« H24.09.04 八王子駅(その1) | トップページ | H24.09.06 八王子駅 »

2012年9月 5日 (水)

H24.09.04 八王子駅(その2)

 一度帰宅してから昼食、シャワー、iPod touchの転送、ブログのまとめをして親がサザンスカイタワーのクリニックへ行くのでマイカーで一緒に出掛け、地下の駐車場へ置いてから別れて2階のスターバックスで一休み。この時間帯は混んでいるので百も承知で5×5のテーブル席へ。午前中は京王プラザホテルのお店でクランチキャラメルフラペチーノを頂いたのでここではクランチキャラメルマキアートを頂き、先日初顔合わせしたばかうけ顔のお兄ちゃんが一生懸命だったのでこちらも時間的に余裕があるので急かせなくてもいいよと念を押し、こんどは顔馴染みのお姉ちゃんのパートナーさんから「お痩せになりましたね!」と冷やかされましてこちらも目方がここ暫く増えていた様子で客観的に見ると気付かないものですね。お店を出てから丁度、4番線からスカ色の115系が出発する頃なので見送ってからビックカメラの2階で時間調整。Suicaをチャージ&残高プリントをしてからゲートイン。

○84列車…久し振りに一杯の16両編成でやって来て先頭には昨年の全検車で唯一未確認だった254番が入っていたので漸くパーフェクトなりました。
△根岸
EF64 1009[更新色、冷風]
タキ1000-254 JOT[E]/郡山 全検23-12-12川崎車、自重17.1t
タキ1000-295 JOT[E]/郡山
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-163 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-348 JOT/郡山 全検24-3-5川崎車、自重17.0t $
タキ1000-214 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-197 JOT[E]/郡山
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山
$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車

○82列車…この所対の85列車も少量ながらタンク車が連結されているので比例して入っているかなと思ったら大当たり。コンテナ車は両側にコキ104、真ん中にコキ107と先月新製したばかりのナンバーとご対面。コンテナの19D形では39000番台へ行くかなと思っていたら80000番台へ大高飛び。
△根岸
EH200−14
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-875 JOT/根岸 無
タキ1000- 26 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-351 JOT[E]/郡山
コキ104-2738 ↑梶ヶ谷タ行き 全検23-7-7広島車 3個目に19D-80365積載
コキ107- 587 新製24-8-10川重
コキ107- 135
コキ104- 80 ↓
*=特殊ナット試行車

○5463列車…ノートには一杯の17両編成を書き出しますが、A重油の専用車を含めると都合13~14両の連結かなと思ったら大当たり。ここでも全検出場したばかりのナンバーをキャッチしました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−4
タキ1000-121 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-190 JOT[E]/郡山
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000- 10 JOT/郡山
タキ1000-363 JOT/郡山 全検24-2-23川崎車、自重16.8t
タキ1000-573 JOT/根岸 全検24-8-27川崎車、自重16.8t
タキ1000-188 JOT/郡山 無
タキ1000-870 JOT/根岸 無○
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-680 JOT/根岸 石油類)黒地(逆向き) $
タキ1000-215 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-864 JOT/根岸
$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

 5463列車が到着する前後には中央線から横浜線へ向かう修学旅行臨の183&189系(クハ189-10×8/東チタH81編成)が参上。そう言えば、6月の委員会に出席した日も見掛けたなと仕上がりが今一つでリベンジも兼ねて。ここまで終わるとFROM AQUAの280mlを買い、電車を待つ間にiPod touchで5463列車の纏めを行います。

 八王子を17時06分発の中央特快で四ツ谷まで乗り、車内ではネットブックで細々打ちながら過ごしました。四ツ谷で総武線の緩行電車に乗り換えて案内表示、駅名標とLED照明に変わり、駅全体がエコステーションのモデル駅になったので構内にもパナソニックのエコキュートの広告が見られました。拙宅から見るとハウスメーカーの純正なのかウン億単位の資金があったらすぐ入れたいものです。

 市ヶ谷駅を降りると改札口の脇にあるNEW DAYSを覗いてBトレのKIOSK7が一杯並んでいたので帰りも懐具合を許せばゲットしたいなと思い、成果は後程。靖国通りを九段下方面へ向かい、お堀側の歩道を歩くと『カレーの王様』があったのでプレミアムビーフカレーにメンチカツを1切れ添えて今夜のひと仕事の腹ごしらえ。本部の事務局も1年程ご無沙汰しましたが、改めて見返すと直下にラーメン屋、車道から見て右隣に『ゆで太郎』、事務局の室内にはトイレもあるのでこの所尿路結石を患った我が身からすると嬉しいものです。皆さんが集まる前に『とれいん』に載った甲種出場車のリストからコキ107の分をネットブックにピックアップしました。

 21時を少し回って終わると例会や大塚と同じダイヤの通勤快速かな?と思って四ツ谷で乗り換えると同じ電車に当たり、新宿で降りるお客さんが居ると思ったら思いのほか長っ尻が多く、乗った号車(乗ったのも6+4の7両目で4両編成の先頭でした)と少々分が悪かったかな?と思い、3分程遅れて八王子に到着。

 八王子に着くと坂城行きの2085列車が着くのですがこの少し前に2番線を梶ヶ谷タ行きの2082列車が通過。EH200-17+福岡タ行き×8(コキ104・106・107)+東京タ行き(コキ106-892+298+595/トランスシティ20ft)+梶ヶ谷タ行き×2(コキ50000)の編成です。

○2085列車…午前中、自由通路の窓越しで確認した8460列車で連結されたナンバーが根岸へ戻って積み込み、その日のうちに坂城へ向かう格好で再び参上。快速電車が少々遅れて気になりましたがほぼ定時の発着、オール白油積みばかりの14両編成です。
△篠ノ井(坂城)
EH200−14
タキ1000- 81 JOT[E]/郡山
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 全検24-5-17川崎車、自重17.0t
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地#
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無#
タキ1000-202 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地(逆向き)#
タキ1000-268 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 66 JOT/郡山 石油類)黒地$
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車

 暫く空くので5・6番線で8461列車を牽引した機関車を確認するとEF64の担当の筈がEH200-3が止まっていたので上下で貨物列車が入っていた時点でブルーサンダーが3両、居た事になりますね。再び3・4番線へ戻ると大型ディスプレイ付きの自販機にはカフェオレがなかったので従来型の方で買ってから待合室で一休み。『成田エクスプレス』52号はE259系トップ(クロE259-1×6/横クラNE-01編成)がリリーフ。3番線に『中央ライナー』7号のE351系が着く頃を見計らって2081列車の到着を待ち構えます。

○2081列車…この夏遠征では2度チェックした列車ですが、タンク車の顔触れは先週、蘇我で確認した時と1両も入れ替わらず11両全車が同じ顔触れです。
△南松本
EH200−11
タキ1000-276 JOT/郡山
タキ1000- 5 JOT×/根岸 石油類)青地
タキ1000-884 JOT/根岸
タキ1000-888 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-668 JOT/根岸 無
タキ1000-886 JOT/根岸 無
タキ1000-461 JOT/根岸 無青
タキ1000- 13 JOT/郡山
タキ1000- 12 JOT×/根岸 石油類)黒地
タキ1000-657 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 6 JOT/郡山 A重
×=エコレールマーク撤去

○5467列車…編成の顔触れも予想通りで浜五井からの八王子行き(これまた先週の千葉行きで確認した他、この所の常連さんです)や四日市へ回送する全検出場車と入っておりました。本筋の浮島町発はJOT所有車も混結されてまたまた夏場では珍しい黒塗りやまた夏遠征で確認した青塗りのナンバーとありました。西上田常備車の変更分ではタキ43013が変わっておりました。
△南松本
EH200−22
タキ43466 OT/倉賀野  ↑浜五井→八王子
タキ43018 OT/郡山 全検24-5-11川崎車、自重15.3t
タキ43020 OT/南松本
タキ43017 OT/郡山 石油類)黒地
タキ43552 OT/宇都宮タ ↓
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 ↑根岸発 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山 ↓ 無
タキ43354 OT/南松本
タキ43543 OT×/宇都宮タ
タキ43419 JOT×/浜五井
タキ44003 OT/西上田 全検24-4-9川崎車、自重16.1t
タキ43269 OT/倉賀野 全検23-5-18川崎車、自重15.6t
タキ43013 OT/南松本[西上田]
タキ43009 OT/西上田
タキ43266 OT/西上田
タキ43391 JOT/郡山
タキ243844 JOT/郡山 全検24-9-3川崎車、自重16.3t 浮島町(8/8発)→川崎貨物→塩浜
×=エコレールマークなし

 5467列車のチェックにて間取り、『中央ライナー』9号を見送る格好で5462列車まで確認しました。丁度一ヶ月前は『充電飲料』のラッピングが貼られたクハE233-1×10(八トタT1編成、49T運用)が来るとラッピングが剥がされた事を確認。この時間帯は若者の集団が馬鹿騒ぎして落ち着いた調査が出来ないのが難点でこれも八王子の土地柄ですね。

○5462列車…5467列車から八王子行きを切り離すと少し前進して移動した所で編成を慌ててチェックし、エネオスマークが貼られていない車が所々続いておりました。
△根岸
EH200−18
タキ1000- 27 JOT[E]/郡山
タキ1000-158 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-480 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-503 JOT/根岸 無#
タキ1000-224 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 54 JOT[E]/郡山 
タキ1000-613 JOT/根岸 $
タキ1000-296 JOT[E]/郡山
タキ1000- 20 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000- 33 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車

 24時を回る少し前に大方片付き、NEW DAYSで夜食とBトレのKIOSK7を2個(帰宅してから開封すると青森のクハ481-3000とクハ115の湘南色=買うウン時間前に見た様な車両みたいでビックリしました)をSuicaで買い、久し振りに南大通りを一直線。真夏に比べると幾分凌げる陽気になりましたが、手荷物が多かったので自宅に到着とすっかり汗だくに。出掛ける前はシャワーを浴びた我が身も汗びっしょり。新幹線の1仕業を思い出します。

|

« H24.09.04 八王子駅(その1) | トップページ | H24.09.06 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.09.04 八王子駅(その2):

« H24.09.04 八王子駅(その1) | トップページ | H24.09.06 八王子駅 »