« H24.07.21 八王子駅(その2) | トップページ | H24.07.26 高崎周辺(その1) »

2012年7月23日 (月)

H24.07.23 八王子駅

 2005年の10月から連綿と書き連ねた、当ブログカブース・カフェ、おかげ様でこのアップを持ちまして1000編目を達成しました。今後もタイトル通り、茶飲み話気分で楽しむ貨物列車関係の調査報告に加え、マスターことtaki-chiyoのどうでも良い話題とお届けしますのでよろしくお願い致します。

 この所涼しい日が続いて今日は久し振りに真夏の陽気になり、この分だと暑くなりそうな感じがします。南大通りから八王子駅南口行きのバスに乗るとこの所ピンの事が多かったものの、今日はオバちゃん二人も乗ってちょっぴり賑やかになり、先客のオバちゃんにiPod touchに入れた時刻表を見せてさすがにこのサイズでは小さいのでiPadの方が良いかな?と思った次第です。

 降りた所で85列車の様子を見ると下り電車が少々遅れていた事に加えて夏休みに入ると同時にタンク車の併結も復活。

○85列車…定刻より5分程遅れての出発となりましたが、コンテナ車の他にタキ1000も一杯の12両連結。コキ107の5並びは今年新製されたばかりのナンバーです。
△竜王
EH200−13
コキ104-1947 ↑梶ヶ谷タ発
コキ104-5032 全検23-4-20川崎車
コキ107- 555 新製24-4-17川重
コキ104-1537 ↓
タキ1000- 60 JOT[E]/郡山
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000- 68 JOT[E]/郡山
タキ1000-587 JOT[E]/根岸
タキ1000-503 JOT[E]/根岸 #
タキ1000-873 JOT/根岸
タキ1000-423 JOT[E]/根岸
タキ1000-477 JOT[E]/根岸
タキ1000-248 JOT/郡山
タキ1000-426 JOT[E]/根岸
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000- 84 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車

 続いて南群線には浜五井へ返すオイルターミナルのタンク車が並び、土曜日の昼間に入線していた顔触れに似ていました。ナンバーもこのルートの常連ばかりで一安心。
△(高尾)
タキ43268   OT/倉賀野
タキ1000-414 OT/郡山
タキ43555   OT/宇都宮タ
タキ43568   OT×/宇都宮タ
×=エコレールマークなし

 この後はサザンスカイタワーへ行き、今週中に18きっぷ片手の夏遠征に出るのでこの軍資金を信用金庫から引き出し、この後はスターバックスへ行き、アイスコーヒーのトール(お豆はイタリアンロースト)を5×5のテーブル席で頂きます。木曜日の夕方に訪れた時と一人入れ替わった他は同じ面々で平謝りする始末で。

 改札に入ると4番線から根岸行きの8460列車を先ずチェックします。自由通路から見ると5番線に止まる横浜線の電車から先に止まると13〜14両くらいは来るのですが、こりゃ短いなと改札に入ると早速チェックしました。

○8460列車…予想通りエスカレーターを降りた所でカウントすると11両編成と短め。仙台北港の常備車も目立ちます。
△根岸
EH200−16
タキ1000-632 JOT/根岸 無○
タキ1000-539 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-692 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-849 JOT/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無黒#
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-781 JOT[E]/根岸
タキ1000- 10 JOT/郡山
#=仙台北港配備車、○=制輪子性能向上車

 前の方や機関車を2番線から確認してから横浜線の5・6番線へ。6番線から11時30分発の快速・桜木町行きでいつもは片倉で『はちバス』を見ながらUターンしますが、今日は久し振りに八王子みなみ野まで乗ります。まだ試験中でしょうか若い大学生くらいのお客さんが目立ちます。

 八王子みなみ野に参上したのは4年振りの事。降りて右手には大きなホームセンターの『ホーマック・スーパーデポ』が出来て前は奥の三和と一緒にあったのですが、大規模なブックオフやハードオフに変わりました。1階(=駅の出入り口と同フロア)にはセブンイレブン、すき家、讃岐うどんの『丸亀製麺』もあり、この所テレビ番組で矢鱈取り上げられているので今度一度食べに来たいものでさすがに小さな子供を連れた親子連れもファミレス感覚で入って行く様子も見られました。ホーマックは2階(=バス乗り場と同フロア)にあり、入るなり時折出掛ける市内のムラウチホビーや同じ北関東出自のカインズホームと一脈通じる内容で規模としてはワンフロアにこれだけあるので後者と似通っています。拙宅で取っている新聞にも折込が普通に入っているので電車で一寸ながら親近感が湧きます。1個300円台のファイルケースも何個か買い占めたら自室も片付くかな?とふと思い、電車の折り返しの間短時間ながら楽しみ、八王子駅には12時を回る頃に到着。今年も例年通りサマーランドのラッピング電車がリリーフしてクハE233-5×10(八トタT5編成/37T運用)が担当。昨年は夏らしい写真の絵柄でしたが、今年は少し前に新聞の折り込みに入っていたコミック調の絵柄です。

 8092列車の入線まで跨線橋のベンチで一休みして急に暑くなって(正午を回ると八王子は曇りましたが………)脇にある次世代自販機でフロムアクアのペットボトルを買い、昔の『大清水』なので木曜日も暑い中、バテなかったのはこのご加護があったのでは?とふと思いました。

○8092列車…普段より1両少ない13両編成で入線し、前方(2〜7両目)は19日の5763/5762レ(根岸は20日着)で倉賀野まで往復したナンバーが続きました。
△根岸
EF210−150
タキ1000-559 JOT[E]/根岸
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-201 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-240 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-167 JOT/郡山
タキ1000-506 JOT/根岸
タキ1000-356 JOT[E]/郡山
タキ1000-272 JOT/郡山 全検23-9-30川崎車、自重17.1t $
タキ1000-350 JOT[E]/郡山
$=浜五井配備車

○81列車…久し振りに長めの16両編成で到着。これと言う気になる車は無いものの、8460列車の分を含めると不思議と仙台北港の常備車が大漁となりました。

EF210−150
タキ1000-296 JOT[E]/郡山
タキ1000-293 JOT[E]/郡山
タキ1000-249 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000- 82 JOT[E]/郡山
タキ1000-434 JOT[E]/根岸
タキ1000-237 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-601 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 53 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車、○=制輪子性能向上車

○80列車…前に『あずさ』12号が遅れていたので気になりましたが、定刻通りの到着で一杯の17両編成で到着して前に浜五井から移動した44番の指定票差しの”A”標記を確認し、唯一の全検出場間もない563番は前に撮影していたので今回はパス。
△根岸
EH200−11
タキ1000- 44 JOT/郡山 A重$
タキ1000-116 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-127 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-851 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-480 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-263 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-563 JOT/根岸 全検24-6-18川崎車、自重17.0t
タキ1000- 62 JOT[E]/郡山
タキ1000-283 JOT[E]/郡山
タキ1000-222 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車

 80列車を見ているとマスターの背後を仏頂面でウォークマンに耳を向けたお姉ちゃんが歩いていたので一喝し、この頃はどう動くのか分からない若い連中が多いのには参りますが、出来るだけホームの上は安全上の事を考えて外して欲しいのが本音ですね(守るお客さんが多いとホームドアの設置が過度にならないのですが………)。

 一通り片付くと駆け足で改札を出て京王八王子駅のショッピングセンターへ。一度駅の方に下りて『あいぼりー』の最新号をゲット。8階のアートマンで遠征用のリングノートにボールペン、マーカーを仕入れ、京王プラザホテルのスターバックスに立ち寄り、バスの時間に合わせてお豆を頂戴するだけ失礼しようと思いましたが、動き回って少しバテてしまい、クールライムを頂きました。パートナーさんからスリーリージョンブレンドを薦められたので一口サイズをご馳走になり、お豆は2連チャンでハウスブレンドです。今日は久し振りに南大沢のクローズで移動したお姉ちゃんのパートナーさんが入っていて昨日、ホームページを確認していたら秋に『多摩野猿街道店』がオープンするので場所は不明ですが「京王相模原線沿線」と言うのがキーワードでどうやら私の勘では京王堀之内や南大沢から近い所に出来るので嬉しいお話です(余り深く書き込むと迷惑しますのでこの程度に留めます)。

 帰りは八王子駅の南口から13時42分発の南大通り経由があったのでこれで西八王子の南口まで乗り通し、3人乗って、次のマツキヨ前から乗ったお父さんと乗ったもののマスター以外全員信松院前で下車となり、終点まで貸切になりましたが、降りた所で系統幕を撮ろうと(乗り場が家政学院行きと輻輳して参りました)したら、早々と法政大行きに変わってしまいお手上げ。コンビニでお昼を仕入れると東北で良く見かける冷たい汁のラーメンがあったのでこれを頂いて、一緒に手に取った求人情報誌には昨日の朝刊の折り込み同様そごう八王子店改めセレオ北館の募集が次々載って来てこれまであった所が再び入ったり、これまで近場に無かった所や初出店と色々と出て興味を引く所ではららぽーと新三郷に引き続いて京王百貨店の小型店が入る事が注目されます。帰ってから記念すべき1000編目のブログを入れるぞと電源を入れると自家用のiMacがなかなか起動しませんでした。

|

« H24.07.21 八王子駅(その2) | トップページ | H24.07.26 高崎周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.07.23 八王子駅:

« H24.07.21 八王子駅(その2) | トップページ | H24.07.26 高崎周辺(その1) »