« H24.08.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H24.08.30 八王子駅 »

2012年8月29日 (水)

H24.08.29 千葉周辺(その2)

 暑い日が続くと言っても同じ関東地方でも北関東の内陸部は猛暑、東京湾岸の千葉は海風が入るので内陸に比べると幾分和らぎますが、油断は禁物。マスター自ら自主的に暑さ対策を施し、予定表を立てた際に「この電車で行けるな!」と思っても実際は一本早めに切り上げる事が多くなりました。

 千葉から15時31分発の木更津行き(191M、クハ209-2111×6/千ケヨC611編成)で最後の蘇我詣でへ向かいます。幕張車両センターからの出庫で暫くお休みしていた様子でここなら営業運転再開です。嬉しい事に午前中乗りそびれた改造仕立ての編成に当たりました。最後の最後の何とやらで。この間で新京成の直通電車は8000形の8511×6が千葉中央の引き上げ線に入っておりました。

 蘇我を降りてDilaの中を抜ける格好で改札口の方へ向かい、1・2番線へ降りる手前の窓越しから丁度2080列車が到着。EH200の顔を収めてから1番線へ下ります。

○2080列車…松本行きの際に確認したナンバーも入って前方を継ぎ足した格好で少し長くなりました。ツートンカラーに混じって青塗りが2両、8並びのナンバーもキャッチ。
△千葉貨物(浜五井)
EH200−20
タキ1000- 6 JOT/郡山 A重
タキ1000-657 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 12 JOT×/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 13 JOT/郡山
タキ1000-461 JOT/根岸 無青
タキ1000-886 JOT/根岸 無
タキ1000-668 JOT/根岸 無
タキ1000-888 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-884 JOT/根岸
タキ1000- 5 JOT×/根岸 石油類)青地
タキ1000-276 JOT/郡山
×=エコレールマーク撤去

 ここまで終わると今回の遠征も終わり、15時56分発の千葉行き(272M、クハ209-2105×6/千マリC605編成)に乗ります。

 千葉駅に着くと先ずは3・4番線のKIOSKで銚子電鉄のぬれせんべい(青むらさき&緑の甘醤油)と1袋ずつ頂いてから9・10番線へ。まだ総武線、成田線と211系が活躍する姿が見られるので運良く8、9番線と顔を合わせた所や千葉管内のローカルではレアな『成田空港』行きの方向幕と収めて銚子方の先頭のダブルパンタは迫力あるものの、東京方はクハ210が就いているので被写体に見応え欠けるかな?と何時もながらお粗末様です。

 区切りも良いのでここで見た範囲で恐縮しますが、千葉ローカルで気になる編成の運用状況をまとめてみました。

*209系の内房線100周年ラッピング入り(両側のクハ209、クハ208のみ)
・クハ209-2101×6(千マリC601編成):1634M〜1641M〜1640M(蘇我〜千葉で乗車)〜1645M(蘇我まで乗車)〜1644M〜181M〜1120M
・クハ209-2114×6(千マリC614編成):幕張車セ入庫

*209系の4月以降に改造された編成
・クハ209-2105×6(千マリC605編成、H24-7東京総[旧クハ209-43×6]):252M〜163M〜170M〜175M〜182M〜261M〜272M(蘇我〜千葉で乗車)〜197M〜1122M
・クハ209-2111×6(千マリC611編成、H24-8郡山総[旧クハ209-33×6]):154M→入庫→191M(蘇我まで乗車)〜194M

*211系は総武本線、成田線だけの活躍で編成もクモハ211のダブルパンタばかりです。
・クモハ211-3043×5(千マリ504編成):450M〜1455M〜1456M
・クモハ211-3038×5(千マリ507編成):367M
・クモハ211-3039×5(千マリ508編成):1365M〜1370M

 千葉から16時24分発の横須賀行き(1636F、←クハE217-2005×4+33×11/横クラY105+Y33編成)で東京まで乗ります。10番線を出発すると緩行線の上り電車のE231系と並走。まだ居眠りするには早いので擦れ違う電車の様子も見てまたまた幕張の車両センターには211系が2本に209系は内房線100周年ラッピングが1本と入庫。元々両数が多い車庫だけあって構内も広大なので目で追うのも一苦労。江戸川を渡ると東京都内に入り、少しずつスカイツリーの雄姿が車窓から目に飛び込み、夕方近くの陽光に照らされた様子を楽しみつつ錦糸町を過ぎると地下線へ。東京駅は地下1番線の到着。

 東京駅では総武線の地下ホームから高架の中央線ホームと大移動。直前の通勤快速が青梅行きだったので一本待って17時31分発の高尾行きまで待ち、並ぶと5号車の乗車で腰掛けるとネットブックで整理するもスプレッドシートのツールバーの処理に手惑いましたが、色々いじくっている間に収まって荻窪までは整理に費やし、この頃になると少しずつダイヤが詰まって荻窪で1分時間調整しましたが、立川へ着く頃になると3分遅れになり、このまま引き摺りながら八王子着。

 八王子で下りると浜五井行きのタンク車は現地へ出掛けたにも拘らずここでは空振りで少々残念でしたが、降りると南口に出てサザンスカイタワーのスターバックスで一休みするとここでベリーベリーハイビスカスを頂き、満席だったので奥の丸椅子で軽く頂いた格好で失礼しました。貨物列車で台風や気象障害、事故等で遅れる事が良く伝えられますが、まさにこの様子で普段は停車時間に余裕がある列車が何らかの理由で短時間で出発したのと似た格好で上手く、富士森公園経由のバスに間に合い、西八王子の南口まで乗ってコンビニで夜食を仕入れて家路に着きました。

|

« H24.08.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H24.08.30 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.08.29 千葉周辺(その2):

« H24.08.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H24.08.30 八王子駅 »