« H24.04.25 八王子駅 | トップページ | H24.05.08 八王子駅(その1) »

2012年5月 1日 (火)

H24.05.01 八王子駅

 ゴールデンウィークまっ只中、皆様いかがお過ごしですか。お休みの方は何処かへ出掛けておられる向きもあり、スカッと晴れる所が昨日から曇りがちで空模様も今一つです。

 連休中の準備と谷間のウィークデーを使っての用事ついでに出掛け、前後であれこれとチェックしました。

 南大通り経由のバスで盲学校前から八王子駅南口行きのバスに乗り、まだ工事の影響でしょうか少々遅れての到着で先客が多かったので最前列へ。途中で擦れ違う家政学院行きのバスにはマスターも利用した事がある名古屋行きの高速バスで府中と聖蹟桜ヶ丘に止まる便が新設してこの案内幕をぶら下げたものに擦れ違い、日曜日に発生した関越道でのツアーバス死傷事故は本当に痛ましく思え、料金の安さと相殺して安全や労務管理を蔑ろにして規制緩和のツケやボロが今出て来た気がします。ここへ立ち寄られる大多数の皆さんはJTBや交通新聞社から売り出される時刻表に載った高速バスを選ばれている事と思われます。

 バスから降りると丁度85列車が止まっていたので簡単に書き出し、未確認のタキ1000があったので慌ててチェックしました。

○85列車…連休の谷間のウィークデーでも普段通り動いて今日はタンク車が少なめの6両編成となり、348番は春遠征の際に倉賀野駅で確認したナンバーです。
△竜王
EH200-2
コキ104-1015 ↑梶ヶ谷タ発
コキ104- 683
コキ104-5027
コキ104-2308
タキ1000-235 JOT[E]/郡山 全検23-9-2川崎車、自重 17.2t
タキ1000-803 JOT/浜五井 無$
タキ1000-507 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-568 JOT[E]/根岸 全検24-4-13川崎車、自重16.8t
タキ1000-292 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-348 JOT/郡山 全検24-3-5川崎車、自重17.0t $
$=浜五井配備車

 ここまで終わると京王八王子駅のショッピングセンターへ行き、先ずは9階の本屋さんで少し前にマスターがちょこっと書いた『貨物列車』の本を探すと棚から消えて編集をお願いしたT編プロのKさんが忘れたのか怠ったのか空振りでこちらも奥の手で探す事にして、今日の所はRMライブラリーの無蓋ホッパ車の下巻とキャンブックスの京王の本をパスポートカードで。マスターも暫く節約気味でもう少し実入りがあったら躊躇せず買えるのですが………。次いで8階のアートマンから5階のポポンデッタに立ち寄ってBトレやジオコレ系を物色。ヤマを張ったブルーリボンIIのセットは空振り。トレーラーコレクションの第6弾は上に中身のナンバーが貼られてショーケースの値段を見ると私有コンテナ系は結構な値段で。一円も落とさずお姉さん達ゴメンナサイ。

 今度は京王プラザホテルのスターバックスで一休み。アイスコーヒーのケニアを頂いてこの間のテイスティングでミックスベリーケーキとのペアリングが美味しいとパートナーさんから教えてもらったのでこの組み合わせで頂くと普段ベリー系を嗜まないマスターも太鼓判。

○8092列車…いつも通りの長さで入線するものの、後半分は先週の水曜日に確認した80列車で連結したナンバーが続きました。
△根岸
EF210−118
タキ1000-222 JOT[E]/郡山
タキ1000-284 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無#
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-762 JOT/根岸 無
タキ1000-817 JOT/浜五井 無○$
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地#
タキ1000- 26 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

 81列車が到着する前後から八王子駅周辺も大振りになりました。

○81列車…久々の6両編成と言う短編成での到着で全車ガソリン積みの車です。

EF210−118
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-818 JOT/浜五井 無$
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無#
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

○80列車…一杯なら17両編成で来る所が少々少なく14両編成で到着しました。3列車見ておりましたら偶々、仙台北港常備の600番台(H16新製)、浜五井常備の800番台(H19新製)と3列車とも兄弟車が入っていたのには驚きました。
△根岸
EH200−6
タキ1000-871 JOT/根岸 無
タキ1000-191 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-641 JOT/仙台北港 無#
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-155 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-127 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-483 JOT[E]/根岸
タキ1000- 28 JOT[E]/郡山
タキ1000- 69 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-686 JOT[E]/根岸
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-819 JOT/浜五井 無$
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車

 一通り片付くと3・4番線の待合室で一休み。『かいじ』107号の後に来る快速電車で西八王子まで乗ると振りも収まり、降りた所で暫く抑止となり、1番線を10分程遅れて通過する『スーパーあずさ』14号が走って行きました。

|

« H24.04.25 八王子駅 | トップページ | H24.05.08 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/54604146

この記事へのトラックバック一覧です: H24.05.01 八王子駅:

« H24.04.25 八王子駅 | トップページ | H24.05.08 八王子駅(その1) »