81列車→80列車の順に見てから2・3両目を5番線からチェック。
△根岸
EF210−121
タキ1000-605 JOT[E]/根岸
タキ1000- 79 JOT[E]/郡山
タキ1000-432 JOT/根岸 無○$
タキ1000-261 JOT/郡山 無
タキ1000-779 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-298 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無#
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-194 JOT[E]/郡山  無
タキ1000- 62 JOT[E]/郡山 
タキ1000- 29 JOT[E]/郡山
タキ1000- 27 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

○81列車…一昨日は長い16両編成で来たので8097〜8092列車同様14両編成と予想した所、短めの9両編成で到着。レール積みの長物車を南群線に収容した後でオイルターミナルの基地へ移送されたので普段より遅い入線となりました。

EF210−121
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-772 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-755 JOT[E]/根岸
タキ1000-366 JOT/郡山 全検24-6-8川崎車、自重16.8t $
タキ1000- 21 JOT[E]/郡山 
タキ1000- 76 JOT[E]/郡山 ○
タキ1000-470 JOT[E]/根岸
タキ1000- 24 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

○80列車…一杯の17両編成で到着し、ここでも今年の全検車を確認するものの、いずれも前にチェックや撮影したものばかりでデジカメを向けても些か無駄な感(こちらの整理能力の弱さ、お許し下さい)もします。
△根岸
EH200−17
タキ1000- 37 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-358 JOT[E]/郡山 全検24-3-14川崎車、自重16.8t
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無 全検24-4-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-244 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-222 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 17 JOT[E]/郡山
タキ1000-598 JOT[E]/根岸 全検24-4-23川崎車、自重16.8t
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000- 25 JOT[E]/郡山
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000-290 JOT[E]/郡山
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 編成のチェックを一通り終えると5・6番線で8092列車の残りを片付け、気になったEF210は機関区の名残の機回線を使ったので外に出ていたら面白い構図で撮れていたかもしれません。また、E233系でこの間『充電飲料』のラッピングが終了した事をトップナンバーの編成で確認しましたが、もう一本のクハE233-10×10(八トタT10編成/27T運用)も剥がされていたので2本とも終了を確認しました。13時を回ると3番線には甲府方面からのチキが到着してEF64目当てのカメラを構えた者も目立ちました。

←EF64 37[茶色]+チキ5306+5305(千マリ/越中島貨物)

 一通り終わって西八王子まで乗る電車を待つと最初は『かいじ』107号の後に着く高尾行きと思いましたが、特急のラインに並んだオヤヂと一悶着。こちらから見ると「最初からオレンジ色のラインに並べ!」と思いましたが、どういうお仕事か分かりませんが「お宅の会社は電車の乗り方を知らない社員がいてどうしょうも無い」と文句を言いたい所で一本次の中央特快で無事帰還。用事を二つ片付け、券売機で明日の遠征用にSuicaをチャージしてそれから南口の信用金庫に埋蔵金を入金。コンビニで買うお昼は麺類+おにぎり(徳島県の地鶏・阿波尾鶏を使った炊き込みご飯のもの)+烏龍茶と決めて午後は明日の準備もこなしますが、夕立ちや落雷が気になるのでこの辺が落ち着いた所で取り掛かり、今日の外回りでサブのデジカメ・G7は暫くお休みです。

|

« H24.09.04 八王子駅(その2) | トップページ | H24.09.07 京浜地区(鶴見線沿線) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.09.06 八王子駅:

« H24.09.04 八王子駅(その2) | トップページ | H24.09.07 京浜地区(鶴見線沿線) »