« H24.08.16 八王子駅 | トップページ | H24.08.21 八王子駅 »

2012年8月19日 (日)

H24.08.19 神奈川臨鉄見学会

 鉄道友の会の見学会で今回、神奈川臨海鉄道や横浜周辺へと出掛けて参りました。内容故にマスターも馳せ参じた次第で暑さにめげずに何とやら………。

 6時に起床して身支度を済ませると西八王子の南口を6時50分発に出る富士森公園経由の八王子駅南口行きの区間便に乗り、今日は京王線の調布の地下線切り替えで応援に駆り出されて台数大丈夫かな?と気にするもダイヤ通りに来てくれて一安心。八王子駅にも案内の駅員さんが改札の外で二人程立っていました。

 南口を降りるといつもの様に南側の群線に止まる浜五井発のタンク車をチェックし、今日はオイルターミナルのタキ43000ばかり3両。昨冬以来、京浜(浮島町)発着に良く入っていた発着に良く入っていた初期タイプが見られました。
△(高尾)
タキ43018 OT/郡山 全検24-5-11川崎車、自重15.3t
タキ43163 OT/倉賀野 全検23-6-20川崎車、自重16.0t
タキ43011 OT/西上田

 券売機でSuicaをチャージして暑さ対策で甘いものをKIOSKでM&Mチョコレート、次世代自販機でFROM AQUAの500ml入りを仕入れて5・6番線へ。行きは7時20分発の東神奈川行き(734K、クハ205-62×8/横クラH2編成)を乗り通し、3番線から『むさしの号』のクハ205-104×8(千ケヨM1編成/2661M)、1番線の八高線と近い時刻で出発しているので3方向で205系が走り出す様子が見られ、この事からこの夏の暑中見舞いの絵柄はここからセレクトしました。暑かったので少し車内で睡眠タイムを取りつつ、いつもの様に町田での入れ替えもそのまま進み、大口を過ぎると降りる支度をして東神奈川は3番線の到着。桜木町や磯子までの直通は日中の快速と違ってこの時間帯は疎らなので朝の早い時間帯は少々痛い面もあります。

 東神奈川の乗換通路を使って1・2番線へ乗り換え、8時17分発の大船行きで横浜まで乗り、横浜駅を降りた所で東海道線のE233系とご対面。先週、地元のヨドバシカメラでBトレのE127系を買いたいなと思ったら品切れで仕方なく買ったのがこのタイプでマスター地元の中央線の快速電車が元祖なのでご対面も嬉しさ一塩。

 集合場所が西口のヨドバシカメラ(元の三越)の向かい側で西口の改札を出てダイヤモンド地下街に直結しているなと思ったら一度西口の前に昇ってまた降りる格好で八王子の北口から駅前通りの地下駐車場へ向かう格好に似ていますが、一番の目標がベイシェラトンホテル(ある程度の年齢の方であれば相鉄の旧本社ビルがあった場所と言えばお分かりでしょう)から少し三ツ沢寄りの場所が集合場所。到着が後手になりましたが、委員含めて皆さん結構お集りで他にも2〜3貸切バスを用いた団体が待ち合わせしておりました。

 到着が遅れがちの参加者も無事間に合い定刻の9時に横浜駅西口近くを出発。今回は東京ヤサカ観光バスをチャーターして座席も補助席をフルに使い、乗車率100%でマスターも仕方なく補助席を倒して腰掛けました。クリーム色に臙脂色のα字状の模様はお馴染みのカラーリングで京都のタクシーでお馴染みのクローバーマークはリア、団体名の表示にはタクシーのドアに書かれた釣鐘風のマークも見られました。西口から環状1号線、浅間下から関内を根岸線の山側を一直線。8年前に廃止された東急東横線の線路跡も未だ残って遊歩道として整備する話を耳にして元町から旧市電のトンネルを通過。商店が軒を連ねる麦田の街並から以前はマイカル本牧の名称で知られたイオンのSCの間を通り抜けると間門から三渓園の方へ曲がり、最初の見学地が本牧の市民公園でここに展示しているD51や転車台を見学しました。暑い日も手伝って隣接する市民プールの駐車場も満車状態で仕方なく357号線に路上駐車。こちらもバス停を目印に安全確認して見学場所へ。皆さん思い思いにカメラを向け、D51の運転台に乗り込んで楽しみましたが、地形を見ると住宅地の方が高くなっているので元々断崖絶壁の海際を埋め立てた場所だなと実感し、天災が起こったら危ないですね。30分程でバスに戻ると日頃、列車にカメラを向ける皆さんも思わずバスにカメラを向け「撮り鉄」ならぬ「撮りバス」と苦笑い(ご愛嬌と言う事で)。

 次は今回のメインである神奈川臨海鉄道の横浜本牧駅です。市営バスの車庫を見てかもめ町(本牧線の線路から見て右手の海側です)から回って入構。本牧線と言うとマスターも年に何度(と言ってもこの1年余りご無沙汰しましたが………)か根岸へ遠征取材に出掛けますが、海上コンテナ用のコキ106やコキ100系の4両ユニット車とイメージが強く、エネオスの製油所に出入りするタンク車の合間に見る格好ですが、車扱の貨車が見られた頃は日産自動車の輸出車を積んだク5000→カーパックに変わり、年度末の定番でしたが、これもリーマンショック後は廃れてしまい見られなくなったのは残念で5両程連ねて入線した時は迫力がありました。他にもホキ2200の派生車と言うべき存在でもあったキリンビールのモルトを運ぶホキ9800や荷揚げして苛性ソーダの工場へ輸送する工業塩は無蓋車に直接積むと車体が痛む事(これでトラ70000を民営化で継承したものを廃車し、清算事業団から買い戻して代替した事例がありました)から容器に詰めて運ぶスタイルに切り替え、コンテナ化ではこの容器を載せるためにUM30Sなるコンテナが製作されてこちらはコキ100系の4両ユニット車に積まれた様子が目に浮かびます。横浜本牧駅の皆さんに出迎えられてバスから下車して先ずは海側の線で撮影を楽しみ、357号寄りに転線するとヘッドマークを付けたC56と切り離されてDD55のツーショットの撮影を楽しみ、C56のキャブの見学をすると再びDD55が根岸方に連結されて体験乗車スタート。7班編成に別れて最初はDD55のキャブに乗り、先ずは埠頭側へ誘導、200m程走って再び根岸方へ戻って暫く一休みすると今度はC56へ。係員さんも「衝撃がありますよ!」と促されてこちらはキャブに腰掛け、デジカメ片手でこのショットは貴重な体験で一回りすると暑いのでバスの車内で待機した方が肝心と促しました。因みに、編成は次の通りでコキ104に積まれたコンテナは全て19G、19Fと言ったSE開(ドアは357号側)ばかり積まれておりました。構内のコンテナには12フィートが19系は勿論、JOTのUR18A、UR19A、嵩高のUR20A(夕方の東京タ行きでもお馴染みです)、ENEOSの潤滑油用タンクコンテナが4個でUT1も2個健在。20フィートではKATOのコキ200と同じJOTのラテックス専用(タンク車が銀です)が3個、三菱瓦斯化学のアンモニア水専用(良く上越線からの東京タ行きの列車で見掛けるクリーム色のものです)と置かれておりました。

←根岸 DD55 19+コキ104-315+295+1626+C56 139

 今回の見学会のメインの一つでもある横浜本牧駅の見学も無事終わり、バスとC56の並走を楽しみながら今度は中華街での昼食。海釣り公園入口の信号から本牧ふ頭の突堤に積まれたコンテナを楽しみ、小港から新山下を抜けて山下橋交差点、元町・中華街駅近くから中華街の東門から少し入った観光バスの駐車場にバスを止めてお昼は『栄華楼』の2階で一般と役員と別のテーブルで相成りました。前菜にフカヒレが少し入った卵スープ、春巻き、甘酢の油淋鶏、エビチリに麻婆豆腐(山椒が利いた四川風)、チャーハン、小籠包、締めは漉し餡の水羊羹に食感が似た杏仁豆腐と皆さん満足されて烏龍茶は別料金になるのでお冷やをステンレスのポットに何度もお代わりされてH委員ご苦労様です。

 中華街を少し歩いてお昼を頂いた所で少し気になる画像をデジカメに撮ってからバスに戻り、この後は予定なら汽車道へ行く予定でしたが暑かったのでで滝頭の市電保存館へ向かいます。日本大通り入口の信号から一直線。横浜スタジアムの内野側を見て根岸線の線路をアンダークロス、市営地下鉄(ブルーライン)と首都高狩場線の間を通り、国道16号を走って15分程で到着し、市営バスの車庫に浜松から来た遠鉄の高速バスに混じってヤサカの観光バスもここで一休み。滝頭の市営バスの車庫に隣り合った市営住宅の1階にあり、廃線当初の現役車が並べられて実際に使われた機器や部品も展示されてマスター自身は横浜の市電はなじみが薄いのか気になったのが奥に展示されているOゲージやHOゲージの模型車両にスチール書庫に入った蔵書と拙室ももう少しスペースに余裕があればこの位は楽勝かな?と感じた次第です。レトロ調に設えた休憩テーブルで一休みして入口近くへ。さすがに暑さで疲れてしまい、一休みすると一人役付の方が見えられて地元在住のF元支部長も参上。この後の打ち合わせに顔を出す様で15時を回って根岸駅へ。ここで解散となり、暑い日ではありましたが横浜本牧駅のメタボな駅長さん他駅員さんの皆さん、リンカイツーリストの添乗員さんお二方(特に新人のTさん、これからもお仕事頑張って下さい)、東京ヤサカ観光バスのドライバーさんには色々とお世話になりましてこの場を借りてお礼申し上げます。

 根岸駅に来るとマスターはこのまま帰路にタンク車を見ると思いましたが、色々用事がございまして来春の支部創設50周年の準備をしなければならないので見学会に来られなかった委員さんとも合流して駅前のドトールで打ち合わせをして17時に終了。

 帰りはこのままSuicaで乗り、タンク車の様子を伺うと6番線に止まっていた八王子行きの編成だけで何処か寂しいもので編成の長さから8478列車(新鶴見から8461列車)に載せる分だけです。

○8478(〜8461)列車…帰路の成果はこれだけでナンバーを見ると木曜日の80列車に連結されたナンバーが続いて驚きました。
△八王子
EF64 10**
タキ1000-267 JOT[E]/郡山
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-194 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-149 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-503 JOT/根岸 無#
タキ1000- 64 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車

 帰りはタイミング良く八王子まで直通の横浜線快速(1637K、クハ205-70×8/横クラH10編成)で一直線。最初磯子始発かなと思ったら時刻表で列車番号を確認すると大船発で横クラからの出庫かな?と言った様子で編成のメモも最初は箇条書きにiPod touchに書き出しましたが、後でページを用意して電車待ちの間に片付け、根岸の時点でも乗りが疎らで徐々に進んで桜木町まで来ると結構シートが埋まり、行きと違って結構熟睡するも横浜駅では西武鉄道の観光PRが貼られた京急600形の603-1×8の編成や橋本の先では信濃路から横浜へ帰る185系『はまかいじ』に擦れ違い、ほぼ1時間で八王子駅に到着。

 八王子駅で降りるとまたまたNEW DAYSでBトレのKIOSK7を物色。3種類選び帰宅後に開封すると485系の3000番代中間車、701系の仙台色、115系湘南色の中間車と出て京王プラザホテルのスターバックスへ行き、クールライムを頼もうと思ったら札止めでベリーベリーハイビスカスを頂きます。入っていたパートナーさんから「この時間珍しいですね?」と尋ねられてマスターの場合は南口からバスに乗る事から帰りはサザンスカイタワーのお店に立ち寄りますが、今日はパスポートカードの残高を確認したいのでここへ立ち寄っただけで飲み終わるとフロントの脇にあるパスポートカードの『ポイントみ〜る』で確認してまたまた貯まりました。

 帰りは北口のロータリーから甲州街道経由の館ケ丘団地行きに乗り、西八王子駅近くの踏切では上り線を『リゾートエクスプレスゆう』が通過する様子を見て少々熱中症ぎみになりましたが、暑い夏の一日ながら楽しむ事が出来ました。

|

« H24.08.16 八王子駅 | トップページ | H24.08.21 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.08.19 神奈川臨鉄見学会:

« H24.08.16 八王子駅 | トップページ | H24.08.21 八王子駅 »